ショカン的空間

ぶんかい能 を ハッキするため

 

 

(野外におけるミュオグラフィ観測システム)

ミュオンの信号を効率良く検出するために 

 

鉛直方向から飛来するミュオンフラックスは70/(㎡・sr・s)

それらを取り逃すことなくことなく ミュオンだけを確実に処理する 

 

  ミュオグラフィシステムは高エネルギー素粒子物理学実験で用いる素粒子検出器と似ているが、最も大きな違いは位置情報(あるいは角度情報)や時間分解能にそれほど情報がいらない点である.これは同時に,低消費電力でメンテナンスフリーの装置ができる可能性を示唆している.

  だが,野外観測に必要な機能と高解像度ミュオグラフを同時に満足させることは難しい.検出器の有感面積,角度分解能,検出効率,アクセプタンス,可搬性(重さや耐衝撃性も含む),消費電力,コストは,互いに両立させることが難しい機能の一例である. 108 

素粒子で地球を視る』田中宏幸/竹内薫

 

 

ミュオグラフィの現状と将来について/田中宏

jstage.jst.go.jp/article/segj/65/1_2/65_93/_pdf

 

 

 

トビラなどを ひらいてくださったようで

(「処理」「生産」「清算」「精算」「カルマ(相殺)」などが おだやかに「進行」中(「発動」)なのでは) 

 

そんなふうに うごきはじめた(ところは そのように ですか)

 

  8年とか さえぎられていたかもしれない方は (わたしとは違って) 

  そこ(のそれ)に非常に興味を持っておられるというのに。。

  4~5年前から比べると 情勢などがあまりにも変わってしまって   だそうで

  この時期 そこではない 別の場へ行かれるようす で  

  まったくの「無償」でもないようで どこかが動き出しているのかな(はさまった君たち?)

 

  (以前(柱)穴のときには 等間隔で出るはずの跡が・・「無い」と告げましたら 無いものは無い となった)

  うっすら丸いところはみてとれ 作業は可能     わずかに デッチアゲ・・ 

  どうしても 其処に(手の入らぬ)細くて四角の穴が (等間隔で)なくてはならない ような あれで

  硬く 動きそうもなく 押し通されたいようで   固いところを 力を入れてあれ

  (自分よりにとって 少しだけ) (丸いのを やや多めに掘り下げ 角はつけられず)

 

  どうみても隅はない  ちいさな四角で囲まれた白線がつけられたかも 番号もつけられたかも

 

 

「あげ」ついでに 無理やり  ミニチュア円筒埋設型 検出器 入れましょうか

 

距離間といいますか スケールですか 短め