ショカン的空間

わかりやすい(ルール)

(風景などの)一瞬(の範囲を切り取る)
それをあらわす文字を選ぶ というときに

そのときには 景色 画像 シーン‥ ではなく
☞ 糸へんに「会」 でした

鎖橋➡️船橋

六十余州名所図会『越中冨山船橋
  (13に ひとりそちらの方面に)

➡️ 糸へんに「寸」

16

おこない 描写
構成要素に どのような「機」が?

おこなうのか そうでないのか
いずれにせよ 「機」は どのようにかみるもの‥

※ 「色」 のほうのメモした用語などを
http://blog.kuruten.jp/ecru/412101

それと 書名を置きます
『岩波 応用倫理学講義 2 環境』

『古代の朱』51
…それを売って糊口を凌いでいたのではないか…

“糊口”

過酷な環境でのなにかにつきましては
「時」や「機会」を逸した部分は 厳しすぎて‥
ということしか

最近記入したことなどでは なんといいますか
「 意」を持っても利することはないし
「 意」を持てるような状況でもない
といったふうで なんとも

つらく かなしい「歴史」の 積み重ね 延長

昨夜読んだり 捉えたり(色のほうは少々記入※)

(もはや)投稿する気になりませんで
機をみるのかどうか? ※

また 閲覧もきびしく感じられ

(足りている という感覚をさぐらずに)
人間は そういうものだ と 肯定感とともに
複雑に 絡ませ 押し付け 

  そのような ひらきなおり で なにかが?

昨日 目が 大分あれなようにみえましたが
仕事 現役 スクーターにも乗られ

  そして 薄皮の下には 使い慣らした威圧感
  その(眼)圧 ‥‥‥‥ 威力  でも
15

⛔︎あり

まもらずに

あつを。 


一台ではない 複数のカメラの真ん前で
自らの手の内を
漏れなく のこす という 習慣かも


つながっていない(えんかく)
どこかの((株)の)氏とみることも 可能かも

前後の流れや 意識上のことや

うごきを視て

たちどまることに


不可解な行動だけでなく
表情も しっかり くっきり  (おめめ)

あとは はなれ


15 いつも通り
外気にふれることも どれくらいか

(木々などの)(うつりかわり)瞬間の絵☞ 
それが たのしみ か

なんとも印象的な それら
  ‥

温度差  (就寝時)エアコンが近すぎ
おとなりへ 流すためには と思案

風をコントロールするための
天井サイズの布(印綿か)を頭上に

結果 ほどよい照明効果も
明るさ30%と常夜灯のあいだが欲しかったので

19
みていなかったところまで と
さらに “足りる”ながれが‥