読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

誘イン ヨウソは?

14午前 雨のため室内作業(「昭和」の音楽やドラマの話 など色色)

戸隠では 何故かソバを食べられた とSnさん(は外国にも しょっちゅう?・・中には嫌な体験も)

アレルギーだそうですが ソバではなくそばつゆでは? 出汁?などという話にもなります‥

..

.

(諸諸 今はどんな感じ? DeNA系や そういうあれらを引っぱるようなシコウがハヤリ?)

思い出す シーンなどとのすり合わせ

..

「野村の人事部は就職活動をする学生に恐怖心を抱かせる」

傲慢さは野村の社員の看板だが、人事部ではとりわけそれが顕著である。礼儀知らずで、優しさはみじんもなく、学生が入社を辞退したときの変わり身の速さは凄まじいとしか言いようがない。

ある学生は「一流銀行を選んで、野村のオフィスから叩き出され」

ある女子学生は「断った途端に、頭からそばつゆを浴びせられたという伝説もある」

営業部門の補佐役として 「大学」卒業ではなく

「高校や短大を卒業した女性を優先的に採用」「高学歴の女性は考え過ぎる」し

25歳になれば結婚して退職…「効率の悪い投資」

「魅力的で、独身で、従順で、20歳で入社するのが理想」

「野村の職場の花」は「支店を飾るためだけではなく」

野村に資金を預けることに不安を感じる「家庭の主婦の気持をほぐす」ためにも雇われている

「女性たちはたちまち置き去りにされるのが現実」 213

野村が魅力的な女性を採用するのは収益を上げるためばかりではなく、重圧に耐えている男性社員を、理解のある配偶者候補に引き合わせるためでもある。

女性社員はしばしば特定の営業マンのアシスタントになり、慰めや労りの言葉をかけるうちに、結婚の可能性を意識するようになる。

短大卒の女性社員のほとんどは、高級取りの有望な株式営業マンとの結婚を目標にしている。 221、2

『ザ・ハウス・オブ・ノムラ』1991

.

先ほど手にした‥

.

.

(先々月)つくし野からの帰路‥ だけでなく

いつまでか 毎年葉書をいただいていたこともあって

なんとなく思い出すこともある方々

.

市が尾でしたか 80年代後半‥終わりの頃でしょうか

招かれまして

.

成増から越されて どちらが社宅か どちらもか

それとも自宅か 細かく覚えていないのですが

(また ほかのどこか遠くに行かれたような・・広島?だったりする? 楽しくないねえ)

.

踊りの‥教師をはじめ 彼是「ほぐす」のが さりげなく巧かった  ですが 鼻に・・

.

控えめのようでもありつつ  さまざまな振る舞いなども  ご自宅も 贅沢な感じで

.

本を開いて 当時の印象がよみがえり  それとともに

かかえていた違和感などの説明をしてもらえたかも です

.

家庭的であり 何かと行き届いた とても感じの良い「奥様」 と

タイプの異なる 押しの強い「旦那様」‥ 等等 が ? という絵にみえましたが

そのような 成り立ち方 ならば 可能

..

そういうことが「可能」なのは どうなのか? といえば

まったく別の話になりますが

....

 

 

 

・・・・人類とのつきあい自体が

 

 

広告を非表示にする