ショカン的空間

お わ り

.

.

さらに もっと 狭めて 集中してまいります

(主に 自分をみつめる)(あるいは ほとんど何もみず)

.

.

存じておりましたが  タチがワルすぎ ‥ 密閉

.

そのくらいの しつこさ

 

 

「完全な偏向報道」だそうで 

「有益な結論に結びつくかどうかを常に念頭に置きながら」「取捨選択することが必要だ」

だれか(たち)が驚いた らしい「…2つのこと」(2017.7.29 19:26更新 何とか社のどなたか)

「…こんな話題がまかり通っているのか」

 

「…突然暴言を吐いたら大変なことになるのは、まともな思考力の持ち主ならば誰だって想像がつく…」 

「(公人とは思えぬような)下品極まりない言葉」  

「いますぐバッジを外していただきたい」 

「…を繰り広げれば…への裏切り行為にもつながりかねない。もう…としてファイヤー(クビ)だろうね」 

 

ささやかな日常を送るための「意見はほとんど反映されない」と 個人的には思っており

昨夜も 寝入りばな・・ 眠れず (階下の2~3店舗の騒ぎ声や歌声(道でも))

 

このような治りにくさは いろいろな検証にもあてますけれども・・ 酷過ぎる妨害で

それを言い表す用語も つらつらと 出てまいります

渦中におきましては 「…極まりない言葉」などは 容易に出てまいりますよ 

長年の積み重ね というものがありますから 尚更のことで

 

…藁(わら)で編んだ『ねこだ』(筵のこと)を被ることから、知っているのに知らない振りをする意味で使われ、後に「猫」の字を当てたといわれる…

 

 猫をかぶった ・・何食わぬ顔 ・ そしらぬ顔・涼しげな顔 をされてきた

「公人」の方方により(勿論過去の分も含めて)発していただく

「公人」以外の方方もお面を外されたうえで どうぞ  体験を

 

永く 永いこと 押しつけられてきた・・・・  ようやく「癒」の過程

 

 「今後」そういった何かにかかわりたくはないですし そのようにしますが

その「著者」のような 甘く緩い生活は送ってきていませんので 

「触れない」宣言の「無意味」さ 「無力」さ なども存じており

 

このページのような・・タイトルなどにこめた何かも 散散あれだったのですから 30

 

a ~ aaa   忘れては・・ 失礼にあたる     片手なんとか

「ちょっと失礼なんじゃないですか」という 「失礼」も記入しませんと

 

「色をなして」とのことで 「!」か「?」の どちらが付随するのかは

聴いていないので わかりません  31

 

.

(‥許しがたい人間たちが (近くに)存在している(いた))

(許したら いかんでしょう(暮らせない)‥許されることも望んでいない としか)

.

容赦(されること)を望まない人びと

.

酷い  ヒドすぎる「覚悟」表明 を されたもので

.

(遅すぎる「決断」)(いつの どの件のこと?)(半端)

.

そのようなおりにも 自分(たち)では 背負わず (支)払わずに 踏み倒す 体質

.

こじ開けに 慣れきっているようで  (支)払いが始まる前に 勢い 加算されて

.

.

そのように 辛さ 苦しみ 痛みなどをふりまく‥ いつものこと

(を 拒否しているのだよ)

.

((不本意ながら)現状 まだ (居場所が)近い部分があるため)

隙間を捕らえて の 押し込みが (不可能になるようにします)

.

.

自分(たち)のダメージを押さえ (実際は 単なる持ち越し の さらなる「積み」)

乗り切るつもりかもしれませんが?

.

.

早々 なんですよね

.

昨日(27) もう(別室の)記入をやめて

残る(喉などの)症状などをみつめて(終わりにしよう)と 思っておりました

そのとき

.

突然 鼻がおかしくなり くしゃみ 鼻水が止まらない  維持 持続 

そんな大変な状況につられるかのように  喉も また

.

唐突   すぎて      対処も何も 

.

・・ と (27)移動前に  非常に辛い状態になりました

治ろうとしていた ときに  また 

.

ですから 起きた物事  起こっていた流れは そういうふうに捉えます

.

さまざまな 動き いろいろ

.

.

また 早朝あれだけの人間が 交番の前で 自然に集う ということで ‥‥異様でしたが

.

.

連携 相変わらず

.

.

‥誰か(たち)は

.

頭を低くしたつもりなのか  そうでない「ポーズ」なのか 知りませんが

.

見下すときにさえ 下が見えていないのでしょう(「下」だけではなく 色色が)

.

どこか  変なところを見たまま

.

.

何かの動き前に(提出の前に) タイミングで 異常な妨害.

駆け込み 「ハードル」上げ ということで

.

.

わたしの意向  まあ 普通に生活を送るというあれですが 

それら(ちょっとした あれら)が わたしのそれを遮ることになるという

単純で複雑な話が ようやく(どれくらいか) 通じた後  

 

もう 壁なのですが       押したのか 寄せたのか

今朝 一歩 また「ごみ箱」から「暮らせない」まで 復唱+加算分 これ終わらせたい

.

.

無理矢理  同意もなにも無しで  押し込めた

.

しかも 今は殆ど全部断ち切って 作業に向けて 整えている最中 というタイミングで

.

責任などの上乗せ という形になり

.

いずれにせよ 全部済ませていただくのみ

.

.

.

「族」「属」 (というよりも(まあ ・・含めて)) そのつど

わたしの「協力」力は しかるべきときに それなりに 使っており

.

これからは そちらの割合が増えていく ということです

.

頭にくると回復が遅れますから ほどほどにして 静かに(ながめて)あれです