ショカン的空間

りょうほう

f:id:kaon-yokegawa:20161101122917j:plain

エネルギー名を記入したくないかな と思っていたこの数日でした

 

商品名(一般名詞化)のほうを 大胆にかすってみます

あれを精製してつくられる商品は‥おおまかには 一社 独占系でしょうか?

 

湿潤療法」‥何らかのなにか (それをどうこう とか 代替品?バリエーション)等 欲しいところです

 

あの有名な症状を想い 比ではない半端なさを 想像

...................

 

トビヒ的な現れは今もあり 場所がとぶ ということで 治ったり そのようにみえて また とか 新たに などですが

 

ある「噴出」があって ステロイド剤をもとめてから

それを使ったことで肌がカサカサになり そこにまた‥といったことが あり

また 小康から 劇的な変化をみせたこともありました

 

今は 軽快している部分には 手持ちの「  オイル」を などという中

 

「剤」の使用は控え目なのですが お出かけすると なかなかあれだったりもします

その「お出かけ」にあたり Va se line を用意しました 先月末日

 

(…あやつらの一方的な繁殖に力は貸せない)

 

そして それは(ここにあるのはインド製ですが) ロッカー扉の「ドアキャッチ」?風のパーツ-樹脂 (がカタすぎて あれ)にも塗って‥幾分

 

    *

そのエネルギーも 樹脂や 何かの選択肢についても いろいろあれで  あれです 

    *

 

画は ‘ウチムラサキ

‘紫’ 関連かと思いましたら それだけではなかった?

 

別名-Wikipediaより

ブンタン(文旦、学名:Citrus maxima (Merr.))は、柑橘類の一種である。標準和名はザボン(朱欒、香欒、謝文)。ボンタン、ジャボンとも呼ばれる。

名称

原生地は東南アジア・中国南部・台湾などであり、日本には江戸時代初期に渡来した。漢字をそのままに音読みしているが、本品の貿易船主である謝文旦という人名の潮州語読み(ジアブンタン、zia bhungdang)に因む。(略)

 

国産ボンタンや関連商品は  昔昔 たまに目にする機会があったような

 

※画像のは 「インド産」とあり  そのあたりも 休憩時にうろうろしてます

 

ウチムラサキという「貝」-Wikipedia

ホンビノスガイ(英: Hard clam、学名: Mercenaria mercenaria)は、二枚貝マルスダレガイ科1種。潮間帯の砂や泥の中に生息する。

名前を漢字で記すと本美之主貝となる。これはビーナス属 Venus に当て字された美之主に由来する。これは、和名の命名時には本種がビーナス属に分類されていたためである。なお現在はメルケナリア属 Mercenaria に分類が変更されている。(略)

 

    *

 

(ちなみに 目白庭園-赤鳥庵でも インド舞踊が舞われる日が あるようす)

 (‘本家’ と記入したときにも浮かんだ国名)

 

少し記入してみましたが  「園」関連につきましては

昨日今日注目しはじめたことでもないですし できるだけ じっくりと思っております

 

 足が地についている という感触があるうちは

 

 

広告を非表示にする