読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

こえすぎ

 

16の 一つの行いは 一件の 相応(分)(だけ)

自分で持ち込んだ分 ということであり‥ちょうど まさに その程度のそれら でした

.

異質に見えるのだとしたら それはもう「問題」なのでは

.

誰かが誰かに支払う分の重なりとは 異なる領域と捉えるのが「普通」

.

そういった 何か の

組み合わせ (あるいは単一)で「その世」が 創造されているのでは

 

...................

(19記入)17に借りて・・ 記入分

1.17 18:42真核細胞の起源「共生発生」説
『共生生命体の30億年』2000 リン・マーギュリス/中村桂子
Symbiotic Planet/1999/Lynn Margulis

 

合ってしかるべき‥  という それら

造作などについては 整合性をもとめるというよりは といいますか フィット感 的な 心地?

そして変な“つくり” まつわる色色 などが 違和感 超 多すぎるような気も 常常   あれ

...................

先ほど メモ

.

.

“私たち真核生物の大ロマン 西川伸一 1.15”

リン・マーギュラスは「ミドリムシの研究から、葉緑体が独立して細胞内で分裂すること、そして葉緑体が真核生物内で徐々に進化して来たのではなく、光合成能を持つ細菌が他の細胞の中に侵入し内部共生を始めたことで生まれたと考えた」

(翻訳開始の狂いがガンを誘導する/2017.1.17/AASJ)

(Sox2が幹細胞性を維持するメカニズム/2013.11.7/理研 発生・再生科学総合研究センター)

..

.

“STAP特許:バカンティ教授の宣誓供述書を読んでみた 託摩雅子 1.15”

多能性 pluripotent「体のあらゆる細胞に分化できる能力」の証明

(全能性 topipotent/胎児と胎盤の両方になれる性質のことで 受精卵などごくごく初期の胚の細胞だけが持つ)

・皮膚や神経細胞などの外胚葉性の細胞

・肺や肝臓などの内肺葉性の細胞

・筋肉などの中胚葉性の細胞

3グループすべての細胞になれることが定義

...................

それらも おおまかに二つに‥という点 ですか

それと 「曖昧」「杜撰」な (書類)扱いは

あれですな

.

きれる(お若い)方々が ジョークにかえて済ませてくれているうちはあれですが

(キレても不思議はない)

.

広告を非表示にする