ショカン的空間

あるイロ の ながれ

(~9+微) 

 

 

ふしめ

 

「の なにか」が「かかる」 (その形態は)わかりやすいものとは ・・どうでしょう

 

 

 

 要素 順番 などをひろうのに なにか「時間」などをじっくり ようする 感じです

 

 

 

どなたかの好みかどうかは存じませぬが「風呂と同じ構造の小さな湯沸かし」

それかも  ミニチュアに反応して たぶん90年代のいつか頃かまで 使ってました

湯豆腐鍋として販売されていた ような・・ 徳利もセットできたような

ナツメの用途も あれですが ミニ野点セットはバラバラです

  • 茶筅は使う機会が無いような 
  • 茶杓は数回の使用でしたが 細い部分がわりとほどけてきたかも
  • 茶碗は 碗として普通にいろいろ使って・・飲み物類 お茶は ほかの器で

 

 

はてな別室で使ったものをトリミングして 名前をつけただけでは 部分が反映されず

exciteにとりこんで そちらから直貼り

ロミオとジュリエット (緑は「海賊」などと名付けられている)

  (いずれも)silk  より軽くて薄いほうは染めていない(分量の少ないほうは黄色を緑に 化学染料)

 

  1/6スケール 見合う薄さというのを近所でもとめたのは 機関のあった頃 95~8とか9 10?あたり

  絹スカーフ‐Japan External Trade Organization(JETRO) 現J-WORLD TOKYOの上階か で 入手

  絹糸の撚りをほどいて ふわふわのをまとめながら 極細針に通し 時間をかけて根気よく 叮嚀に

  裾の始末は・・ 用語を^^調べつつ 巻きかがりではなく 極細三つ折りの「まつり」 1ミリ以下(前後)で

 

f:id:kaon-yokegawa:20170409081622j:plain

(すそ)の始末 材質、デザインによって方法は異なるが、スカートの裾のような一重の裾の始末にはまつり、千鳥かがり、三つ折り縫い、より絎けなどを用い、ジャケットの裾のように表地と裏地とをあわせて始末する場合には、縦まつり、奥まつりなどを用いる。

kotobank.jp/word/%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%B8%AB%E3%81%84-1523100

 

 糸の引き具合  加減は ほどほどの ほどほど で 見栄えが ほどほど  

まずは 観る側に圧をあたえず 全体に目が(作業感を感じさせない)どれくらいか後は自由鑑賞

 

 

 

 大きさ  重さ   拡大  縮小 などなどで

分量 割合  による  という意味合いのもとでも

 

(絹を使う場合も)気をつかって くばったほうがいいのかもしれない と思いますのは

たとえば 追悼としての何かが そうではなくなる・・ラインをこえてしまうような 

あれ とか それ 

 

ある方面  数年前 深川 ソチ 濃い青(と黒と赤)のシャープなデザイン  うすむらさき

やはり そこで 区切られていたようなんですね  ずっと見ていなかったのですが

 

  数日前に 僅かな(重なりではなく)接点に 無理してわずかに針先ほどの手をあてて (文字列を)確認

  楽しんで 奪って 持ってくだけで(はしゃいで)わかりやすく アレ。 の 最たる 大規模のあれ

   衣装の色があいまいな覚えになっていましたが その それと  もうひとつ (というか みっつ?)

 

  見方として 他のものなどと同じで すいとり大会 ブラウン管で見たような そんなことでしょう  

  落ち着いてみられる  ・・こちらですね   Alexei Yagudin Olympics 2002 LP/SP

    彼は16.2.22に 彼女と・・ 彼女は2004初戦に・・ ああ そうでした

    その頃ペアは中国の素敵なふたりをみていましたかね でも 事故や経過を覚えていて

 

  Exhibition   黒の ですね     用途などは 様様  効果もそれなりに発現

   よっつめ  2014 Ice Age Alexei Yagudin   流石

  なんか そちらの分野の動くのは ひさびさで  画面も発掘向きで   ついつい 

  Tatyana Tarasova performing as a figure skater - very old video  表情はわからぬが

  近年? タンゴ踊っているのとか  ・・大きくなっても 黒ずくめは それなりに

 

 

 

その深川のおりも (本当に不思議なことですが)たいへんに たえがたいような

体調が あらわれ     ほんとうに ふしぎな ことでした

 

なんとか「展」という 大がかりな 無駄遣いで 兼 貪る だれか たち

 

朝 ここのところ 地下からすぐ乗る感じ 「すぐ」の間に 大きすぎるポスター

・・が うるさいのですが  このタイミングで なんとか「茶道具」展 とはねえ

  天井の低い 狭くて短い通路で そこでは紙の全体は見えないのでは

  節目 なども  そちらの基準  ですか

 

 

 

今いる所から?か なんなのか ?送れない?画像はあとで ・・なんでしょうかね  順番とか なにか?

携帯から と思っています件     (画像は ここをあげたら すぐ送れました)

 

数日前 彼女は場に入って 人に寄っていって  ガムテープの粘着物についての説明

  そんな会話は いっさい したことないです ・・そういうことは ペーペーの口からは出ない 系

  自分の身に 何かがかかわりそうなときには (ぺー×2 も)あれでしょうけれども

カゴに貼るときには 網目の部分にという 細かな指示出し を そこここで されてた

 

その方は 朝入室後 わたしがお湯を少し飲むのを 見ているかもしれません

以前 「石の上の花 ふたつ」置かれたものか 落ちたのか

もし 置かれたのなら 年長の 彼女かもしれない (アメリカ系の松ぼっくりの解説者)

 

 

日にちなどを 追うのが困難 にも ほどがございますようで

そろそろは はずせるものに関しては そのように と

 

 

何かのながれ     ? ああ 数字などの訂正のときですね

朝 CDをゆっくりきいて ゆったり でかけ  カップを持ってゆくのを わすれ

 

計算があれで 自販機が遠く感じ 彼女にきいて 社のものは無く

私物の紙コップをいただいて   2枚重ねをすすめられたので そのように

 

そのあと 花を摘んで  

 

近くにはみあたらないかな と 目をむけますと   ・・そうでもなく

そこらへんにありまして 数種を    「そこ」の画は 借りて muonに  

 

数種類 こぼれ種的なものもあるような それらと ベランダのアイビー2種

あとからみるとポイントかも の 場で 撮影

 

その「ポイント」などは あちらでも記入しないと思いますが

どこかの「現場」の カン点などなら  東西南北とか どこから どこをみて とか 

いろいろみどころはあるかもしれない ですか

 

 

なにかが うかんだり というときに 行うかどうかは わりと あれで

おこなうことになったとしても あとでみると 直前のシフトのような 印象?も 

 

で しそうもないこと を したなあ  摘んだよねえ   

そのまま そこに?   どうする? とか ゼロ付近   

早朝 なんとなく軽く紙系‐クッキングペーパー 紙ひも ティッシュ 新聞などで まとめ   

 

イが痛くなって 「ポスターを横目に」してから 乗って チョウも痛くなり 降りて

なんか変なもの 食べた?とか 思うも  どうということもなく 移動

 

入室して すぐ 渡した・・  近所の つぶされた 川のあたりで と 添えて

「その日 自販機までいくと疲れるようなながれ」だったため たすかった とも

伝え  いつもそうなのですが そういうことを 彼女はきいていた

 

その数時間後 彼女の口から 

新宿御苑の温室は おもしろくない でも トイレは使う というようなことが 発され

そこも ずっと 発掘されていた・・そのまえの「室」のほうが みどころがあった と

 

 つまらないものを 延延 延延 作り続ける だれかたち は だれでしょう?

 

 彼女は 場に出入りするようになり 

溶けたガラス状の何かの分類などについて判断をきくため 何度か足を運んできたのでは

 

おとなりさんたち 3人は それぞれの可愛さで 

  深堀にすすまれるのかもしれない おふたりは 日により交代で隣に座られる 

  おひとりは 「かが」の日 も フカミに 取り組まれていたのでは?   

  「 官」から 生活指導的なものごとをたのまれ・・わたしに向けての話は本人に聞こえていましたし

  「生活」というか 作業着 ウェスト位置よりジャージが下がっていると気になってしょうがなくて か

  笑っちゃって「それが(私の)仕事?」と答えましたし    別の掘りを所望しましたし

  それらは (わたしにとっては) まったく 取るに足らない ことですし

  いつものシリーズのチョコがブラックのを わざわざ私にひとつ ながしてくれて 

 

  そこだけ(遠まわし でも「奥歯に挟まる」系)「 官」は (無)意識などが 表情や醸しや反応が出てしまうようで

  清算とかチェックポイントなどが(こだわりの多い分もふくまれるため)多面で 多いかも で 大変すぎ

  ・・の覚悟は どうでしょう? そして 他人の負担分に気づけるのが 相手が倒れてからでは遅すぎ

 

  上の競技に くわしそうで    ずっと見ているのかもしれず

  おひとりは 手足の長い方で おふたりのいない日に聞いたのは 母君はもっと良くて「八頭身」だと

  その日は画像を披露されていて 遠くてはっきりとは見えなかったのですが なんとなくは  それで

  デルモ体型の方の黒ずくめは いいよね というようなことを(なんと言ったか はっきり思い出せず)

 

  同日?かどうかはあれですが 

  「公式写真」公開「黒い  を着て 首に黒い  を巻き」(指には大きな   )という 何か

 

 

距離などをはかり 真ん中にいることが うまい方々 

そこでのなにか リスクなど について 私が言及できることは なさそうな

 

フカボリなどを進められた方は 何かに気づいたり 気づかなかったり

 

 

 

はなをつむ ということ   とおい どこか では・・ 

シーンのひとつには 須坂市の西町で      色のある 蓮華 

 

そちらの・・ 線路を越えたあたり  その道を好まれる方方がおられた

 

 

 

「其処」の 狭い「道」  

 

きそくただしく うつくしく  というみちは かならずしも  そうでもなく

 

ただ そこに入るのなら という点では あれなのでは

 

 

地道に・・  時間をかけて 時を忘れるかのような姿勢で

 

気合い ジャケット着用での登「園」 (少し前に 実際に ひとりの声(内容)や表情の醸しが)

「望み」のそれらを手に入れることができるのか どうか ですか

 

 

 

“人を釣る漁師”

 現代の日本において、宗教の勧誘ほど胡散臭いものはないだろう。多くの日本人は「聖書を読んでみませんか」と言われたら、聖書に興味を持つよりもその人から距離をとろうとするだろう。

 honeshabri.hatenablog.com/entry/bible_banner

 

 

 

広告を非表示にする