ショカン的空間

千途 とか 鮮度

‥どこかの つづき

10年くらい前から「ベジタリアン」という言葉がうかんだまま(そうでもなく) だとか

(米の)豚肉の現状や (日の)鶏肉の住まい。。  ^^これはたぶん飼育状況を記入したかったのでは

などなど 承知されていて そのような話もされていましたが 普通に食されているのでは

菌 ウィルス 何かが強化 されたなら 人間も

.

好みなどについても「自分」「史」を覗けるのは 自ら(だけ)

食について 聞いたわけではなく

蛇腹風の管のカット‥廃液が飛び散った‥「水」「気にしているとできない」 そんな流れから バクテリア 抗生物質 とか 食に  わたくしも手を添えていて「液体」少々かぶりまして

そして 個人的には数日前に 無洗米と十六穀的なブレンドに切り替えたところで

ほどよいところを持っていっていますが 「ちょうど変えたところ」 とは発しました

.

2014 大雪のときに 広い場で 隣のお二人は作業されていた

‥たぶん 除雪からはじまるような‥

おとなりさんは シートが滑って大変だった けど 楽しかった と 回想

.

隣の さらにおとなりの彼女は この末?に区切りをつける と つぶやいていたのは12

働きながらだと (疲れてしまい)探せない ため ・・いろいろ見て回ってから決めたいと先日

いったん そのように ということでしょう

正確な期日は わかりませんが

.

.

おそらく 地下の空間は「冷蔵」的な「庫」だろうという 話 のときに 別の 

どこかでは かつて (「安政の・・」かも) 大きな地震があり そういった系の貯蔵庫に入り潰れた方々がいた らしい

ですが そのような揺れがあるときに どのようなタイミングで 入ることができたのか? と まず うかび

.

...........

室内の(12)お隣さんは ダブルワークで 靴の製作を 修理の話も 少々

話のとっかかりのときに 彼女が支払いを受け また (3度目の)1月の「紙」が手渡され・・

「平成」の数字やら 何やら アレで 修正されては 渡されて 提出しては また という流れでした

・・ああ 早早止まったか・・ と 思っていると

彼女が(紙類を仕舞いつつ) ロッカーから 製作途中の小物を出してきてくれて 

カーブ針は自分で炙って曲げた ということなどの説明   と つなげてくれたのです

.

数か月前 一年とか? いつでしたか・・ はっきりしないのですが

別室に画像を載せた カフェFABRIC の店頭で 端切れ的なものをもとめておりました

現場に入ってしばらくして メガネケースの覆いが劣化しているのに気づき

それの中から選んで張り替えました・・合わせは 接着剤で

 

いくつかある その小さな布   

カップのふた というのか 湯呑みの蓋だと カタカタするので かぶせもの的なものをつくろうと思っていたり 

といっても コースター的な 小さな四角い布の4辺の処理と 四隅に小さな何か・・有るものをつける くらい

 

・・接着剤といえば  ぬるだけで電子回路を作成できる接着剤「SX-ECA」

ヒーター内臓のパーカー とか 今しがた(14)

 

 

広告を非表示にする