ショカン的空間

技倆

流れのよどみなどに面したときに あえて 隙を 使う    そんな方々がいるとすれば

先日 武道方面か・・ と

 

「国家の要請と剣道の本質との整合性をいかに持たせるのか」

尽力された方々

.

佐藤卯吉

当時の国家体制を推進する官立の立場にあった佐藤

言説を超えた体験世界を重視する剣道の文化的特性を明らかにし

整合性を持った教材として整備しようとする苦労の跡が見て取れ

剣道の研究を「第一義的剣道と第二義的剣道」との二舳として捉え

前者が学校教育独自の手段として価値付けがなされたうえで

いかに後者を意義づけるのかについて煩悶

(月刊『武道』前号の(その1)でしょうか)

..

月刊『武道』2015.11/VOL.588/剣道 その歴史と技法/学校剣道を築いた人々(その2)大保木輝雄/60-73

60、61より

.

「国家の要請と剣道の本質との整合性をいかに持たせるのか」

その問いに 取り組んだ「先輩」 菅原融(とおる)

.

「高師教授の菅原先生からは、合理的、科学的ともいうべき剣道の理念について学んだ」中村八十二(やそじ)

「各人の技倆の程度に応じて剣道に関する総ての事柄を理論通りに話してくれた」鈴木幾雄

.

(菅原の人物描写)

「独特の足捌き独特の打撃、そして独特のかけ声」

「蝶ネクタイもダンディな英国紳士」

月刊誌『剣道日本』(昭和56年7月号)/東京高等師範学校剣道部 特集号

....

本日から

...................

.

26に 身長について聞かれまして 「親」「兄弟」と掘り下げられ

「父は 私より低かった」と答えたこととか

.

そのときの彼女のなにげない 話しなどが‥気になって

「台湾人は背が低い」などと

「彼女」との会話は 何だか‥‥

..

そして この頁には 「彼」の氏名をつくれる漢字も あちら こちらに とびとびで

また 懐かしい「先生」の名前 と 同じ?か 連想を引き出す何か など

.

広告を非表示にする