ショカン的空間

損害は実在

それも“明日館”絡み だったか

新橋の店では お目にかかったことは 無かった が

イベントの行われる‘館’近くで

その‘会’には出席しない人間が

すれ違っただけでなく 挨拶も交わしている

たとえば 電通にお勤めの方の副業において 「従業員に対する支払いが遅れる」などというのは まず 有り得ないことだが

仮に「何かの手違い」か ‘ワザと’か何かで そのようなことになったとして

なぜか「見ず知らず」の「近くにいる」誰か‥店員の‘親’が‥ 数日 少々立て替えるなどということや

(終電に間に合わない勤務内容 とか のしわ寄せが 関係者以外に及んだり)

そのような 煩わしい 図々しい 鬱陶しいことが

一見‘目立たない’演出が施されたり あるいは ‘ストレス’剥き出しでやってきたり というようなことで

それらの物事の積み重ね などで 何かの誤魔化しが効くはずもなく

“同意”しても いなかった という ‘コミュニケーション’だった

関わりの無い 誰かに払わせなければいいだけのこと

だったのだよ

“罪悪感”の無い者たちは

“実害”の説明は いかに? ?

実際にまるっきり‘違う’‘域’なら 繋がり分は 全く無いはずなのだが

それは有る と

「吸い取る」だけの‘カン’とか

貰いたいモノだけ 持っていける“パラレル”風?

そんなのは パラレル世界などではなく

‘破綻’していて‘論’‘説’でもない

それらは 随分違った マトをエていない‘表現’であり

精算しない (できない) 言い訳としては使用不可能

無理 だ

‘犯罪’ だ

諸々精算した上なら 接触していない‘域’というだけの扱い

可能性はあるかもしれないが

…ぞろぞろ… 有る

…どんどん…出てくる

みえないキズ カクしたモノ フタのカタさ

ただでは済まない

幻想的‘タダ’で の 行いを続けてきた ということを

都合のいい‘変な’世界観などで説明できるわけは 全く無い

永年の「立腹」「不愉快」などという‘簡単’な 感情表現では 到底 あわない

おさまる 理由が見あたらない

有り得ず

元に 戻せる(管などで)

広告を非表示にする