読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

ムリョウ

黶 の一ヶ所が やや周囲に盛りあがりもあり 微小噴火口にもみえ‥ 右腕

.

中村方子氏によるイラストだと思うのですが (『ミミズのいる地球』第四章)扉に

「噴火口に似た穴から顔を出す巨大ミミズ」という絵を貼られています

.

.

気を取り直していた面もあった 26でした

.

25夜 早々休める感じで 横になって 寝入りばな

数々の連携?により ツリ‥右足 脹ら脛 脛など

どこかを延ばそうと という以前に 少し動かそうとするだけで ツリ部が移動したりして

どうにもならない。。

動けませんと 苦情を入れることもできない‥そんな 苦痛 でしたが

階下は一応閉店ラインのあたりでは あれで (プラス 階上の音にも敏感な面も)

.

その?スキマ?に ?レンケイ?

「酔」×2 の「粋で酔」らしい カラ オケ 音量大 が 日付が変わってしばらく 持続

12時ごろ歩けるようになって 早速 「酔」店を外から・・おそらく店主と 目合い  

道を通っているときには 入り口近くにいた階下店主とも目が  その後も 30分くらい大音は止まず

.

脚をさすったり 呼吸をみたりして 三時間遅れ で ようやく睡眠

に もっていかなければならない形となりました

.

26午後 うつらうつら

寝入りばな 工事音が耳元ではじまる という 絶妙すぎるタイミング

・・が 数ヶ月前から 何度かあり

3、4階での内装工事などのお知らせは掲示されていまして

ただ 階下の付け足し作業なのか 階上のそれらなのか もはや区別が‥

横壁からの伝わり という感覚なのですが ?

.

常々 こういうのは世間では「  」と捉えるのでは と 思っておりますよ

.

.

(ここらにあったのは 下に移動しました)

. .

. .

調査開始も 大分遅れたようなので (8月の)日付もずれていたかもしれません

務所を開いて ひと月経ち・・ と 「会」の告知系で 24朝に仰ったような ?

.

25 日中 土が重かったので「少なめ」で 運んだりもしました

同じ場所で 側溝の(対岸のような)壁をやはり垂直に‥

 

あ そうだ そこらに黒曜石が一つ遺されていましたが 丁寧な取り上げ方 かどうか で

結局扱いが その他大勢寄りになり わたくしがそれを処理する形 でした(27 思い出し)

 

ほぼ ひとり作業 

・・これは いろいろと浮き彫りになった点もあり 24あたりを境にそのように という感じもしなくはなく

負担をあまりのせずに 距離などをはかり あるいは 関わらずに 参加してゆくところは そうするのでは といった感

 

中程で直角に交わる溝があり そこから「西」へと向かって削り

(やはり 付け根のあたりは 関わらず)

そちら と こちら で出土する 内容 色味が 全く違うのは驚きです

し 度々調査しているはずなのに「なんでこんなに 欠片が多いのか」ざくざくアレ (とか ミミズいない とか)フシギなことで 

.

同25 休憩処では 「無料で健診」「タダで宴会」(事務所開き12.1)

そここそが 「生きる」うえで大事な 点 そんな 風味の声が耳に しきりに入ってきました

. .

. .

「無料で(勿論支払いながら)できる」「タダで もらえる」

そんな とっかかり からの「清算」「精算」   彼是

馴染まれている方 方々 個人 グループ 団体 「国」など

「お得」感などを「入り口」に すでに入られた

入っている かもしれないですかね

.

どんな景色に 見えているのかしら

.

.

 といれますと 士鞅 - Wikipedia とかも出るようす

 

 

..................熊の縫いぐるみ

24帰宅時に 棚に座らされていましたが 記入をずらす感があり‥

(ヤサシイ方が乗せたのか キャラクターフアンが見るにみかねて とか「キャラクターフアン」のフアン方か?等など)

26遅くに なるほど と思いました(のは 関わりたくない という一言で説明できるよう)

 

(先日見えなくなったときには 「火星」にでも行ったのかな と)

 

氷で いろいろ・・なんか行う方々 の つながりもみせていただいた 27

 

 

広告を非表示にする