ショカン的空間

吸収 抑制 活性

 

「理想」の「  」(医療) とは

なること   ならないこと   (まねくこと  まねかないこと)

 

なったときに どうするのか 

あって なにをするのか  (しないのか)

 

 

 以下は ほとんど あれ omake です

 

 

 「ゲッケイジュ葉には強いアルコール吸収抑制活性が認められる」wiki/ゲッケイジュ

 

 

 アルコール吸収抑制活性 P307


 

 

消酒生薬の有効成分解明を基盤としたアルコール吸収抑制物質の開発

kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-07557292/

 

 

 

セスキテルペン (Sesquiterpene)   Wiki

ヤマヨモギはセスキテルペンラクトンを含む。

これらの化合物は他の多くの植物でも見られ、特に放牧される家畜等では、大量に摂取するとアレルギー反応や毒性を示す。

キヌガサタケは、2つの有名なセスキテルペンを生成する。

セスキテルペン  は、3つのイソプレンから構成され、C15H24の分子式を持つテルペンの一種である。

モノテルペンと同様に、セスキテルペンには環を含むものと含まないものがある。

酸化や転移等の生体修飾によって関連するセスキテルペノイドが作られる。

セスキテルペンは、天然には、防衛物質やフェロモン等のセミオケミカル(情報化学物質)として植物や昆虫で見られる。

ファルネシルピロリン酸ラニピロリン酸がイソペンテニル二リン酸と反応すると、ファルネセン等のセスキテルペンの生合成の中間体となる15炭素のファルネシルピロリン酸が生成する。その後の酸化によって、ファルネソール等のセスキテルペノイドが生成する。

 

単環式

鎖長や二重結合の数が多くなると、環化の可能な数も増加するため、非常に広範な環状セスキテルペンが存在する。ショウガの油の成分であるジンギベレンで見られるような六員環に加え、鎖の一端がもう一端と環化することによって、フムレンのような大きな環もできる。

二環式

δ-カジネン カジネンで見られるような六員環に加え、クローブの油に含まれ、九員環とシクロブタン環を持つカリオフィレンのような二環セスキテルペンもある。不飽和結合を含むものには、ベチバズレンやグアイアズレンのような芳香族二環セスキテルペンがある。

三環式

三環目が加わると、可能な構造の数が増える。例としては、ロンギホレン、コパエン、パチョロール等がある。 ジクチオフォリンAおよびB菌の子実体から、2つの有名なセスキテルペンであるジクチオフォリンAおよびBが同定された。これらの化合物は、植物由来の香り物質に共通の構造であるオイデスマン骨格を持ち、菌から単離された初めてのオイデスマン誘導体となった。ジクチオフォリンは、アストロサイトの神経成長因子の合成を促進する。

 

出典

Kawagishi et al. (1997.)"Dictyophorines A and B, two stimulators of NGF-synthesis from the mushroom Dictyophora indusiata.Phytochemistry1997, volume 45, issue 6,pp. 1203-1205.

外部リンク

Sesquiterpenes - the US National Library of Medicine Medical Subject Headings (MeSH)

 

 

サポニン 移動先: 案内、 検索 サポニンの一つ。ソラニン

サポニン (saponin)    サポゲニンと糖から構成される配糖体の総称  Wiki

サボンソウをはじめとするさまざまな植物で見られ、一部の棘皮動物(ヒトデ、ナマコ)の体内にも含まれる。

白色の無定形粉末で、両親媒性を持つため、水に混ぜると溶解し、振り混ぜると石鹸のように泡が立つなどの界面活性作用を示す。

 

 毒性

界面活性作用があるため細胞膜を破壊する性質があり、血液に入った場合には赤血球を破壊(溶血作用)したり、水に溶かすと水生動物の鰓の表面を傷つけたりすることから魚毒性を発揮するものもある。

サポニンはヒトの食物中で必要な高比重リポタンパクつまりコレステロールの吸収を阻害する。

こうした生理活性を持つ物質の常で作用の強いものにはしばしば経口毒性があり、蕁麻疹や多形滲出性紅斑を起こす。

特に毒性の強いものはサポトキシンと呼ばれる。

構造の類似した物質でも、強心配糖体(ジギタリスジギトキシンジゴキシンなど)や植物ステロール配糖体は普通サポニンには含めない。

血液に対する溶血性を調べる実験においては、陽性対照薬として使用されることがある。

 

存在

サポニンが含まれる植物には次のようなものがある。 サイカチ、ダイズ、アズキ、ナタマメ、キバナオウギ(黄耆) ムクロジトチノキエゴノキ サボンソウ ウチワサボテン ジギタリス(ジギトニン) オリーブ オタネニンジン朝鮮人参)など(ジンセノシド) キキョウ セネガ カラスビシャク(半夏) ブドウ(果皮) ハスイモ ツバキ ドリアン (室の部分) トベラ

用途

サポニンを高濃度で含む植物は昔は石鹸代わりに洗濯などに用い(ムクロジ、サイカチの果実など)、現在でも国によってはシャンプーなどに用いている。魚毒性のあるもの(エゴノキの果皮など)は魚の捕獲に用いたといわれる。

日本で昔からこの用途に使われたと伝承されているエゴノキの果皮を使った実験では、即効性の魚毒性は案外低く、即効的な麻痺効果のあるサンショウと比べて毒流し漁にはそれほど適さないとする実験報告もある。

またダイズ、茶種子、エンジュなどのサポニン食品添加物(乳化剤)として用いられている。

医学的用途

漢方薬などの生薬にはサポニンを含むものが多い。特に界面活性作用を利用した去痰薬(キキョウ、ハンゲ、セネガなど)がよく知られるが、ほかに補気作用(ニンジン、オウギ、ナマコ)など、様々な薬理作用を示すものが知られている。

サポニンの一部には血糖値上昇抑制活性を有するものがある。膵臓β細胞に障害を与えたアロキサン糖尿病モデル(1型糖尿病に相当)に対してタラノメ抽出物を投与したが改善効果は認められなかった。一方、ラットへのブドウ糖やショ糖の負荷投与に際して血糖値上昇が7 - 8割も抑制された。このことから、タラノメは糖尿病の治療というよりも予防や悪化防止に効果があると考えられる。

タラノメのエラトシド(elatoside)類、トンブリのスコパリアノシド(scoparianoside)類とコチアノシド(kochianoside)類、サトウダイコンのベータブルガロシド(betavulgaroside)類、アカザ科植物のホウレンソウ(Spinaciaoleracea)やツルムラサキ(Basellarubra)のスピナコシド(spinacoside)類とバセラサポニン(basellasaponin)類、トチノキ種子のエスチン(escin)類、イソエスチン(isoescin)類、チャの葉や種子のテアサポニン(theasaponin)類、アッサムサポニン(assamsaponin)類、ツバキ種子のカメリアサポニン(camelliasaponin)類、ギムネマ葉のギムネモシド(gymnemoside)類、セネガ根のセネガサポニン(senegasaponin)類の構造の類似したサポニンに同様に血糖値上昇抑制活性が認められた。

これらのサポニンにはマルトースをグルコースに分解するα-グルコシダーゼの阻害活性は認められなかった。

また、アロキサン糖尿病モデルにはいずれも無効であったため、末梢での糖代謝促進作用はなく、インスリン分泌の促進やインスリン様の作用もないことが判明し、小腸でのグルコースの吸収抑制等によるものであった。 雄の2型糖尿病マウスに大豆サポニンAグループと大豆サポニンBグループを別々に投与したところ大豆サポニンBグループに血糖値上昇抑制作用は認められたが大豆サポニンAグループにはその作用は認められなかった。

 

脚注

薬用食物の糖尿病予防成分、吉川雅之、化学と生物Vol.40、No.3、2002

ソヤサポニンBの血糖上昇抑制効果、田中 真実ほか、日本未病システム学会雑誌、Vol.12 (2006) No.1

関連項目 トリテルペノイドサポニン ホロツリン 肥後ずいき

Medical Dictionary on Saponin Saponins in Wine, by ScienceDaily, accessed Sep 9,2003 Molecular Expressions Phytochemical Gallery - Saponin Saponins: Suprising [sic] benefits of desert plants Other uses of Quillaja Saponins and derived products, some works of different authors. How to survive the world's worst diet Quillia Extracts JECFA Food Additives Series 48

 

 

ゲッケイジュ(月桂樹、学名:Laurus nobilis)  Wiki

クスノキ科の常緑高木。地中海沿岸原産。雌雄異株。葉に芳香があり古代から用いられた。

ギリシャ神話のアポロンとダフネの物語に由来し、ギリシャやローマ時代からアポロンの聖樹として神聖視された樹木。古代ギリシアでは葉のついた若枝を編んで「月桂冠」とし、勝利と栄光のシンボルとして勝者や優秀な者達、そして大詩人の頭に被せた。特に月桂冠を得た詩人は桂冠詩人と呼ばれる。

食用・薬用

葉、実は、それぞれ月桂葉、月桂実という生薬名を持つ。 葉にはシネオールと呼ばれる芳香成分が含まれ、葉を乾燥させたものをローリエ(フランス語: laurier)、ローレル(英語: laurel)、ベイリーフ(英語: bay leaf)などと呼び、香辛料として広く流通している。

ゲッケイジュ葉には強いアルコール吸収抑制活性が認められる。

その活性本体は、α-メチレン-γ-ブチロラクトン構造を有するコスチュノリド(costunolide)などのサポニンであるセスキテルペン類であり、その作用機序として、胃液分泌の亢進や胃排出能抑制作用などが関与している。

2001年、カゴメ株式会社総合研究所は、月桂樹の中に、血管を拡張する作用を示す物質が含まれていることを明らかにした。なお、人体への効果については検証されていないという情報もある。

ほか民間伝承として、ローリエには以下のような効用があるとされる[要出典]。 唾液の分泌を促進し、食欲の増進や消化を助ける。 欧州の伝承療法では、毎朝2枚の月桂樹の葉を食べることで肝臓を強くすることができるとされる。 蜂さされやリューマチ、神経痛などへの効果がある。 穏やかな麻酔作用もあるとも言われる。

 

その他

庭木、公園樹としての利用のほか、葉は料理に、葉や果は薬用として利用される。

栽培

水はけの良い土を選び、日当たりの良い場所で育てる。枝が伸びやすいので、適度に透かして内側の風通しや日当たりを良くしておく。これにより、病害虫の発生も抑えることができる。乾燥にも強く、枯れたように見えた場合でもバケツなどに水をはって一晩漬けてから土に植え替えることで新芽が出る。

脚注

薬用食物の糖尿病予防成分、吉川雅之、化学と生物Vol.40、No.3、2002

「健康食品」の安全性・有効性情報 ゲッケイジュを由来とする

名称

日産・ローレル - Dセグメント相当のセダン。 花王の生理用品の商品名「ロリエ」は、月桂樹と月経の掛詞である。 月桂冠 (企業) - 日本の酒造会社、及びその製品。

 

 

ローリエ 移動先

植物としてのローリエについては「ゲッケイジュ」をご覧ください。

カナダの首相については「ウィルフリッド・ローリエ」をご覧ください。

 

香辛料としてのローリエ

ローリエ ローリエ(フランス語: laurier) ゲッケイジュの葉を乾燥させた香辛料   wiki

名称 

日本ではローレル(英語: laurel)、ロリエ(フランス語: laurier)、ベイリーフ(ベイリーブズ、英語: bay leaf, bay leaves)、ゲッケイジュ(月桂樹)、ロールベールブレッター(ドイツ語: Lorbeerblätter)などの名でも流通しているが、これらは各国語の綴りや発音の違いから来ている

生薬としては月桂葉(げっけいよう)と呼ばれるが、『日本薬局方』には収載されていないので、薬効を謳わない限りは食品である。

オリンピック発祥のギリシャでは月桂冠が名誉の象徴となっているのは良く知られている。

成分

リナロール、ミルセン、オイゲノール、シネオールなどの精油成分を多く含み、芳香のもととなっている。精油を抗菌性のある外用薬の原料とする例がある。

利用

月桂樹は小アジア原産の植物であるが、ローリエはトルコ、ギリシャ、イタリア、フランスなど、地中海沿岸を中心に栽培されるようになったため、ヨーロッパでよく使用されるスパイスとなっている。

すがすがしく、明瞭な芳香があるので、香り付けに使用される。肉の臭みなどを消す働きがあり、欧風カレーやポトフなどの煮込み料理にはよく使用される。出汁・ソースなどにも利用される。オランダなど、ヨーロッパ北部ではハーリングなどのマリネにも利用される。 ローリエの生葉を用いたテリーヌ 調理に使う際には、長時間煮込むと苦味が出てくるので注意。途中で取り出しやすいように、葉を刻まずに使う。 生の葉を使用することも出来るが、青臭さと苦みが出る。好みは分かれるところだが、保存の点も含め乾燥させて使うのが一般的である。自宅で作る場合には、葉がそり返らないように重しを乗せ、日陰で2週間ほど乾燥させる。

エピソード

花王の生理用品の商品名「ロリエ」は、月桂樹と月経のかけことばである。生薬の成分や着香などの由来ではない。

参考文献

江蘇新医学院編、『中薬大辞典』、上海科学技術出版社、1986年

 

 

アポローン - Wikipedia(古希: ΑΠΟΛΛΩΝ, Ἀπόλλων, Apollōn)

 

デルポイ古代ギリシア語: Δελφοι / Delphoi)

オイディプース(古希: Οἰδίπους, Oidipūs, ラテン語: Oedipus)

汝自身を知れ(ギリシア語: γνῶθι σεαυτόν(グノーティ・セアウトン)、英語:Know thyself)

 

スパルティ(現代ギリシャ語: Σπάρτη / Sparti)

 

ダプネー(古希: Δάφνη, Dáphnē)

 

広告を非表示にする