ショカン的空間

「減酸が早く糖度が高い」

植物の学名が違っていたため 2017.3.22 タイトル変更 詳細は テイセイ 変更

 

f:id:kaon-yokegawa:20161209083253j:plain 起きたのかな(←深夜に修正したのですが・・起きないのかな 11 10:53)

 

…骨組測量は測量しようとする区域全体を覆う骨組を造り,骨組の基礎となる点(基準点)の位置を決めるための測量である.…

(骨組み測量はトラバース測量)

『絵とき測量』改訂3版 P54

.

....................

.

対の「噴水」はそのまま‥「左右対象」だから あれ らしい

「北」に向かって左側のそれには金魚がいる

右にもいたが 水が抜けてしまったことがあったようで そのときに。。とKt氏

  moriという人物を含む一行-3人が(たぶん突然)たずねてきて 温室(など)の案内をされていた

.

9朝 そちらの部屋に入ろうとした そのとき 中から出てきたのは‥「隊長」

小さな蜘蛛をぶらさげたまま 片手を下に添えながら

.

北東では 「大がかり」な「遺構」の 全面の撮影が終わったようす

彼女は 「北」の東 西 を行き来していたりもし(穏やかな面)

.

前の「現場」でも一緒だった方々‥ 何でしょうか‥‥

(書類 「代表」に手渡し)

.

同9 つばさに沿った部分のトリ‥のため あたりの「清掃」的な

(「北」の西と東は別の面持ち)

落ち葉がふえて 枯れ木も どこかの賑わい 景色の変わる 前 か

.

....................

 

画像:囲まれた域 出入り口付近の カワノナツダイダイウチムラサキ向かい)/12.9 8:33

 

学名:Citrus natsudaidai hayata

カワノナツダイダイ川野夏橙)は、ミカン科ミカン属柑橘類の一つ。1935年(昭和10年)大分県津久見市の果樹園で川野豊によって選抜・育成された、ナツミカン枝変わり種である。甘夏橙、甘夏蜜柑(甘夏みかん)、甘夏柑、甘夏などとも呼ばれる。

特徴

ナツミカンに比べて減酸が早く糖度が高い

 

 

夏蜜柑  別名:ナツカン(夏柑)、ナツダイダイ(夏橙)

江戸時代中期、黒潮に乗って南方から、山口県長門市仙崎大日比(青海島)に漂着した文旦系の柑橘の種を地元に住む西本於長が播き育てたのが起源とされる。この原木は現存(ただし原木部分は根のみで、上部は接ぎ木されたもの)し、史跡及び天然記念物に指定されている。

山口県、特に萩市で多く栽培されている。明治期には萩藩において、職を失った武士への救済措置として夏みかんの栽培が奨励されており、当時植えられた夏蜜柑の木が今も萩市内に多く残る。

 

 

 

....................

10朝(ラクウショウの)公園の…たまたま?猫全員?の姿が見えなかったかもしれない 

(ヒトだけが見え 餌用の器を前に佇んでいた)((立ち竦んでいたようにも見えた))

(12夕方 2匹見かけ・・数えたことないのでわかりませんが やはり少なすぎるかな と)

 

4階の広場では たまに早朝から行列が見られたりもする   「休日」の 何かで

その近く プリンスに沿った花壇の前で 太極拳をしているお一人 強風の中

 

大学前にバスが2台 番号が 776 777 EMI communication(恵美観光)10朝