ショカン的空間

くうどう  つめもの

 

空洞‥人が想う物事が 「理由」「原因」などであるのでしょう

そこに詰め込んだ「小砂利」は 砂を噛むような想い

といったところでしょうか

.

隠して 画して 何かを行いたい という想いの他にも

わかりにくい顕現があるのでは と 最近思っておりましたが

.

すれ違うおもいというのは ときに大きな溝となり

その気は無くても 何かの手伝いをしていることになってしまうのかもしれません

(傷ついたヒトは) 知らず知らずのうちに 何かをもとめて

「その気は無くても」協力していることになってしまうような‥

.

期待をして長く待ってしまった とか

(相手が)そのようなヒトにはみえなかった とか

.

思いもよらぬ 想像だにせぬ ‥ような

知らない場に出現しているケースがあるのでは と感じる 今日この頃

.

.

空洞

かの地‥それらの複数の地を想うとき

ヒトの関心ゴトや 信仰シンのカタチ も 同時に浮かんでしまいます

.

.

うまく(ときには やわらかな想いなどを かぶせあうように ) ほどほどの‥ と思われ

また 高くなりすぎたら 調整   蓋を開ける必要があるなら そのように とも

.

.

先ほど 18時過ぎに 治療中ではない側の 奥の詰めものが取れまして(柔らかく煮た大根で)

予定より数日前に また予約を入れまして

.

(食べにくくてしょうがない)