読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

エンキの形とカガク構造が反映される

 

 

 ルリビタキ? ・・うかんだものの 聴いてみると ん? という感じで

これはもう まったく わからないのですが それとなく何かを置いてみたり

 

 

 

9そうちょう 4時頃 数分 美しい声が

 

それから やすむのか? と よぎるも そうでもなく いろいろと うかんだりも 

 

様様な 色色が あれなのかもしれず 

 

 

いつかどこかで 提唱され 

「DNAが遺伝物質であることの証拠は既に発表されていた」

 

はてな

 

 

塩基の形と化学構造を反映して A T G C がそれぞれ効率よく水素結合を形成する

水素結合は A T の間で二つ G C の間で三つ形成される

 

生体内でとりうるDNAの二重らせん構造である B型(ワトソン・クリック塩基対)形成

 

では 通じてしまう という つながりは どのように・・   ハテナ と

 

↑ ソコのハケンは末まで (出られる日は そのように と)

......................................................................

 

本来 決してあうことの無い設定(を拵えた)

それ以上のもの 以外は無いと (受け入れたくもないと)

それでいい そうでなければ駄目

唯一無二 絶対 基準 土台 前提などとして それ以外の何かが発生することも想定せず‥‥

.

すれ違う 螺旋

.

針穴ほどの‥僅か‥孔や糸の口であっても通じてしまったら

または 「短いスケールでは,二重らせんはまっすぐな筒とみなせる」とか

.

背景をくっきりさせ「コントラスト」のみが際立ち

混乱 錯乱といった要素は

時に増幅しながら(「螺旋」を)行ったり来たりしてしまうのかもしれず

.

(「たとえば,HとDを適当に混ぜると散乱長が実効的にゼロとなる.」)

「生体物質や高分子の非晶質を使った実験で,水溶液をこのように調整して背景の散乱を消して,コントラストをあげて見たい物を浮き立たせる手法がよく使われる(ヌルマトリックス).」

2014.12/現代化学/42

同 43(「X線中性子を組み合わせる」)すると「今まで見えなかったものが見えてくる」

.

組み合わせることを拒否 否定 批判 非難など

あるいは 何らかの理由や事情で行うことができない場合

.

何かを見ること(得ること)は できない

.

「獲得」希望のケースならば

まず そのあたり

.

..

.

(「SFの世界でいうマイクロマシンやナノマシンに近いかもしれない.」)

「言い換えれば,まわりの環境から受ける刺激を感知して,適切な情報処理を行い,刺激に応じた出力を行う,一つの自律運動システムをつくることでもある.」

それは生体内の細胞の働きを人の手で実現することでもある

有機化合物でも外部刺激に応じたシンプルな運動をすることができる

「…有機化合物でも,どのような環境で,何を刺激として,何を出力とするのかをきちんと考えて分子設計してあげれば,刺激応答性をもった分子や材料をつくることはできる.」

たとえば 光を刺激とする有機化合物ではアゾベンゼンやジアリールエテンといったフォトクロミック化合物が有名

それらを使う 光照射による分子構造変化

それに伴う物性変化という分子レベルの変化を

ポリマーや結晶の形状変化や運動というマクロな変化として反映させることが可能

「ただこれは,いわば分子がスイッチのONとOFFのような二つの状態を行き来しているだけなんだ.言い換えれば,一つの分子が1と0というデジタルな情報をもっているともいえる.しかし,生体やそのなかの細胞の働きはそこまでシンプルではない.もっと高次元の複雑な働きを実現するには,より多くの情報をもった分子やそのネットワーク構造が必要となる.」

その観点から DNAは塩基とよばれる決まった分子構造に自在に連結し

それにより 情報を自由にもつことができる 非常に適した素材

現代化学/2016.5/48-49

.

..

.

「二つの標的分子でロボットが開けるようにしておけば二つの標的分子が表面に存在する細胞だけに結合できるようになる.」

さらに 細胞表面の分子を見つけて その指令によって細胞死や細胞分裂の制御を細胞に働きかけられる

「つまり,細胞の目印を見つけることでがん細胞を消滅させたりできる.」

現代化学/2016.7/45

.

..

.

ジグソーパズルのような

「…筒に対してそれぞれ上下方向に交互にクロスオーバー分岐が出ていて,その周期ごとに同じ形の「ピース」が繰り返し現れているようにも見え…」

現代化学/2016.8/25

.

...................

...................

「目印」が見つかっても「開かない」何か

.

つくり込まれた(すりこまれた)「輪廻」「転生」などの「色」が 濃すぎるのでは

また とんでもなく利益追求しすぎ 本音の隠しすぎ

といった 厚い壁 高い塀

.

見えない

.

それこそ 「何度」「生まれ変わっても」  それ自体が あれ で

あれ なのでは

.