読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

ムク

(17)其処で 表面の層を 薄く わりと平らに剥がすような

また(片翼の一面の)中程の 柱的な(周りの層)表出面も(。。状況を表現できず)

どれくらいか 垂直に剥がす というようなあれでした 

.

大学関係の方は (土層もですが)建物のほうの構造にもお詳しい‥そして

その道何十年 「掘り過ぎ千回」のアピール

.

(やはりそのあたり 柱か杭か棒などを立てていた痕跡 小穴にあたるうえで)

掘り足りないことのないように ということでもあるのでしょう

.

......................................

温室

西洋式温室が本植物園にできたのは明治8(1875)年で、勧農寮農事修学処から移譲されたものであったといわれている。明治33(1900)年には、中央室に両翼のある当時としては画期的な大温室が完成した。その後幾度か改築されたが、その基礎は現在までそのまま使用されてきた。

(現在の鉄骨の温室は昭和39(1964)年にできたもので、老朽化のため公開を中止している)

現在、温室には屋外の環境下では育成の難しい熱帯・亜熱帯産の野生種を中心に約1500種の植物を栽培している。その中には小笠原諸島の絶滅危惧植物のほか、アンボレラ、レースソウといった貴重な熱帯植物もあり、研究教育のほか、植物多様性の保全にも貢献している。

...................

「基礎」は あれだった と‥

「貴重」な物物は 周りの建物に分散されているのでは?

......................................

.

先日お休みになられたお二人‥隊長と代表は 体調があれだった様子

(代表は(若く)回復も速そうな雰囲気)

隊長はたまに 休まなければならないような 頭痛があるようで

(瓦礫に関わった 元気な彼女も相当な痛みを知っていて)

彼女たちに負担があれだと あれかな と思ったりもした(17でした)

..................................................................................................................

 

璿  ← 

.................................................................................................................. 

道セン  本来の表記は「道璿」 Wikipedia


道璿(どうせん、702年(長安2年) - 760年5月7日(天平宝字4年4月18日))は、中国唐代の僧。
概略
洛陽大福先寺に住して定賓(じょうひん)に戒律を、北宗系の禅で第7祖とされる普寂に禅と華厳教学を学んだ。
入唐した僧栄叡・普照の要請により、鑑真に先だち戒律を将来するために日本に招かれ、736年(開元24年、天平8年)インド出身の僧菩提僊那ベトナム出身の僧仏哲とともに来日する。
渡来後の道璿は、北宗禅を広めるため、大安寺に「禅院」を設置し、戒律では『梵網経疏』を撰した。また、天台宗にも精通していた。
後に、吉野の比蘇山寺に入り、修禅に精励し、山岳修験者にも少なからぬ影響を与えたとされる。
影響
弟子には行表(722年 - 797年)らが出た。なお、行表は、最澄の師である。最澄の「四種相承」(天台・密教禅宗・大乗戒)の思想は、道璿が伝えた玉泉天台(荊州玉泉寺の天台)の影響とされる。

 

広告を非表示にする