ショカン的空間

地ならし とか か

 

その硬貨

 

いつごろでしたか? 数年前? ひとむかし?

近くにあった つくるほうの「局」に入りましたときに

 

内部の方から説明を受けた  ・・余っていた?

印象深いエピソード・・「現物支給」のときもあった と

 

持ち帰るにしても かなり重たかったのでは という

苦笑の共有が思い出されます

 

・・・・・・・・・・

 

昨年の11月にも 店の方にちょっと開けてもらいまして

物質「交換」ということがありました

 

店の方は動作中怪訝な表情にもみえましたが

 

それぞれの仕事 ということでしたか

 

 

20午後 (表示のないつり銭切れ状態 というのか)

野口の価値が いつのまに こんなにも。 というほどの

 

店は たまたま休みで 機にある数字にかけてみたところ

(その社のどなたかは)運転中ということで 留守電に入れ

 

窓口にお伝え(詳細風のメモ書きも渡して)

すると 「わたしが たてかえます」 と   顔なじみの方が (「平身低頭」)

 

少々の馴染みで (そのように「言った」だけで)即動かしてしまうのは?

そのようなことを発して

 

中身の数字を調べてからにしましょう ということに

 

(20)夕方から夜にかけて (「  商事の担当さん」から)電話があり 

1回目(18:37) 詳しく内容を説明(私) 「調べます」とのことで

   でも よく噛んでみたら  …ん?… と思われたようで

2回目(19:28)自分は搬入などのみで (機器は)店の持ち物 計算も店側

   店から返金してもらえる との 丁寧なものをいただく

あのように 店に誰もいなくて番号だけが貼ってあると そちらにいってしまうわね と私

 

 

27 窓口で確認

話は通っている けれども? というような感じで (「平身低頭」)

店に電話・・昼時でつながらず  自転車でむかわれて

 

途中で窓口に立ち寄り 「ユニパック」的なのに入れられたそれを受け取る

 

 

 もちろん お忙しいところを動いていただいているのですから

そのようなお礼は