ショカン的空間

(入っている なにか)ケースにより「*重」分

12 編集 ひとくぎり?  (13 少少)

 なんか ゲツ ソリ  Joshua Bell: Sibelius Violin Concerto in D minor, op 47 - 24.11.11 に寄って いっときあれしたうえで

  あらためて Tchaikovsky - Violin Concerto in D major, Op 35 に つかって チョー リツ

Pyotr Ilyich Tchaikovsky  Violin Concerto in D major, Op 35
  1 Allegro moderato  2 Canzonetta: Andante  3 Finale. Allegro vivacissimo
Joshua Bell, violin
National Youth Orchestra of the United States of America
Valery Gergiev, conductor
Live recording. London, Proms 2013

 

(ATLのほうも 詳しくないのでようすをみながら) 当事者 ご専門の方方が あれなのでは

 ............................................................................................................

 

11朝 下に移動した2件の記事などを携帯に送付  昼前 目白庭園(夕方muonに画像を送付 反映なし)

 

「  布」などに 「  で塗っておくと さらに良い」そして「それがずり落ちないように 最後に でまいておく」

また「  感染」があるようであれば 「  入りの  」を最初に塗って

その上に「    」そして 「    」と 「三重にしてください」


また、できれば、      したほうが良いでしょう。たいていは1週間〜10日で滲出液は止まります。止まると     塗布は止めてください。   の主成分である   は皮膚の乾燥をもたらしますから。

(  その乾燥をできるだけ防ぐために    の植物オイルを混ぜた     )


ぜひ 殆ど「不可能」を知る ぎりぎりの体験を していただければ  (即 理解でき)

 

 前に記入したものと ニベア クナイプビオオイル(グレープフルーツ)いずれも国名の重なり 適宜

そういった(物事を)使い分けしていて 皮膚上ブレンドも  

軟膏は状況に応じてですが それでも使わないときもあり 方向としては「フェイドアウト」望 方面 限りなく かも

 

 ミミズあたりであれでした ホクロの状態はその後落ち着いていましたが

おとといあたりからむずむず 昨日(11)からは 激変といっていい

 

鋭いタイミングで そちらで揚げていただき 

どれくらいかの詳細を はしょることができるかもしれず 感謝いたします

 

「どう健康に良いのか?」「いますぐ」「行うべき」というのを み (あらわれは ヒトの数ほど)

(彼らの)その手の行為の有無にかかわらず きっかけ というような「合図」かなにかの 発動 かもで

前日夕(10)「作法」は踏襲されていないにしても儀式であるかのような なにか(からの発動)

その流れを見せていただいているのか とも そこの1fで

 

初日に 目の前でほとんど教えていただいていた・・          支离破碎

その後 いくらかのつながりも構築されたのではないでしょうか

 

 

「ミミズ」で「内」検索............................................................................................................

2016-12-31 面と面の間

2016-11-27 ムリョウ   

※「酔」×2 ではなく スイスイとイキヨイ 「粋」にヨえるらしいそこ と サケ シュのハハ とは どこに

 ・数々の連携?により ツリ‥ ツリ部が移動したりしてどうにもならない。。(件はその後も 左右何度か) 

 ・黒曜石が一つ遺され       扱いは その他大勢寄り 

 ・「お得」感などを「入り口」に すでに入られた 

 

2016-11-20 はやし......................................................................「ミミズ」で「内」検索

 

 

 「強烈」らしい 感触 味

(疾病などを)よけるために施してきた 覆っていた すべて が    あれ か

(10などのこと)...........................................................................................................

 人員が増えて窮屈になり 彼女たちは窓辺に移動してきて そのころから お菓子をいただく ということがあり

やや甘めのものも選択肢に入れてもとめるようになり 器・・タッパーのような何か・・ふと 「なつめ」がうかび

そのときには見あらなかった・・ 落ち着いた赤系のを この初日から持ち歩いていて

  「形が植物のナツメと似ていることから棗と言われ 薄茶器」とも呼ぶ らしいです

  たっぷりの抹茶を少量のお湯で練った極めて濃いドロっとしたお茶が「濃茶」

  「かなり強烈な舌触りと味」「薄茶の抹茶とは違う 濃茶用の抹茶を使い」

  「濃茶」用の抹茶を入れるものは 「茶入」

(10に)微量お返しするときに「70%のチョコは大丈夫?」と聞くと「食べている 100%のはだめ」と 

(私「あれは胃薬ね」)

 

途中・・お昼ころ?・・おふたりが 受けとりのために来られ おひとりは門まで おひとりとは少し会話

  (どうも そちらは 「交通費」についての感覚が アレ)

 

終わりに近い休憩時 トイレの(カタイ)戸を開けた状態で鍵を閉め(。。。。)出て閉めた 鍵のかかったまま

  エキスパートに協力を仰ぐ(マイナスドライバー?) 家の鍵は幅が広すぎ その小銭入れを見てか

  1円 と彼女(自販機で使えないからと とっさに) 右には回らず 左に戻して さらに左に すんなり「開」

朝 普段は買い物はしないのに 春日通り沿いで これもまた買わなそうな「たまごパン 黄金比安曇野/豊科をもとめ  

(・・レジの方のネームプレートに「正者」とあった・・)  貨幣が全種そろっていた

 

解決後 そこを (同時進行)すぐに器を洗いに通り過ぎたかたと それについての会話 少少

終了後 となりで それを知らないひとりのためにゆっくりと披露されていった

...........................................................................................................(10などのこと)

 

 

13 ...........................................................................................................

 詩人の生涯 A Poet's Life  1974 (短編)   この雪にもつなげたい

f:id:kaon-yokegawa:20120809234946j:plain 川本喜八郎OFFICIAL WEB SITE

 

 

時は奈良。  ・・「もろこし」 と 読むのでしたね

        

平城京では大伴家持恵美押勝らが、やまとごころや漢土(もろこし)の才(ざえ)について論じ合っている。       桜映画社/死者の書/あらすじ より

...........................................................................................................13

 

 

11記入分...........................................................................................................

 (10午後) 少々ためてから 舞いおちてきた 雪   その表情は 味わい深く また 何かを「物語る」 か

(遺された) ちいさくて丸い石 ‥カガミモチ(いくつか用語をメモした際には「丸もち」と)何かをつぶしたような

ミニチュアの何かを思いおこさせ

「小ぶり」な世界 が 顕現していたように みてしまったのか 本気度99か?

自分で速さの指示を出してしまったのか バネ指の兆候も出してしまい 労わっております

...................
(読んでいなかった『法隆寺 世界最古の木造建築』「ヤング」コーナーにアリ じっくり向き合いますか)

...................
(児童向けの絵本も 「疾病」で検索して 手元に)別の何か 「幕開け」‥ 開かれてゆくシーン
.............................................................................

(眠)   ここで 就寝か と思われた21時半頃

すでに どこかは尋常ではない 騒ぎかたで。。おかしい   つーか コワレタ?

 

メモをとることに...............................
戦争や混血をしながら興亡を繰り返す大きな民族の交流のあるところには、キャリアがいなくなった。
などなど  (『日本文化と民族移動』内寄稿 日沼賴夫氏は 94年発刊当時 シオノギ医科学研究所所長)
...............................この辺 さらち(うら さら 16.9.8) に記入しようとして とめた感じ

 

「睡眠不足 障害」なぜか「皮膚病」 「生活の質」は おちまくる とか  

キャリアかどうか という以前に

 

と 数行メモ後 あーやはり眠い と すぐに寝たような

...........................................................................................................11記入分

 

 

 

その 度を超えすぎた 「   」ような 騒音は 外から聞こえます

 

 

『日本文化と民族移動』より..........................................................................................................

「私はピンときました」

このATLウイルスのキャリアは外から来たのではない、昔から日本にいた人たちだったのだ。日本の昔々からの、いうなれば縄文人がキャリアだと、そのとき気づいたのです。

そうしている間に、東大人類学教室に1000人近いアイヌの人たちの血清のコレクションを調べることができました。その結果、このアイヌの人たちのキャリアの率がずば抜けて高いことがわかった。沖縄の人たちとほとんど匹敵するか、それを凌駕するほどであることがわかりました。P57

 「ノン・キャリアの子孫ではどんどん薄まりキャリアは(なくなっていきます)」…P60

..........................................................................................................『日本文化と民族移動』

??????????????????????????????????????????????????

 

 11朝 携帯に送付した2件 ............................................................................................................  

人工軟骨材料の実用化に向け、産学共同研究を開始    MONOist 2/8(水) 15:55配信

北海道大学 2017年1月1日 日本特殊陶業と共同 北海道大学産学・地域協働推進機構に「高靱性ゲルの軟骨応用部門」開設

(治療困難な軟骨疾患について 新たな治療材料・治療方法を提供することが目的)

共同研究には、ダブルネットワークゲル(DNゲル)を開発した同大学大学院先端生命科学研究院と、人工骨などの整形外科向け医療機器の製造販売を手掛ける日本特殊陶業に加え、同大学大学院医学研究科も参加する。これにより、DNゲルを人工軟骨材料として実用化する研究を、開発段階から臨床使用を見据えて効果的に進める。

DNゲルは、「硬くて脆い高分子網目」と「柔らかくてよく伸びる高分子網目」という性質の異なる2種類の高分子網目が互いに助け合うことで、亀裂の進行を抑える。そのため、生体軟骨と遜色のない、10〜60MPaという高い圧縮破断応力を持つ。

また、DNゲルは水分を90%近く含んでおり、一般的なプラスチック材料よりも軟骨に類似した低摩擦な特性を持つ。さらに、DNゲルの最表面近傍に骨伝導性を持つセラミックス「ハイドロキシアパタイト」を形成させることで、ゲルのクッション性を維持しつつ、骨と結合できるようになる。骨軟骨欠損部に補填すれば、軟骨下骨と結合し、周囲への脱落や転移を抑制できる。

通常、軟骨には血管や神経などがないため、損傷しても自然治癒することはなく、現状では治療は困難だ。しかし、ウサギの膝関節の骨軟骨欠損部にDNゲルを埋植したところ、正常な硝子軟骨の再生が確認された。これは、細胞を用いずに正常な硝子軟骨の再生が確認された世界で初めての例だという。

今後、2020年の臨床試験開始を目標とし、材料組成の最適化、製造プロセスや安全性の確認、術式や周辺デバイスを含めた開発を進めていく。

【関連記事】
日立と北大が共同開発の陽子線治療システム、医療機器の製造販売承認を取得
ロボット使うと思うだろ? これ、ゴムなんだぜ――“ 

 ................................................

 滲出液 など

「・・・滲出液が頻繁に出ている時は、からだの中から毒素であるものを排出している状況だから、そこに油分の含まれたものを塗るのはふたをすることになるので、出し切ってしまうまでは良くないと聞きました・・・」

牧瀬医師 ここに書いているのは、かなり一般的な解説です」

「滲出液(浸出液)は 中程度以上」で ときどき出 「体の中の毒素でありません」
正体は血管からもれて出てきた、血液成分のうち、水やタンパク質(グロブリンアルブミン、フィブリノーゲン)などの血漿です。やや黄色みを帯びた中性の液体です。

「炎症のために毛細血管が拡張し、血管の壁から、このような物質が漏れやすくなるのです。ですから、炎症がおさまるまで、「出し切ってしまう」ようなことはないのです。 人体の治療力によって、ふつうは自然に炎症はおさまり、やがて滲出液はとまりますが(これが出し切ったように見えるだけです)、アトピー患者さんの場合、けっこう長引き、かつ頻繁におこります。実生活に不便であるばかりでなく、不潔で、そこに黄色ブドウ球菌さえ過剰に繁殖する可能性があります。
ですから、すみやかに対処すべきものであり、ほうっておくべきものではありません」

症状に応じたステロイド軟膏を塗る   その上に 亜鉛華軟膏を重ね塗りする

  ............................................................................................................11朝 携帯に送付した2件