ショカン的空間

水系などか

 

休診(曜)日 急患のための午前 という ・・ことになっているらしい(おひとりで診療の日)(1)   

しっかりと つくったばかりの「土台」を バリバリと   

 

医師は「土木工事」という表現を はじめて使われ

  それまでは 痛みの感じ 擬容?は「ピリッと」と まるで山葵か辛子 山椒のようなあれでしたが

  ここにきて「ズキズキ」という表現もみられ ちょっと気合が感じられたりもしましたが

 

昼前から工事 痛みや衝撃などがあるため 数回を予定している とのことでしたが

けっこうな進行具合で ガーガー ザクザク 深堀されてゆき ほとんどかも

2回で すむようで    次回 しっかりつくられた 土台は全部除くことができる様子

  そのあとは また 地道なあれで やり直し系のような手順(か ほかの何か) (詫びあう二人)

 

 

 ................................

今朝 キーワードがいくつも・・視界に映っていたことなどと重なるかな と 全文を裏にいれました(muon非公開頁)

 

うつ病に関与のタンパク質特定(山陽新聞) - goo ニュース

05月31日 23:29 山陽新聞 

 

去るのを見送る・・側ではなく・・自ら(島に)旅立つ感じも あるところには あるのでしょう

  ................................

 

 

微細な 粒子などの流れ

10/7:14 この件も やはり 同様で 視えていないかもしれませんが ヒキトリなど ツナガリから

裏の裏は、表…に出せない!歌舞伎町ビル火災事件の闇 

          ↓ ↑

SDGsに添った活動をこれからも  2017.05.09

真如苑は、国連が2015年に採択(2016年発効)した「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」に賛同し、その際に掲げられたSDGs(持続可能な開発目標 Sustainable Development Goals: SDGs※)の実現に向けて、次世代へ持続可能な未来を残せるよう掲げられた“17の目標”に貢献する活動を継続していきます。 真如苑はこれまでも2000年に国連サミットで採択されたMDGs(ミレニアム開発目標Millennium Development Goals:MDGs)を重視した年間活動計画を策定し、活動を展開してきました。 ※持続可能な開発目標(SDGs)とは 国際連合広報センター(外部サイト) http://www.unic.or.jp/ 

 

2 個人により異なる ラインあれこれ   

 

・・あー 「シティボーイ」ね

 

Pop eye  ~ 「  を大切に」。「  を大切に」。「人間を大切に」。

「1945年当時、このへん(東銀座、築地一帯)は爆撃によって焼け野原だったんですね。 終戦で国そのものがリセットされて、それまでの価値観が通用しなくなったことは、創業者の岩堀喜之助(1919-1982)と、盟友の清水達夫(1913-1992)にとってもまさにコペルニクス的大転回だったと思います。二人は大政翼賛会の宣伝部でしたから。」

 

 …‐戦後間もない頃の話と繋がりますね。「みんなで幸せになる」を最初から貫き通していたのですね。… 

70seeds.jp/magazine-079/

 

真 no「苑」と仰る方方と 96(前後?)頃 「同級」的 再会 あるいは ほぼ同時期で不思議でした

当時 1年間くらいでしたか?「雇い主」だった方は ワールドインポートマートビル内から

春日通沿いへ (その後)「水道」という住所 の「ヒマラヤンハイツ」に 移動したもよう

カタカナではないのもあるのか? ないのか 「ギャルリー」「亜出果」

  

地元の「ポ」名称の小部屋は しばらくご無沙汰しておりましたが この春? オーナーチェンジで

まともな感覚に? 近づいた? なった? ・・かもしれないかな と 確認中 ですが 

 ................................

わたしに 愛(執)着という感情が おきないように流れた(特に)「地元」ですから なんとも

 

地域に住む方方との関係性のような なにかは(まったく)みられないですし 

調べれば 調べるほどにあれで 近くもなく 遠く 離れてゆく・・ そんな 感覚 

 ................................

 

 

1午後 編集があれですが 更新を おこなってしまおう  まさか「また」「拒否」 じゃないよね 

 

 

「一ツ橋」の地名

…中心部よりやや南を南東から北西へ縦断する日本橋川に架かる一ツ橋(一橋)に由来…一ツ橋付近はもともと日本橋川と小石川(現在の白山通り)の合流地点…合流点を表す「ひとつ」がこの地点に架かる橋の名称…さらにこの付近の地名になり…町名の由来となった一ツ橋は後述の一橋御門の築造以前から存在していたと考えられている…

…江戸時代初期の1606年(慶長11年)以降、この橋の前に江戸城の外郭門が築造され、「一橋御門」と命名された。

8代将軍徳川吉宗は、子の宗尹に一橋門内(現在の丸紅本社 - 一橋会館の一画)に屋敷を与えて一橋家を創設、のち御三卿の一つに数えられた(地名が「一ツ橋」と表記されるのに対し、御三卿の家名は一般に「一橋」と表記される)。

江戸中期以降、一橋門外は火除明地となり一帯は「護持院原」(ごじいんがはら / 森鴎外の小説で有名)と命名された。

 

明治時代以降…江戸幕府終焉後の1873年(明治6年)になって一橋門は撤去され、1878年神田区設置に際して一ツ橋は同区に編入された(その後1947年現在の千代田区に統合)。 こののち一ツ橋および隣接の神田錦町東京大学一橋大学東京外国語大学学習院の前身校が設置されたことで、かつて護持院原と呼ばれたこの一帯は明治時代の一時期には文教地区の観を呈し、各大学の校史において「発祥の地」として位置づけられている(東京商科大学 (旧制)・東京外国語学校 (旧制)など参照)。

また近隣の神田昌平黌跡の湯島聖堂内に設立(1872年)された東京高等師範学校の附属小学校・附属中学校(現在の筑波大学附属小学校・中学校・高等学校)も、1890年から1910年まで神田区一ツ橋通町(現在の一ツ橋2丁目、共立女子学園の所在地)に存在していた。

これらの教育機関の中でも特に一橋大の場合、前身校である旧制東京商大が国立への移転を経て第二次世界大戦後の新制大学移行に際し、発祥の地名を校名に冠し「一橋大学」と改称、現在に至っている。 文教地区としての一ツ橋の雰囲気は、共立女子大キャンパスおよび一橋大の一部施設(一橋講堂・如水会館など)にわずかに残されている。 …  Wiki 

 

 

「一橋」

そちらではない あちらのキャンパスで かつて なんかやらかした人人が いたような 記憶が

   ................................

 

 

 

そこのあたり の その丸のあたり  5~   「所属」(先)に関しまして  のぞまない延長セン  

1日 あるいは 半日 数時間 あるいは「即」(帰宅) とか

向かわず とか  それとも 逆狙い清算系 で。  「植木鉢」?   可能性の割合は?

 

すでに キソク系で そのあれを 十分 充分以上 感じておりますし 

  あと 鉄等入りの「安全」靴を用意せねばならない ・・ちょっと うごけない  にぶい どれくらいか してから・・ 

 

 

 

 

丸紅、ポルトガル投資2倍の1000億円に 電力など

2017/5/31 23:49
日本経済新聞 電子版

 

 

 【リスボン=黄田和宏】丸紅はポルトガル関連の投資残高を早期に、現在の2倍となる約1000億円に増やす方針だ。リスボンに新設した出張所を通じて、現地企業との協業や情報収集を強化。強みを持つ電力や水ビジネスのほか、内需関連の事業にも取り組む。

 丸紅の国分文也社長が5月30日、日本経済新聞の取材に答えた。ポルトガルではこれまで電力や水事業、ガス配給事業に4億ユーロ(約500億円)を投じた。「2014年…

 

 

 

 

丸紅 水関連ビジネス強化へ ポルトガルに拠点開設

新興国を中心に市場の拡大が見込まれる水に関連するビジネスを強化するため、大手商社の丸紅は、ポルトガルに拠点を開設し、アフリカや南米などでの受注の拡大を図る方針です。

上下水道や廃水処理など、水に関連するビジネスをめぐっては、人口増加や経済発展などに伴い、飲料水や工業用水などの需要が伸びているアフリカや南米のほか、水道事業の民営化が予定されているヨーロッパなど、世界的に市場の拡大が見込まれています。

こうした中、大手商社の丸紅は水ビジネスを強化するため、ポルトガルの首都リスボンに出張所を開設し、30日、現地の政府関係者など、およそ200人を招いて記念の式典を開きました。

丸紅は2014年に官民ファンドの産業革新機構と共同で、ポルトガル最大手の水道事業会社を買収していて、今回の拠点の開設を通じて、ポルトガル語圏のブラジルやモザンビークなどで受注の拡大を図る方針です。

式典に参加したポルトガルのマルケシュ企画・インフラ相は「今回の拠点の設置は、ポルトガルが多角的な投資先となる重要な一歩だ」と述べ、日本企業のさらなる進出に期待を示しました。

また、ポルトガル駐在の日本の東博史大使は「ポルトガル語圏での投資を促進したい」と述べ、政府としてもポルトガル語を使う国で作る「ポルトガル語圏諸国共同体」で、日本企業のビジネスの拡大を後押しする姿勢を強調しました。

成長続ける水関連ビジネス市場

上下水道の整備や廃水処理などの水に関連するビジネスは、経済成長や人口増加が続く新興国を中心に急速に拡大しています。

経済産業省の試算によりますと、世界全体の市場規模は2020年には100兆円に達し、2015年よりも20%余り伸びて右肩上がりの成長を続けると予想されていて、日本政府は官民が一体となって、世界各地での水ビジネスの受注拡大を目指しています。

ただ、世界の市場では、フランスのヴェオリア・ウォータースエズ・エンバイロメントなど、水メジャーと呼ばれるヨーロッパの企業が受注で先行していて、日本企業のシェアは0.4%と出遅れているのが現状です。

また、日本の企業は海水の淡水化や、水道管の漏水対策など技術面ではリードしているものの、日本では自治体が水道事業を行ってきたため、企業に十分な運営のノウハウがないことが弱点として指摘されています。

このため、日本政府や企業としては、海外での企業の買収や拠点の整備を通じて、水道事業のノウハウを吸収し、水ビジネスの拡大につなげられるかどうかが課題になります。  NHKニュース
 
 
 
 

2017年5月30日

丸紅が参画するUAEのメガソーラー事業が着工、プロジェクトファイナンスで資金調達

 丸紅がアラブ首長国連邦UAE)のアブダビ首長国で参画している大規模太陽光発電事業が、プロジェクトファイナンス契約を銀行団と5月17日に締結した。資金は発電プラントの建設コストにあてる。ファイナンス組成を受けて5月下旬に、太陽光発電所の建設工事を始めた。商業運転開始は2019年4月を予定する。

 同発電所「スワンハイ太陽光発電プロジェクト」は、丸紅が20%出資する特別目的会社が進めている。ほかに太陽電池モジュール製造・販売と太陽光発電事業を展開する中国企業のジンコソーラーが20%、アブダビ水電力省(ADWEA)が60%出資する。発電容量1177MW(117万7000kW)と世界有数の規模となる発電所を建設・運営する。

 今回結んだプロジェクトファイナンスには三菱東京UFJ銀行農林中央金庫三菱東京UFJ信託銀行三井住友銀行と海外4行の銀行団が参加した。スワンハイ太陽光発電プロジェクトで発電した電力は、アブダビ首長国で発電・造水事業を行うアブダビ水電力会社(ADWEC)に25年間売電する。既に長期間の売電契約を締結した。

 丸紅がUAEで関わる発電事業としては、2001年10月~2011年10月に運転開始している4件の火力発電・造水事業に続き、5件目となる。UAEなど中東各国は、化石燃料への依存度引き下げや電力の安定供給を目的に、再生可能エネルギー発電プラントを多数計画する。丸紅は今後、拡大を図る。 (日経BP環境経営フォーラム)