読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

ケイロ

  (27 東側の管は すでに土中に埋まっていたような)
  その日は昼頃から気温上昇 風が強い日でしたが‥

そのころから周囲の何かに対して 本音を伝えたり‥ さらに より真摯な態度で接しはじめたり

 

なにかを動員することによって セカンドメッセンジャー経路は伝達物質の作用をさらに増幅

なにかを通してイオンチャネルおよび伝達物質放出の分子装置を修飾

 

そのような機構によって 短期記憶が保持される全期間にわたってシナプス結合は強化されることになる

異なる学習過程は異なるセカンドメッセンジャー系を動員

短期記憶に関与する主要な分子原理は ほぼ同じしくみ

シナプスに貯蔵される 記憶

多数の分子経路を操作する それは
さまざまな時間枠でそれらの活性を維持させることにより
一回の活動電位によって放出される神経伝達物質の量を増やしたり減らしたりでき

結果 
一種類のシナプスであっても 多数の記憶を貯蔵する部位として最適化されている

 

懐柔 抑圧 といった    「人生」に ただよいつづける それらの 醸し

 

そして かつて 理解をしようとつとめていた頃の何かも うかび

……選択的セロトニン再取り込み阻害薬: Selective Serotonin Reuptake Inhibitors, SSRI

抗うつ薬の一種。シナプスにおけるセロトニンの再吸収に作用することでうつ症状、病気としての不安の改善を目指す薬。2009年5月現在、日本国内で100万人以上が使用していると推定されている。(略) Wikipedia ……

 

記憶に関する さまざまなあらわれについても 別の理解が進んでゆくことでしょう

 

 

そんなことで (タイミングかと 別室に29に置いてみた)81年の小冊子からの ある部分でした

  盆栽約三十鉢 とありましたが 三つ(よく見れば 七つかも)くらいが‥放って置かれているようにも 見え

  何とかハウスも無い(ちょっと離れたところのそれっぽいのがそれかも)ようで

  (「何十年」という 「月日」)

 

大型のススキに似た植物

「白」の近く ‥みつめることが多い それは 未晒し 未加工 ecru といった色に視えています

Citrus natsudaidai hayata の数メートル先には ヤドリギも見えております  

 

 

気温の上がった30(午後) (壁際というのは 作業がしにくいのですが) 4箇所の撮影が重なり

ベテラン3人の持ち場の大きさに囲まれ 道が消え 壁伝いの細くたよりなげな足場(^^大袈裟にいえば崖風)

 

可能なルートを 淡々と探して おこなうのみで

 

互いの懐柔的なコミュニケーションが 釣り合ってとれるかどうか ということもふくめて

度を超えた圧など   「そういう流れについて」は

「記憶に関与する主要な分子原理」(「シナプスに貯蔵される 記憶」) 「多数の分子経路」などなどを通じて

「トウガイポイントに戻すまでのこと」 ということでしょう

 

 

問題にならないことが (大)問題
  ほめてもらうこと しか うけつけない 習慣? そういった観点については やはり相当困難な印象


其処は 何かが あと「 週間」と 決まっているのかもしれません が 詳しいことは知らず

  別の現場が続続続。。「目白押し」らしく「稼ぎどき」なのか 若い長はずっと顔を見せていないようで

  

外枠の 塀の作り替えは 2.22までのようで 外に向けて貼られています
「室」解体についても紙が同様に お知らせ的なものが数種  石綿調査は12.6に終えているようで

さまざまな物事が

お好みの「文字」や「数字」などをまじえて 「いつもどおり」着々と進行しているようでもあり

どのようにか 進んでゆくのでしょう

 

設定線にふみこまれるような・・・・ そうしますと機能などがあれで 変えたり ということがあり
「中心線」の変更(や もとに戻すとか) 方角 日にち 曜日などの違い
などといったズレが生じたりも してきているようです


(何かが起きていても)気づかない 習性ですか 昨日コピペしまして

「皮膚がんの非常に高い攻撃性の秘密を解明」
「細胞はリンパ球と融合することで、独立して移動し始めるという」
「通常、免疫系はその細胞が常に内部にある初期段階の腫瘍を抑えることができる」
はずだが
「細胞が独立して移動すると転移が起こり、免疫系はそれに気づかず、抑制しようとしない」
「リンパ球とメラノーマ細胞が融合することによって起こったとの結論」

人間系は (気づいて 抑制) どうでしょう

 

あるいは(今日なら)「…雪があるから冬はきれいなんだろうなっていうだけ…」というような

「地」「点」(を手に入れて)から進みたいか とか ですか

 

 

(「記憶」の)強化 何かの維持

そのように動く 場(「国」) ということを 肌でも感じた 昨日でした

 

 

広告を非表示にする