読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

何かの『下で…真実の』そこ ら

 Additional Time    さらち      さて・・ 

 

 

どこかの下(上) ↑ ↓ 下か上に位置する 根(孔) 枝  (顎)(山などの)稜線

 

そのまま炎症  さらに  歯の下方 顎の稜線の近く  変な場所の疼き 

見た目 今 一年コース+α の 実状 理由 展開 といった感じで みつめる  

 

 

より

…「3分の1」内の麻酔の効かないポイント…

…麻酔はそこだけのために だった … 麻酔無し 道具や技術など… 

時間も要し痛みも… 機器のこまめなオンオフ 手削り などで… いろいろな感触が… 

1時間 大変で… さらっとした流れで 次は … 詰まらないような工作に移られ …

その頃 すでに大変でしたが   もう たいへんで 

 

痛みなどがどうにか少しでも と  でも 逆 となれば  諸諸延期なのでは  ?   ? 

そこについては 其処の土台という程度 そこそこの折合いがつくまでは 通うのかも ?

そこへ か どうか も ふくめて   ?  の件  

10午前に Gウィーク中に痛みが増し  続いていて(今も)と 現「院」に電話  

被せる予定の日に相談することに   ・・要素を投入したいと思われ

 

数年前 短期間で腫れがひいてしまい 口腔外科で検査ができなかった

猛暑の中 彼方此方回ることになってしまった 顎の出来事 

当時の見解は文字うち後に・・処分しておらず 小動物のそれのコピー?と同じファイルに

 

それと(骨折からの流れで さまざまな事柄が絡み)治療後も ずっと痛いままの 右上の根 

はじめてその「院」で だったときの(カルテは そこに)そちらも痛むことは治療終了時伝え済み 

 

 

 

さくや 銭湯のための品品を用意したのですが さほど?  で 行かず

そのような ものごとでもなく 以前に購入したTシャツなども すぐ忘れ 思い出しても すぐ着用せず

 

自分にとっての わずかな なにか というものを  みつめてはいたのかと

唯 みつめる ところに  ようやく (入る)  ような  

 

「ようやく」なのかどうかも みる   「ようやく」でなくても どれくらいかあれ 

 

そんな・・・・

 

 

 

 

い た わ っ て ま す

 

 

窓のない 窓から少々距離のある 隙間の 全く 殆ど 無いタイプのあれな建造物内で

 

半分くらい?か  起きているという状態  どれくらいかを経て

ふと うつくしい鳥の声が・・ おきあがり 外へ ・・さわやかな空気を吸う

 

そんな 爽やかなシーンのなか 少少散歩    のち べつの部屋入り

 

 うかんでいたのは きっと・・ トリ ゴエ きいておりましたときから でしょうか

 

 

ヨウトウ 底あたり - 水 このページの下部あたりの

(基本はあれ)…不幸にも なんらかの流れや きっかけ… 機会が。

誰かにとって「興味深いこと」だった 何か には つながらない 

ということで そのまま調べはしないのですが それらからのかなり遠回りでの 連想

 

近所のそれにも もちろん とうに 行かれていた 様子 11

 

 お住まいの近く ではないほうに 出かけられたとのことで メモ8

…平面六角形の特異な建物

…概ね三層構造といえるが、内部には二重らせん構造の斜路が続き、右回りに上る斜路と左回りに下りる斜路が別々に存在する。入口から斜路を最上階まで上り、他者とすれ違うことなく、別の斜路を降りて出口から出ることができる…

「…神獣である四神の1つで、西方を守護する。白は、五行説では西方の色…」

 

 

寿司 (キーはちがえど (キー込みで)現場でもうかんだ(「温度」)「  禁制」)  ・・スシ

 

 

漢字が 思い出せず また 検索もできず よかったですが

スシ という なにかを塩漬けにした 何か   はこんで さらしてどうこう

 

 サワヤカなシーズンに ケンサクできてしまうのは

 

「  人に対する  方法」  Wikiで紹介されている 異界

……刑が政府の刑罰として定着してしまったのは、言語や文化・習俗などが大きく異なる…的…数の…民族を…民族が…的に統治するため、…政治に頼らざるを得なかった…朝の影響も存在……

 

その下のほうへと  たどりますと

「公式に廃止されたのは20世紀に入った光緒31年(1905年)」

チベット地方においては1910代頃まで行われていたという記録も」

などと

 

思い出したのは (あるレンタル)DVD で 筋は割合あれなのですが

ジャケ写・・視覚的なものとか キーワードとか そういった何かが うかばない感じ

 

ディスクジャケット disc jacket/Wiki

ディスクメディアを収容する紙の外装

袋状・筒状などになっているときはスリーヴ (sleeve) とも

表面を表ジャケット 裏面を裏ジャケットと言うことも

ジャケットという語は基本的には包装を指しており、そこに描かれたグラフィックスの中身はカバーアート (cover art) などと言う。ジャケットに印刷された写真のことをジャケット写真(略してジャケ写)と呼ぶことがある。なお「ジャケット」は本来は上着を意味する言葉である。………

「DVD・BDなど映像ディスクに多いトールケースのジャケットは、ケース本体と透明プラスチックフィルムの間に挟みこまれる、紙のシートである。簡単に取り出せるが通常の使用では取り出すことはない。表・背・裏が1つながりの1枚の紙になっている。またケースの統一性はなく、CDと同じジュエルケースで発売する場合もある」…

ジャケ買い レコード

CD、DVD、本などのメディア商品を内容を全く知らない状態で、店頭などで見かけたパッケージデザインから好印象を受けたということを動機として購入すること。ジャケット買いとも。同様の過程を経て借りるときにはジャケ借りという言葉が使われている。…

 

インショウでカウ    ジャケ借り

 

 

タイトルや なにかが・・ はっきりしないので 名前を入れまして

 

すぐにゆきあたる     視たのは これではない・・

 

「僧侶としての素顔」「普段の」「気さく」(な シャ)

 f:id:kaon-yokegawa:20170505072650p:plain

 

ダライ・ラマ:サンライズ/サンセット [DVD]

ダライ・ラマ法王14世 (出演) 形式: DVD  内容紹介/Amazon

★世界で最も優しい微笑みと強い心・・・これからの生き方、あるべき人間の姿が、ここで見つかるかもしれない。

★これまで映し出されたことない、日常を暮らすダライ・ラマを追った画期的ドキュメンタリー映画

「時に人々は私のことを生けるブッダや神様のように言います。 しかし、私はいつも言うのです。それは間違った思い込みです、と。私は僧であるだけです。この作品を通して、あなたはその事が分かるでしょう。私は特別でもない普通の人間であり、典型的な仏教の僧なのです。」-ダライ・ラマ法王14世

チベット民族の国家的、精神的指導者であり、常に世界から注目と敬意を集めているダライ・ラマ法王14世。 インド北部のダラムサラチベット亡命政権の元首の立場にある。 そのダライ・ラマが暮らす住居に入り、ある一日の活動と生活をひたすら追った、かつてないドキュメンタリー映画が本作である。

監督はロシア人の伝説的なドキュメンタリー映像作家、マンスキー。ヨーロッパで最も成功したドキュメンタリーの旗手である。 ダライ・ラマの一日は午前3時に始まる。まずは五体投地と、瞑想修行を行う。法王としての多忙な仕事、その合間に行われる一般法話、住居での日々の生活、ランニングマシンでの運動、テレビを観てくつろぐ姿、そして優しく話すユニークで機知に富んだ語り・・・。

マンスキー監督は待望のダライ・ラマ密着取材を行うことができ、真実の姿を収めることに成功した。 また、世界の状況や展望、人々それぞれがすべきことなど、ダライ・ラマから自然に発せられる話の数々は大いに感銘を与えてくれる。

この映画は、宗教家としてというよりも、一人の人間としてのダライ・ラマの魅力に光を当てている。 映し出されるその姿に彼の人間的スケールの大きさを感じにはいられない。そして、ユニークで楽観的な、どこまでも強いその心に感じ入ることができる。

どんなに厳しい立場や状況になっても常に建設的であの優しい微笑を絶やさないのだから。 現代の世界に希望を与えるリーダー、世界中の多くの人が興味を持つ一人の男の姿を綴った、全ての人が見るべき作品である。

監督・構成:ヴィタリー・マンスキー 2008年 ロシア作品 75分収録 カラー/16:9/ドルビーステレオ/日本語字幕

 

amazon トップカスタマーレビュー より

  • 「肩の凝らない作りになっています」
  •  「宗教家としての側面はそれほど深く描かれていませんが、一人の人間として僧侶としての素顔が映し出されていて」「ニュースで見る姿ではなく、普段のダライ・ラマ法王猊下を知ることができる貴重な作品」

 

あ 「中国中央電視台」… 視たのはこれ   それと あれ だ    

こちらのレビューには (特)「枠」を

ロシア人が作成したDVDのため解説はロシア語であり、日本語は字幕で出てくる。ダライ・ラマ法王は、終始英語でお話しになる。…

 …

仏教についてのメッセージや世界が抱える問題についてのメッセージを語る。とくに第二部では、インドの貧しい村の映像、中国・北京の映像、ロシアの荒野の映像などが収録されており、それらの映像を背景に法王のメッセージが流れていく。この部分は、世界が抱える貧富の差や人口増加という問題をも考えさせる内容になっている。

 このDVDと同時期に発売された『ダライ・ラマ』(TOエンタテインメント制作)というDVDがあるが、これは中国中央電視台が1997年に制作したドキュメンタリーをDVD化したものである。チベット併合を正当化し、チベットでの残虐行為を隠蔽し、歴史を捏造する中国の政治的意図が色濃く反映されたものであるから、注意が必要である(このような制作年代の古いDVDを今頃発売する意図が不明である)。中国によるチベット併合の歴史とダライ・ラマ法王のインド亡命の経緯が知りたければ、法王の自伝ともいうべき映画『Kundun』を見ることをお勧めする(Amazonでも発売中)。 

人間ダライ・ラマに触れることができる貴重なDVD /投稿者 コモンセンス 投稿日 2010/8/10

 

 

 

↓ 以前 視たDVD 

ダライ・ラマ』(TOエンタテインメント制作)というDVD

国中央電視台が1997年に制作したドキュメンタリーをDVD化

 

f:id:kaon-yokegawa:20170505072553p:plain

toenta.co.jp/dvd/dalailama/index.html

ダライ・ラマ DVD レンタル開始日:2010年9月24日  そのころでしょうか 

その規模のツタヤに3本並んでいたのを(多いなと思いながら うち1本 だよね ふつう)借り

 

品番:TOBA0015 定価:セル4,700円(税抜) 本編:90分 監督:白 丹 発売:ティー・オーエンタテインメント 販売:TOブックス ©1997 中国中央電視台CCTV

 

amazon トップカスタマーレビュー より

 このDVDには、確かに、ダライ・ラマが北京を訪問した時の映像など貴重な映像が収められており、その意味では興味深い。しかし、基本的に中国共産党政府の歴史観・公式見解に添った内容であり、内容を鵜呑みにしないことが必要であると思う。ただ、ダライ・ラマに対する悪質な批判は、ほとんどみられなかった。  このDVD全体を貫いているストーリーを述べると以下のようになるであろう。「中国が併合する以前のチベットは、ヨーロッパの封建制時代よりも典型的な封建農奴制社会であった。中国のチベット併合は、そうした封建農奴制社会の改革を目指すものであった。チベットの中国への併合を定めた『17条協定』も、双方の合意の上で調印されたものであった。そして、チベット民主化チベット地方政府のペースで進めればよく、中国は性急な改革を求めてはいなかった。ダライ・ラマ14世も、最初はこの中国中央政府の方針を受け入れていた。そのうち、チベット内の分裂主義者・独立派が大衆を扇動して反乱を起こした。そのため平和解放を目指していた人民解放軍も反撃をせざるをえなくなった。この反乱分子たちの背後には反共主義のアメリカがいた。最終的にダライ・ラマは、こうした分裂主義者・独立派の影響を受けてインドに亡命することになった。チベットの反乱は人民解放軍によって鎮圧され、農奴たちは解放された。」  しかし、当時のチベットをヨーロッパの封建制時代よりも典型的な封建農奴社会とする主張には首をかしげざるをえない。そして、チベットの刑罰が過酷であったとして、刑罰で「目をくりぬかれた」人の映像が出てくるが、視覚障害で目が開かない人の写真のようにも見える。また、チベットには「人の皮を剥ぐ」という刑罰があったとして、剥がされた皮の写真(しぼんだ風船人形のようなもの)が紹介されるが、人間の皮膚がこんなにうまく剥がれるわけはなく、真偽が疑わしい。また、『17条協定』はチベットの公印を偽造してチベット政府代表団に無理矢理調印させたものであることは、よく知られた事実である。そして、このDVDでは、チベットの民衆はみな中国による解放を望んでいたかのように描かれているが、それならなぜあれだけ大規模な反中国デモや反乱が起きたのであろうか。一部の反乱分子の扇動ということでは説明がつかない。 

 内容を鵜呑みにしないことが必要/投稿者 コモンセンス 投稿日 2010/8/4 (コモンセンス/広島)

 ? このままの フォントサイズで おいときますか

 

 

その描写など 色色諸諸 覚えている (視たほう)

 

ダライ・ラマ(THE DALAI LAMA)

ダライ・ラマ本人を知る関係者やチベット人学者へのインタビュー、毛沢東との会見など、史料的な価値の高い映像を多数収録。

 

あまぞんのほうが くわしくのせていますかね

 

商品の説明 内容紹介 / Amazon

“中国からみた”ダライ・ラマ像が浮かび上がってくる。劇場公開、さらに世界各地150のテレビ局で放映された注目作!

【概要】 農家に生まれた一人の男の子が、いかに化身転生者に選ばれて“チベット仏教の精神的指導者”“世界のダライ・ラマ”になったのか?1959年、ダライ・ラマはなぜ厳しい面持ちで、馬の背に乗って山を越え、インドに亡命したのか? ノーベル平和賞に輝くチベットの指導者ダライ・ラマに関するドキュメンタリー。 チベットとの人権問題が世界的な論議を呼んでいる中国が自らの見解を示した作品で、世界各国150以上のTV局で放映された後、日本では劇場公開された。

【ストーリー】 元チャムド総督をはじめ、亡命前のダライ・ラマを知る関係者やチベット人学者へのインタビュー、封建農奴制下のチベット、幼少のダライ・ラマ、両親、パンチェン・ラマと共に毛沢東と会見する場面など、資料としても貴重な映像を多数収録。今まで日本や欧米では紹介されることのなかった、“中国から見た”もうひとつのチベットダライ・ラマ像が紹介されている。 内容(「Oricon」データベースより) 世界各国150以上のテレビ局で放映され、今まで日本や欧米では紹介されることのなかった“中国から見た”もう一つのチベットダライ・ラマ像を紹介したドキュメンタリー。元チャムド総督をはじめ、亡命前のダライ・ラマを知る関係者やチベット人学者へのインタビュー、封建農奴制下のチベット、幼少のダライ・ラマ、両親、パンチェン・ラマと共に毛沢東と会見する場面など、資料としても貴重な映像も収録。 監督について 1963年中国・広東省生まれ。 中国中央電視台のディレクターとしてドキュメンタリーを制作後、文化庁の海外招聘芸術家研究員として日本に留学、日本映画の研究の傍らプロダクション龍影を設立。 『2H』(1999年ベルリン映画祭NETPAC賞受賞)がデビュー作となる。第二作となる『飛呀飛(フェイ ヤ フェイ)』は、2001年度ベルリン映画祭へ出品され、高い評価を得ている レビュー ある中国人一家にまつわる衝撃の事実を捉えたドキュメンタリー。家庭崩壊の憂き目に遭っていた踊り子・アーチョン。一家は両親の刑務所収監や祖母の脳腫瘍など、さまざまな問題を抱えていた。その発端とは姉が急に“他人”になったことにあり・・・。 --「キネマ旬報社」データベースより 

 

 以前 視たDVD

 

 

『Kundun』は 何度も観ましたから・・ それなりに ほとんど かも おぼえていますね 

06とか7 あたり というふうに うかぶのですが  

(そのころ チベットあたりの オゾマシげな「高次の存在」やら ヒトラーたち絡み とか 何かも読んだような) 

 

 

クンドゥン - Wikipedia  『クンドゥン』(原題: Kundun)

ダライ・ラマ14世の半生を描いた、1997年のアメリカ映画。マーティン・スコセッシ監督、メリッサ・マシスン脚本。 1998年のアカデミー賞に於いて4部門がノミネートされた。

 

…数珠を「これは僕のだ」…  

…ことごとく本物の遺品を言い当てる…  

…様々な修行を受けて…  

 

望遠鏡  鳥葬  …   調度品や 風景 背景    ・・そうでしたね

 

いろいろと 印象的 で というなかでも

 …兵士に変装したダライ・ラマはわずかな側近たちを引き連れて夜中に離宮を脱出する。辺境地にたどりついたダライ・ラマは、中国から押し付けられた十七か条協定を改めて拒否し、チベット臨時政府の樹立と、チベットの主権の保持を宣言する。そして、人民解放軍の追跡を逃れながらヒマラヤの険しい雪山をすり抜ける苦しい旅を続け、身も心も衰弱しながらインド国境にたどりつく。側近から「我々は勝ったのです。自らの足でインドにお入りください」と促されたダライ・ラマは牛の背中から降り、よろよろとインドの国境検問所に歩を進める。

インドの国境警備兵から「敬意をこめてお伺いします。あなたは御仏様でしょうか?」と問われた彼は、「私はただの男、仏に仕える一介の僧侶、善を行い、自己にめざめる努力を続けている者だ」と答える。

インド政府が用意した質素な建物に落ち着いたダライ・ラマは、望遠鏡をとりだしてヒマラヤの雪山を遠望し、はるか彼方のチベットに想いを馳せる。

それら とか (特に「   あなたは  ?」「     者だ」の あたりです とか)

 

・・・こうやって見つけられた子どもは今までにもたくさんいた・・・

 

 地形的にチベット高原に似ていた モロッコでロケ 

それ以前に撮影していたのが 原題 The Last Temptation of Christ 1988年のアメリカ映画

 

その他の項の

作中のセリフはほぼ英語(一部はチベット語) 出演者のほとんどが亡命チベット人

ダライ・ラマの青年期を演じたテンジン・トゥタブ・ツァロン(Tenzin Thuthob Tsarong)はダライ・ラマ14世の甥の息子である。

インド北部、ダラムサラにおかれたチベット亡命政府の文化機関の全面的な協力を受け、チベットの建築や服装、仏教儀式や民衆文化が緻密に再現されている。

登場人物の主観描写を多用するスコセッシ独特のスタイルがとくに突き詰められた作品でもあり、史実に非常に忠実でありながら、歴史的な背景の説明は最低限に押さえられ、主人公ダライ・ラマの目線でチベットの文化と歴史を体験する構造になっている。

また映画のなかで三度出て来るダライ・ラマの夢のシーンのうち二つは、ダライ・ラマ本人の見た夢に基づいている。

見る道具としての望遠鏡と、光を出すものであるろうそく、電灯、携帯式のランタンや懐中電灯などが、重要な象徴的小道具として繰り返し用いられる。

また後半に入るとダライ・ラマを見送る人物がいつまでもじっと遠景のなかに立っているというモチーフが繰り返される。

クライマックスのインドへの亡命をチベット仏教の最重要の儀式であるカーラ・チャクラと並行して見せていくモンタージュのなかには、さらに過去のシーンのバリエーションも組み込まれ、砂曼荼羅の創造と破壊と融合されるに及んで、リアリズムを離れて別れと再会、物事が変化しながらも不変でもある流転と回帰の主題が色濃く浮かび上がる。

曼荼羅 のシーンが とりわけ 特別な それなんですよね  

 

カイキ とな

 

 

f:id:kaon-yokegawa:20170505103912p:plain

・・この画像は どこのか?

 

クンドゥン

terajimasusumusan.blog37.fc2.com/blog-entry-3109.html

画像沢山 感謝

 

 

 

Kundun で 「とりわけ」の さらに トリワケ シーン としては (混色にいたる・・)

カラフルな砂が 吹き飛ぶあたり が・・ ?  砂が 風に舞う・・・・・・・・

もっと ゆっくり  止まっているかのような 静止画に近いくらいの 速度

映像自体が 超スローモーションだった?    それとも 記憶? 印象が?

 

Seven Years in Tibet は 何度か気になるも 未だ)

 

5:40入りしておりまして ふらついたりして ちょこちょこあれなのですが

ものすごく編集作業を「嫌がられる」ように感じられるときもありまして うちこめず

キョウセイ フラツキ  となることも あり       slow motion 

 

 

 混色 といえば 思いだされたりもする そちら 

■白と黒について

減法混色では基本印刷しない部分を白色とみなしています。 黒色はKで表現し、中間色などはCMYの混色で表現します。

加法混色では光のない部分を黒色とみなします。 RGBすべてかき合わせると白色となります。

CMYKの減法混色は明るい空間で視認性が上がり暗い空間ほど視認性が下がる 。

◆RGBの加法混色は明るい空間で視認性が下がり暗い空間ほど視認性が上がる。

TRICK Inkは紫外線のエネルギーを受け可視光を自発光します。

SO-KEN   trickprint.com/trickprint/cmykrgb-color.html

 

混色 といえば 思いだされたりもする それら 

光源色としての黒   Black (webcolor)  16進表記 #000000

色を光として見るとき 黒は 光がほとんどまったくない状態を意味

例えばRGBにおいては、3色ともない状態である。従って、本来ブラウン管は黒として発色することはできないため、TV映像では他の色とのコントラストの調整によって人の目には強い黒として錯覚させている。ちなみに、ウェブブラウザでBlackと指定したときは、#000000として定義される。…

物体色としての黒   物体の黒は 理想としては光の反射率が0ですべての波長の光を吸収する色

絵具の三原色の3色を混ぜる(減法混合)と黒になる

全ての波長を完全吸収する物質(黒体と呼ばれる)は存在しない

黒光りという言葉があるが、黒の色材(絵具や塗料)に光沢を付与すれば実現できる。「黒光り」という語は塗装面の平滑さなどから来る艶、表面反射を意味していると言える。…

・・・99.965%の可視光を吸収し反射を押さえた物質(ベンタブラック)・・・

wiki

ベンタブラック(Vantablack)は、ナノチューブから構成される、可視光の最大99.965%を吸収する既知の最も黒い物質である。「成長」する垂直なチューブの森から成っている。ベンタブラックに光が当たると、それを跳ね返すのではなく捉えて、チューブ内を何度も屈折させ、最終的には熱に …

 

 

 

Under the Sun (2015 film) - Wikipedia

 

(Влучахсолнца; Vpaprscíchslunce)2015 

 『太陽の下で -真実の北朝鮮-』(露: В лучах Солнца、英: Under the Sun)2015年ドキュメンタリー映画

 

 

ヴィタリーVsevolodovich Mansky(ロシア語:ВиталийВсеволодовичМанский、ウクライナ語:ВіталійВсеволодовичМанський ;1963年12月2日生まれリヴィウ/ソ連

ウクライナ/ユダヤのロシア映画 ドキュメンタリー ArtDoc Festの創始者

2014年からリガに居住  ArtDoc Fest・・・その後Riga International Film Festivalと協力

  Vitaly Vsevolodovich Mansky (Russian: Вита́лий Все́володович Ма́нский, Ukrainian: Віталій Всеволодович Манський; born 2 December 1963 in Lviv, USSR) is a Russian film and documentary maker of Jewish Ukrainian origin. He is the founder of ArtDoc Fest and has resided in Riga since 2014. ArtDoc Fest has since collaborated with the Riga International Film Festival.

 

RIGA IFF 2016

 

 

Director | Writer| Cinematographer Vitaliy Manskiy was born on December 2, 1963 in Lvov, Lvovskaya oblast, Ukrainskaya SSR, USSR as Vitaliy Vsevolodovich Manskiy. He is a director and writer, known for V paprscích slunce (2015), Truba (2013) and Rodina ili smert (2011). See full bio » Born: December 2, 1963 in Lvov, Lvovskaya oblast, Ukrainskaya SSR, USSR [now Lviv, Lvivska oblast, Ukraine]

リボフ  リボフ州     ディレクター|作家|映画撮影技

 

 

 

最近 いくつかの 想いだされた映画は まだ 再鑑賞しておらず・・ ?

  パンのさらミや セト風のパラみ くらいで  (意味 不便)

 

 アデル「スカイフォール」│12/1公開『007 スカイフォール』主題歌

 

 

 

おひるに いろいろと確認

「西」口も といいますか 「東」以上に といっていいほど あれかしら

あらためて ゆっくり あるいてみたのですが  もう 目がテン 

(特に だれかたち(2人)は 接点が なにかと 近かったり ダブっていたり)

 

どれくらいか なにかが単独かもしれないのは  かつて …社から  …誌で 1963年創刊

80年くらい  →西口(その頃すでに 彼らは(東口から)朝霞)

 

「むかし」とか「以前」とかの それらは カクベツに あやしくて

 

「記憶」の 要素 名称 数字などは あれなのですが  ジム処理系とか

ぎりぎり 利用しても(しなくても)いいのかもしれない・・・・などとは

 

  アルバム 写真などは 個人的には もうあれですから わざわざ 何かを取り出すこともない という視点も

  また 数枚のこっているのは やはり それなりのものを かな などとも

  (未処理分とか)(保存系)(ほかの何か など)

 

 

Stance   Story

 

あらゆる・・なにかに  のっかって いない    のったりもする

ときには・・ときおり  自らの拵えた何かにも のらない  かげん

 

カゲン

 

 

 

そして 5 ゆうがた 

科学(月刊)誌 数冊を持ち帰りまして    夜に 文字うちをして

    記号の確認ですとか 加筆事項などをもとめたりするため 寝かせてから 

    6朝 exciteサーバーにのほうに送付

 

そのうえで  手のほうは やすめて   のぞみました

 

それぞれ おふたり に(ひとりにもさらに) わたしの「真実に沿った内容」で 

わたしの「内容」を其其に また 其其の 「内容」を 其其に話す という 機会

 

再び このページを置きます

ベランダから そして降りてからも フルネームで振り向いていただいての 

 

なんどめかの なにか (の はじまり(は はっきりと「要らない」))

 

 ひとりは ブチ切れの極 系 で イッシテいて アブナイ ので まずは わたしから でした

事件 事故 などに わざわざ つなげることは イッサイ  せずともよいわけで

(とりわけルールを逸した) 格闘 タタカイなどは それを好まれる方方で どうぞ オキノスムマデ

 

窓口担当者 関連者 協力者 そういった方方へ 実損害 請求 要求 など

つかれるドヒョウにはのらずに あれこれ とめたり うごかしたりなど という   イコウ

 

ショウサイ ケイカなどを ショウショウ タシますと・・

いたわっておりました 夜 階下が 「申告」したがって・・ 階上の者 一人ずつ 対面

 

あとで ひとりずつ それぞれの「不愉快」感など   すりあわせてみれば

おおウソつき (挑発的)のらりくらり君(典型的 尊 卑型    ) パターン

 

流れからの 続き 要らない延長の エンチョウ線上 同質 等等 などということで 

さらなる続きを 誰かが希望しているのなら  ページを変えないで おこなったほうが 

よいのかも しれません   ・・と 記入しておきます

 

 

あー その頁のリンク先の 登場人物が。 どこまでか どれくらいか さくら ということも 特に 驚きも

 

 

イや  ダエキが アレですが    さらに  い た わ り ま す