読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

a n t … c o r n

ダンスガード・サイクルと呼ばれる地球規模の激しい短周期気候変動に支配されていた氷期旧石器時代が終了し…」

「ボンド・イベントと呼ばれる短期間の寒冷化現象(小氷期)が地球上を何回か襲い…」

KAGAKU/Feb.2017 Vol.87/0182

佐藤宏之/東京大学大学院人文社会系研究科考古学研究室・教授/日本旧石器学会会長)

...................

「一部を隠すためにベルーガキャビア26オンス(約737グラム)が使用された」 女優 (9揚げですか)

(1~2年前に観た 接着剤のほうではない) かつて(10~15年前)の 冒頭に 少年たち アリ のシーン

出てくるアリ(の団体)を みていた後に それを 思い出していました   

 

マレーナ』(Malèna)は、2000年公開のジュゼッペ・トルナトーレ監督によるイタリア映画

それですかね

...................

(9〜 『平出遺跡』)

 

三笠宮崇仁」「直良信夫」氏らも関わっていたようす


「従来の日本史の研究が主として社会の上層部から見た資料に基づいていたので、眼光がなかなか下層にまで徹しなかったうらみがありましたが、最近は逆に下から眺める歴史研究法があらわれてきたことであります。物はすべて四方から眺めねば正しい認識はできません。上からも、下からも、右からも、左からも、前からも、後ろからも熟視してはじめて正しい歴史的事実が発見されるのであります。
(P43 三笠宮

.

「蟻」

.

縄文時代特有の呪術具である」「土偶」P70

(幼児)「埋甕」に対する「具体的なイメージをひろげて」 P62

判断力などを‥「  」しているような それら 

.

.

「蟻のいたずら」 16〜21 より

 

「アッ、2000年前の種が出てきたぞー」(一人の高校生)

「二千年前の種子? 事実なら世界的発見」と 新聞の全国版で大きく報道

「一週間もすると、発芽した種子はヒメシバと判別できるまでに成長」 

 

土器の内に米・麦の穀物等があった 18

「この事実に考古学界は当惑を隠せない」

「それらの種子の入った高坏が、炉辺にあった縄文土器であれば、問題はますます紛糾する」とその事実に当惑気味 19

 

京都大学ショウジョウバエの研究により理学博士の学位を授与された生物学者」は

「すでに埋め戻されトウモロコシ畑になっている発掘地」に立ち

「いっとき」トウモロコシ畑に分け入り

「間もなく数匹の蟻をつかまえて出てくると」「犯人は、この蟻だよ」と「断定した」

 

「クロナガアリが、せっせと地上から現代の種子を土器の中に運び込んで」いたのだ と

 

「この事件がきっかけとなって」その遺跡は「広く世間一般に知られるようになり」「関心を高めること」に なった

 

表紙にアリと壺、種の絵を載せた『上代文化研究誌』はガリ版刷りで36ページの小冊子である。

発掘の概要と縄文種子のエピソードが掲載され

「高校生がこの遺跡発掘にかけた情熱を今に伝えている」 20

『五千年におよぶムラ 平出遺跡』2004 小林康男

 

.....................

とうもろこし【玉蜀黍】

(米) corn  (英) maize;Indian corn

...................

とうや【陶冶】cultivation

(陶器を焼くことと鋳物をいることの意から)才能・性格をきたえ、すぐれたものにすること。

.

cultivate

1.〔田畑〕を耕す,耕作する,〔土地〕を開墾する

2.…に耕耘機を使用する

3.…を栽培する,培養する,養殖する,〔品質〕を改良する

4.…を養成する,育成する;…を啓発する

5.〔芸術などの発達〕を促進する,奨励する,助成

 

 

...................

8夜のことかどうか・・ 私のものではない引きだしが ひとつ開いていて 

持ち主が開けっ放しにしたのか (私ではない)誰かが そうしたのか わからないですが

 

「Serge de Nimes」「de Nimes」

Denime 後ろの左側 ウエスト下に “The Rhythm Save” ・・筆記体刺繍ということで ちょっと微妙ですが

それを入れますと どこかにずれて マイコーの何かに直結しますか

 

Rhythm とか  Save とかも いろいろな意味があるようで

 

 

 

 

 

広告を非表示にする