ショカン的空間

え ど ま そう

なんといっても “たのしみ”が ことなります

※そこらへんに何かをみているわけではなく
15

☞(そういった)何かをきっかけにして

「みんな」の(あらゆる)差異などについて
本質的な要素の収集(に抵抗が まあまあなら)
さらに とらえつづけることを続け

どれくらいか なにか ※
14
‥‥‥‥

極端なずる賢さや遮りなどによる ストレス
煩わしさ 疲弊 混乱…ペースかく乱 などなど

線からはずれてしまったり
カーブがついてしまう。 とか

そのようなときには
ものさしの(片)端にすべり止めをつけるなどして
ずれ防止をするもよし (と 発案者)

(会話途中 そこに座っていた長から発注有り)

製品化できそうなものに関しては
時間をさいて まとめあげなければなりません
その件を仕上げてから のぞみました 4
(それを件の方が 5に点検)

7
‥‥‥‥


いくつかの記事などからも 様様な想像を
‥とりわけ 最近の

個人的な資料や引っかかりなども
ございますし (‥略‥)

どんなうふうにあつかうのか あつかいたいのか
あつかわないのか

「みんなちがって …………」 
「ちがい」は あれで

それでも
方向性といいいますか なんといいますか

ちがわないふうの 何かは(すでにわかれていて)


www.cger.nies.go.jp/cgernews/201710/322001.html


そして 境界層 ですか(「剥離」「制御」なども)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

そのあたりの 
(どっちの)どこ(に くっつく)か
などにつきましても

明確な基準や
取り扱い時の注意事項があるわけですし

場でも 扱い(の曖昧さ)が混乱のもと
そうとう疲弊したのは 「過去」(先月?)


大変になりましたが
それもきっかけにさせていただいて

流れも変わりましたし
休憩時間の真のつかいかた‥扱いも 可能に


また 「運動」中に ふと(一瞬)手をとめて
真横から(作業)風景がながめられるような

位置に いると(予め確保しておくと)
詳細 明快明確 シンプルに状況説明するだけで

((感情抑制‥なさ過ぎるのも)言葉を選び タイミングや量(回数)などもみて)
(ぎりぎり すれすれ)

「………… みんな」「いい」かどうか?
よくないことが わかるようす☞

(でも すぐに忘れ 無かったことになる とか)
(もとよりあれなケースのことは あれで)

いかに 他人の動きを遮っているのか。
まわりは 困っておりました

そのような いいまわしが 無くても
気づかなければ 変だよ? なんで?

という‥ ほどの‥
(侵入していることに気づか(気づけ)ない 視界)
(自分の動きの客観視の欠如)
(道具などを 抱えこむ(こまめに片付けない))
((道具など手入れしてない アピール。))
(足りなくなる人がでてしまうことも みえない)
(生産性?どこ?)

「堂々としていれば」「いい」のは
どんなときかしら


(こどものころに) 獲得しなかったことで
こんなにも はずかしい体験を

今から なのね