ショカン的空間

さ き に

 

 

・・そんなことで 

ひととおり済みましたら ゆったり返却に専念しつつ 過ごしたい 今  

 

「口」とは・・たとえば動画なら スパ系「癒し」 宿泊施設などで流れる 類の音楽などにはじまり

この「返却」作業も膨大すぎて メンドウなわけですが

  • 🌏 奇跡の宇宙の周波数《432HZ音源入り》Miracles do happen
  • 人類にとって最良の周波数528Hz The best frequency for humans 528 Hz 
  • solfegio 528hz …!… DNA修復効果528HZ ソルフェジオ周波数 瞑想、YOGA、ランニング   ・・とかとか 多いかも

 

ゼンシン ひさびさの あれで まどぐち などからヘンキャクしつつ すこしずつ イチもみながら

 

 

イマシガタ

 

現場の(親か幹か)長の苗字 (若い長も横で活躍中・・その件関連は別位置に)  

全員の姓名はまだ わかりませんが やはり だぶっている姓は即視界に(長含めて)数名

 

これは 真に統合したがっているのか どうか   (みをきる) 覚悟のほどは

また 困難さは いかほどか といった  さまざまな 観点

ソウイッタ ミカタニナルカ イナカ  オソスギテ・・・・ ナドナド   

 

 

いましがた

 

櫻井よしこ 美しき勁き国へ】 6000億円かけた豊洲を壊して更地にすると、小池百合子氏周辺から聞こえてきた 「都民ファースト」は都政へのチェック機能を果たせるのか

 2017.6.5 10:04

 

 

2017.6.4 09:52


 

 (チェック機能が)どのようにか変わりたい ということであるのなら・・ どうであれ

それなりに   そこには ついてくる ものごとも

 

 

(4に「キョウサン/ヨネクラ」 ポスティング)

 

 

 

 ほんじつ タイセイのスケジュールにより1日ヤスミ 建物無し 9から騒音振動 再び とのこと

 

(~17? すでに地層むき出し)出る「物」は ほとんど無い ようす  それについては違和感なし

 

きのうは 午前は たいしたことしておらず(疲れ) 午後に石の溝のライン出し

細い溝で両岸に石-30センチ前後角に収まる程度の大きさでしたか が 数個ずつ で

ひとりでおこなったのでもなく 他の方方にくらべれば はげしいものでもなく

 

タダ スイミンジカラ ズツウガハジマリ ソノゴ ゼンシンガ  

 

おそらく ぎりぎりだったところに その日4人入ったことで 室が人員に対して狭すぎ

人員関係なく ちいさなプレハブ なぜかエアコンがゆるすぎる反応 (遠いトイレ)

 

諸々の規則(疲れ 動きにくさ) 木陰なし など 「休憩」が あれな感じになりそう

 

・・ですから もうほとんど 未定

 

「幹」の女性ひとりは測量(撮影系)専門か  その休憩室でもノートサイズので手作業

 

女性ひとりは 護国寺近くの場からの移動で 「園」に行く予定だったのが そこへ と

  いずれにしても「  川」系ね など  ちょっと細かなことなども対話

 

「枝」の社(「園」からそこへの移動は) 3人と聞いていたのですが 1人は他へ 

  おひとりは 以前「本音」を伝えたため「恫喝」された感が・・ お互いに気をつかってきたのですが 

  おちついた「ファン」であることや 耳にはさんでいた故郷も つねに意識していました 

  先月女性にお菓子を配りまして 二択からそこのを受け取り 初旬には里帰り(  給申請)という流れ

で 7にお見え 「武者がえし」 いただく    んーー  ゆるりと ぼかして・・・・

 

断水で でしたか あの「トイレ」で 作業終わりに消耗した というのも 不通の疲れ系だったのですが

やはり 掃き出した細かな大量物の一部しか視えないようすで 勢いなどでどこまで運ばれてしまうのか

そのあたりが ひじょうに ふしぎなことに みえていないようなので (話はしなかったですが) 

下流の)仕事は増える やり直しになる ということ (上流は)疲れ知らず ということになります

そのまま停滞というよりも 「味」をしめて 「頭」に・・ と  いかに接近しようとも 距離をおきたい方

 

何かが起きたわけですので いかに「優遇」されてきたのか という気づきはあって当然

その機会をものにできないのだとしたら 起きた場にいない・・別の場で「獲得」などに夢中

という点がまず

 

(歯の)症状 進まない 後戻りするような現状 場の耐え難い状況などを伝えた方

  おひとり 「間」をつかわせていただいた「前進…」社員  先の26?くらいに「会」がありましたが 

  そのとき すでに不調の兆候があったのにもかかわらず(「良い子」が)一気に酒か歌か両方か で 喉など

  先月は休まず出勤  5朝 場の扉の件で通話 声はもどっていたような気もしないでは(・・電話)?

  8 ミニ現場機搬入のため現地入り ゼネコン窓口に顔見世的挨拶も

 

 

(ああ 「苗字」のへんの あれにつきましては また記入する機会が あるのか ないのか・・ 無くていい とか)

 「…改善はしたが…こんな…まだ声が…」   気になっておりました   おだいじになさってください

 過酷な場に持ち込むことで 全体のバランスが台無し・・・・・・・・  ということに いいかげん

 「    や」

 

3に これはもう個人的明確な感覚をもって つながりを感じましたので 貼ります

「…生徒からさらに進みたいと言われ…」

重ねて 同じものを最下部に転載 流れなども つけておきたいと思われます

 

 

 クツは 頻度が多いであろう 布使いのもののほうの領収書を 「社」に提出 

  野口×3 まで「支給」可 とのこと・・わずかにオーバー(確認)   合皮系のは ×1.5くらい

 

 

去ること どれくらいかの・・   場の「近くでの面接」も 可能と 募集し 

その場の「近く」にいる「子」を帰宅させ・・ わざわざ 遠くへ呼び出す 

そのような扱いをうけたのは わたしだけではなく 似たような住所の若い女性もと聞き

 

「通用」しないことを 休憩時間に ワザワザこちらから電話してお知らせしたいわけは?

その後 どうも・・わたし(だけ)には(紹介)連絡を入れない 彼女 (子や員を はさむ)

そのような「役」を のぞんで ひきうけている「子」や「員」は「過酷な場」におしつけずに 解消 消化 などを

(何処かに立っての「満足」や「悦」に留まり続け)(何かを知りえたときに真逆の視界をみる可能性)

 

 

社長(現場出た?知ってる?)による面接だった とかの 新たにその社から 若い女性ひとり 

本来どのようにかあるべき そのような機会に「息子(が・・)」連発だったと 初対面のその方

  その年頃の子供がいるようには見えない とは何人かから聞いておりましたが

  その日の方は「お化粧」をしっかりされている と表現されていた

 

また そのように どのようにか投入される方方が 維持してきた過酷な場におられる方方に

与える影響・・・・・・の バランス

 

要素には 本来「家庭」で済んでいるはずのものまでも含まれ さらに 目覚めようとしない(エル増大) 

仮に どのようにか思ってからが また あれで その「ひとり」で負える類でもなく でも返却 

負担は分担・・・・・・の くばりかた

 

「甘」すぎて 話にならない  (方と)会話した(半日)(一日)  でした

 

その後となりで話す機会も多く (若い)彼女は もしかしたら そぎ落としていく(覚悟)・・かもしれない 10

 

 

 

 

 

 

「状況判断が甘かった」 という「甘」の 繰り返し

 

雪崩8人死亡事故、引率教員「生徒から言われ急斜面に」 TBS NEWS

雪崩8人死亡事故、引率教員「生徒から言われ急斜面に」3日 21時48分

 

 栃木県那須町で高校生らが雪崩に巻き込まれ犠牲になった事故で、県の検証委員会が開かれ、引率した教員が「生徒から言われて急斜面に入った」などと証言したことを明らかにしました。

 那須町のスキー場近くで雪崩が発生し、登山の訓練をしていた高校生ら8人が巻き込まれ死亡した事故で、栃木県の検証委員会が3日午後、会合を開きました。 

 会合では引率した教員が「当初、急斜面に行こうとは考えていなかったが、生徒からさらに進みたいと言われたため、その時は行っても大丈夫だろうと考えた」などと証言したことが明らかになりました。雪崩はその直後に発生したということです。 

 「雪崩の危険があるのかないのか、指導者がきちんと認識していたのか。雪山の指導についてもっと研修を受け、資質の向上が必要なのかなという意見が出た」(戸田芳雄 委員長) 

 検証委員会は聞き取り調査などを踏まえ、今月中に中間報告をまとめるとしています。

 検証委員会終了後遺族の男性が取材に応じ、「誰がコースを判断したのか。引率者に雪崩の危険性の認識はあったのか。責任の所在はどこにあるのか。まだ明確になっていない部分があるので明らかにしてほしい」などと話しました。  

 

 

那須雪崩 生徒「足元雪面に亀裂」証言 訓練強行で誘発か 毎日新聞2017年6月1日 07時30分(最終更新 6月1日 07時30分) 

f:id:kaon-yokegawa:20170606095803j:plain

事故が起きた「那須温泉ファミリースキー場」=栃木県那須町で2017年4月2日、本社ヘリから 

 栃木県那須町で3月に登山講習会に参加していた高校生ら8人が死亡した雪崩事故で、最も被害の大きかった先頭班の複数の生徒が県教育委員会の聞き取り調査に対し「足元の雪面に亀裂が入り、流された」などと事故の状況を説明していることが分かった。雪をかき分けて進むラッセル訓練で雪面を刺激し、雪崩を誘発した可能性がある。3日に開かれる第三者による検証委員会第2回会合で報告される見込み。 

 県警や検証委によると、雪崩は茶臼岳の山腹にある大岩の通称「天狗の鼻」(標高1515メートル)付近で発生し、160メートル以上流れた。先頭で訓練していた県立大田原高の生徒や教諭らによる1班(14人)はこの大岩を目指していた。死亡した生徒7人と教諭1人は全員が1班だった。

 大田原高関係者によると、1班の複数の生徒は「前に(雪面の)亀裂が見えて、そこから流された」「足元あたりから崩れた」などと証言しているという。  雪崩の専門家であるアルプス雪崩研究所の若林隆三所長は「樹木の少ない急斜面で、たくさんの人が衝撃を与えれば雪崩が起きる可能性は十分にある。衝撃が伝わり、ガラスのひび割れのように雪面にひびが入ったのではないか」と説明している。密集した状態でラッセル訓練を実施したことで、降り固まった古い雪の上の新雪が崩れる「表層雪崩」を誘発した可能性がある。

 遺族の一人は「雪に負荷をかけて雪崩が起きたヒューマンエラーでは。責任の所在を明らかにしてほしい」などと訴えている。

 県警は業務上過失致死傷容疑で捜査中で、大田原高関係者によると、生徒たちは県警に対しても同趣旨の説明をしているという。人為的に雪崩を誘発したならば、講習会を主催した県高校体育連盟の過失責任も焦点の一つになりそうだ。

 過去には雪崩事故を「人災」と認めたケースもある。1989年に長野県白馬村北アルプスで高校教諭が、研修会の輪かんじき訓練中に雪崩に巻き込まれた事故を巡る民事訴訟で、95年に長野地裁は「人為的に雪崩が誘発された」と認定。研修会を主催した県側に対し、遺族への損害賠償を命じる判決を言い渡した。【野口麗子、萩原桂菜】 

 

 

 

危険感じても助言求めず、高校生8人死亡雪崩事故 [2017年5月28日22時16分] 

 栃木県那須町で3月、高校生ら8人が登山講習中に雪崩に巻き込まれて死亡した事故で、犠牲者の出た班の引率教員が、危険を感じても地元の山岳救助隊長に助言を求めずに急斜面を登っていたことが28日、遺族への取材で分かった。講習会では以前、天候が変化した際などは同隊長の指示を仰いでいたという。

 遺族によると、県高等学校体育連盟登山専門部が同日、県立大田原高校(同県大田原市)で開いた遺族や被害者への説明会で、引率教員が明らかにした。理由について「隊長が高齢で現場に来るのが難しくなったため」などと話した。

  この教員は登山歴が長いベテラン。「(雪崩が起きた急斜面は)危ないと思ったが、生徒の意向も聞き、登ることを決めた。積雪は約15センチで、天候も晴れていたため大丈夫だと思った」と説明したという。(共同) 

 

 

 

 

f:id:kaon-yokegawa:20170606100337j:plain

 

 

 

f:id:kaon-yokegawa:20170606100359j:plain

 

 

f:id:kaon-yokegawa:20170606100415j:plain

 

 

 

責任教諭「生徒に進みたいと言われ」 那須の雪崩事故 2017年6月3日18時43分  

 栃木県那須町で登山講習中の高校生ら8人が亡くなった雪崩事故で、死亡した生徒の班を引率した責任教諭(48)は何度か途中で引き返そうとしたものの、最終的には計画外のルートを進む判断をして雪崩に遭ったと説明していることが分かった。「雪の状態や斜面の角度から大丈夫だろうと考えたが、状況判断が甘かった」と話しているという。3日にあった県教委の検証委員会で、こうした内容が報告された。 

f:id:kaon-yokegawa:20170606100428j:plain

 事故は3月27日、県高校体育連盟登山専門部が開いた登山講習会で起きた。検証委の調査によると、当日は悪天候のため3人の責任教諭が登山の中止を決め、雪中を進むラッセル訓練に変更。責任教諭の1人は大田原高校の生徒の1班を、別の引率教諭(死亡)と2人で担当した。ゲレンデから樹林帯を抜けたところでいったん訓練を止めた。だが「もう少し上に行きたい」という生徒の希望があり、この責任教諭が計画にはない大岩を目指すルートを選んだ。

 責任教諭は角度が急になる斜面の手前で生徒らに「もう終わりにしよう」と伝えたが、「さらに進みたい」と言われたといい、岩の近くまで行って帰ると判断。再び進み始めて雪崩に遭った。責任教諭は「もっと多くの方々に判断を仰いでいればよかった」と話しているという。

 検証委は今月中に中間報告をまとめ、9月までに再発防止の提言を行う。 

 

 

 

 

2017.5.8 19:03 雪崩事故現場…線香の火が燃え移り山林火災 栃木・那須 

 8日午後2時10分ごろ、栃木県那須町のパラグライダーの管理事務所にいた男性(50)から「スキー場でササの葉が燃えているようだ」と119番通報があった。

 県警那須塩原署によると、火災があったのは、今年3月、登山講習会に参加した高校生ら8人が犠牲になった雪崩事故で講習会の拠点となった那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場。

 同署によると、県内の80代の男性が軽いやけどを負い、この男性は「雪崩事故の犠牲者のために線香を上げようとして新聞紙に火を付けたところ、ササの葉に火が燃え移った」と話している。スキー場東側には献花台が設けられている。

 火は約2時間半後に消し止められ、スキー場のゲレンデ付近の山林約900平方メートルが焼けた。同署が詳しい出火原因を調べている。 

 

 

 

2017.4.27 07:10 【栃木雪崩1カ月】 8人犠牲の班、雪崩斜面を目指す? 栃木県警、引率教諭ら任意聴取 

f:id:kaon-yokegawa:20170606122750j:plain

 栃木県那須町のスキー場付近で3月、登山講習会中に雪崩が発生し、参加した高校生ら8人が死亡した事故で、8人を含む班が雪崩が起きた斜面を登ろうとしていた可能性があることが26日、捜査関係者などへの取材で分かった。事故発生から27日で1カ月。県警那須塩原署の特別捜査班は安全管理に問題があったとみて業務上過失致死傷の疑いで引率教諭らから任意で事情を聴いている。

 捜査関係者によると、雪崩は3月27日午前8時半ごろ、スキー場近くの樹林帯で雪をかき分けて進む「ラッセル」の訓練中に発生。参加者55人はそれぞれ引率教諭を含む5班に分かれ、班ごとに別行動を取っていたという。

 この中で先行していた1班だけが樹林帯を抜け、斜面上方の「天狗の鼻」と呼ばれる岩を目指していた可能性があるという。雪崩はこの岩の下の急斜面で発生。1班14人のうち生徒7人、教諭1人が死亡した。

 1班は県内強豪の県立大田原高校の生徒で構成されていた。引率教諭2人のうち、重傷の県立真岡高校、菅又久雄教諭(48)は11日に退院。県警は菅又教諭が1班の行動について詳しい事情を知っているとみて捜査を進める。 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.29

 

 

 

これも返却     おもすぎる おまけ

 

 

広告を非表示にする