ショカン的空間

じかい

意味合いはどうであれ 「慰撫しなければ祟りを致す御霊と見做す思想」が 「存在」
その「思想史的背景」には 「  時代以来の萌芽期の御霊信仰」があった らしい

 

どれくらいかの「前例」   算出された何か   机上の 脳内の「凍りつくような」ふぁんたじー

(「慰撫」をすることも無く)都合の悪い すべてを 消すことが?  自らを「  」

 

ルール  カコミ  シバリ 「方向」「強化」「悪用」「洗脳」 盛りすぎ などなど

単純に シーソーのような絵柄 軌道がうかび
どこかの「点」タイミング 一瞬で (瞬き中に)あれですか?

それにいたしましても‥

「嘘」をつき 騙し続けること その環境を維持することなどは 大変な あれでしょうに


協力者たちは それを知ってか 知らずの  献身か

先日みた 「サイレン」系のあれは 当事者たちは 大変そうでしたよ


‥関わりたくない「世界」であり 見たくない「景色」 ではあります

 

それぞれの基準はどうであれ
永い間の「怒り」など もちだして 比べてみる というのは  どう?


受け入れていないのに押し込まれ 入らないよ と伝えてても 無理やりのばされつづけ

どうにかバランスで保たれてきた方々のそれらは  如何程のものか 

 

そこでの「均衡」なのであり 想像などでは わからいよ と 重重言っているのです

 

それらを どうにかしながら そこそこ保っているということは あれで 

「    」

 

「消える」「消えてゆく」「消えた」ものごとを そのカモシやアラワレ イブツを

自戒などのためには 使うのでしょうけれども 詳細を思い出すことは どうでしょう?

 

(必要以上に)「情」を限りなく 薄めた存在(たち)のことは 特に 気にしないのかもしれません

覚えていても・・    ・・なにかありますか?  ないでしょう

 

 

ずっと 何かに「祟られたい」 そんなシコウ  ものごとを望まれる方々

 

つくりだした「早良」エッセンス   その「真実」を知る者(たち)は

そこに立ち返る・・ 戻らなければおさまらない ことを知っての ショギョウ

 

自らのつくりだした「持戒」をお持ちのことでしょうに

それを 行わない (無限の)不思議 (ファンタジー)   次回は存在?

 

単に 騙すことなどに「夢中」で とか 「記憶」の放棄 などで 忘れてしまった とか

ツブス イタメツケル ような 方法しか 考えてこなかった とか  もしや「  症」?

 

ああ やはり 「侵略的・威圧的」で「あり続け」た 結果 の 今 がみえていない

自覚がないようす

 

どちらでも どれでも同じこと  ですが 

   

 「現実」の 莫大な 後始末を押し付けてきた という そこらへんの  ギャップ

 

「侵略」?(無いものは 無く)

「威圧」の ぎりぎりの加減を行ってきて 諸諸負ってきたのは     さて ?

 

「負って」きて(もう)「負わない」ほうに進みつつある 人たちは さらにあれなので 

そこを「獲得」しないと   わずかな「重なり」なども 次第に消えてゆくでしょう

0-100 系好き には みえない 世界がある   ということしか  あれ    ザンネン

 

 

 「サイレン」 と 「サイレント」

 

 

 

 

 

広告を非表示にする