読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

既知  ルール

27 記入しなかった 「記憶」風‥ 

 

キイ    かなめ

 

(ついてくる 発明系は1、2 で 2、3、4(あるいはイコウ)番目) 自律(自制) 顕現  (拡い反映 投影など)

 

それぞれの それなり ということで    アレなどならサンなどで あれ とか ですので

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「進化的な発明は、発生プログラムの最後に付け加る」ヘッケル

150/『生物のなかの時間』

.

お‥ 「基地みたいなもの」

.

リンパ球はサメからある

抹消リンパ組織は哺乳類にしかない

「外敵の侵入に備えておくために獲得した基地みたいなものと考えればいい」

西川伸一

細菌やウイルスの侵入したところに、さまざまな細胞が集まってきて始まる一種の局地戦争が炎症なんやけど、普通は刺激がなくなると集まった細胞もいなくなって戦場は元に戻る。

 

つづいて 慢性疾患 結核やリウマチ 長期戦では 「炎症は組織化して元の組織には戻らない」

「戦場に塹壕やトーチカができるようなものかな」とされていますが 

そこを何とかしていただくのが お片づけ お仕事なのでは      か る ま

そのままでいい かのような (「自慢」) 勘違いなどなど などは 勘弁していただきたい

 

パイエル板やリンパ説ができる過程を見ると、炎症と同じように、まず局所にリンパ組織の誘導細胞が集まる。しかし、ある時期からは、炎症にしか見えない単純な細胞集合が、プログラムに沿って組織になっていくのがわかる。生成に関わる分子にも、炎症が生じた際に使われる分子がほぼ使い回されている。 146『生物のなかの時間』

.

このあたりは 球技のルールを絡めていて‥  上の部分を含めて別室に 25


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(~25)  23 セミ → 24 WATARIDORI」のロングバージョン 2005? 2章まで

  スペイン草原地方のノガンは ウクライナとスペインで生きのびている・・かつては欧州全土にいた

  「おだやかで争いはない」 と DVDでは  (Wikiでは もうちょっと国名がみられるような)

 

23 近くで 終齢幼虫?足のある セミが出てきたようで 「眼が見えないから埋めて」という声

いずれにしても と 私は移植2種(一つは曲がっている)を使って移動し 土をかけた

それでなくても 細い溝 に片足をいれての・・捻挫しないように とか やら 人口過多など

置いといても踏んづけそうで(乾燥しそうだし 脚が動いているし) 作業を遮るので

わりあい 人のいないほうへ・・    思い出せば そこは リンゴの至近 だったね

 

その台詞 あるいはその後の台詞「ハイ」「マツリ」の方方  いろいろとついてくるものは 意識し

私が行いましたが   さて どうでしょう?  動き方は?   流れは?

 

そのときのセミは?  「地表近くまで竪穴を掘って地上の様子を窺」っていた可能性 も

 

Wikiより  セミの「生態について十分に調べられているとは言えない」「検証が不十分な事項がある」
交尾が終わったメスは枯れ木に産卵管をさし込んで産卵

枯れ木の上を移動しながら次々と産卵 セミが産卵した枯れ木は表面が線状にささくれ立つ

ニイニイゼミなど)早めに出現するセミの卵はその年の秋に孵化  多くのセミは翌年の梅雨の頃に孵化

孵化した幼虫は半透明の白色で、薄い皮をかぶっている。枯れ木の表面まで出た後に最初の脱皮をおこなった幼虫は土の中にもぐりこみ、長い地下生活に入る。
幼虫は太く鎌状に発達した前脚で木の根に沿って穴を掘り、長い口吻を木の根にさしこみ、道管より樹液を吸って成長する。長い地下生活のうちに数回(アブラゼミは4回)の脱皮をおこなう。地下といえどもモグラ、ケラ、ゴミムシなどの天敵がおり、中には菌類(いわゆる「冬虫夏草」)に冒されて死ぬ幼虫もいる。
若い幼虫は全身が白く、目も退化しているが、終齢幼虫になると体が褐色になり、大きな白い複眼ができる。羽化を控えた幼虫は皮下に成虫の体が出来て複眼が成虫と同じ色になる。この頃には地表近くまで竪穴を掘って地上の様子を窺うようになる。

 

24観 

(種の異なる巣に移された)目のあいていない生後1日の2gのヒナが最初にやることは

他の卵を巣から落とすこと  ヨーロッパヨシキリの巣はのっとられ カッコウを育てる

「侵入者は迷うことなく仕事を進めていく」 (ヒナは「親鳥」の何倍かの大きさに)

 ヒナの動きを何度か再生・・羽のない手羽先などの凄い動きがヒトの腕(背中)のように見え

カッコウのいない巣では ヨーロッパコマドリのヒナがエサをねだる)

 

25に 脊椎動物各群の発生過程」のニワトリの絵を見ても そのシーンは鮮明に浮かんで

 

この1(~2ヶ)月くらいか いわゆる「冬虫夏草」は 何狙いか? と うかんでいまして

   そこには 一瞬狙いの危うさや どんなことでも 何何    末の姿 など など

   つきまとい つづけ・・

 

25  CUSTOMA CAFE  ~meiji チョコ効果 CACAO95%

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

..

.

21に 若者と 球技(バスケ)のルールについて 軽く会話

(何十年もすると ルールも変わり)

フエすぎ らしい

.

あんまりピッピ ピッピ笛が鳴ると 流れがブツブツたち切れる

 

‥でも (進化的)誰かは おかまいなし らしい   このへん半分寝ているのか 意味無明

 

 

 25

 

 

 

26 すこしあとの管清掃などにむけて ということですとか・・

そろそろ また 掃除 メンテ など    も おこないたいと思われ    ながめていると

コンセントの使い方・・ 模様替え  そちらのほうも

 

(「替え」の途中なのですが また後日おこなうのかも)   

シンクのあたりに なぜか コンセント系がなくて 洗濯機と同じところからひいていた 冷蔵庫も ずりずり移動し

もともと こまめに料理をしていたわけでもないのですが 現状 何かと調理が大変(25夜にそういった件など 何度目かの会話)

無理が持続してしまっているので そちらは ほとんど少なめに とか いろいろと みつめるのでは      

 

 

 

 3.1 「コンセント」の使い方  (この語はなんだろう?よく知らない)wikiに聞く

 

配線用差込接続器

「差込プラグとプラグ受けで構成され、差込プラグをプラグ受けに抜き差しすることによって、配線とコードまたはコード相互間の電気的接続および断路を随時容易にできるようにした接続器」

差込プラグ、コンセント、コードコネクタボディ、マルチタップに分けられ…


差込プラグ(英: plug)導体となる刃と、絶縁物で覆ったコードなどとの接続部などから構成され、これを手にもってプラグ受けと抜き差しするもの。

「名称については後述の「コンセント」と誤用される事例が多く見受けられる」

・・書いたあと 合っている? コンセント口とかいうのかな などと思い

 

コンセント(米: outlet、英: socket)電源などを供給するために、家電製品などの電気器具のプラグを接続する差し込み口(プラグ受け)のうち、造営材、機器などに固定できるもののこと。一般には壁面や床面などに設けられる。

英語の名称でエレクトリカル・アウトレット (electrical outlet)、または単にアウトレット (outlet) と言うこともある。また業種によってはレセプタクル アウトレット (receptacle outlet) と言うこともある。

日本ではコンセント (sockets) または電源コンセント (power point sockets) という名称が一般的だが、これはいわゆる和製英語である。

語源は、初期に使われていたとされる、中心電極を囲むようにリング状の電極をもった concentric plug(同心円のプラグ)を略したものとする説と、小規模な電力会社が乱立した黎明期において、ソケットの形状を複数の電力会社で合意して決めた consent plug(合意したプラグ)とする説がある。前者を日本国語大辞典小学館)が、後者を和製英語正誤事典(北星堂書店、1988年)が採用している。大正末期には差し込み口とコードの先の組み合わせを「コンセントプラグ」と称したが、東京電燈(のち日本発送電設立により解散)に勤めていた小林勲が、同社の電気工事規程である内線規定を起草する際それぞれを「コンセント」と「プラグ」とに分けて称したことから、もっぱら差し込み口を「コンセント」というようになったコネクタボディ(コードコネクタボディ)プラグ受けのうち、コードなどの延長用で、固定しないで使用するもの。

 

 

広告を非表示にする