ショカン的空間

ヨウトウ 底あたり

 

 

どうであれ の こと

 

 

記入しているような おつきあいの おあそびごと でもなく

 

ずっと うかべていた(きた) という 筋

 

 

夜から深夜 ・・・・・・・・ 件 

翌朝「さくら」の件も目で確認(驚き無し)  さまざまな記事なども 目を通し済み

 

  数時間話しても 何度目かの 繰り返しでしたが 朝目視したシーンを告げると

  キツネにつままれたかのような表情で いかに話が通じていなかったのか の確認

  話の中身を即理解していただき さらに 現状の認識などが その瞬間におこなえたのなら 

  わたしは どれくらいかあれで ということで  ようやく(その枠内の話については せずとも)呼吸可

 

  設定ですとか まあ あれで あれかな とか  で これがどれくらいでもあれなら

  機会を活かしてまいりましょうか とか それくらいは     ビリョウのダエキも

 

 

ソレラハ ソウゾウデキル ハンイ デシカナク   イミ・・を みいだすなら そのあたりの 微微

 

オトシマエ ヲ ト    オオキナキボノ ニワ サエ  ・・トイウノニ

 

 

何度も してきた 同じ 内容

さくや いろいろな しつもんを しました    それらが こたえには なりえず

 

にほんご わかりますか?   ささやかなものごとが みえない そんざいたちへ

 

 

 

 ikaはomake

 

 初日あたりから 左肩 凝り

…左肩周囲には心臓と関係する筋肉もありますので 心臓の不調もあり得るのですが

確率的に低く ほとんどは胃と関係しているといってもいいでしょう…

 

そんな説も ございますようで ・・いずれにしても です   いたわらないとね

 

髪をカットしてもらったのは 何年ぶり?  4

 

 

 (「火星」設定で 何かがどうにかなるわけでもなく 興味もなく)

 

 

さいきんの メモ

 

「ミュオグラフの産業への応用例」


 …高炉の炉底部分には溶けた鉄のプールがある(これを炉底湯だまりと呼んでいる)。鉄の比重は水の約 8 倍と非常に高いので、同じ厚みであれば、ミュオンをよく吸収する。一方、耐火レンガの方は比重が 2 程度なので、比較的よくミュオンは透過する。…

歴史の謎は透視技術「ミュオグラフィ」で解ける

 

 

 

(この 全文がみられない 3行は) 日本語読めません 

日本地熱学会誌 - 第 30 巻 111 ページ

…の火口底の傾余芽を求め(約 2.5 度) -その勾配が 1145 遮以深も一定と仮定して 1145 遮以深の火口の形状を見積もつた(ド真 8 . 4)。その結果.火口底の慄高は 114|.5...と稚 定された。前団の噴火直後.湯だまりがまプ三火口底のー部でしかなかつた 1g3 年 ...

 

 書籍名 日本地熱学会誌, 第 30 巻 寄与者 日本地熱学会 出版社 Dō Gakkai, 2008  

 

 

 

Wiki/キューポラ(cupola furnace)

コークスの燃焼熱を利用して鉄を溶かし鋳物の溶湯(ようとう:溶解され液体状になった鉄)を得るためのシャフト型溶解炉に分類される溶解炉

キューポラ各部の役割、名称として、円筒型の上部から溶解材料を「底開きバケット」や「スキップ式ホイスト」などで挿入する「材料投入口」、コークスなどの燃焼で発生したガス(主にCOガス)を吸引する「ガスダクト」、挿入された材料を予熱する「予熱帯」、材料をコークスの燃焼熱で溶解する「溶解帯」、還元作用が行われる「還元帯」、溶けた鉄が一時的に炉内に溜まる「湯溜まり帯」、溶けた鉄が出てくる穴「出湯口」、炉の最下部で溶湯が漏れないように耐火物で施工してある「炉床」、溶解後に炉内残滓物や耐火物を排出するための「底扉(もしくはマンホール)」という構成である。…

 

 

「甑」   「河姆渡…」