読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

それぞれの 識閾値

“判断のベース” による

 

「  量」や

「それによって発生する   害の可能性の適切な評価がなされていないことが最大の問題」

 

そして 「適切な評価がなされないこと自体の原因」は「    は継続されなければならない」という

現在の「     」の「方針」

 

「過小評価を積み重ねていく」のは

(「仮に適切な評価をすれば」「健康被害はでるかもしれない」という)

「好ましくない結論にいたるのではないか」という意識が 「評価をする側にあるから」

 

 

広島 長崎  チェルノブイリ

 

・「バイアスの少ない」「より信用できそうな理解を構築」

・もちろん「福島原発の事故による被爆量」についても「ある程度信頼できる推定を行う」といった

 

「ステップが必要」

 

(略)前者については,膨大な研究論文があり,その内容,信頼性はある程度までは検討・評価することが可能です.結論だけでなく,方法,データの信頼性をみて,角度の高い情報を選ぶ,といった作業を,利益相反の問題がない個人やグループが行うことが必要でしょう.(略)

  個人としては,気休めかもしれませんが,安全係数の考え方を取り入れ,危険を大きめに見積もって,それを回避するように行動する,というのが一つのオプションではないかと思います.

  もちろん,これは,書くのは簡単です.また,自分の身を守る,という観点からは,特に汚染度が高い一部の地域を除いてはそれほど困難な問題ではなくなってきているかもしれません.逆にいうと,汚染度が高い地域では,具体的に何ができるのかは非常に難しい問題になってきています.政府の方針が,かなり汚染度が高い地域でもとにかく帰還,という方向になってきているからです.

  この状況で,個人としてどうするべきか,また,組織を作ってなにかすることが有効なのか,どういうことをするべきなのか,私には解答がありません.原子力発電から撤退する,といういうのが,政府や専門研究機関が現在陥っているようにみえる強い過小評価バイアスから抜けだすための,唯一の現実的な方向であるように思います.

『被爆評価と科学的方法』2015 牧野淳一郎

 

 

......................................

 

過大バイアス

過小評価バイアス

 

観念 論点 焦点などを 1%(なのか0.1なのか あるいは?)が共有しているというのは

どのような説明が?

 

そういったバランスを 自分で「現実的な方向」づけをすることが可能なように感じられ

なんかそんなあれが あれで

 

「撤退」にもさまざまな形態があり

撤退していないようにみえるソレもあることでしょう

 

とりわけ 絶妙なバランスを会得されている方々におかれましては

‘妙味’ な顕現が可能となり

 

誰かの追随系は 姿勢はどうであれ 「許さないように」みえ‥

それを どこかから見れば 「    」などという表現になるかもしれないですが

 

ご本人(たち)にとりましては そのようでもなく「とまっている」「僅かにずれている(いた)」

というような感覚で なされているのかもしれません

 

重なる部分がどれくらいか

 

ごくごく 一部の方々におかれましては

ほとんど「    」(たとえば ‘嘘’ になるから など)で できなかった物事が

 

「過大 過小評価」バランスが 可能になっている面や点が みえるため

必ずしも ‘嘘’でなくなる ‘両面’ (負数数?)「複数」の ‘面’ 

                    負数×負数は アレ の 「稀」なあれのこと でしょうか

(ある観点なら「何千年 何万年」あるいは) 「 」すぎるほどのそれら‥

 

‥自分で自分を戒めることが可能であるがゆえの(延延「ステップ」など)

 

あれ で あれ なのでしょうね

 

 

広告を非表示にする