ショカン的空間

ムジョウ の 瑜伽

 

KAGAKU/Jul.2014. Vol.84 No.7/0740 は

遺伝子操作で行動の性転換を実現ーショウジョウバエの研究「同性愛突然変異体」 

⇅ このあたりをうかべながら 文字をうちこみ中 11時半頃に 明日のことで電話が入る・・

  「親」?会社関連 (日野 平山)(万願寺 日照園) 

0750-0751 は 娘の中で繰り広げられる父と母の対立ー更年期症状の新仮説/大槻久 

父親遺伝子にもし「計算能力」があるのならば,高齢になった娘を閉経させ,その代わりに娘を周囲の乳幼児の子育てに参加させるだろう。なぜなら,近所の乳幼児の体内にも,父親由来遺伝子のコピーは高い確率で存在しているからだ。知識と経験を積んだ女性による手助けは,乳幼児の生存率の上昇に大きく貢献すると考えられる。

 

反対に 娘の体内にある母親由来遺伝子はどうだろうか?

母親は外から来た人物であったことを思い出そう。すると,娘の周りを見渡しても,母親遺伝子と同一のコピーを持った人物は少ないだろう。このような状況下では,母親由来遺伝子が娘に閉経を命令するメリットは多くない。閉経して娘が周囲の子育てを手伝っても,周囲の乳幼児に母親遺伝子と同一のコピーが存在する確率は低い。したがって,母親由来遺伝子は月経の継続を促すであろう。

 

結果として,娘に対して父親由来の遺伝子は閉経を,母親由来の遺伝子は月経の継続を指示するような,不釣り合いな時期が存在する。と理論的には予測できる。そしてこれらの相反する命令はゲノム刷り込みという機構を利用して,実際に娘の体内で顕在化し,それが原因となってホルモンバランスの乱れが起き更年期症状(障害)が引き起こされている,というのが我々の新仮説である。

 

以上の仮説は 女性の分散が男性より高いことに基づいているが

男性の繁殖成功のばらつきが女性に比べて大きいとき つまり 子を多く残す男性と 子を残せない男性の格差が女性の格差に比べて大きいときにも 同じ仮説が導かれる

 

… GNASI と よばれる遺伝子は それが欠損すると早発閉経が引き起こされることが知られており

月経の継続に関連する遺伝子であると推定され その遺伝子は母系遺伝することも知られている

母親側が娘の月経の継続を促すとする我々の理論と整合している

 

近年、子宮内膜症には多くの刷り込み遺伝子が関連していることが報告されている。

H.kobayashi:EXCLI J.,13,252(2014)

月経や妊娠など生殖に関わるイベントは,適応度に最も直接的に影響を及ぼすので,そこには強い自然淘汰圧がはたらくと予想される。そして生殖に関わる期間は,ゲノム刷り込みを利用した,男と女の最も激しい戦場になるのである。… 0751

 

 

 …子宮内膜症には多くの刷り込み遺伝子が関連していることが報告されている…

 

あれは ひどすぎる体験 でした よ

 

「都合」のあれな解釈などを よくもまあ 次次と・・・・・・・・

痛みを知らないにも ほどがある ファンタジー脳 かも 

 

無上瑜伽むじょうゆがタントラ(Anuttarayoga Tantra、無上ヨーガ・タントラ)という

なにかの中に  「マンダラ最勝王三摩地」という文字列があり 

個人的にそこらかな と 反応

  

ファンタジー脳 の「世界」においては

 

曼陀羅最勝王三摩地」は「曼荼羅の諸尊」を

「ヨガで生み出して、利他を行う」 ことを「観想」とか 意味などが超激変なのでは

 

「具体的には、自分自身が」……「諸尊の曼荼羅を生成」

  • 外にあらゆる方向に放出(出産)
  • 出産された諸尊は諸世界で説法などをし
  • 諸尊を一つに集め 
  • 菩提心によって灌頂
  • 再び 諸尊は各所に散り 安住
  • 諸尊は …順次生み出し 働かせ
  • 最後に、諸尊と同様に、曼荼羅の宮殿を観想し、外に出し、世界を…

  

またもや ファンタジー脳 が 激痛を 超 増幅させたな と とらえるものであり

 

「幻化網     」とかも    「責任」が あれで あれ

 

 

 

瑜伽 - Wikipedia

顕教では理相応をとる。密教では行相応の義をとる。瑜伽三密がこれである。

 

 

 

 

身密  口密  意密 

 

 

広告を非表示にする