ショカン的空間

浸 透 滅 キャク

かたわらの簸川神社に行ったのは ‥いつでしょう?

ガラスの隔たりが いちいち付いていたような ことだけ 思い出されます

.

in‥何とか 試験管系のことですよ とかいう

in vitro(イン・ビトロ/ヴィトロ):分子生物学の実験などにおいて、試験管内などの人工的に構成された条件下、すなわち、各種の実験条件が人為的にコントロールされた環境であることを意味する。語源はラテン語で「ガラスの中で」、意味は「試験管内で」。

アピールかなんか でしょうか?

.

...................

著者 川端俊一郎

「はじめて法隆寺を見たのは修学旅行で、昭和31年(1956年)の秋10月の末だった。生まれ育った北海道には古い寺院などはなにもない」

「北海道には柿の木も無い」ので

「ぶらさがっている柿の実をみても感動」

その頃 法隆寺は解体修理が終わったばかりだった

.

昭和9年に始まる法隆寺国宝保存事業は、半世紀もかかった大修理工事であるが、五重塔は昭和16年に起工、戦時疎開をはさんで昭和27年竣工。金堂は昭和24年起工、29年に竣工している。そのすぐあとに見学することができる幸せであった。いまのような大宝蔵院百済観音堂(平成10年)などはなく、百済観音像も手の届く近さにあって、ガラス越しでは得られない、ぬくもりを感じたように思いだされる。そういえば、バチカン大聖堂にあるミケランジェロピエタも、最初に観たときはすぐそばまで近づくことができた。いまではやはり遠く冷たくガラスのなかにある。心頭滅却すればガラスなどなくなるのであろうが、なかなかそうもいかないものである。

法隆寺のものさし』序

...................

...................

 

そういったオススメは?はじめて?のような 気が

少し前に配信されてきたので (明日)「振り返」ってみるとか

で メモ

…1年前のブログ「Tの想い 1992」などを振り返りませんか?…

.

.

.

.

11夕 シカ 同様   仮蓋付 ・・お カリブ達樹」という変換

  水分がどこにいくのか? むくみなのか 蒸発なのか   炎症 かつ 乾燥しがちで 

  のどもコンコンしているので どうかなと思うも いけた

  夜 営業時間中から こまめに紙製の物質を床におとした 20cm程度の高さ

 

 

広告を非表示にする