ショカン的空間

カク チでの (田の) 構造 トラップなど

 

・・と そんなことで うすめようとして   かえって?

 

     ↑  tokatoka tokatoka   ずら~っと ならんで出てくる それら

 

okotono.net/entry/2016/07/09/154457 より

涙滴赤血球

原因としては、髄外造血がある。なんらかの原因で骨髄での造血ができなくなった場合、肝臓・脾臓で代わりに造血を行うことがある。すると骨髄で存在していた未熟な血球を出さないフィルターが無いため、奇形の赤血球が末梢血にもみられるようになる。代表的なのが骨髄線維症。

 

tsunepi.hatenablog.com/entry/2015/04/15/030000 より

慢性骨髄繊維症で涙滴赤血球が出現する理由 慢性骨髄繊維症(CMF)とは骨髄において異常クローンが出現し、それらによるサイトカイン刺激により骨髄内でコラーゲンが過剰に産生されて骨髄の繊維化が起こる疾患である。慢性骨髄繊維症では骨髄で正常な造血が出来なくなってしまうので、肝臓や脾臓など別の臓器で造血が行われるようになる(髄外造血)。髄外造血では骨髄と違い正しく分化できていない血液細胞も末梢血に送り出してしまう。故に奇形の赤血球である涙滴赤血球が認められるのである。そのほかにも、幼若顆粒球や赤芽球も多く見られたりする。 

 

kango-roo.com/word/15178 より

涙滴赤血球(るいてき せっけっきゅう)とは、骨髄線維症や癌の骨髄転移など、骨髄の何らかの異常によって骨髄内で正常な造血が不可能となり、肝臓や脾臓などの別の臓器で血液がつくられる(髄外造血)ことによって出現する奇形赤血球である。 髄外造血では、正しく分化できていない血液細胞も末梢血に放出してしまうため、赤血球が奇形化する。その名の通り涙滴形(tear drop)の形態をしているのが特徴である。

 

sysmex-success.com/fmi/xsl/cs/bws/sample/07/07_15.xsl より

涙滴赤血球(dacryocyte, tear drop cell)

赤血球の一端が伸びて西洋梨形ないしは涙滴形(tear drop)を呈する。塗抹標本の引き終わりや辺縁ではアーチファクトが起こりやすい。典型例では方向が多彩である。 出現する病態 髄外造血を伴う骨髄線維症、癌の骨髄転移など

 

     ↑  「しっぽ」ね   tokatoka

 

beckmancoulter.co.jp/hematology/oneself/part02/self2_23.html より 末梢血編(第2部)とかの 

赤血球形態の形状から考える病態(走査電顕を含む) ・・・・つーっと下がって

8. 涙滴赤血球 dacryocyte:赤血球の一部がしっぽのように伸び涙の滴のようになる。

このしっぽは、脾臓での脱核時に生じた塑性変形の名残とされる。

  ①髄外造血:骨髄線維症, 癌の骨転移, サラセミア

  ②ハインツ小体形成性貧血:不安定Hb症,G-6-PD欠乏症

f:id:kaon-yokegawa:20170415191143j:plain 

     

 ちがうものが 目に入って    形状がそれなのか ということで

     

そのような形状の 様子を示す断面図を検索したのですが みつかりませんで

     

(涙滴状) 「タマネギを逆さにしたような形状」という表現が『マグマの地球学』P84

     

…(比重差によって) 涙滴状または円柱状に上昇し形成した構造…という表現が登場

 

ダイアピル  diapir

 

 

 

。。。。。。。ひかえめにしたつもりだったのですが 書いた人間が落ち着かないため ↑ 上に向けて少々 。。。。。。。

 

 

 

  。  ああああああああああ   ああああああああああ

 

 

何とか「塚古墳の地滑り跡 断面図」 katation.exblog.jp/25483379/)って。 

。。。。。。。。。。  みじょみじょ  

 

 

   ↓   図の。  上部の。    a    a    a  ↓

 

 

岩塩ドーム    salt dome : ソルト・ドーム

 

f:id:kaon-yokegawa:20060825160423j:plain

岩塩が、その上位に堆積{たいせき}した砕屑岩{さいせつがん}類との間の比重差によって、涙滴状または円柱状に上昇し形成した構造の総称。上昇した岩塩体を岩塩栓と呼ぶ。 岩塩は堆積時より比重がほぼ一定(ρ=2.168)で、堆積初期には上位の砕屑岩類より比重が大であるが、砕屑岩類の圧密が進行するに従い比重は逆転する。この比重差が起動力となり、強い可塑性と相まって、岩塩ドームが形成される。岩塩栓の水平断面積は、普通 2 ~ 3km2 以下であるが、まれに十数km2 。高さは 5km から 10km に達する。岩塩栓には、少量の硬石膏{こうせっこう}、ドロマイト、カルサイト、石英、黄鉄鉱などを含む。岩塩ドームには、図に示すようなさまざまな形のトラップが考えられる。岩塩ドームは単独では存在せず、米国のルイジアナ州テキサス州の Gulf Coast salt dome 群は 300 以上のドームよりなる。そのほか、アラビア湾岸、西アフリカ沿岸海域が著名である。

 weblio辞書

 

 

 

ダイアピル : diapir 頁岩{けつがん}

岩塩のような塑性流動を起こしやすい地層が、上位に乗る地層の荷重を受けて、地層の割れ目などに沿って、上位層を押し上げて上昇することによってできるドーム状または背斜状の構造をいう。火山岩の貫入岩体もこのようなダイアピル状の構造を造ることがある。このうち岩塩ドームは集油構造の主要なものの一つとなっており、世界各地(北海、西アフリカ大陸棚など)で多数の油・ガス田の基本構造となっている。 

 weblio辞書

 

 

 

岩塩ドーム(salt dome)

時間の経過により塩は沈殿物に覆われて埋められていく

通常 塩は周囲の材質の密度より小さいため 塩は表面に出て行こうとする傾向がある

その結果 大きく膨らんだドームや ダイアピル シート(板) 柱や 他の構造を作る

もし、塩のダイアピルが地表を破るなら、それは塩氷河として現れる。

これらの大きなドームの断面積は、幅が1 - 10kmで、深さが6.5kmにもなる。

 

…岩塩がドーム状に大きな塊で形成されたものである。これは、塩や岩塩などのミネラルの蒸発物の厚い層が取り囲んでいる岩の地層を垂直方向に貫入することにより生じる、それによりダイアピルを形成する。 これらのドームを形成する塩は閉鎖された海域に溜まったものである。海域に流れる水の流れが限定されていると、蒸発により塩の蓄積が生じ、岩状となる。稀ではあるが、一回の蒸発で大量の塩を作り出すこともある。これは、地中海のメッシニアン塩分危機の例に見られるように、一時的な氾濫の時期とくぼ地にたまった水の蒸発が生じることにより発生する。近代では、蒸発による蓄積は、稀に制限されるが完全に乾燥していない、くぼ地に溜まることにより生じたものである。これらは、トルクメニスタンのGarabogazkölの盆地の様に、地質学的な記録により何度かの蓄積に相当するものがあったとされる。…

Wikipedia

 

 

kotobank

ダイアピル

周囲の岩石と比重の差のある流動性の岩体の塊が浮力で垂直に移動して,その上部の地層などに貫入して形成された構造.この例には岩塩が浮力でダイアピルとして上昇し,その周囲にドーム状の構造を作ることが知られている.同様に花崗岩などの深成岩体がダイアピル状に上昇してダイアピル・プルトンを形成する.

出典|朝倉書店岩石学辞典について 

 

 

 

ダイアピル【diapir】

地下で,流動しやすい岩石や地層がその上方にある流動しにくい岩石や地層を押し上げながらその中へ塑性的にしぼりだされるように貫入して形成される円頂丘状の地質構造で,このような現象をダイアピリズムdiapirismという。岩塩ドームの例が最も有名である。岩塩ドームの形成が浮力に基づくものであることを初めて指摘したのは,スウェーデンの化学者S.A.アレニウスであった。地下のある深さ以上のところでは,砕屑岩の密度は岩塩の密度より大きくなることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 

 

 

…ところが、日本の火山のマグマの成り立ちは、これとはずいぶん違います。日本の地下には海のプレートが斜めに沈み込んでいますから、日本の火山の下の温度構造は他の地域と比べて特殊です。基本的には他の地域と同様に、地中深くなればなるほど温度が上昇するのですが、地下50~60kmより先に進むと逆に温度が下がり始めるのです。…


 

。。。。。。。。。。

 

例のポイントが ただいま 抜け殻 ですかね 

検索  「ラヂオホール東池袋店 - 閉店中」  ?  なんでしょう