ショカン的空間

「シリーズ化」のほうの ウム

 

 昨夜 眠い目をあれしながら・・ みておりました

 

 

無いところでは 零なのでしょう

連載 「鳥学キッチン」「第 0 回」とのことで

 

  •  「紀元前」「384」…アリストテレスが生まれ 成人後に著した動物誌に ツバメやキツツキなどの鳥類の論考掲載
  • 「紀元前」「8」c ころまでに…ヴェーダに オニカッコウの託卵に関する記述があり それが最古の鳥学的文献ともされる
  • 「鳥学の黎明から約28世紀」「駄菓子屋」には「森永チョコレートが並び」本屋には「かこさとしの名作絵本『からすのパンやさん』が平積みされ」…

 

こどもの描く絵の鳥 「くちばしが黄色く塗られている」

「日本の野生の鳥」を見回すと「くちばしは主に黒か茶色」で黄色いくちばしをもつのは「ムクドリとサギぐらい」

 

ニワトリ

「この鳥を知らない人は,ほとんどいないはずだ。グーグルで検索すると,「ニワトリ」113万ヒット,「サザエさん」127万ヒット,「ちびまる子ちゃん」51万ヒットだ。ニワトリは,まる子ちゃんの2倍,サザエさんに迫らんとする知名度を誇るわけだ」

 

「ニワトリは,アフリカからイースター島まで,世界中で飼育され賞味されている。ウシを神聖視するヒンドゥー教徒も、豚を禁じられたイスラム教徒も,ヘルシー嗜好のセレブ達も,ニワトリには寛容だ」

 

ニワトリは,キジ目キジ科に属するセキショクヤケイを家禽化したものだ。セキショクヤケイは,インドから,中国南部,東南アジアに自然分布している。ヤケイの仲間は複数いるが,秋篠宮文仁親王らによるDNA分析からは,セキショクヤケイのみから家禽化されたとされている。別の遺伝学的研究では,ニワトリに黄色みのある肌の色は,近縁種のハイイロヤケイとの雑種により得られた形質とするものもある。…

 

「その家禽化の歴史は古く、最古の遺跡証拠は,紀元前5400年前の中国の磁山遺跡から出土した骨とされる」

ただし「ニワトリのDNAのハプロタイプ多様性の高さから,家禽化の起源はインド周辺にあるとも言われ…」

 

「ニワトリは極めて鳥類的でない特徴をもつと言ってよい」

 

(鳥類というグループ)の特徴  「飛翔」

(「鳥口骨だと思った人は,マニアックすぎて読者失格である」)

「ペンギン」「ダチョウ」「鳥のくせに飛ばない」「逆説的な魅力」

「ニワトリはあまり飛ばない」「そもそもキジ科自体あまり飛ばない分類群」

キジ科のなかでも 特に飛ばない ニワトリ

「食べるために飼育しやすく品種改良されてきた」ので

…肉が多いほど,褒められる。空を飛べないほど,褒められる。褒めて育てられた箱入りの彼らは,体重を増やし,飛ばない未来へと歩んできたのだ。…

 

…飛翔を得意としないキジ科では,ひとたび捕食者に見つかれば、命を落とすリスクは大きい。そんな彼らが,野外で目立つ真っ白な姿をさらせば,ブルース・ウィリスも真っ青な,スリルとサスペンスの世界に真っ逆さまである。このため,キジ科ではカモフラ色が進化している。白色は,あくまでも人間が選抜してきた結果に過ぎず,適応進化とは異なる物語の産物なのだ。…

 ニワトリが先か,タマゴが先か/川上和人/森林総合研究所

KAGAGAKU/Sep.2014. Vol.84 No.9/0918-0921

 

 

日本では「長崎県壱岐」や「福岡」などの「2000年前ほど前の遺跡から」骨が見つかり 

「弥生」時代に「農耕の拡大」とともに「ニワトリの飼育も拡大したのだろう」  

古墳時代」…「鶏形埴輪」「紀元前4世紀までに,身近な存在となっていたようだ」

といったキーワードとともにあるようす

 

 

セキショクヤケイ - Wikipedia

 

鳥口骨は Wikiから よいしょ   下部に

 

 

牛を場にみちびくバイト でしたか(知らない方は のんびりとしたものに思うようで)

最近 おとなりさんたちが 屠殺(凄絶な現場)について語り合っていたのですが

いずれの方も ニワトリについては 「キュっ」て感じで とんでもなく軽い(印象の)ようなのです

 

 

 

 関連の「夢」は見ていないような

 

『からす パン さん』 ???????? 知らなかったです 100%ってあるのね

絵を見ても ? ここで お初 0.1%くらい  ということで  ・・調べなくていいのかも

 

もう少し・・  どれくらいかあとで記入 は 18朝

 

 

うかびあがってくる ものごと  ものがたり

 

でも なんだか ゆったりテンポで うしろにながれてゆくような・・なんでしょう

 

 

運動中 というあれでも

 

 

温存

 

 

 

烏口骨

 
 
 
ダチョウの肩帯。図中の2が烏口骨(前烏口骨)

烏口骨(うこうこつ、coracoid)は、四肢動物肩帯を構成するの一つである。烏喙骨(うかいこつ)、烏啄骨(うたくこつ)とも呼ばれる。

 

進化

魚類から両生類に進化するに当たって、肩甲骨の腹側に化骨中心が形成され、肩甲骨と新たに形成された骨との交点に上腕骨との関節窩が形成されるようになった。爬虫類になるとその骨の後方にさらに化骨中心が形成され、肩帯の構成要素の一員となる。広義にはこの二つの骨をまとめて烏口骨(それぞれ anterior coracoid / posterior coracoid とされる)と呼ぶ。ただし狭義には烏口骨と呼ばれるのは爬虫類になって付加された後部の骨だけで、前部の骨は前烏口骨(ぜんうこうこつ、procoracoid)と呼ばれて区別される。

前烏口骨

両生類で現れた広義の烏口骨は狭義には前烏口骨であり、ながらく肩帯の腹側成分として機能していた。爬虫類になって狭義の烏口骨が現れたが、単弓類以外の多くの系統でその狭義の烏口骨は退化してしまい、現生の爬虫類や鳥類で『烏口骨』と呼ばれているものは狭義の呼称では前烏口骨である。

烏口突起

 
ヒトの肩甲骨。左上が烏口突起

哺乳類として原始的な形質を残している単孔類では、前烏口骨・烏口骨ともに残存しているが、有袋類有胎盤類では前烏口骨は完全に消滅し、烏口骨は肩甲骨と癒合してその一部となっている。ヒトの肩甲骨などに残る烏口突起(coracoid process)がそれで、かつての烏口骨の名残である。ヒトなどでは鳥のくちばしの様な形をしているためにその名が付いた。

関連項目