読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

ナゲキ アカシ イキ ドオリ ‥オドル

 

画像や映像 配信される物事は わからない面が多々あり

何とも言えない点なども 多々ある

 

(過去にとらわれ続ける特別なケース)

 

‥だけど と 先日 会話

 

(起こりかたがどうであれ)

あの日の揺れは 実際にあったこと

足元で 独特な感覚があったのだ と

 

あらためて 確認

 

    ・

 

最近 「部屋」人は ばつが悪そうにみえることが ちょくちょくあり

八ヶ岳絡みの話題も ふった)

 

その人 ひとりで受け止められる 分量ではない

(そこも ねらい?)

 

ここに「いる」ことでの そちらの(八)‘塊’との 繋がりは 要らない

 

その頃 トルコ イスラエルでも 「ヤマト」人が

ちゃくちゃくと あれだったんだな

 

(記入していなかった「つくし(野)」は 20記入)

(2月か? 西口小部屋から 東武練馬に移動した日 池袋⇔要町間でのバス炎上

 その通りは ‘乱歩通り’ ということを知った 20)

 

 

もう 偽善ファンタジーは 要らないのだよ

 

うすら寒い

 

∞ 我慢ならない ∞

 

    ・

 

2011年の あれは‥ あれも (仮に自然災害であったとしても)諸諸 ユルシガタイ

 

(災害)ビジネスも 益々盛んになり‥

 

‘特異な遺伝子’を持つ人たちは ‘楽天的’

あるいは 何事も無かったかのような

 

(責任の)押し付けかた

 

    ・

 

私 個人は その後 ほとんどを手放すことになった

 

あきらめたのではなく

 

生き延びるために そうしたのだ が

 

    ・

 

今も 災害のさ中に とか 始終爆撃 とか ずっと とか

 

それらが事実ならば

生死ぎりぎり

 

その日暮らしの形態は いたるところにあり…

 

    ・

 

だからといって 屋根があるから というだけで 満足しているわけでもなく

 

 

本当に 大変な日々だった

 

 

あのとき 「ヤマト」「日本」人は 何を思い

どのように過ごしていたのだろう

 

    ・

 

どうであれ 体調はこのあたりの それなりで

 

寝ているときに なぜ?

頭 激痛 だからといって 寝込んではいない

 

人気のない早朝 ゆっくりと歩きながらほぐす行為は (チクられることもなく) 自然(な舞) だ

 

部位や そこの状態は 自分にしかわからず調整できるのも 力加減も ‥自由に 踊っているかのような

 

動き 動かしかたは その日 その場でじっくり

 

近くのビルには バーのような手すりが いたるところにあって それも使って‥

 

それはそれとして

 

    ・

 

そのような痛みは しかるべき(発信者など)「丈夫」な方々のもとへ

 

    ・

 

(いつまでも というのは)

何かを持っていないから? 他にどんな説明ができるのか わからない

 

中程度までのキズはだいぶ回復したが 現場はカサカサ

小さいのは 減ること無く 日々増えている

 

それも 「平気」な トクイな方々のもとへ どうぞ

 

ささやかなものを奪い続ける者たちへ

 

    ・

 

ひとり の 覚悟 で やっていかねばならない人生だった

 

ひとりの中の 僅かな それ

 

あらゆる可能性をもって のぞんでいる