ショカン的空間

トキの ハカらいか

グラナはチラコイドの円盤が重なった構造

  葉緑体は1つ当たり10個から100個のグラナを持つ

  グラナはラメラと呼ばれる細長く伸びたチラコイドによって結ばれていて

  グラナを構成するチラコイドとストロマ内のチラコイドはタンパク質組成によって区別できる

 

kai遺伝子群など さまざまなものが あげられていることと思われ 先日ちらっと開いたりもしました

勝手ながら 『時計遺伝子の分子生物学』から ひかせていただきたいのですが

  ~ ぼちぼち

 

  book off で 先月でしたか もとめました   CDコーナーのとなりにありまして

 

  そちらでは 「鉢植えオヤジ」の確認などをさせていただいたり

  たまには CDなどの購入とか ですか   最近はあれでしたが   ここにきて

  わたりどり 通常版のものを 「・・・・見ていないな」と レジのほうに持ってゆき

  なぜか 一旦棚において財布を出すという行為を いつもはしないのでは?

  その棚 置いた下に ちょっと違う感じのものがあって そちらにしまして

  帰宅後 途中まで鑑賞・・   そのままですか  またみてみましょう

 

3.4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2.28

 

生物は概日時計により環境変化をさきどりすることで

環境適応を実現しようとしてきた

.

環境変化に対応する機構を反応的ホメオスタシス

日時計を利用した機構を予測的ホメオスタシス

とよぶこともある

.

多くの遺伝子発現はその二つの「制御を受けることが一般的」

前者は不可欠な制御 後者はそうではない

.

自然環境下では 後者の制御は長い時間ののちには 少なからぬ影響をもつものとされている

.

.

じわじわと 詳しくみたいと思われ‥ 開いてみては

.

(半)寝  -.- zzZ

.

広告を非表示にする