読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

「進化のふるい」らしい

(自分でつくるなら)「進化がやらかしたことをいただくに限る」という発想

『生物のなかの時間』2011/194

細胞や組織を つくりたい と

「進化研究」を「未来志向」で「やらかし」続けたいと

「やらかした」人々が生き残る?「未来」? なのだと

「複雑」な「進化」を看板に掲げて 質を下げにサゲて

地道な「良質」を無視したあげく

(「淘汰」がどうのこうの で)

片付けもせず 片付けらんない 人々が 残る と

.

どこに?

.

本は2011年後半に出され 三人+進行係 西川伸一氏は最近記したというあれです

その際にもブログ内検索しましてmuon2014.6.8福島第一関連① 当然 えんえん やらずともいいわけで が出ますが

 

どうであれ 想いや何かを(大)災害に馳せるかたちとも なります

 

「いただくに限る」部分が あるのなら という調べものは するかもしれず