読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

かかり

カカリタイ  ヒ トビト

 

伊豆七島」の 「日蓮宗清心寺」には 「眼を患った人々が治癒を祈願し 鏡を奉納する信仰」が

 

今でも根強く残っている   のだとか で

 

その「眼病と鏡の結びつき」については まず

仏教の  信仰と   道の結合した  見信仰なるもの」があり

 

それを「日蓮宗」が取り入れ 「中世以来眼病患者の救済を展開した事に起因するもの」らしく

 何とか中心で あれやこれや で 「眼病専門」らしい

 

古くは「法隆寺の峯薬師」の何々 「愛知県鳳来寺」の薬師信仰 「等々」

 

なお、なぜ眼病治療と鏡が結びついたかという点であるが、鏡は病魔を含めての種々の除魔の役割を果たす事と、それに加えて光を反射し、顔・姿が映る映像具、換言すれば鏡は視覚用具でもあった点からの発生であろうと考えられる。

 

アイヌにとって鏡は、実用とはまったく隔絶したものであって、あくまで宗教的儀式に供されたものであった)

(102、103『和鏡の文化史』)

 

(そちらの民族の 残された写真を見ても)  どちらも 馴染まなかった

 

あちらの歌い手 詩人?の方のドウコウも然り で

 先日会話したのは  聴いていた? とか  知らないんだよね とか

 

そんな‘一行’ のみ

 だから また いつもの あれ  「   感」   それくらい

 

 

 

 あの「うちあげ」は いったい どんな表情で どのように参加すれば? と思っていた

勘のいい方おひとりとは 不思議なことに 事前にあいさつのようなこともできていた

帰る直前には ふしぎと そこに 会話すべき方々が 数人おられた

 

 

さて‥ あらかじめ 記入  26夕に連絡が入り しあさって あたりから あれで 

 

「遅れていた」     ?二つ?

 ・工程の進みが遅く 人数を増やすだけの仕事が発生しなかった(という説明 ・・うなずく)

 ・(前回のように)「  」準備ができたのかな   

 

 

  そのような場でも 現場に簡易ディレクターチェア的なものを持ち込み グッズ多し    

  知識ひけらかし「得意げ」  「班長」さしおいて指示出し  「黒曜石」シャッフル系

 

 (国)名で操ろうとする方々   カケタイ ヒ トビト

 

その前の「ア  」系との つながりポイントも わかりやすいあれで (知らせてくれた ということかな‥になっていて‥どうであれ どのように使うのかは それぞれのあれ)

 

‘針穴’ だか 「  」 などというのも それぞれの あれこれ で

 

私の場合 あれなので あれは アレだけれども   (そこらへんが気に入っていた)

 そうさな‥ 気にさわることが起こるようなら 逐一 アレ‥ くらい は  するかどうか

 

(さわらないような あれ ってことで)

 

 

「地球の環境システムにとって」あれな「役割」の何か 

そこそこ あれな扱いを あれかな ってこと    かな

 

 

 

広告を非表示にする