読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

折角

f:id:kaon-yokegawa:20161123102224j:plain

ここの場合 どのようにあれでも 画像は傾くわけですね

ミラーには 「けいいち」の紙が写っていて  上池袋図書館あたりの果実です

園の史蹟を記入中 二行足りないことに気づき 確認にまいりました

 

「赤ひげ」の映画のほうから 「虐げられた人びと」へ

今日は息がしづらくて 故「父」を想ったり ・・どうしたことかと思っておりましたが 

「腑に・・」的なものも感じ

 

微細 枝葉 書こう・・書き足そうと思えばいくらでも そうすることができました でしょう  

ひどく つかれますので

 

後の「高揚」感などは 一切もとめていないのだと想います

 

個人であれ 団体であれ どのような名称の関係性であれ 「欲」「我」などの方向性がものをいう

 

......................................

 

「まったり」 「ほっこり」 等など含めて

どこかに 浸りきって疑問というものがない‥他人が動いている 動かしていることが わからない みえない

あるいは  知らんぷり ぐらんぷり

.

(21ですか)「なんだかわからないが」手持ちは十分にあるというのに

割合急に なにかの一揃えを用意せねばならない‥

‥そんなときに 「なぜか」「GU」で一式 全部 揃えてしまい。。

そんなケースもあるようですが

大量生産品が掃けてゆく とか シュウソク方面の 兆候か何かでしょうか?

「理由」などに思い至ることが可能なら 「精算」「獲得」系 かもしれないですが?

.

.

(「実験」か「罠」系か 「善意」などか 存じませんが)

置いといて 誰かのせいにしたり

片づけさせて 文句を‥言われたくはないものです‥‥当たり前のこと

.

(タイミングの合わない行動などをして 気にならないなら あれかもしれないですが)

(22ですか)「せっかく」などと添え 相手の落ち度としようと‥

そんなとき

ちょっとした説明を受けて 即合点 見直し などなら (ようやく)「最短」コース突入かもしれません

(22夜ですか)深夜まで わいている・・ 流れ とりわけ静かにみつめたいような 夜

音のわずらわしさを知らぬ人々が わずかにそれを 気にしだす 夜 (お知らせ音 一瞬「発」)

(音を証拠に)何かができるか みえない遮りなら証拠が残らないか そういうことも もうあれなのでは

 

そうでなければ ‥?

(「自分」「相手」「周り」の「大変」が続く)(でも それに気づくかどうか)(さて?)

.

......................................

.

大分前のメモ

.

(直良)「土というものは、大昔のことを調べようとする私のような者の眼を、ほとんど本能的にひきつけるものである。なぜなら、研究に必要な資料は、たいてい土の中にかくされているからである。そこで、この機会に丹念に…」

 

それらの化石植物は「遠い過去の自然環境を語るために わざわざ私の眼の前に現れてくれたのかもしれないとさえ思った」

「しかし、何という幸運であろうか。古植物学の宝庫とさえいえる地層が、わが家のすぐ近くに現れ出たのである」

 

「…きっとものになるぞ、してみせるぞ、と私は心に誓った」(直良)

.

「ちかった」のところは「違った」と記入しておりました

.

広告を非表示にする