ショカン的空間

「せめて」 「体験」

~14

何かを獲得して 何かを詳細に予想した 予定した 何かの用意をした    

余念のなかった人々により 「宝の持ち腐れ」とならないよう 無駄なく 顕現されてゆくのでは?

 

「超」ケース狙い ですと  島と 大きな島が つながったり・・  すると 移動しやすいですか  

 

シートがかけられなかったスキマは 蜘蛛が表面から数十センチあたりに糸を張った ところです

シマ と 誰かは 指示のときに   私は そこでは 一部分の製図 と

「全体のごく表面を引っ掻いたくらいしか…」「表面のさらに一部を引っ掻いた程度しか…」行っていない  

 .

2016.9.14に

鉄のかわりに別の金属を利用しているごく一部の細菌類をのぞいて

(地球上のほとんどの生き物は生存のために鉄を求める) というようなのを 別室で
 

 

「寄生生物は僕たちの体内の鉄を狙う」

「癌細胞は僕たちの体内の鉄を使って増殖する」

1952年に 微生物学者の関係者か どなたかが 感染症にかかった(のかどうか) 

で 抗生物質のテトラサイクリンを処方 とか
食事の内容によって抗生物質の効き目が変わるのではないか と 疑問をもったり

(したのかどうか) 実際どうなのかは知りませんが


科学界は現在でも 細菌と薬品の相互作用について全体のごく表面を引っ掻いたくらいしか理解していない
 ましてや1952年の時点ではその引っ掻き傷の表面のさらに一部を引っ掻いた程度しかわかっていなかった

口から取り入れる各種物質が 化学物質-抗生物質と どう反応するか実験
鉄があるとほとんどすべての細菌が増殖することを見出し


人間が鉄を過剰摂取した場合と体内に棲む微生物との関係を研究

最新の薬学研究では その反応を真似る薬を開発し 癌や感染症の治療に使うこと

…を 「考えている」

「民間療法」の中にも 「病原体に鉄を使わせないようにしている点で再評価されているものがある」

感染症予防の鍵」

“度が過ぎる” 迷惑 〔ペスト/マツリ〕 2016.9.14

 

...............................................

近くにいても あれで   とか  実際に見て 聞いて それらをメモ 録音 録画したとしても。

余裕の表情で 知っている という(自慢げな)醸し  タカミのケンブツ  

 

「  」や「  」のあとが無い  そんな人々がいたのか いたのなら それは何を意味するのか

「  」を「   」て 「   」そうと している してくるわけで そのように「    」を 延々

 

「   」は「        」と  近年 よくよく確認できましたし

今も「    」です        ヒミツにしたいわけではないのですよ

.

踊る  語る  闘う  「演者」も 散散  「払う」ことを 経験しないと 内容がわからない

幅や奥行きにも関わってくるのでは ・・まあ「獲得」が「   」なら あれなのでしょうけれど

.

一面(ぶとう‥支払う側だった誰かと 支払われる側だった誰かの)

ダンスは そのギャップ(の大きさ)ゆえ  未定  ギャップを それらでうめる という手も ザンネンでした

.

文字や 数字は あれなのですが 置くことで あれなケースもあるかもしれませんし 

会話の終了後 片道二時間かけて の 何か をアピールされて  それも会話・・少々延長でしたか

そのような体験は (20年くらい前ですが)知っていて しかも そこにプラス 何々さらに 何々‥

(と 小出しに 細々加えていくことですか)

静かになりました

.

往復何時間  実「 」はどれくらい というような

24hサイクルでの説明が要るかもしれません  キクことも あるかもしれず

ぐったり(そこも あれ‥帰りの電車は 貴重品にも 気をつける とか) の 積み重ね  

これがまた 数時間 数日 数ヶ月 とか 数年 数十年とか  あれ とか  それはもう つづくのよね

.

..

(お弁当の玄米は自分で詰める ‥らしい と聞いたのは 12)

末日前に右隣に座られた方と 彼は 飲んでもあれですね と 前方に注目

‥ポップコーンを箸で一つずつポイポイ口に運んでいる‥そのあと聞きましたら小食だそうで

(涼しい表情でよく動かれる) 何かが崩れない  顔に出ない (はしゃがない)

.

紙の件では 誰かと誰かの間にはさまったのでは

.

..

.

「発掘作業はかなりの重労働なので、せめてお腹いっぱい食事をしてもらう、というのも私の考えである。私が留学生時代に発掘調査に参加していた頃は、正直言ってひもじかった。そのような思いから、わがカマンでは調査開始当初からセーフェ、アトゥナン、現在はムスタファという腕のよいコックを雇い、おいしい料理を作ってもらっている。いくら食べてもいいから、隊員には元気でがんばって仕事をしてもらいたい。うれしいことに彼らの作るトルコ料理はとても評判がよく、多くの方からお褒めをいただいている」

穴への転落 壁面崩壊 危険と隣合わせ

「万一の怪我人に備えて」脇には必ず車を用意 163

アナトリア発掘期』(カマン・カレホユック遺跡の二十年)2004/大村幸弘

.

(コンビニもなく)

個人差というものがあり 場の規模 気候とか 環境や調査方法などの

条件の過酷さは 様々なランクがあることでしょう

.

適量  ‥食事

食べ過ぎると 動くときあれ というヒトも

.