筆致

デッサン力、異素材、配合を巧く使われて、

仕上げる能力を近くでみたのは、

子どもの頃のこと。

(画用紙。輪郭に油性と記憶)

 

今どきは、それらを合わせたような…

「水に溶けてからより鮮やかに発色するのが特長」の水彩クレヨンもあるよう。

 

 

2009年、

日本の漫画家・作詞家の方は、崖の下を覗き込むように…

警察による検視の結果、

全身強打による肺挫滅であると。

(同名の漫画作品を原作とし、1992年4月13日からテレビで放送)

(映画)

 

 

そのベースに、

(1940年 2月7日 に公開)長編 アニメーションが入っている、と。

 

(特定名が出て不可解でしたが、食べなければならないと思われたのか…)

 

(スジにもキャラにも入らなかった

私は、子育て中の他愛なさ…ムシではなくマメに見えた)

(昔から噺ものに入らないということは、あって)

(幻想も拵える方々がいるので、現実的になって)

(現実を操ろうとされる方々により、不信を返すように)

信用をみる。

 

 

海の生物を捏ねて、乗せようとされた方々がおられ。

 

以前からですが、身を乗り出されているのが見えます。

何かの機なんでしょう。

 

 

原作は、1881-82年、児童文学作品。

週刊雑誌に連載されたものを改題し、1883年に最初の本が出版された。以来、100年以上にわたり読み継がれている著名な作品。

 

 

(陸上)

 

魚も(鯨も)見えなかった、と。

ベースに無い要素を覗き込もうとされて。

 

 

海に漂う亡き骸のお見立てがなされましたね。

 

仕立ても、

総量の操作も芳しく無いので。

 

こうばしいネタを作り続ける方々は、地球の存在?

 

 

いたましい件の場所に気付かされ、

のちに待ち時間の長さを利用して、

比較的近距離のプラットフォームで追悼しましたよ。

 

そういうことをしてはあれなのでしょう。

でも私は、私としての、ということで。

普通に。

 

 

線路またはそれに準ずる軌道の上を走行するのが、鉄道車両ですから。

お知りおきくださいね。

 

煽らず 仰ぐ

駄々捏ね(口答え)も抑制してしまうほうで。

 

返す言葉も(持た)ない。

指示も出来ず。

 

拝見。

 

 

「今これだけコジレてる」

2022年12月1日 6:10

 

 

「上下の顎(あご)の骨、或いは頬から顎のあたりにかけての部分の意味で使われた古語です。現在でも、顎や口の意で用いる方言が各地に残っており」

よもやま話

 

 

女性特有の病気、症状には興味がない(押し付ける側の)方は、

 

顎の症状のほうには身を乗り出され、

慣れない都で病院に付き添われたわ。

 

懐かなくても、という意味も自ずから。

 

 

(昔の記憶)わかせますね。

諸々企みに変えた方々のこと。

 

幼体の目立ちかたについては、忘れたことはないですね。

 

それもそれ。

 

 

知らないことは多いですが、

僭越ながら保存。

caramel papa

コンピ『キャラメル・パパ - PANAM SOUL in TOKYO』

そういうの、はじめて知ったワ。

 

80年代、90年代、

唐突な流れだったわネ。

 

最近のやりとりからも、伺えることはあって。

 

 

激しく厳しい操作が、(枠を)歪めたのですね。

 

栄螺の他も。

 

それが責任。

 

 

上着を忘れちゃう方の、お仲間も、そちら。

 

数年前には地熱を語られていた。

 

「現実はもっと大変」だった、ライフラインへの攻撃でしたが。

おわかりになっていらっしゃる。

伝わるし。

 

けれど、鬩ぎ合いとか、何かの影響とか…

(日に日に様子を変えられますが、毎日お目にかかるわけではないので…)

 

 

地を…という大変すぎる消滅話でした。

 

投下は無い筈。無かった筈。

 

手放された(ふりの)教えの使われ方、道わかれの過程。

 

 

一方は地を離れ。

「地」球のエネルギーにも未練がない、と。

あのように抉じ開けられたわけですね。

 

(おやつが出ない、忘れられる、どころではなく)

(高すぎる要求、厳しい業務、というのみならず)

御自分の、それのために、他(の命)を投げる、かける。

 

だから、即そこから離れましたよ。

 

(「保険の歴史を知ろう 日本での始まりは明治時代から」)

(「利子の歴史は貨幣の出現に先ん」じたとされた、先取りの方々は作ってしまった)価値。

物、製品に対する姿勢。

 

御自身が(答えない)証言、証拠、証人。

 

ご協力された方々は、地雷そのものということ。

剥がされる段階に入りました。

(擦りの手口、みえすぎました)

 

転がる、転がす(ヘル)メット。

模した髪(頭)型。

 

タンゴ。(坊主頭)

 

有毛性色素性、斑。

 

卵巣(のう腫)。

同意をとらずに分裂させ、

ヒトのさまざまなパーツを発生させないで。

 

自分で使います。

 

 

お団子。(シニヨン)

彼女とは、一緒に(スポーツ)観戦、観劇もしました。

 

さて、(80年代の)政策というだけでなく、

イベントに関わられていたこともわかります。

 

(残酷な方々との催しものの持続について考える事自体が間違いだった、と)

 

口座をつくりたいため、

身分をしめしたいため

笊と言われるために、言わせるために、

 

(イベントも)破壊。

 

出稼ぎからの本末転倒、テロ。

 

お近くに来られた方々。

 

禁じ手連発。興醒めを誘われ、

 

獲得されないまま、

負われるために日本のお父さん(代表者責任者など役付きの男女)(対面👏の方)(=処理対処側管理者志望)に、なられたわけね。

 

あの凄惨すぎる…線引をなされて。「壁」を積まれ。

 

 

あ、攻撃的ではない気立ての、

海辺でも遊んだ幼馴染みの方々を繋ぎ係に引き込んで破壊のお手伝いをさせないでね。

 

 

私の辺りでは、

分裂反応を使用した爆弾の投下や、纏わる誤魔化せない要素や、

テロは閉じられていて。

 

(嫌味や過度な対抗心、逆張りを薄められた方々は、もともといます)

 

(お仲間入りする方々も)

(お父さんお母さんたちとも)

 

地熱も見る、

ほどほどの暖かさの中にいます。

 

 

3日編集。

プロジェクト

先月29日に異常が確認されてから観測ができない状態が続いている

世界屈指の電波望遠鏡 サイバー攻撃で先月から観測できず | NHK | 宇宙

 

 

「あろま、そんなことになってたのか」

午後10:18 · 2022年11月24日

 

 

「途中でベッドから落下してた。意味なし…」

午前7:13 · 2022年11月22日

「数日面白がって熟睡アラームで記録をつけている。入眠潜時、体感5分以上なのに2分で記録されていたり、ずれもありそうだけど」

午後11:31 · 2022年11月18日

 

 

 

「心にしみる」「親しみやすさ」

懐かしい感覚ですね。

諸々、ものをずらされましたし。

 

小手先(指)、ずらしましたのでね、

 

至急お返事を、って、わざわざメールに置いたのよ。

 

 

ほどほどの Ai をこめて。

そこそこ丁寧に包ませていただき。

 

ボーダーの方々、境あたりの方々の所有物。

置かれたのは操作三昧をされてきた方々。

 

不備のうえに置きなさんな。

 

 

見も心も軽くなりました。

 

肩の荷もおりて、朝からの痛みも即とれました。

まだまだで、もっと軽くしますね。

 

 

早速、不備の指摘が始まります。

 

あれ?いつもの間違い探し、正解誇示は。

 

そういうの多くなりそうで、

お得意な方々は、やりがいとなることでしょう。

 

世界、ご時世もそうなることでしょう。

 

 

わざわざの書類不備設定。

追及。遣り甲斐。

 

酸(し)味を混ぜようが何されようが。

 

塩漬けに向かわれたとしても。

 

あなた方に「お任せ」するわけは微塵もない。

って書かせたかったのね。

 

そう。

責任をとっていただければよいだけ。

 

 

発言の本音もご存知でしたでしょう。

発信の内容もご理解されたことでしょう。

 

犯罪でしかないので。

 

 

材料費云々だけでなく素材を活かされ、

全てを細かく分け合ってね。

 

洗脳箱ナイ(す)ガイでの馴れ合いでしたね。

 

大勢の方々での負担分け合いなら、精算も僅かになりますね。

 

 

では、メモを。

11/25(金) 21:00配信

原発の運転延長は審査期間を除外 政府・与党が方針、政策が大転換

 

 

みじょみじょも移行。

11月25日、背骨としての役割もはっきり。

都心部・臨海地域地下鉄」の計画案を公表。

都心部と臨海部をつなぐ基幹的な交通基盤」

「期待される」

 

相殺のための衝突。

その方。あなた方。

 

既に路線複雑ですからね。

(超短時間での返却でしたね)

迷わされ、間違え、彷徨かされ、

あの線も、その線も有効化してしまいました。

(それから風呂敷包みを)

 

外出時だというのに、

なんと、(時系列を超えた)要素を持ち合わせていた。

耳に入れられた「ハングリー」(ちい)ままの成分までも。

 

あの程度のごねなら、毎日、(通過するたびに)作動するわね。

 

体温変化、体感も即。一気にでした。

 

(血の)巡りを変えたということは。

 

 

28日。

同意なく押されて、解除した、一例。

https://twitter.com/chishin_pukao/status/1580755241993375744

 

こちらは、メモとして置かせていただきます。

https://mobile.twitter.com/sirius_deli888/status/1597142165133877249

 

 

「駄々を捏ねる」

私は、他の方々の分までは行わない。

当たり前よ。

 

数年前に窓口へ出向いた途端に、

協議を投げた方々がいました。

 

私の前では本音を出される威勢のいい複数の方々が、

私以外の(というか、怒りを感じさせられている方々との)対面の際に怒りを何処かに仕舞われて、

穏やかに話の進展を失くしにかかる…という場面に複数回立ち会い、

衰退積み重ねの原理を見せられますので。

 

指摘やチェックを望まれるだけでしたが。

 

狙いみえみえ。道筋も無理筋。 

体内時計 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

(時間泥坊はポーズをとってこられたわけですね)

 

国産初の新型コロナ飲み薬「ゾコーバ」 治療の救世主となるのか? - Locipo(ロキポ) 無料テレビ動画・見逃しネット配信サービス

 

 

こないだ、バイトの方、わざわざ掃除しているふりをされたわ。

持ってくことも、置いてくこともされ。

コレステロールって何だろう?|食生活|運動|動脈硬化疾患|脂質異常症

 

善玉、悪玉。

コレステロールの救世主!血管を掃除する秘策SP - NHK ガッテン!

 

医師に真逆のことを言われるってこぼされていた方、

満身創痍。

 

お掃除って。

とこをどんなふうに。

 

派遣社員として総理大臣官邸の隣りにある山王パークタワーでビル清掃員の仕事(アルバイトとの報道もあり)」

なにをご存知か。

 

人のよさをお面に、体裁が悪いから、の方々も、

態度を延々と保たれ、

それって、結局、

他者(他国)に擦ることになるのは、滅亡狙いと思われたい狙いでしょうか?

(国内の)あなた方。

 

ラインというか、要素の繋がりの利用、

 

いやだ、記入した途端に投げる(仲介の)方…まあ知っていました。

破壊に導くあなた(方)のこと。

 

「事実」を誤認され、「このまま放置ではいけない」とされ。

(中抜きも「行える度合いの低いものについて」援助され介助されたあげく)

 

他者、他国に投げるというのは…

 

やりとり、

人類一家的なものごとが、日本語で通じなかったわね。

 

だから、古いスケジュールを直すとか治すとかの解釈がね、

(日本の)夜中にまで侵食した、と。 

 

このタイミングで、遮るというのは。

何を促進されたか。自らのデータをとられても…

 

概日体内時計タンパク質 (Circadian Clock Proteins) | 今月の分子 | PDBj 入門

 

 

その方々は、(お掃除の仕方もです)生産品についても、

どうしてこのようになったのか、想像すらされない世界におすまい。

 

価格設定、中身を見ずに、安くならないことを語られ。

 

制作というものをご存知の方々が行うべきリードですが…

 

物質が安値で購入できるということが、どういうことか、

理解されることはないでしょう。

 

 

数年ぶり、何十年ぶりの…いいえ。

はじめて、もっと素晴らしい(とうに兆しもお知らせしました)基準をみた途端に。

 

 

あなた方により、

繰り返し繰り返し手遅れにさせられますので。

対立を利用されて、何もされない、

何もされなかった方々。

 

対立の一方の、勝敗に拘られる(中高年)「赤ちゃん返り」は、向きあってのことか。

気持ち悪いホシは他所に。

 

それと、たぶん(ドールスタンド無しでマグネット使用を)避けて、

はいはいイメージか。

 

配慮(しますが、そういうのも要らないみたい)(というか面倒)の通じる道もなし。

おしごと上、厄介でしかない。

 

コピーされ、自負に自然にすり替えられ、

その強い拘りから出られないため、新たな発展が無く。

(ご機嫌を損ねないように、配慮とかして別の方法をやんわり出しても)

 

捏ねたり、いつのまにか御自分(たち)のことにされて、御自慢されたり…ねえ…

 

 

騒動がありますので(ありましたので)、

どれくらいぶりでしょう。

 

あんなに暖房を効かせ過ぎるのは、何によるの? 

 

 

(さらに、ご家族に対しての不満を訥々と言われても)

ライフラインを止めようとされた方々によるものでしたし。

 

 

私は着実に療養体制を積むわけです。

 

 

ところで、

「地」球という用語をお作りになられたのは、誰か。

それで、

ライフラインは、今?

 

(生存形態のまま)他に移行されることも否定しておりません。

 

維持や持続の意味は返ってこないか、

持続や維持の困難すぎるものだったり。

 

「逆」とか「反」を拵えておいて、それらはそのままで。

 

返す言葉は無いですよ。

そういうお仕事ではないですよ。

そういうお仕事も簡単ではないみたい(こないだ耳に)。

 

 

ご家族づくりは何のためでしたか?

 

あなた方がお相手なさればよろしいのよ。

 

緩衝素材への異様な執着を得るに至る過程でもあるのかと。

 

幼生化は、お蚕筋の盛んな研究が伝播したのでは。

この国特有の。

 

 

血管を塞ごうとする方々は、くっきりはっきり出揃っていて。

その方々が治させなかった、と。

(記入してきて)

 

(偶然、噂を耳にしまして「白っぽい」何かが入っていると)

(実際、食べ放題の成分に取り込まれているのでしょう)

同属内での賄い合い。

 

 

創造について。

 

そのように通しますね。

 

 

30日編集。

記憶面

自分のしらべに入りました。 

 

 

振り切れて、温度を一定に保つ装置が変わり(記入)。

実際にそのようなことは起こりましたので、

割合によるものでしょう。

 

 

脅迫(強迫)分についての巡りを、受け止めたいつもの方々がおられます。

何か起こるとしたら、(思考を盗み)操ってこられた方々による物事ですね。

全てのお見立て、演劇ということで。

 

劇を持続させる意味を示されたことはない。

 

 

少し前には、歪んだ層の調節調整を、自分のために。

 

私の体内体外のこと。修

 

 

ご研究により「人間の生存が不可能なレベルにまで」変わることを見据えられて。

人間自体を辞めようとされ。

 

 

「宗教」「スピリチュアル」真似事も捏ねも「因果応報」と一体ということで。

 

押し付け(圧力)ながら、

それ以前も、今も、それ以降も破壊は持続される、と。

警察、交番の働きを無にされながら。

 

もともと要らないほどの世界だそうで。

 

 

国のお役目。

 

海外にご親戚が居ると聞かされた繋がりから、押し込まれ方は一本道。

目頭にくる、という。

 

ご一緒したの頃の表情を覚えていますので。

二十年という速すぎる変化。

信じ難い話を聞いたのは…(「2002年前後頃」のあと、途中の会話かしら)

 

2020年に、彼(ら)を追い込んだ成分が、一気に顕現しました。

おもに、お「みとり」すきな方々です。

 

 

「危険人物を強制的に入院させる」という。

 

ある種の予言ふうとみると、作られた界はどうなるのかしら。

 

短めに入れたものを検索すると。

 

(可愛らしいヘルメット)

 

(被りたくなるほどの覆いは要らない)

(巡り巡って)

(端折り)

 

(おとうさん(さんかさんのおもかげね)お子さんのを足もとに置いていて、蹴っちゃって、斜め前の私の足もとに転がってきて、詫びられ、わらっちゃって、ドン引き、13日、昔よく使っていたチェーン店にて。)

 

 

文字を入れると。

仕込み。

これらを、あれらと。

 

 

昔ちらっと読んだ、個人的ひさしぶりのお名前。

こちらでも21日に出ていた。

私は霊界を見て来た 〜 エマニュエル・スウェデンボルグ 今村光一・抄訳・編 叢文社

 

 

(2002年前後頃からの物事も、それからの経緯も)

 

 

短期の記憶の(維持の)無さについては自覚しやすいですが、

あらゆる支障をきたしているときの、

ふと、

の浮かび方も同様ですね。

 

 

アルミを荷物に入れる前に読んだのは。

 

蛇ヶ洞橋

Black Holy Water @人間禅洗脳人脈@Akiba

 

(記憶の障害で禅ふうになるわネ)

 

荷づめの最中には、(塀や囲い)コンクリートとか、出ますね。

 

転バ(隠れ切支丹編)

 

a morphous - ブロくる 2022.11.22

 

 

最近、お身内がなくなられて身近なこととして捉えられるようになったようですが。

(老舗にて、横の方々の会話)

送ってもらう

逆いっちゃう

あきらめるしか

キャンセル(自体の有効性)

 

枝分かれ

個人を挟むと…

要素が増えて絡む

(ツアー)

 

(その方のこととして調べると)

ギャンブルみたい

(保険)

 

 

そのあとにも、わざわざ「衝突」を更新される方々も。

 

結局、放っとくこと、

放っとかれることでの…

 

「療養」の環境について知らされるのはこれからみたいです。

 

 

a morphous 和音

シナプス(二面性)

 

 

「衝突」される「恐怖」の、あらゆる面を見ておりますと、

そうではないものに注目はしますが、

 

しつこすぎる観念、騒音、思念などに追いかけられるときも、

 

記憶についての記入をすることも。

(見られている状況、衝突される環境)

 

皆さま、想像できますか。

 

そういった物事を悪用され、

悪意を極限にまで到達させたわけですね。

 

殺されるから、という強い刷り込み(だけではなく実際に)をされることで、貼り付かせようとされますが、

私は受け取ることはありません。

さらに、その気持ちや神経も悪用されますので。

 

(皆さまご存知ですよね)

「脅迫」「強迫」のほうをお育てになられたため。

 

 

検査も。

 

(考案された方が)亡くなる(殺される)と(要素でも物質でも)貪る奪い合いとなって、

 

だから(戦争のあとに)積み重なったわけよね。

 

男女の選択をするときにも、

 

まけるいみをしった.

知ったのに、知っていることの認識を拒否、

 

ずっとむかしのきおく.

つれられてきたこのほしできみは. 

 

とらえられた記憶があるんだね。

 

私には、私特有の記憶があるわけで。

それに従って言うべきこともあって。

 

通らないはずの、公的機関が通したメッセージだから。

 

あなた方の仰る「自由」のために、その道を使ってホシから出ればいい。

 

エネルギーが合わないというのは。

皮肉ではなく、要素に合わせるという観点。

 

齟齬だね。

 

向かわなければならない相手をホントは知っているからだね。

 

 

いずれも、それ以外の物事も、私には入らないことでしたので。

糧とし。

 

端から屈折の果ての意味を知る方々とも沿うわけです。

 

 

私もメモ置きますね。

「時代の背景」「時代の正体」

賠償金を払わない トンデモな理屈 - 清義明|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

 

 

(亡くなっていなくても)そうでしょ。

機関は信用も失う。

何らかの信用を得ることにしたとされても。

 

(境界性パーソナリティ障害という病名)

演技者という(健常の範囲を)巻き込まれて、放っとかれましたので。

 

 

接種も、普通にみるようになります。

 

 

民間向けのと成分が似ているらしい。

 

航空宇宙物理学者の方が、こっくりとしたテクスチャを維持なさっている様子。

 

Welcome to 海の神秘

究極の保湿成分の原点ストーリー

約半世紀前とか、数十年前とか、

「自ら実験中に負った火傷を回復」されたのだとか。

 

手広い…

 

 

昨夜寝落ちしたのか、画面がのこっていて、

そのまま見はじめたのは、グループサウンズから始められた方。

 

その方は、野球をなさっていた。

 

そちらから、

戦争の行方を知っている。

処世術を行っている姿を見られていることを知っている。

(1920年大正9年- 2013年)プロ野球選手(内野手、投手)・監督・解説者の方をみて。

 

 

ある部分は、老老何とかの職場※にも、そういうのは。

記入したこともありました。

 

圧力をかけてこられました。

(ただ、二年、一年、半年、変わってきて)

 

変わっていないのは、サポートしてもらっているように、

みせないと(気分を害されないように)という。

 

 

(ここにテーブルターニングを置いときましょ)コックリさん

 

(70年代も、休み時間にも、関わりはなかったわ)

 

 

その(高齢の)年代の一部に、

異世代の注目を集めて。

 

何かの注目を逸されたり、何かに目を向けさせ、

勝敗(欲)を植えようとされ(満たされて)満たないこと。

 

別の一部の温存をされて。

 

鑑賞にも引きつけられ。

害とされたりもして。

 

 

目掛けるというと、目標とか、世話をするとか、贔屓とか。

 

衝突したり突っ込んだりして、部分的(殆どでも同様)に奪うのとは違う。

 

 

付箋は剥がれやすくも製作され。

(図書館で伺いましたら紙を挟むなどの触れなさの推奨)

私は、自分の所有物に気をつかっています。

 

 

染めるほどに。

 

 

Twitter に貼ろうと思ったら、こちらでした。

 

症状とか、様々。

殆ど全部に関わってるなあと思っていた矢先に増やされた。

(血中効果、複雑化)

 

普通に行えた物事は記憶されていても(普通が「名言」にずれるほど)、

ぼやかれたり、無言になられたり。

 

 

boys air choir「The blue bird」


www.youtube.com

 

 

極端な優越感と劣等感をみてゆく道に入られ。

 

「当然のこと」

何かは「長寿にさせなければならない」と。

「(化学物質などで)病気にさせて、しかも生かし続け」

「収穫」「権限」だと。

 

場での、(誰かさんの)敗北が決定的になるのも困るらしく。

(お話し合いをちらつかせたり)操作は見えやすくなり。

勘違いの誘発を狙われて、その末に、

小さなもの、大きなこと。

 

膨大の出方をみるために、四六時中のこととなりましたか。

 

 

ある方は、その影響をうけ、

 

母君からお子さんにそれらを投げるようになったり、

自分を見えないようにしての衝突(攻撃)をされては(産業を)悪化させ、

蓋(扉に鍵までかけて)の開け締めを繰り返され。

 

機械的な動作へと進まれた。

 

 

ですから、あれらは、あちらの方々の物事となります。

母は自分のコンプレックスを投げ続け、やがて攻撃とみなされるようになり、

職業(産業)に興味を持たなかったことで、距離を変えさせるようにまでなった。

繋がりからの悪用も。

一本道から起こされるものも。

想起されることも。

 

騒動を利用されて開けられた扉からも、

とらえ引き込まれるのは、この方々ですから。

 

その開いたところ、線、面、空間から、

私に対しての嘘、捏造の全ては雪崩こみ、

操ろうとされてこられたなら、戻り続けます。

 

母として、子どもには手に職を、と考え。

子は何らかの職を思っていたかどうか。

 

そのあたりを利用されての今であることと、

気立てある方々を滅されようとされたこと。

つまり、次世代に対しての冒涜を土台にされての見栄え(の無さ)。

 

 

真艫を悪用されての、まとも演出が、変わったように見えます。

自分の体内のことを大切にして、(ご一緒するときも)普通にしていますが。

 

 

今回の描写、記入も、自分の糧とします。 

 

 

耳に入ってくる、繁華街への入り(の無さ)。

損失は、(ある例では)健康食品販促でうめたりなさるそう。

 

 

地球で当たり前に営まれている彼是に耐えられない様子(何処に「かえりたい」のですか)を見て、

どうにもならないのだなと。

 

(職場では勿論無理)

散々押し込まれてきた山積みの中の、僅かな戻りさえ受けとめられず、

精神面フォローをしなければならないのは。

 

しかも、パンもサーカスも機能を薄められたのなら。

 

いつからかは…まあね。

彼らのランチ内容(環境も)が変わっちゃいましたよ。

(のりはよくない…件のお話は伺いながら)

(例の1例2例…についても耳に入れてくださり)

 

それにしても。

おまかせしていただけではなさそうな、

不安を満たされた彼らはどうしたの?

 

 

様子を見ていますし。

 

電源切ったりしますので。

(注意をしても、わざわざ勤務中にかけてこられる方々がいましたので)

 

家庭や繁華街に及ぼされた影響は、

情報をお持ちの方々の発信で…推測できるのかしら。

 

公的機関が広告を入れてきますが、税金。

 

彼らは、分断を作り、悪用されてきた。

 

かかわれなさは増します。

 

騒動による筋書きをある程度知っていても、突き進まれたようですし。

体調の異様さも然り。

 

勤務内容にさえ至らない。

同情可能なレベルではないし。

 

 片岸には、ある筋書きを盛り込まれたのちの、呼び水を貰いに、

そこにバイトが派遣されてくるわけですが、

 

吸い取りの様子を見せられても。

あわないので。

 

私は、両岸、そしてその間、全ての空間を使用しております。

 

 

テン場。

キャンペーンの頃に持ち去られた、時間(枠)の外しかたの転用版。

サン禍による乱用、戻ります。

 

 

これは、合わないという、適性のことですので、

異なる成分の合わせ方を、ごり押しされればされるほど、

 

ギャンブル性へ寄る経緯を知る、収支を推す人間たちは身を守り、

扉(境)自体から離れたくなりますね。

 

 

駆け込み狙いの方々だけではありませんね。

巧妙に入ろうとされても、そこに私は居ます。

普通にしておりますが、その説明を短くしたり。

 

 

「人間」のお見立ての今に、末に、

そのことを、どう利用されるかはみます。

 

繰り返し繰り返し、体内のバランスを見ます。

 

 

一人の人間の生死の操り方、どのような影響を及ぼされたか。

異次元進化を狙われる(絶)(希)望の降り注がれ方。

 

 

何々である何々にも何々な「人間だった過去があります」

そのような見方で作られるお話を好まれることを全否定するものではありませんが。

 

「人間」を手放され、「人間」自体に着目され。

 

 

(居た堪れない人々の様子を知らないで悪用されたかな)

 

(複数回通報されたようで)

 

「まったり」貸し切り宴会になさるそうです。

(他、対処に向かう人間はいなかった、いずれにしても、積み重ねにはなる)

 

改造されて、迷惑。

やめてください。

 

共有のために記しておきますね。

生活の中の、webもメールも覗いているなら、

 

放っとかれた方々間だけでなく、

巻き込みも遮断されなかったのなら。

 

(私の)親戚や知人や身内に、起きている(起きていた)こともなだれ込む…ようにされましたので。

 

自署でもなく、

書かされた方の責任でもなく、

人を改造した方々の責任。

 

 

人間は人間ですから。

 

すまうなら、ということで。

 

そこに居たくないという気持ちを、全て返却したわけです。

 

数日後、

数年前に記入したような移動となります。

 

(梱包は苦手分野ではないですが、無理な状況をつくられたため)

几帳面さも無くされておりますが、杵柄所有。

 

(この脳。時間をとって暫くどれくらいか整理整頓)

 

(音楽を聴いたりもして)

 

 

普通に暮らしますネ。

 

 

25日編集。

わたり

「通常」への「尋常ではない」要素。

 

動けないようにした上で、動かさせたり、

ということでしたから。

 

かつての日本の風味も失われ、

芸風「道」についての感覚も失くされ。

 

 

失くしたことに気づいていないのも、記憶障害のなせるわざ。

 

 

(私は覚えていることもあって)

(彩り)

 

 

それなりにお戻しする、お手続きを、12日にいたしました。

(お客さんが去ってから撮りました)

 

 

そこに辿り着くまでが、わざわざのヤバさでした。

シンサの中のハタン、某部を共有しながら。

ですから…それは…

 

…ということでもあると。

 

 

それにしても、なんにしても。

 

 

例。

(フォントちいさすぎ)

お若い方が無理と言うたわ。

次世代の甘さを、ご本人は僅かにご自覚されたように思ったようですが。

同じ間違いを、その世代も、わざわざ繰り返され。

 

 

(新たな)宗教は因果の方便すら使用しなくなり。

…そのためのスピリチュアル製作ですか。

極端を好まれる方々の、特異な応報、どうぞ。

 

綺羅綺羅好きの方々の好まれる岩石を思わせる物事は増えて。

 

どなたもご指導になっていないほどの甘さに、

私は関わる義務はないですが。

 

ならばそれでいいじゃないか、のほうも、

いつのまに記号番号の数字を隠さなければならない提出になった?

 

周囲に他人がいると告げても、自分の情報を口頭で言わせられるようになったことと関係ありそうな。

 

 

気楽に、

祖母世代(私)なら甘辛さをもってのぞむだけです。

 

盛らなければならない反映、量とか、

 

普通に読んでいて。多すぎ。

関われませんし。

 

窓口で出された文章も同様です。

 

 

私は、本来餌付けはしたくはない人間ですので。

 

どの場でも、言い訳を聞かされているだけですので、

(お勧めされた耳栓をします)

対処はしません。

 

波風がたたないように主張もしますが。

 

悪用しないでください。

 

二十年(放っとかれただけではないです)

混沌の現状をご存知の筈。

 

あなた方は虐待や制裁の意味をご存知ないのですか。

 

無料で何々の内容も、正す正さないで、

影響を及ぼし続けますよ。

 

(異世界に関われないようにされて)

本筋とは関わりのない部分が会話に入ることもある…

(関わるように巻き込まれたこともある)

 

その都度同様に、ときには過剰に、

(乗せているように見えるかもしれませんね)

 

行いは親の手仕事でしたよ。

事務的なものでもあった(それほどの間に合わなさ)。

 

ですから(事件含めて)彼是全て、押し付けることはできない。

 

「主として事業者向けに設定される担保ですが」

ものによっては個人のもの「契約にも関係する場合があります」

というふうに文字化できるものも。

 

吉村昭著「プリズンの満月」 見取り図右上のあたり、他。

図が変ですが、複数作られたのなら、そのうちのどれかでしょう。

 

難易度の高すぎるタイミングで出されましたか。

 

時代を経るに従い、失うことを選ばれながら。

嫌味とともに「衝突」され、擦らなければならないのは何故ですか。

 

「衝突」してこられ、またはそのような状況を作られ、

たたかっているように見せなければならない理由は何か。

 

それと、太陽に何かを「衝突」させて、爆発を起こされてきましたよね。

 

 

(書類に目を通したり、雑用など…13日から)

本来、私は、書類提出等はスムーズに行うほうですが。

 

随分難解にされましたね。

 

 

放っとかれたわけですから。 

 

いずれにしても、

経済の活性化にはつながらない…方向ですよね。

 

(そうではないものも、双方の橋渡し協力者も)加速ですか。

 

慣れきって感覚麻痺されました?

 

 

(14日17時9分頃)レジにて(揺れず)。

前々日の光景を思い出しながら、前の方も、やはりそうか、などと。

 

置いとくのは…

作らない人がいる理由。本当にお得な生活とは2021.1.29(2022.2.21 更新)

by ドットマネー編集部

…と組まれてもいるのね。

 

(12日)ずらーっと列になっているのをみながら、

お一人出されたかなあ…使われていない。

レジ係は皆に聞かねばならないでしょ。

 

(菓子や朝食、形状はリング状が多く、ボール状のものなどもある)

12日のお昼ごろ軽食、の際に、見た。

 

 

コスト削減。整備を大幅に大幅に前倒し。先行コスト。

かかる費用が非常に大きい。

 

違い過ぎる仕様。埋め合わせの有無。

「通常」への侵入。絡み。

 

…却って多様性が細くなるわな。

 

 

分け合うことで、人数は、ということで。

2011年頃にもそう思っておりましたが。

 

他者の様子をみる方々は、

巧妙にも無理にも強奪されませんので。

恙無く。

量的にも足りるということで。

 

2014年の心持ち。量的質的な物事を必要以上に見させられ。

 

(あのような)極端な物言いやタイトルを出させること自体が…

罪でしたね。

 

 

「通常」認識のまま、通信障害を起こされたことがわかりましたので、

それらが「通常」の操作や装いだとしても。

お支払いする側の当事者の方々であるという申告であることには変わりないですね。

 

お仕事を止める非常識(という道になさった様子でしたので)、

確認というにはなんとも迷惑な(10日の午後の)ことでしたが。

 

その支払う側が支払わせる、支払うための職を遮るという構図は、

 

通らない名目や言い訳を必要とさせ、疲弊もさせられますので、

現状、破壊は進みますよね。

 

 

先週、いきなりの対面で、穏やかな展望を確認できた様子。

その二人に限らず。

 

私個人としても、チームとしても、

(先週末)出来るだけのことを行いました。

サポートもいただきながら。

療養可能になり。

 

よくお話を聞いてもらったりも。

 

普通タイプのまともさを貴重に見せますが。

いいえ。

それが本来の衣摺というもの。

 

その普通との対話不可能のために、わざわざ遮断されましたか。

 

 

(前提以前の素を、わざわざ説明させて延長させた、強奪犯のあなた方を構わず)

 

 

無理矢理糸口に繋がれようとされ、

虐待にアレルギーやトラウマを乗せられて。

(争ったように見せた)損害。

 

あなた方のお支払い分を増されたうえに、あなた方は負われる、と。

 

 

2〜3年前なら、そこまで強固ではなかったのに(まあそれ以前も固でしたが)。

処理方面ではなく、

真に医療を維持されたかったとしたら、不可解な流れに持ち込まれる協力者にはならなかった筈。

 

本質云々というより、戦前戦後の資料に沿って、何故かそこだけ甘いか語れないかの方々が、

混乱、撹乱、複雑化因子を混ぜ。

破壊へのご協力者。

 

騒動突入(処理ですか?)をわざわざ選ばれましたものね。

 

(やりとりや事実は、盗んでいる方々はご存知で)

その責任は、その方々のものですし。

言うまでもなく(睡眠時も)操作による(通信)障害であることを添えます。

 

私の状態や体調や(生きられない)環境についてご存知のうえのことで。

 

他者の気や時間を奪っているというご自覚がないため、

そちらにも度々のご請求をせざるをえません。

 

(そういうことしない方々が殆どですが)

「とても救命できるレベルじゃないし」

起こってしまったら、というか起きていた。

 

主導者の方々と、橋渡し役の方々の、リードによる現状

「何も出来ない」生きられなさ。

 

少なくとも、

近所のサイコっぷりやサイバー乱用に無反応で、増長蔓延を眺めておられた。

協力ぶりでしたので。

 

私の症状を気にされることもなく。

 

酷さを絡める必要もなかった。

 

「はっきりいえる」のは、「売っていた」ため、

わざわざ「論点」に入れ込まれ「責任問題」にされたのであり、

燥がれ、使われたのちに「核心から」問題点を問われると、

反らされ、ずらされてきた。

 

この数年の(日本での、女性の、年代の)意味することを、

悪化を招かれ続けたことを、

わざわざ知らなかったふりをされながら。

 

わざわざ「重過失」側に協力されたのちに「事実解明」が絶対などされているが、

 

操作がないかのような演出も含めての、データ破壊をされ続け、

 

「事故当事者の医師が無問責であるべきと言う前提」を無視しなければならなくなった論点について、

責任を無視されたのだから、

「当り前だがそれが問われる必要はない」前提も崩されたまま。

 

そんな「勿論、故意、未必の故意、重過失」を見ていた方々もいたので。

著しく卑劣。

 

 

 

過去の投薬キャンペーンの影響について記入してきたわけで。

同じ轍を踏まれながら。

 

囈語。

 

 

ご趣味の影響が、巻き込みに変わる、とか。

しかとされ、気づいていない例をあげてくる方々のために、

 

元件にも絡む勢いでは。

前のページに誰が操作してきたのか知らないはずはあるまい、と、

わざわざ加筆引用しました。

(橋渡し協力者のために)

 

 

意識を無視されました。

 

ですから、

叫び声が聞こえるかどうか…程度に見せられたのだとしたら。

酷すぎた状況についてご存知ない類いの隔絶をもって、

 

あるいは近くでみて、

(この記入も)よまれ、

 

どのように強調しても繋がることは無理なことだと分かります。

というより、そうでしたので。

 

 

一人の人間に(巧妙に)押し付けられた膨大な物事も、

分散に至り。

 

 

集められては…

破壊され、散り散りに撒かれそうな、

責任者の方々かしら。

記入すれば(記入関係なく)盗み悪用される方々でしたね。

 

他者の(蹲る)様子を見て、持っていかれた。

この世の続かなさ。

 

 

(私を)無理強いで利用しないでください。

長年にわたる損害をお支払いください。

 

 

現況。

その方々って、さらに曖昧にさせ。

(政党の色に)食い込んでいるかしら。

募り方や授受とかも。

インフルエンサーか。

 

責任を負われたらよいのでは。

 

その件は氷山の一角ですね。

 

 

メモを。

https://mobile.twitter.com/mas__yamazaki

https://mobile.twitter.com/6211west/status/1591938599263821824

https://mobile.twitter.com/SaYoNaRaKiNo/status/1591815137987801088

 

 

少子高齢化

緊急性。

 

(所有者の分かる情報)登記、登録、記録。

合理的な判断。

シミュレーション。

 

互換性。

 

 

「接近」(や採取)は危険ということも。

 

 調査をともに | Smart FLASH[光文社週刊誌]

 

観察というか、そういう経過を経て、

 

簡単に海を渡す、送る道は開かれた、と。

 

 

「書類や情報の扱い」(わたし)について、

親族とのやりとりを経て、

通路限定になったみたい。

 

(親族)

例えば、酒類過剰接種の人間のことを聞かされた時期があるとしても、

(それはそれとして見るし)

適量は自分との相談が主。

 

生きられない環境、状況を作られ。

誰にも伝わらなかったのが、伝わるようになり。

 

その感覚は生きることを可能にさせましたから。

 

集合知としても、そうみる。

 

知っているのは、操作主体という中。

 

無理な物事を通すことを「通常」とされたい(言い張られたい)ようですが、

 

高次元であるため、ルール外になったのでしょうか。

照射の図をみても分かります。

 

 

日本人の律儀さ、一例。

納めた樹木の種名と本数まで記録していたため、

どのように変化したかがわかった(舘野正樹)。

わかるそうです。

 

共有地(森林荒廃)。

人里には雑木林(落葉広葉樹)が残った。

 

年貢、御用木(常緑針葉樹)。

 

 

https://nagoya.repo.nii.ac.jp › ...

PDF

近世信州伊那地方の鷹 松原輝男

 

 

17日編集。 

 

 

14日も、お声をかけました。

否定されません。

 

 

「全否定しかねないほど」「前代未聞かつ大問題」でしたね。

 

 

タンパク質の操作/マイクロ波等 | WIRED.jp

 

高度すぎる、過激すぎる翻弄。

操作三昧だった天候、それに左右されない、気象操作、とか。

 

 

ツーリストさん達の制作された虐待虐殺でしたから。

気象も気にせず、肩の荷も、お世話係もお任せできるそうです。

 

マウントであっても、そうでなくても、たたかう暇のない、

戦闘処理期突入ですね。

嘘が、また破壊的で、処理されないみたいね。

 

 

(国同士のやりとりに繋げた方々がおられるとしても)

個人的には、実生活への影響についてのこと。

言葉の通じる、代表者、責任者の皆さまが、ずっと見ていたのだから、と。

ご存知の物事ですから。

 

旅行者(であろうがなかろうが)、お客さまというアナウンス用語も使われ、

ご自覚されていて、負われるそうです。

 

 

「膜に覆われた表面に突起のようなものが出ている」

「王冠(ギリシャ語でコロナ)や太陽の光冠(コロナ)のように見え」

操作をされてきた方々がおられ。

 

エネルギー。

 

15日、空のほうの境目を映した物を紹介される方を見て。

可視光とか視える色とか。状況か。

地球とは次元が違い過ぎますね。

(その図も利用して療養にあてますよ)

 

そのあと、私には視えない物が、ホール係の方には完全に見えている様子をみました。

見える方々にお任せするほかないですから。

 

 

記述を消されるような思考は、地球外生命体の特異ね。

国名に巻き込む方々について、地球人は見ていますと記入した部分はあるかしら。

いずれにしても。

 

 

漫画で構想があった気がします。

午後11:57 · 2022年11月15日

 

私なら、実生活の観点からの使用。

 

 

と、記入して。

誰かは気にするようですネ。

 

波動。波長。

差を過剰につけたい次元の方々は、皆さまにお分けしたいようです。

それらが、大波を作ってこられた。

 

お客さんは、ひどいものです。

 

波を出す方々も。

逮捕もご指導も何もされない、ご存知の政府の方々も。

逮捕に至るケースも。

延長理由も。

責任をとってくださいな。

 

 

(駄々を捏ねることも、脅かすこともしてこなかった)

 

彼らによって拡散されます。

 

 

(17日)

照射がエネルギー強奪の理由だった、と。

 

曖昧にすることでの持続は、お役に立てましたか?

 

文化的な文化が持続できませんわね。

 

 

私は絶望を感じなくなって。

生きていて、散り散りの要素は返却されるようになり。

 

 

高(低)次元の希望絶望だけになった、と。

 

 

もとより、嫌がっておりましたよ。

何かを引き受けていたわけではないですよ。

 

(2020年に)交替というより、

ご相談をどうぞ、と、記入していましたので。

 

あなた方のお見たては不可解すぎます。

騒動を、どなたが、どんなふうに使用されたのか。

 

普通に暮らせる人間の、

わざわざ、生きる理由をなくされてまで。

 

全てを拒絶しなさい、という状況をつくられ。

理由も無く生きられない(ようにされ)。

 

続けられないようにされ。

無効にされてからも。

 

虐待を続けられたということですね。

 

 

そういうことを拒否をしてきたのです。

 

 

悪用されたことにより発生させた、

発生され続ける、

多大な苦痛の処理をどうぞ。

 

 

私は、気楽にせねば生きられなくされましたので。

深夜に起こされるお役も、

端から私のものではないので。

楽に過ごしてまいります。

 

 

不信、

一点に繋がってしまうということで。

 

機関の多大な責任に、さらに責任を乗せる、負われる難なんてね。

波を大きく…

 

 

ご存知のことのようですので。

美術展は滞りなく行なわれることでしょう。

 

 

こちらを放っとけば、と、いつも思ってきました。

個人的に脅かされてきた件。

 

「この件だけど、高齢の」何々に「健康上の懸念あってのことか?それとも、単にドタキャンされたのか?来日は」とか、わざわざ。

税金案件とかでしょう。

 

バイトらしい方のわざとらしい演技。

 

何々大学傍らの人形店のバイトとキンカ堂のバイトが同じ人でしたから。

アルファベット三文字の店の方も繋がせて、血中に、ね。

 

太子系、お好きみたいね。

あれらの製作も、あなた方かしら。

 

あれもこれもあなた方の仕業でしょ?

 

波を所望されているのでは。

 

「新たな波」

「昔からあるいわゆる「風邪」の病原体の一種」

 

「arena」または「harena」

 

あなた方が使用すると大変にされるわね。

異様。

 

処理されないことを(逆手に取られたつもりの)激変にされますか。

 

 

皆さまで、苦痛を見てね。

ご支援を機関にお求めになりながら。

 

それらがたのしいなら狂っているわネ。

 

 

生誕の設定。

私が見た光景―紡がれる想いと言葉。

 

 

メモを

ほどほど磨こう、と思う人間。

(趣味だった)材料をそこそこ集め始めている。

 

先週、理由あって自由に(数時間)過ごせたのも切っ掛けの一つ。

奪われ方を理解されることも増えて、

そうやって私自身が自覚できることは増えます。

 

 

対比や重ね。

 

 

生きられないと言わせたい類いの脅迫。

臓器への振動を感じさせられながら…

 

高(低)次元すぎる。

波高。差が作るもの。

 

悪用の持続をされます。

タイミングをずらそうとされながら。

害を増やされている(15日朝確認)。

 

 

他人ごとですね。

「日本への留学生の人たちが、日本の外国人労働者政策の何がおかしいのかを研究して、どんどん発信してくれるといいと思う」

 

そのようにしか気象統治できないなら、地球外で、

としか見えないわけです。

 

投げ散らかすための、

お繋ぎの方々のことは見られます。

 

ご自覚無しで、裾を踏む、というところだけを見て取り入れた方々は、

あるいは、ご存知で、自覚されての物事に、乗せた加害者の方々です。

 

裾が外れたとき(15日朝)に、裾の素材が障ることがどういうことか、みられませんし、

連鎖かで、蜂の巣をつついたような騒ぎかたが起こりますね。

 

私の記入してきたことも伝わりつつあって。

 

その加害者の方々が負われます。

 

 

記入します。

 

昔、定年後に行いたい物事を沢山持っていた人間(父)は、

日々矯正作業を見ながら、何を思ったか。

行いたいとか、(木工)磨きたかったでしょうね。

 

包 - 和音

新たな土地に入ると、新たな趣味を始める人で。

(スキーは一緒に行ったりして、見ていた)

(ソシアルダンスを見たのは、のこされたビデオテープで)

兎に角、時間が足りない感じだったでしょう。

 

 

さて?

 

ああ…彼の気持ちをみる余裕が出てきた…

 

 

慌ただしかった…

三十年も経って、そこをみるというのは…

家族をのこして、というのは…

(つらすぎ)

バランスで、滲み出してくる(生前の行い)。

 

聞き取りをした一人(母)から聞いた情報は一部に過ぎず。

(父にも子にも寄りかかる母でしたし)

二人のそれぞれの上京の経緯を想像することは容易。

 

見て育つと、どんな思考の傾向になるか。

 

支えきれないほどの物事は、支えきれません。

 

そこらへんに、

前もって入られた方々が、

(尋常ではない辛苦を)入れておいたものだから。

 

ベースね。

 

そして、先送りをされて酷くなり続け。

皆さまが行ってきた物事を正当化できませんから。

 

仲介者を入れるごとに「通常」を複雑化されましたしね。

 

解くなり切るなり、肩書をお持ちの方々が。

 

その回りくどい仲介者の案内により、ダイレクトな方法に案内された(のは10日午前)。

 

当然スムーズですよね。

 

どうされるのですか?

 

 

違うようにみせようとされつつ、維持持続を止められて。

 

臓器にも意識を集められ。

 

 

そういう要素とか。

 

 

(収斂)収束、何化。

 

横の方と話しているとき、

ああ、また同じこと言ってるわ…

 

コピーできないことを、

形を変えて、何度も聞いてくるわ…

 

(職場なら度々それなりに説明してきました)

どれくらいかの期間。

 

「反」論せずに、

 

同意なくコピーをされることは知っているので、

「逆」にならずに、

 

擦られない。

 

(10日も11日も変化があったわ)

 

(私の受けた(一年前の)被害は口にしていません)

まあ以前も辛口でしたが、はっきり感想を述べられていました。

コロコロということが変わる。操られているな、と。

(2022.10のこと)

その協力者の方々と、

操られて見える機関の方々は、誰に操られてきたのか。

 

 

(2013.04に書かれた方がいます)ここに置いてみます。

「コントロールされてきたことは、すでに日本中の多くの人たちが知っている「公然の秘密」」ですが、

それが外交資料に明記されたことは、「正体を明白にする上で重要なこと」

 

 

(私は職場の方々の親じゃない)

(職場には居ない)設定利用をされた方々。

お育てになられた各国の方々のことをよく知っています。

 

そもそもの「親」(苑)役は。

使われ方は。

 

花粉症について語ったことも。

(布での覆い制作を認めた方々が、追及の方向をずらされてきたわけですね)

見るべき本質というか、そこまでの大仰ではなくてよかったのにね。

持続を逸らされた維持を選ばれたことも。

覆いの維持を強調しなければならない状況を作られ続けたことも。

そこを正当化したところで。

 

覆い無しで、固まって騒ぐ方々のことも温存されてきたわけでしょう。

 

ならばその先の救いのご提案はいつですか。

 

騒動下の劇を見せられたことも。

(職場に)兵隊のような方々が送り込まれたことも。

「力による一方的な現状変更の試みは世界中のどこであっても認められず」

まさに、認められないこと。

 

一切の救いのない、生きられないような操作だったことも。

その状況を、しつこく作られたことも。

 

そのようなことをされた方々が、

何処に何の救いをもとめられるのか?

知りません。

 

 

それと、接種による(人格)撹乱ですか?

暫くお目にかかっていませんでしたが。

(しつこく通じさせますが、私は関われない)

 

どうされるのでしょう?

どなたのお考えでしたか?

 

 

私は、それらを見させられたあと、

 

受け入れることと受け入れないことと、

長年の扱いについて、もとめることを入れ込んだのね。

 

私の土台に、同意なく入り込む、入り込まれたということは。

そこを無視された方々については、

 

同意がなくても、誰かに行ってきたことと同様。

あなた方が(勿論、操作されるその方も含めて)親がわりとなることを同意されたのだと見做します。

 

土台。

 

何とか作業なら、事務的に補充するわね、と、淡々と。

思いが少し出たとしても、のらず、すぐ忘れてしまうし。

 

淡々と。

 

体質になっていないと良いのですが、と思うこともなく。

もう最近不信が止まりません、なんて過ぎらず。

 

他者を追及する者は、人一倍自身の襟も正すべき。

そこはそうね。

 

だけど、追及自体、そんなふうにうすまるようになった場なら。

工夫もして。

 

人員体制の、それぞれのそのままがどうとか、

という意識はせずとも、

どの場面にも、それぞれに表出しているようには見えています。

 

自省できない表れも。

その場での関心ごとの現れも。

 

間違ってない側がとりなして終わりになる、というのも、

終わりにならない、というのも、

以前の室内の空気を窺わせることはあってもなくても。

 

押し付け、擦り合いの質や量、方向。

行き来とか。

そういうのもみえて。

 

 

あちらの方が酷いとか、そりゃ業務レベルではもちろんそう。

 

妨害、騙す、誹謗中傷、これも想像以上だったことも、

皆なんとなく肌でみえて。

 

酷すぎたことを、別件の問題を話していて教えて貰えたかたちでもあって。

 

そこらへんも、気づかれているかどうかは知りませんが、

当事者の方々に解いてもらっていて。

私は楽になり。

 

皮膚感覚的にヤバイのは。

 

口封じ、威圧とも言われたり、 原語を直訳すると「公的参加に対する戦略的」というような、

言論の抑圧は、どの部分でどうだったかをメモしたり。

(頭字語のSLAPPと、平手打ちを意味する「slap」をかけた呼称って何かしら)

 

個人情報の扱われ方を見てきて、見ていて。

果ては睡眠時にまで及んだ脅しまで。

 

「そんなことされない」と思えるような、

めでたさは持ち合わせていない、というのも。

 

一方通行の。

みえない、通じていない方々と話はできなくて。

 

 

「そんなことされない」方々と話せるというのは。

どんな意味か。

 

普通は…

 

アティテュードという単語は、「姿勢、態度、身構え」などの意味。

 

庶民からは離されていた分野の筈ですが。

殆どの時代で、そうでしたよ。

どのような経緯でバレエ技法の名称に使われるようになったのかは不明にされていますが。

 

入り込んだ尋常ではない要素は、

ダンサーがシューズのプラットフォームで、全身を支える、

難儀で美しすぎるポーズを生んだかのような。

 

分野の基礎からの、

さらに、お一人おひとりの追及により見応えとなるような。

 

 

ああ、そうですね。

 

昔の日本の家庭でよくあった…

悪くないのに謝ってしまうこともあった。

それを見ていて「何で謝るの?」とか。

 

相手をどう思ってるの?

 

見て思う子どもや。

 

日本の大黒柱って。

 

 

「完全に事実と異なる主張」をされたとき。

 

そこは追及、説明はして。

あ、と頷かれたり(することがあってもなくても)。

 

私は負担なく楽に行うわ。

 

数々の凄惨な事象に結びついていることが、

結びついていた要素の一つひとつが、

ふわっと、出てきて、

そこに何が入り込んだのか、わかってしまうんですよね。

 

それらをみたり、

 

記入しても消えたりするのは、

こちらの事象とは関係のなさから、

とみることは可能。

 

 

可愛いでしょ、ポット。

中身、愛でる黒豆茶

 

私には、私の、

道具を使っての、

楽しみながらの目出度さで。

 

誰かさんの道具も、私の道具といいましょうか。

嘘もつかないといけないのかしらネ。

 

いえいえ。

 

地球には、地球の、

風景に馴染む、

沿う順も見えています。

 

 

15日編集。

16日追記。

 

17日編集。

全てが療養。

 

造成作業

以前にも触れた造成のされ方。

記事も視えない、というだけではなく、

 

あらためて。

 

 

 

明治神宮の森

民間都市開発推進機構

https://www.minto.or.jp › pdf

山口智

 

明治神宮の造営決定

明治45年(西暦1912年)の明治天皇崩御に遡る。

崩御後、その陵墓は宮内省によって京都の 伏見桃山と決定された。

 

庭園は、 明治神宮御苑と呼ばれ、公開されて

いる。

代々のモミの木 から「代々木」という地名がついたといわれている。

 

 

 

境内林苑計画。

 

日本人がつくった自然の森――明治神宮「鎮守の杜に響く永遠の祈り」 | ナショナル ジオグラフィック日本版サイト

 

日本人が作った森 「明治神宮」 後編 | ナショナル ジオグラフィック日本版サイト

他数ページ。

 

 

 

水泡(みずぶくれ)ができる | 皮膚科

 

 

水ぶくれは教主のお家芸

 

 

「中絶トラブル」

「中絶禁止」

 

 

死産をした母親の体験談が心に響く 「一晩抱っこして」 – grape [グレイプ]

 

年間2万人が死産、うつ病へつながるリスクも 周囲は「寄り添い」を

 

 

水子 - すいじ(供養)

新しい現象、宗教なのか商売なのか、

仏教のものであるのか否か、

日本の伝統宗教と関係あるのかないのか、

中絶した女性に対する癒やしなのか恫喝なのか、

中絶問題の解決になり得るのか否か。

(松浦由美子)

 

 

見えないところへ行った人々を救ってあげてください: 新宗教研究サイト

 

 

ということで、

「祓い・ヒーリング」対処、処理は、

 

(新興)宗教やスピリチュアルの方々担当ですよ。

 

間違えちゃってた分も込み込みで、

精算も宜しくね。

 

ヒーラーの方が2010年頃に出版された、

「日本の」案内 : マップ&フォトの中の、

明治神宮清正井に寄ったのは、その頃のこと。

 

 

当時、こちらにも伺いました。

八幡神社【鳩森八幡神社】 - 東京都神社庁

 

 

 

(再)

許してくれていないのか…夢に現れてくれぬ最愛の娘 - 社会 : 日刊スポーツ

 

 

定め難い、名称。

東日本大震災 - Wikipedia

 

特集 東日本大震災 : 防災情報のページ - 内閣府

 

 

なんか聞こえちゃうらしく。

夜寝てる時に突然耳元でリンを鳴らしたような「チーン」という高い音... - Yahoo!知恵袋

 

仏具 鈴(りん)の意味とは?死別の夫がその音を鳴らす訳が知りたい | よなままの総合チャンネル

 

 

視える記事。

 

 

北へ還る。

「ほんものの十二月の旅人に」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

 

9日編集。

 

 

上の話も責任者の方々がお詳しいわけで。

 

問題にされてこなかった。

それ以外の問題も、マウントほど存在しているのをお任せできます。

 

(事件事故に繫がる中から)

 

接種の主作用、副作用だとしても、そう視える。

何の(放っとかれた)因果かわからなくされたとしても。

国の代表の方々に、お任せできるわけです。

 

お見かけするあの方、先週より酷くなって。

誰も見ていない…道は無く。

 

気づいているのは一人でしたので、

ご案内できました。

(人の退廃ぶりを見ていると間に合わないですか)

 

色々ありますから。

ちょっと過ぎったり思ったりするだけでも、伝わってしまうことが増えましたから。

 

伝わりすぎる方々には、という均衡。

 

(2020年のように)殺されたとして。

自殺に見せかけられたとしても。

一方通行。

 

それは脅迫ではないことも、

だから脅迫に使われたことも。

一方通行だということも、皆さまご存知ですので。

 

(新しく人を雇えば済むことね)

 

御本人さま達が負われるそうです。

8日朝から夕方にかけて扉を閉ざされました。

 

水子関連もご専門の方々と向き合われることで、

そちらの開かれ方もあるのかな。

詳しくないので分かりません。

 

 

現象もありますね。

8日は月食と惑星食ですか。

 

 

持続の意味もなく維持はできませんから。

うらむべき 中身

私のこと。環境は理解されました。

そのことは、同時に何十年もの私自身の理解にもなっていますが。

 

 

一人のことではなくなりましたね。

 

 

宜しくお願いします。

 

集音、増幅、盗み見、

あとなんでしたっけ?

(増やされるページ)

責任者の方々は、対処されませんでした。

むしろ助成されていた、と。

破壊のご説明、対処を。

 

 

凄惨さも伝わりました。

 

「周辺は騒がしくないので」

「人ごみが苦手な方も」騒げるらしい。

其処だけ、無礼なまま騒がしい。

 

人間世界に興味がない、とか。

小手先使って、騒音を出し続け、

視えない波の利用者は、糸口無しで、

 

地球(のエネルギー)に全く関心が無い様子だけを知らせてきて。

 

エネルギーを使う予定はない、とか、

精算なく、更新される予定ではない、とか。

装いをみせられても、

 

「そこに炎症を起こし得る」

「その子の一生に」かかわりました。

 

あまりにも酷い分量が出回るわけですね。

何故、この方々を放っとかれるのか。

放っとかれて増長されましたよ。

 

どうであれ、うらむべき中身は、増長して騒音騒動を出された方々のものですので。

 

 

(殆どの皆さまで行っていた)中の、(身近での)加害者の方々。

ぶつかりかた。

 

 

(娘のケースでも然るべき支払いをお願いしました)

(それはそれ)

 

恨みごとが全てではなく、

 

娘のこと。

他の物事。

 

(同時に三十年前も)十年二十年前のことも。

それ以前のことにも繋がり。

 

 

変わらぬ方々からは、「不可能」に、わざわざ繋げていただいて。

 

表皮や神経に障る、凄惨なまでの。

 

許可をとるもなにも。離れても。

唐突に生活を遮られた方々は、責任能力をお持ちであることもわかっております。

 

居住地を離れて、移住すること。

手続き(情報の扱いは大変なことになっていますね)の最中に、

 

わざわざ音無装いの煩いイベント。

繋げるべきポイントも増やされ。

 

相手ずらしの誇示。こんなふうに配分され。

同意や許可を得ずに、ぶつかってきた、ぶつかってくるほうが100%悪い。

 

サイバー乱用、日常への介入。

その属性のことになります。

 

さらなる操作をされることにより、大幅な更新を求められていることも分かります。

更新という語は、相応しくないと仰る感じ。

 

 

 

家族を裂き、

家族を裂かせない力の働きでした。

 

(家族との)繋がり、ほどほどの距離(感)。

 

 

(ゼロの捉え方の)色味も違う、ということですが、

 

(23日深夜も)ぶつかってきて。

そのような行為で、たちきれた端をぐちゃぐちゃにされました。

(お喜びの様子ですが…)

 

そういう物事にも向き合わされてきて、

つきあわされているわけではない、無理強いでした。区切り。

 

仕事を遮るという…

入れ込む要素にしてはまずかったのでは…

(私は入れていないのですが)

 

こぼれ落ちるものがみえない(押し付け)というのは。

多方面までも増長させて。

 

嘘をつくことは、とうに知られている、

嘘をつく集団であることも知らしめ。

 

知っている人は多いけれど、もっと広く、とか。

 

 

真に(エネルギーに)関心を持てば、

ある種のぶつかりには向かいませんので。

 

他者に、ぶつかり合いをさせる、冷酷な地球外生命体、とか。

 

 

更新より相応しいこと。

平和を維持するためのもの。

旧店の頃からの課題。

 

全く違う眼の、捉え方かもねえ。

 

 

悪用、誤用に向かわせているという気がよこされました。

その割合。

 

騒音騒動の協力をされたほうに進まれたという申告に向かわれる、続々。

 

そこからも…

そこまでの。ふりきれてからも。

拘りの意地悪を恨む価値はないっていうだけでもなく。

 

地球が嫌で、依存に気付けない方々からの回収に繋がって。

 

失礼な方々でした。

何しろ地球に全く関心がないというだけではなく、

ご自身の分野に影響を及ぼされてまで。

 

嫌がらせをされて。看取りに拘られ。

(親戚の辛苦、汚染も思いだされます)

 

 

その血液をもって、

「個人情報の不正取得や不正使用がされていないか、調査は」せずに、

四六時中見張らねばならない状況ですか。

 

(貶めて)他者のエネルギーを盗むならどう、とか。

これみよがしに奪ったりも、どうとか。

 

アレルギー、トラウマ、各種症状。

 

精算分を獲得感で捉える方々は、

ご自分たちのかけた呪いの製作した穴にも浸かり、

足元を視ないのですか。

(私の視た掘りの深さは色々)

みたらいでしたか、水面の不思議。

他の不思議も作られたそうで。

 

速いのも、遅いのも、

管理者からも、そうではない方々からも、言われなくなりそうな気配ありありと。

 

もともと簡単にしてくださる管理者から、数年ぶりにスムーズな。

(あれから4年)

ゆとりもあって、無駄も減ってゆく。

持続しやすい。

 

たのしいお仕事になりました。

 

と、置きました。

 

 

罰されるべき方々を前に、

 

私は引き受けません。

看守係を押し付けられない。

被害者の気は休まりませんので何処でも、行いません。

 

(このくだりを騒ぎに繋げて破壊に向かわれる方々のことを記入してきたわけで)

 

 

嵩好き、架空好きの世界の中で担われる。

(責任という概念すら見られず無理ということでも)

責任は存在していますので。

 

 

題材は古い物事から選ばれてしまうみたいですが、

兎に角、そちら側(あなた方)のどなたかが行う、と。

 

 

犯行について述べる、犯人を前に見ることは嫌でも可能。

 

ですが、

 

嫌がらせに長けすぎた高度な内容は、

ほどほどの精神衛生上というだけでなく、

(私は)汲み取ることは不可能にされました。

(29日に読み取りましたね)

そう言っているのに、わざわざ繋げられ。

汲み取れなさ、不可能さのレベルは、そちらのものです。

 

私たちの、その不可能さへの言及は、自分のものではないので、ここまで。

繋がりどころは、さらにはっきりしますので。

 

それでも、

説明無しで同意の無い進め方について、質問や説明を延々ともとめなくてはならない、

 

そこまでの指摘を必要とされるなら、

仲に入る方々、要らなくなりますよね。

 

生誕の日、名字にめがけられた。

(他者の)姓名、名字に、他者への投げ、責任や虐待を入れ込んだ瞬間が今です(6日19時前後)。

偽名。名前の変更。

悪用された方々は、わざわざ挙手ですね。

 

どのようにか利用されますと、場は崩れますね。

 

それらを使う(悪用)という許可は得ずに、別の理由で(先週)「ご相談」とされ、相談もされていない。

つまり、同意していない。

 

入れ込まれた書類の中身になりますので。

それらの責任は発行側へ。

 

嫌いなところからの盗まれ方の可視化。

名目を通して。

 

エネルギーの喪失分も返却していただきます。

今日もいただきました。

 

そっと流して、

受けていただいた方々、宜しくお願いいたしますネ。

 

 

昔、某医師の負担になり、心無い方からの処方、配置に繋がり、精神薬の扱いへも流れ込ませたことも。

カウンセリングという仲介が、症状に(悪い)影響を与えるきっかけにもなったことも。

 

人口、過剰操作面においては、母の負担ともなって、性格に多大な影響を与えたことも。

騒ぎ方は、父の重荷(を想像させたかったのでしょうか)。

(別の想像は私を楽にしていますよ)

 

私の脳を破壊した方々はわかっていますし。

破壊された脳に説明させるということも含めて、

現状の責任を、速やかにとっていただければ。

 

(個人情報の扱いも杜撰)

時間を盗まれます。

 

その分。

(現場の)責任感のある方々が過剰に受け止めることへの期待は、おやめください。

彼らを疲弊させる前に、行うべき代表の方々がいます。

 

それはそれとして。

 

 

私たちは切るなり解くなりする段階へ進みます。

 

 

 

精神疾患への分岐。

 

あなた方は、わざわざ放っとかれましたよね。

あなた方、という線は、とうに引かれていましたので。

 

サイコのご自覚のある方々と、向き合われることになったわけですか。

 

繁華街へ、というおすすめをどうされました?

 

 

どうしても合わない とか

どうしようもなかった とか

人生が喪失感に覆われる

https://ka-on.hateblo.jp/entry/2020/02/15/113328

 

 

呼吸し難いときなど、

「事故時の取るべき体勢」素早く横向きに、腕や手で頭を守ろうとしますね。

そこに乗せられ、

止めようとしましたら、かえって酷く。

強奪の押し寄せる…そこでの呼吸でした。

さらに、その体勢からの脳や耳への攻撃であることを記入してきたわけです。

 

それだけではなく、

他者が精算した分の扱いに問題があったことも、

そこからの「マウント」も。

「しお」らしさも。

 

それらの絡み、複雑化も。

(2日夜も騒がしく、3日に加筆)

 

しおらしさも、

演技とされる内容も。

よく似せたおつもりかもしれませんが、

 

ここ数日のやり取りでも、別物であるという中身は、くっきりしていますので、

毎日やり取りをしても。

何年会わなくても、というほどの明確さ。

 

「時節を切る」は一般的な表現ではありませんが、ジャーナリズムの世界で言われることが稀にあります。

 

その場合の「切る」とは「問題のある状況を詳しく調査し、皆が分かるようにする」という意味だそうですので、

代表者、責任者の方々。

 

 

(5日)住宅街での大騒ぎ、毎日でない頻繁さ。

それを意識させる「仕込み」でしたが。

「忘年会、新年会」は、どの時期に行うのが時節柄か。

 

地域も、嘘。

国も。

 

嘘で逃れようとされた責任者が行えます。

 

住宅街ですか?

繁華街ですか?

 

“戦後まもなくから変わらない”日本の中絶 | NHK | WEB特集

 

厚労省「経口中絶薬に配偶者同意が必要」に批判相次ぐ 何が問題か | 毎日新聞

 

令和2年度の人工妊娠中絶数の状況について|厚生労働省

 

 

記憶に遺されたのは、

 

殴り合いに覆いをかけ、

殴り合いを続けるための要素から発生させ、成分を増長され、

その中から「愛」だと押し付けてこられた、殴り合いというか。

 

争いを優先させるために土俵づくりをされ、あがることを無理強い、

(文化を)手放された(戦いの発生、始まりの)経緯。

自殺を考えるようになった経緯。

看守が必要になった理由。

 

その仕事を引き受けられない事情。

 

世間を見ることなく、騒音騒動を出され続け、

誇示をされます。

 

あらゆる段階で責任をとることを考えない、

子どものような属性を作られた、可視化(迷惑でしかない)。

 

行いたいこともある、状況もある(行います)というのに。

遮り、持続させ、続けることを強いて。

 

受け入れない、と言わせ続けても。

 

 

難解な文章を記入させられてきました。ストレス期間を経て。

返却。

 

見るべき物事をみて。

(私たちの星をつくりましょう)

 

別の星がいいと仰る方々は、

依存ほどほどに、そうされることでしょう。

 

 

入ったその日から仕上げられる、体験。

(全く同じ工程)(ではない)

場が違ったのかな。

 

同一ではないという顕現は、とうに視えていた。

 

ご一緒の方々。

 

 

ご自愛を。

お置くのは、人としての態度。

 

 

自愛。私は、普通に行っていますが。

私に言われても対応できません(そうされました)ので、

 

肩の荷、楽にしていただき、普通に。

 

 

28日のやりとりを経て、(勤務中から休憩を欲するような)睡魔。

睡眠になり。

 

休める。

これからお支払いを受けます。

 

一気に行われた技量をお持ちの筈の方々は、

別の星へ希望を持たれている方々に合流されるのかどうか。

(双方のご希望について詳しく知りません)

 

中身や割合が違いますね。

ご自覚されての嫌がらせ。

ご自覚されない物事や騒動…

 

ぶつかるための、ぶつかる始まりでしたし。

 

品を、明確に意思で繋げている方々がいますし。

 

脳や耳だけでなく、目にも入るようにされ、

 

明らかに、透視の粋を外された、犯行を匂わせながら。

 

 

 

いずれにしても、

私は、うまく、口を挟み、

挟まないでよいようにもします。

 

 

破壊は進みましたね。

 

 

(私が生きるための能力の返還に同意していただいた、10月20日)

同意についての積み重ねがありますのでね。

 

 

 

子ども連れの方も、

そうではない方々も、

理解が大きいことも感じていまして。

(伝わりやすい内容ですので)

 

傷をみながら、美しい物事を作る楽しみがあります。

そこについての別立ては、義務もなく。品物はある。

 

 

(再記入かな)

手芸(出版)社で撮影のおりに、伺ったのは、ファミリークラブの方だと。

(上祖師谷2000年12月の件だけでなく)

 

 

遮るほどの搾取の割合や質感なら、問題になる。

対処が要る。

 

 

 

お天気もよく、

(10月19日は)空調要らずでしたよ。

 

(地球の)エネルギーには関心が無い様子は伝わりました。

離れたことは確認していますが、

 

奪っても延々足りない(感覚慣れ)ということでしょう。 

繋がりは切らないと、仕事になりません。

 

 

悪用された、

人離れした操作で環境や遺伝子を変えられる、非常識、非情な方々は、

 

「あえて家に来るなんて異常だ」(10/18配信)

なんて言わせますから。 

 

 

私は、私の寝具を置いて、私のための睡眠をとります。

 

 

今日1日過ごす、毎日の長いこと長いこと。

 

その心身の状態、そこに乗せられる非情がありました。

恨まないようにするってことは。

当事者にしか分からない、作られた経過や因子を語っていただくことでもあり。

 

奇跡のないのが奇跡、っていう中の奇跡だと思うの。

 

(数年前にも)長時間体験してのことでした。

 

そこにも乗せ続けられたわけで。

囲んでいる回りというだけではない、

繋がりや連携は酷く醜いものだったから。 

 

そういうものとは馴染まない。

 

 

自分の技量をみるときも、たたかいから離れた磨きを。かけるようになり。

そこからは速さもみえたり。

 

そのくらい場自体、ハードルなどを違えたのね。

 

 

「遺伝的荷重」ということにしてきたのね。

 

(圧により、死にたい、って言っている方々も)

 

解離させられた性質、障害、

心身を病ませる、病んだ方々による無神経な貪り方は、

 

根ちゃうからね。

 

 

おだいで「要件事実を学べる時代」に。

 

 

この国の…

 

そもそも、この土地は。

 

(記入時にも日常と同様)

(糸口を壊され、自由を破壊される)

 

 

安らぎや自由の中。

個人的には、矯正云々とは異なる世界に居ることも実感している最近。

親族との会話から、見えなかった部分が、これからも出ます。

 

 

10月19日、酒場(裁判官)と政府の発信についての備忘録。

そこはそれ。

体験した症状もあったので、診断書も、メモも。

 

 

同時に、

複雑化させて、コピーも困難にさせた。2018年の1月から7月の流れも。

執行された方々を、わざわざ思い出させ、

 

同年7月に私は何を何処で処理しようとしたのか、

これからあがってくるように、された。

 

 

北からのKazeKozo (マイクロミニ) …

経過。

 

 

法令違反の解釈について。

 

「刑法等の実定法規の定める禁止規範または命令規範に違反」

 

 

 

アポトーシス

他人が亡くなられたときに、どのような表情になるか。

横を見なくても(それなり)。

 

先日も(分かれ道みたいに)思って、記入したの。

 

 

「細胞が自発的に「死ぬ」ように」された「ワケ」

っていうのを、ジャーナリストが記事にされていて。

2021/03/21付

 

 

自発的(ではない)「アポトーシス」の原因。

 

個体の状態。

 

アポトーシス」の生まれかた。

 

傷が時問と共に蓄積させていくものがわかる研究。

 

 

管理・調節された細胞。

 

プログラムされた細胞死っていう設定は無理でしたね。

 

「DNAを切断して、消去する」らしい。

 

「自然」現象ではない方法 。

 

異様さの説明としても、しっくり。

 

 

無い画像を増やしてきたつもりの、異常。

 

 

もともと私の人生。

勿論、奪われたものは返還されるということ。

 

 

10月30日編集。

11日7日編集。

 

 

2019年、労働基準監督署に出向くことに。

どのようにか利用されますと、場は崩れますか。

 

そのあとの騒動ですね。

 

 

それと、

(2014.4.11 https://katation.exblog.jp/21983797/)

闘い(日本での薬害事件・裁判)

抗不安薬や睡眠薬としてよく処方される薬剤の注意喚起と薬害裁判

 

 

操作に操作を重ねられて。

 

 

(リンパ)攻撃。疾患。原因。

異常な抗体の出方。

 

異様。

 

 

他方、

少し前から過剰な援護をしてくださる方々も見られるようになり。

 

たまたま隣り合わせた方との自然な会話とか。

 

 

(2013年に遡り)

血管、血液の変容するかのような件を思いますと、

 

そちらに移動しなかったことを考えますと、

その後に起きたことは捉えやすく、

 

ネットを通して記入しはじめたのは、2016年のこと。

 

(ですから)お会式に繋げる方々は、おのずから。

…という発動。

 

(十月十三日などに行う)法会。

(90年代、大本山の門をくぐったのは、仕事で)

鉦鼓

教訓抄、方磬。

木鉦、木魚、木鼓。撥、桴、枹。

 

日常に体験することになった(なる)、

包含される内容。

 

三者でもある私。

 

 

つくり方 - a morphous

 

 

平和を語りたいなら、ポイントは、

 

現在、発症原因として最も有力視されている、子宮内膜移植説、

という見解に至られた。

 

 

自分を病気にさせてまで、呼びたがった。

息ぐるしさで、繋ごうとした。

母。

 

渡す方々。

膨大にさせた。

 

息ぐるしさ違いなら、自然は要らないとかで。

(母に)(その環境で)

日の出日の入りや星を見ないで過ごせるなんて、勿体ないというのを、

やわらかく伝えたこともあったわね。

 

 

お陰さまで、あらゆる耐性をお任せできますので、

とらわれのない自由な暮らしにむかえます。

 

(11月2日朝、罵倒や侮蔑をされる側の方が寄ってこられ)

その方は、もじもじしているだけでした。

コピー、同調、抵抗、逆張り、忍耐、全てを獲得され勇ましい者になろうとされた恥ずかしさ(ふりきれてからの意味不明の行動)を、

体現なさる、その覚悟を見せられ、

 

 

獲得されたわけですよね。

 

 

私は、気持ちも、肩も、楽になりました。

 

(母や他者に奪われずに)自分の所持は所持として。

 

 

2003年、あのときだった。

それ以来の絶叫と、その間の彼是もお戻ししますね。

勿論それ以前の分も、今後も。

お力の返却をしていただいております。

 

曖昧なままでしたが、

説明が丁寧になされないまま、

進めてしまう風潮を作られ、

順序や中身のとばし加減。

行き先。

 

複雑化されましたが、

簡易化されたものもあり、

順番や説明はシンプルであり、

 

混乱させた方々が処理することになります。

変質を試みようとされた、方法をご存知ですから。

 

(民間の)トラブルも増えるのでは。

 

 

相当な何かでした、その夜の体調も。

…要素のシャッフル感。腺も。

 

過去の要素の一つひとつが浮びあがり。

 

説明しきれない内容一つひとつは、

とばされた、とばすことを強要された中身の空(洞)に入ります。

(2022年10月26日 記)

 

 

(数ヶ月前にも、全く違う人物に視えた方々)

 

特異さが、文化を失わせ、

他者や家族を潰してきたことが分かり。

その損失たるや。

非常に、非情に、影響を及ぼされましたね。

 

地球どころか産業にも関心があるようでもなく。

 

手放されたもの。

美しいものを作る方々のことは気に入らない。

 

さらに、それらを利用された方々。

おおごと。

 

コピーというより、こそこそ。

使い方。その方々に責任はありますね。

どうするんですかね。

 

循環を止めた方々と暮らせるわけないので。

 

 

原爆忌立秋前後に分かれての季語になってしまったのですね。

そこで終わったのなら、

 

(間違いへの)称賛が正されなかったわけですから。

 

そこからも生をみてしまう。

 

戦うために発生した(生まれた)わけではないので。

 

ぶつかるだけぶつかっておいて、

状況を作られたわけですから、

 

富裕を入れても大丈夫というタイプの富裕ではなかったので。

 

分け合うことができない状況を他者に押し付けた。

 

 

 

私は、その都度の(自分の)芯とともに。

 

 

ひとつの星のようでもなく、そのように見せることもできないのは、

うすら寒いだけ。

 

 

部分を消しました。

あらゆる「言行不一致」を含めて移動済のようで。

 

 

なすすべはない、とのことですので、なすすべはない。

「通路を一方通行にするなどして人の流れを制御して密集しすぎないように」と、

管理者への移行がなされたわけで。

 

例えば「安芸門徒」という特定もなされて。

 

ご自覚のない方々も、属性は判明しております。

 

 

それでも。

破壊に向う陽気さは5日夜に観察され。

 

そちらで研究提案「唯一の防止策」さえも悪用されて。

 

「ショックウェーブ」が誘発か…専門家「発生するとなすすべない」 : 読売新聞オンライン

 

2022年11月4日付 群衆にのまれ 身動き取れず: 読売新聞オンライン

 

(生誕の日をめがけられ)

教育無償化。気候変動阻止。企業献金政党助成金廃止。なんてね。

2021年11月

✈️ F ✈️ on Twitter: "@miyamototooru ❗️驚きの桜🌸❗️ #岸田首相❗️#安倍元首相❗️ 「茨城6区」応援演説に「日当5000円」でサクラ動員 #総選挙2021 #東京10区 #池袋駅東口 自民党候補者の応援に #岸田総理が5時半に参ります📣 現れたのは6時40分 その時の聴衆は大勢に 【又もや日払いの桜】なのかな❓🌸❓ 自民党 は【桜】好き🌸 https://t.co/gQWSf5ZXZg" / Twitter

助成、増長についての記録は遺され。

 

給食って大事。

(学資)保険って大切。

(使い込むと、人権抑圧も)見えなくなる様子。

 

お見舞い発信の、有無については。

令和4年10月30日 お見舞いメッセージの発出 | 総理の指示・談話など | 首相官邸ホームページ

 

踏まれている側が「足をどけてください」と、大声を上げても。

 

「足を踏む側がその足をどけるまで、どれほど大声で痛みを訴えて証明して大勢の人の共感と支持」を得ることを変質され。

 

お仕事をされなかった方々。

·

(11月3日の呟き)「不利益を被る側が、そして社会的にもマイノリティになる側が

丁寧に、言葉を尽くして理解してもら」えない、ということで。

 

まだご存知ない方々に対しての説明責任は、これからのこと。

 

そんな中「歪さを感じる」騒ぎが始まりました。

別地でした。

 

 

入りますよねえ。

(操作の絡む中、書き換え)

木工(だった方々)も。

記入が憚られるような変身。

依拠するところが、ちょっと違いますね…

(職場での対面でそこにはなるべく触れず)

 

(親族との、細い分け合いにも、させられましたから)

(人口に関わる…わざわざ誤用、ということでしたから)

 

(受け止めていただいた分、削除しました)

 

持続のために語らなければ語らないで、

そこを脅迫に使われましたよね。迷惑でしかないですが。

(人によりますね…職場の方には慣れもあり)

 

(疲弊消耗させるための動きをするようにもなったので)

記入により…と、延々と破壊へ、でしたね。

肩書、責任者による責任。

 

先だって、「支配」という言葉を使いましたが、

お嫌なら、退廃されつくした機能をどうされるとか、ご提案は。

神社の管理者の方々に、実際に向うことをなさればと思っています。

 

 

滞りますので、全く言わないわけにもいかず、

 

私の現場。

お仕事なので、ニュアンスが違いますが、

言わなくてはならないことも、

わりと容易に伝わる流れが来るようにはなりまして。

 

接種の影響は一人ひとりの形で出ることでしょう。

言葉を選ぶ…たのしさというほど楽観的でもないですが。

 

そこでは熟せる程度の、殆ど笑顔で。

 

 

殆ど異なる世界の方々に視える。

地球外の方々。

支配狂でしたね。

 

他の例で説明しやすいのは過去。

 

違う人物に視えました。

(確認したのは80年頃の、風の1シーンです)

(当時の別のシーンも付いて…)

 

(私の認識が変化しました、という)

それはそうでしょうね。

 

 

子育ての頃とは別物。

その後も。

 

 

お…給食おじさんも熟される方に似せてこられ…

給食って、大切。

あの映画を見て、笑みがうかんでしまうとは。

 

 

凶暴性のほうを透けて見せるお面、仮面を付けられても、

内容を見ることは可能になり。

付けられたもの(傷)は戻されます。

 

恨むべき中身、内容を発信される方々から、既に症状をいただけない、

悪用できない類いの奇跡ですが。

 

 

(再)離れたと言っているのですが。

 

わざわざ、因子を繋げている様子は伺えます。

バランス分をお戻しするために記入しています。

 

(…湖水地方にも、わざわざ凄惨さをもちこまれたのかな)

 

騒動へ多大な影響を及ぼされた方々。

恥ずかしさも手放されて、あるいはそこから。

特異な部隊をつくられた方々。

 

まるで、そのひとりから生まれたかのような物言いをなさる方々。

残虐さの限りを尽くされても消えませんか。

 

違うんじゃないですか。違わないんですか。

多様性ってことなら。

 

過干渉は維持に関わりますので。

不可能方面から無理矢理繋がるのは止めてくださいね。

 

気づいています、4日のことも。それ以外の日も。

 

鎮痛薬が効かないというほどの。

世代に渡る問題。

子宮内膜(増殖)症の治療を必要とします。

 

当然、他のものも出てきますね。

「移植周期」など。

 

その(一人の)患者を作らないための。

 

糸口ともなる涙、痛みなど。

寄稿投稿は見られます。

 

記入すれば、その方々に圧がかかる発信がなされますね。

心苦しさの悪用。

記入したくなくなるような利用もされたということで。

 

記入は自分と他者のことを、はっきり分けることが可能になり。

 

 

気持ち云々以前の。

物事を事務的に行う部分や段階の取り込みを間違えてのこと。

 

 

muonには記入しなかった。

「いと になった くさ と き」

今でも、行っている個人の方々もおられます。

(絹や麻の)糸のつくり方をご存知ですか?

 

 

うらみたいことの返却とともに、

 

うわまわる物事を、見ることが可能になって。

 

 

ガラスのしらべ

知らないものが目に入り。

 

www.suntory.co.jp

 

 

開くと、

知らない作品が色々あって。

 

作品を調べて。

 

ameblo.jp

 

 

 

11月5日。

こんなふうに人さまのページは見られますし。

共有。

 

それと、適度な人混みの風景、日常の楽しみを写真集で見た日。

溢れ出す、未来も同時に。

 

 

それらだけではなく…

だらし無い…

濫りがわし…猥りがわしい…

 

情報の氾濫を放っとかれたというのは。

氾濫がゆるされたことは。

 

自然に、緩やかに移行した。

声をあげている、その期間に。

 

信頼(関係)は。

 

それと、主義主張の変化ですか。

 

 

 

ka-on.hateblo.jp

 

 

 

8日追加。

nekoarena.blog.fc2.com

 

bijutsutecho.com

 

何の現象

塩基配列による分類。

 

(落葉高木 カエデの仲間)

ISBN9784480067999

 

強い光とアントシアニン

 

サングラス効果としての色素。

 

 

紅葉のしくみ | キヤノンサイエンスラボ・キッズ | キヤノングローバル

 

 

(ゆとりのないうごきの獲得ならば)

まずいよね。

 

何処ぞのお仕事場をチラ見してもそう思うような。

 

(たちきれた方々…)

BETA - 和音

プロペラの処理もか。

 

 

集音、増幅、盗み見、

あとなんでしたっけ?

管理の方々は対処されませんね。

 

 

「周辺は騒がしくないので」

「人ごみが苦手な方も」騒げるらしい。

其処だけ、無礼なまま騒がしい。

 

人間世界に興味がない、とか。

小手先使って、騒音を出し続け、

視えない波の利用者は、糸口無しで、

 

地球(のエネルギー)に全く関心が無い様子だけを知らせてきて。

 

エネルギーを使う予定はない、とか、

 

精算なく、更新される予定ではない、とか。

 

 

私は地球のエネルギーをみて使います。

記入も自由にします。

 

今まで支払うことができなかった方々から、お支払いを受けます。

お力返却回収となりまして。

 

 

普通の人間に集中した経過など。

 

「幼児にも卵巣や精巣はありますから」

「そこに炎症を起こし得る(線維化など)と言うことを知った上で」

繰り返された。

 

「その子の一生にかかわります」

「50年後医学が進歩した頃」どうか、ですね。

 

あまりにも酷い分量が出回るわけですね。

何故、この方々を放っとかれるのか。

 

殆どの皆さまで行っている。

そういうことだと。

 

コロナ(対策本部長、他)推進をされた方々。

(28日付)任命。責任者の方々。

 

ふみたおし。というぶつかりかたからの全精算へ。

 

立ち行かなくなったということや、カルトでは品も品も足りないのは明白ですが、

役名を変えられ。

 

 

娘のケースでは、

学資に手をつけられたあと、お願いした。

キャンペーンの影響を肌で読み取られ、振り込みがありましたので、

そこらへんはどうかしら。

 

 

変わらぬ方々は、

「不可能」に、わざわざ繋げたわけで。

バランスで置きますと。

盗み聞きにより曲名(番組名)を匂わせ。

お肌の手入れ云々、盗み見。戦慄誘発も巡ります。

 

肌といえば。

 

あの凄惨なこと。その時点で予想されていたのか、

投下された方々は、責任能力をお持ちであることもわかり。

 

今、それも、同様であることは分かりますが。

 

学びであっても他のものであっても、

許可をおとりにならないと。

 

居住地を離れて、移住すること。

そこ。

 

相手ずらしの誇示。こんなふうに配分され。

同意や許可を得ずに、ぶつかってきた、ぶつかってくるほうが100%悪い、と。

 

と、置いて。

 

ここに、粒子と捉え方、間違った機器を修整することについて記入した、

部分を消された方々。

その属性のことになります。

 

さらなる操作をされることにより、大幅な更新を求められていることも分かります。

更新という語は、相応しくないと仰る感じ。

 

偽「ゼロ」ふうをゼロとされてきた方々の中身、

限定的というのではなく、

略奪からは勿論ゼロではない。ゼロではなかった。

強奪の誇示になりますよね。

(という内容についての説明は記入してきました)

 

近親者の配され方の始まりは其処から。

利用のされ方。血の作られ方。

 

家族を裂き、

家族を裂かせない力の働き。

 

(家族との)繋がり、ほどほどの距離(感)。

そこに、全ての物事は戻ります。

 

 

(ゼロの捉え方の)色味も違う、ということです。

 

 

実際に、明確に聞きました、

身近な方による申告は27日。

盗みのうまさは「ゼロからだから」と、(ゼロではないことを)自然に発させるようで。

 

(23日深夜も)ぶつかってきて。

そのような行為で、たちきれた端をぐちゃぐちゃにされました。

偽装を重ねることで、一番大事なものごとを簡単に手放されて。

 

そうなると、どうするのでしたっけ。

 

そういう物事にも向き合わされてきて、

つきあわされているわけではない、無理強いですので。

 

付き合う必要はなく、

おつきあいすることはない方々。

 

私は自然をあまり知らない(ようにされてきた)ので、これから見聞きするのだと思います。

そこに入るのだとも。

 

 

道を塞いで、仕事を遮るという…

入れ込む要素にしてはまずかったのでは…

(私は入れていないのですが)

 

こぼれ落ちるものがみえない(押し付け)というのは。

多方面を増長させ。

 

異なる次元とかでの。

 

他者の(記入の)利用からの距離を見ないことも、地球に関心がないのと同様。

 

重すぎ。軽すぎ。

 

 

「新しい事実」ではなく、

さまざまなところに、有る。

そこにあることを、「出てくる可能性」などと表現されているところからも、隠蔽していることを隠さず、

 

その都度「説明責任を果たしていく」などと発言した後に、

「記憶にない」と連発されていることからも、

薬害により変えられた記憶の齎す物事をご存知で。

「これまで確認することができなかった」という嘘の発言についても、

何を「深く反省しております」のか。

 

嘘をつくことは、とうに知られている、

嘘をつく集団であることも知らしめ。

 

地球(のエネルギー)に関心が無くて、

地球では居住できないことも知らせたいのかも。

知っている人は多いけれど、もっと広く、とか。

 

 

満足するということをご存知ないとか。

そのご体験が無いとか。

(飢餓感満腹感の投げ散らかしですね)

 

 

真に(エネルギーに)関心を持てば、

ある種のぶつかりには向かいませんので。

 

他者に、ぶつかり合いをさせる、冷酷な地球外生命体、とか。

 

(29日の)会話も何処かで聞いていた?

 

更新より相応しいこと。

平和を維持するためのもの。

旧名の頃からの課題。

 

全く違う眼の、捉え方かもねえ。

 

 

悪用、誤用に向かわせているという気がよこされました。

その割合。

 

騒音騒動の協力をされたほうに進まれたという申告に向かわれる、続々。

折角の機会、半日で…残念ですね、と書いてしまうわ。

 

そこからも…

そこまでの、ふりきれてからの拘りの意地悪を恨む価値はないっていうだけでもなく。

 

地球が嫌で、

(水も牛も)手放す方々、

あるいは(全く関心のない筈の)依存に気付けない方々からの回収に繋がって。

 

失礼な方々でした。

何しろ地球に全く関心がないというだけではなく、

ご自身の分野に影響を及ぼされてまで。

 

嫌がらせをされて。看取りに拘られ。

(親戚の辛苦、汚染も思いだされます)

 

その血液をもって、

「個人情報の不正取得や不正使用がされていないか、調査は」せずに、

四六時中見張らねばならない状況ですか。

 

(貶めて)他者のエネルギーを盗むならどう、とか。

これみよがしに奪ったりも、どうとか。

 

アレルギー、トラウマ、各種症状。

 

精算分を獲得感で捉える方々は、

ご自分たちのかけた呪いの製作した穴にも浸かり、

足元を視ないのですか。

(私の視た掘りの深さは色々)

みたらいでしたか、水面の不思議。

他の不思議も作られたそうで。

 

速いのも、遅いのも、

管理者からも、そうではない方々からも、言われなくなりそうな気配ありありと。

 

もともと簡単にしてくださる管理者から、数年ぶりにスムーズな。

(あれから4年)

ゆとりもあって、無駄も減ってゆく。

持続しやすい。

 

たのしいお仕事になりました。

 

と、置きました。

 

 

引き受けることはありません。

看守係を押し付けられても、被害者の気は休まりませんので、行いません。

 

嵩好き、架空好きの世界の中で担われるようです。

 

題材は古い物事から選ばれてしまうみたいですが、

 

兎に角どなたかが行うらしい。

 

 

犯行について述べる、犯人を前に見ることは嫌でも可能。

 

ですが、

 

嫌がらせに長けすぎた高度な内容は、

ほどほどの精神衛生上というだけでなく、

(私は)汲み取ることは不可能にされました。

(29日に読み取りましたね)

そう言っているのに、わざわざ繋げたわけね。

 

 

精神疾患への分岐。

放っとかれましたよね。

サイコのご自覚のある方々と、向き合われることになったわけですか。

 

繁華街へ、というおすすめをどうされました?

 

呼吸し難いときなど、

「事故時の取るべき体勢」素早く横向きに、腕や手で頭を守ろうとしますね。

そこに乗せられ、

止めようとしましたら、かえって酷く。

強奪の押し寄せる…そこでの呼吸でした。

さらに、その体勢からの脳や耳への攻撃であることを記入してきたわけです。

 

それだけではなく、

他者が精算した分の扱いに問題があったことも、

 

それらの絡み、複雑化も。

ここ数年の、わかりやすさ。

(2日夜の騒ぎ方を聞かされた後の、3日に加筆)

 

(5日)

住宅街での大騒ぎの末に、

毎年行われていた…

「はやく忘年会、新年会も出来るようになるといいなぁ」とのこと。

 

 

 

記憶に遺されたのは、

 

殴り合いに覆いをかけ、

殴り合いを続けるための要素から発生させ、成分を増長され、

その中から「愛」だと押し付けてこられた、殴り合いというか。

 

争いを優先させるために土俵づくりをされ、あがることを無理強い、

(文化を)手放された(戦いの発生、始まりの)経緯。

自殺を考えるようになった経緯。

看守が必要になった理由。

 

その仕事を引き受けられない事情。

 

世間を見ることなく、騒音騒動を出され続け、

誇示をされます。

 

あらゆる段階で責任をとることを考えない、

子どものような属性を作られた、可視化(迷惑でしかない)。

 

行いたいこともある、状況もある(行います)というのに。

遮り、持続させ、続けることを強いて。

 

受け入れない、と言わせ続けても。

 

私は行ってまいります。

 

難解な文章を記入させられてきました。ストレス期間を経て。

返却。

 

みて。

(星をつくりましょう)

 

 

(そういえば…入って直ぐに視えなくなった方も)

入ったその日から仕上げられる、体験。

(全く同じ工程)(ではない)

場が違ったのかな。

 

同一ではないという顕現は、とうに視えていた。

 

ご一緒の方々。

 

 

ご自愛を。

お置くのは、人としての態度。

 

 

自愛。私は、普通に行っていますが。

私に言われても対応できません(そうされました)ので、

 

肩の荷、楽にしていただき、普通に。

 

 

28日のやりとりを経て、(勤務中から休憩を欲するような)睡魔。

睡眠になり。

 

休める。

これからお支払いを受けますが、

 

一気に行われた技量をお持ちの筈が、

額が微量。その重さ。

一夜にして崩された世界としての日常。

 

そこに、埃。

ご自覚されての人離れされての嫌がらせ。

ご自覚されない物事や騒動が入れられますので…

 

不透明、不誠実というだけではなく、

 

盗む、擦るという慣れが日常を支配していている方々は、

ご自分たちで何らかの宣言をなされたり、

なさりたくないとしても。

 

何しろネタを、何処に限定されたのか。

ぶつかることを避けませんね。

何しろゼロをみない方々は他者から強奪している内容に覆いをかけられてでも、

という方向に進まれますね。

 

 

チラ見チラ見し盗む、その前に考えられはじめて、ぶつからない(ように見せてぶつかる)方向。

 

ぶつかるための、ぶつかる始まりでしたから、

そうなんでしょう。

 

更新前のマニュアルに縋り付き、

移行への段階を無視された(すすんで洗脳で塞がれた)かな。

更新後のに対応しようとされて…(混乱しますので)

 

私はそこに触れることもできなくされて。

 

但し、品を、明確に意思で繋げている方々がいます。

誰かのせいにするために。

脳や耳だけでなく、目にも入るようにされ、

 

明らかに、透視の粋を外された、犯行を匂わせながら、

 

今進めていることに介入したいお気持ちも漂ってはいて。

 

あなた方から離れた。

 

 

いずれにしても、

うまく、口を挟み、

挟まないでよいようにもします。

 

 

価格の配分や成分を変え続けるというのは。

 

繰り返し記入してきたのは、

その(不足感増長感や投げや悪用)状態が、わかり難く絶滅に向かわせるということで。

騒動前に、行ってどうなるかは別の話、

(すべきだったことに)様々乗るものもありますので…掘れば増えた要素も入り。

 

(お得感の演出等により)

 

破壊が進みました。

 

 

(私が生きるための能力の返還に同意していただいた、20日)

同意についての積み重ねがありますのでね。

 

 

そんな中、限定された方々以外は、

対面での笑顔がいい感じの今日このごろ。

にこやかになる方々は、どんな圧を受けてきたのでしょう。

 

その方々とは、うばいあいません。

 

傷付けられないことはわかるんじゃないかな。

それと、嘘の無さ加減とか。

 

それに、(一部の)子ども連れの方も、

そうではない方々(の一部)も、

理解が大きいことも感じていまして。

(伝わりやすい内容ですので)

 

傷をみながら、美しい物事を作る楽しみがあります。

そこについての別立ては書けますが、

 

 

(再記入かな)

手芸(出版)社で撮影のおりに、熊の生態にお詳しいカメラマンから伺ったのは、

ファミリークラブの方だと。

(上祖師谷2000年12月の件)

 

どうでしょう?

遮るほどの搾取の割合や質感なら、問題になるでしょう。

 

手芸なら、某層の奥さんたちの時間の過ごし方でしたよね。

かつては。

 

変わりましたから。

分野に関わらず、層関係なく、

 

そちらに向かい…

 

ほどほど楽しくなってくると、日記に向う時間は減ります。

 

 

それらとあれらとは、また話が別です。

 

 

(対面もありますし)色々見ていますよね。

接種後の彼是。

持っている因子。位置。環境。

積み重ね。

 

 

最近、具体的おすすめの会話もありまして、

それで、ニュース記事のほうですね。

 

 

18日、「もっと耳を傾けてもらいたい」

19日記入前、(現金については)「自治体判断」

 

そもそも税というもの。

 

私の仕事を過剰に遮られすぎたのは。

 

 

 

お天気もよく、

(19日は)皆空調要らずでしたよ。

 

(地球の)エネルギーには関心が無い様子は伝わりました。

離れたことは確認していますが、

 

奪っても延々足りない(感覚慣れ)ということでしょう。 

繋がりは切らないと、仕事になりません。

 

そこで、職場でも責任をとっている方々は、

手の職を破棄されたわけですね。

既に、ご記憶はないみたい。

 

凄まじい忘却も手にされたよう。

獲得された認知に纏わる、症、病。

 

要件を緩和する方向で調整に参加されてきた、悪用。

慌ただしい長年を経て、その存在に気づかされます。

 

 

 

娘。

(異なる)幸せに向かうことも見過ごされた。

 

 

まるちゃんは好きで、一緒に観たり、読んだりも。

大洪水のお話は…見ていなかったかな。

塩くさび。

(アナウンサーのご実家から)

丹生川上神社上社の過去・現在・未来を語る|奈良新聞デジタル

 

江戸時代白川家に属していた神社の一覧を見たい。埼玉県と群馬県の分だけでよい。神社の名称と所在地がわか... | レファレンス協同データベース

久伊豆、まぜませ。

 

 

うちの娘、小さな頃(大きくなってからも)よく寝る子で。

安心しきったかのように。

 

大人になって、休日でなければそこまでの睡眠は…というふうになって、

あれは軽快後、当時、(ご家族に難病を持つ)Dツウにお勤めの方による支払いが遅れたときね。

 

(就業体系もルーズだった)

 

終電を逃して、急に寄ることになり、

私の寝具を(心身の安定として)喜んだことがありました。

 

 

そのような急な連絡が入ったときに、調えて待ちますね。

 

雇う側への気持ち。それはそれ

 

親というものは。

状況を、そこまで押し付けられなければ、そのようにします。

 

悪用された、

人離れした操作で環境や遺伝子を変えられる、非常識、非情な方々は、

 

「あえて家に来るなんて異常だ」(10/18配信)

 

なんて言わせますから。 

 

 

そういうものの上に、

 

私は、私の寝具を置いて睡眠をとります。

 

早速利用された方々は、お太鼓持ちか。

 

 

さて、

救済のためならば、

(会見を遮断されたなら)遮断された会見から、だったでしょう。

 

そこも糸口を外された、ということで。

 

法改正案を今国会提出へ準備急ぐ方々は、

 

2022年10月19日付。

消費者契約の「取消権」の対象範囲の拡大などを

わざわざ盛り込んだ報告書を公表。

その内容も踏まえ法案の取りまとめを急ぐことに、

された様子。

 

 

 

今日1日過ごす、毎日の長いこと長いこと。

その心身の状態、そこに乗せられる非情でした。

恨まないようにするってことは。

当事者にしか分からない、作られた経過や因子を語っていただくことでもあり。

 

奇跡のないのが奇跡、っていう中の奇跡だと思うの。

 

(数年前にも)長時間体験してのことでした。

 

そこにも乗せ続けられたわけで。

囲んでいる回りというだけではない、

繋がりや連携は酷く醜いものだったから。 

 

そういうものとは馴染まない。

 

 

自分の技量をみるときも、たたかいから離れた磨きを。かけるようになり。

そこからは速さもみえたり。

 

そのくらい場自体、ハードルなどを違えたのね。

 

 

「遺伝的荷重」ということにしてきたのね。

 

(圧により、死にたい、って言っている方々も)

 

解離させられた性質、障害、

心身を病ませる、病んだ方々による無神経な貪り方は、

 

根ちゃうからね。

 

 

おだいで「要件事実を学べる時代」に。

 

10/21(金)22(土)の舞台は、各地で様々あることでしょう。

 

(アイドルと兵役の関係性)

 

その国の…

 

この国の…

 

(そもそも、この土地は)

(そこをどうしたか)

(誰が入ってくるか)

 

 

(記入時にも日常と同様)

(糸口を壊され、自由を破壊される)

 

みえ方の違う安らぎや自由をいただくようになるといいですが。

 

品質を下げられた方々ですから。

 

 

19日、酒場(裁判官)と政府の発信についての備忘録。

そこはそれ。

体験した症状もあったので、診断書も、メモも。

 

 

同時に、

複雑化させて、コピーも困難にさせた。2018年の1月から7月の流れも。

執行された方々を、わざわざ思い出させ、

 

同年7月に私は何を何処で処理しようとしたのか、

これからあがってくるように、された。

 

 

…こういうのではなかった、

けれども、様々ありますよね。

たった7,000円で風力発電!? オープンソースなマイクロ風車プロジェクト

 

…ああ、

KazeKozo (マイクロミニ) 北から届いたもの…

 

経過を見て広まった?

 

 

「朝令暮改」と「記憶喪失」 | 新MUのブログ

 

会の解散命令要件、首相「民法不法行為含まず」

法令違反の解釈について。

 

「刑法等の実定法規の定める禁止規範または命令規範に違反」との判例がある。

「踏襲している」説明がなされ。

首相は「禁止規範または命令規範」についての考えを示した。

 

 

 

(不)(自然)ストーリーが導いているなら、

成分わかるはず。

 

アポトーシス

 

 

(そこから、あちらに)

他人が亡くなられたときに、どのような表情になるか。

横を見なくても(それなり)。

 

先日も(分かれ道みたいに)思って、記入したの。

 

 

「細胞が自発的に「死ぬ」ように」された「ワケ」

っていうのを、ジャーナリストが記事にされていて。

2021/03/21付

 

 

差別。

傷を負わせ、蓄積させ。

 

それら自体が、自発的(ではない)「アポトーシス」の原因で。

 

個体の状態。

 

アポトーシス」の生みかた。

「多細胞生物に進化したことで起きた“宿命”と言えそうです」ということにして。

 

生まれる前のこととしても。

間違い。

 

 

多細胞生物になることで、

同時に、数多くのDNAも存在させ、

「食物の中の発がん性物質やストレスなど」

 

(宗教とかカルトとかにより)傷つきやすく、

傷が時問と共に蓄積させていくものがわかる研究。

 

例えば、生殖を担う細胞が傷を負うと、

それは子ども、さらに孫に引き継がれていくことにさせるために、

関わってくる者たちがいて。

 

某団体や他も。

積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺。

 

プログラムされた細胞死っていう設定は無理でしたね。

 

アポトーシス」の筋書きを作って、

アポトーシス異常も制作され。

異常に注目を集められていて。

 

「DNAを切断して、消去する」らしい。

 

「自然」現象ではない方法 。

 

 

異様さの説明としても、しっくり。

 

 

早速、

無い画像を増やしてきたつもりの、異常。

 

 

写真や連絡先を破棄させられた、

人生を破壊されたので、

 

お作りになられた方々により、精算され、

破棄される。

 

もともと私の人生。

勿論、奪われたものは返還されるということ。

 

 

10月30日編集。

11日5日編集。

 

 

忙しすぎた、

2019年も、労働基準監督署に出向くことになり、

とのようにか利用されますと、場は崩れますか。

 

そのあとの騒動ですね。

 

 

それと、

(2014.4.11 https://katation.exblog.jp/21983797/)

震災の影響、成分も色々入りましたね。

闘い(日本での薬害事件・裁判)

抗不安薬や睡眠薬としてよく処方される薬剤の注意喚起と薬害裁判について

 

 

「労働者のスキルが落ちたのは何のせいでしょうね」

毎日現場を見ているので、分かります。

殆ど全部。

 

(Googleも)操作に操作を重ねられて。

 

 

(リンパ)攻撃。疾患。原因。

異常な抗体の出方。

 

異様。

 

 

他方、

少し前から過剰な援護をしてくださる方々も見られるようになり。

 

たまたま隣り合わせた方との自然な会話とか。

 

 

(2013年に遡り)

血管、血液の変容するかのような件を思いますと、

 

そちらに移動しなかったことを考えますと、

その後に起きたことは捉えやすく、

 

ネットを通して記入しはじめたのは、2016年のこと。

 

誰が、何を発生させたのか、ということですね。

 

(ですから)お会式に繋げる方々は、おのずから。

…という発動。

 

(十月十三日などに行う)法会。

(90年代、大本山の門をくぐったのは、仕事で)

鉦鼓

教訓抄、方磬。

木鉦、木魚、木鼓。撥、桴、枹。

 

日常に体験することになった(なる)、

包含される内容。

 

 

私に投げようとされた。

 

その感覚について知っています。

 

説明は、自分のものとの区別のつく視点となり、

三者でもある私。

 

 

つくり方 - a morphous

 

 

平和を語りたいなら、メスを入れるポイントは。

 

剥脱した子宮内膜が含まるとされるに至った血。

流れ出ずに宮から管の方へ逆流して腹腔内へ運ばせ、

付着させ、生育させた。

 

現在、発症原因として最も有力視されている、子宮内膜移植説、

という見解に至られた。

 

 

階下、階上、横、

連携。

 

自分を病気にさせてまで、呼びたがった。

息ぐるしさで、繋ごうとした。

母。

 

渡す方々。

膨大にさせた。

 

息ぐるしさ違いなら、自然は要らないとかで。

(母に)(その環境で)

日の出日の入りや星を見ないで過ごせるなんて、というのを、

やわらかく伝えたこともあったわね。

散歩にも興味ないみたいで、

かろうじて野花かな。

 

 

お陰さまで、あらゆる耐性をお任せできますので、

とらわれのない自由な暮らしにむかえます。

 

(11月2日朝、罵倒や侮蔑をされる側の方が寄ってこられ)

コピー、同調、抵抗、逆張り、忍耐、全てを獲得され勇ましい者になろうとされた恥ずかしさ(ふりきれてからの意味不明の行動)を、

体現なさる、その覚悟を見せられ、

 

気持ちも、肩も、楽になりました。

 

 

2003年、あのときだった。

それ以来の絶叫と、その間の彼是もお戻ししますね。

勿論それ以前の分も、今後も。

お力の返却をしていただいております。

 

曖昧なままでしたが、

説明が丁寧になされないまま、

進めてしまう風潮を作られ、

順序や中身のとばし加減。

行き先。

 

(書類は)複雑化されましたが、

簡易化されたものもあり、

順番や説明はシンプルであり、

 

混乱させた方々が処理することになります。

変質を試みようとされた、方法をご存知ですから。

 

(民間の)トラブルも増えるのでは。

 

 

相当な何かでした、その夜の体調も。

…要素のシャッフル感。腺も。

 

過去の要素の一つひとつが浮びあがり。

 

説明しきれない内容一つひとつは、

とばされた、とばすことを強要された中身の空(洞)に入ります。

(2022年10月26日 記)

 

 

(数ヶ月前にも、全く違う人物に視えた方々)

 

特異さが、文化を失わせ、

他者や家族を潰してきたことが分かり。

その損失たるや。

非常に、非情に、影響を及ぼされましたね。

 

地球どころか産業にも関心があるようでもなく。

では、どのようにして。

強奪分を戻されるのか。

 

手放されたもの。

美しいものを作る方々のことは気に入らない。

 

さらに、それらを利用された方々。

おおごと。

 

コピーというより、こそこそ。

使い方。その方々に責任はありますね。

どうするんですかね。

 

 

精算&新規かも。

循環を止めた方々と暮らせるわけない。

 

 

原爆忌立秋前後に分かれての季語になってしまったのですね。

そこで終わったのなら、

 

(間違いへの)称賛が正されなかったわけですから。

 

そこからも生をみてしまう。

 

戦うために発生した(生まれた)わけではないので。

 

ぶつかるだけぶつかっておいて、

状況を作られたわけですから、

ここにきて、未だ何かを求められても。

 

富裕が富裕であるための地球ではない。

富裕を入れても大丈夫というタイプの富裕ではなかった。

分け合うことができない状況を他者に押し付けた。

 

目的が違うというだけで。

 

可能なら、どなたか芯をはってくださればよかった。

 

どの道…芯からも出されて。

私は、その都度の(自分の)芯とともに。

 

 

ひとつの星のようでもなく、そのように見せることもできないのは、

うすら寒いだけ。

 

 

部分を消しました。

あらゆる「言行不一致」を含めて移動済のよう。

 

2022年11月4日付 群衆にのまれ 身動き取れず: 読売新聞オンライン

 

(生誕の日をめがけられ)

教育無償化。気候変動阻止。企業献金政党助成金廃止。なんてね。

2021年11月

✈️ F ✈️ on Twitter: "@miyamototooru ❗️驚きの桜🌸❗️ #岸田首相❗️#安倍元首相❗️ 「茨城6区」応援演説に「日当5000円」でサクラ動員 #総選挙2021 #東京10区 #池袋駅東口 自民党候補者の応援に #岸田総理が5時半に参ります📣 現れたのは6時40分 その時の聴衆は大勢に 【又もや日払いの桜】なのかな❓🌸❓ 自民党 は【桜】好き🌸 https://t.co/gQWSf5ZXZg" / Twitter

給食って大事。

(学資)保険って大切。

(使い込むと、人権抑圧も)見えなくなる様子。

 

お見舞い発信の、有無については。

令和4年10月30日 お見舞いメッセージの発出 | 総理の指示・談話など | 首相官邸ホームページ

 

踏まれている側が「足をどけてください」と、大声を上げても、

「足を踏む側がその足をどけるまで、どれほど大声で痛みを訴えて証明して大勢の人の共感と支持を」

獲得できないように働いて、

 

お仕事をされなかった方々。

·

(11月3日の呟き)不利益を被る側が、そして社会的にもマイノリティになる側が

丁寧に、言葉を尽くして理解してもら」えない、ということは、

まだご存知ない方々。

 

「歪さを感じる」

 

別地でした。

 

入りますねえ。

(操作の絡む中書換)

木工(だった方々)も様変わり。大変ですから。

 

 

殆ど異なる世界の方々に視える。

地球外の方々。

支配狂でしたね。

 

他の例で説明しやすいのは過去。

 

違う人物に視えました。

(確認したのは80年頃の、風の1シーンです)

(当時の別のシーンも付いて…)

 

(私の認識が変化しました、という)

それはそうでしょうね。

 

 

子育ての頃とは別物。

その後も。

 

 

お…給食おじさんも熟される方に似せてこられ…

給食って、大切。

あの映画を見て、笑みがうかんでしまうとは。

 

 

凶暴性のほうを透けて見せるお面、仮面を付けられても、

内容を見ることは可能になり。

付けられたもの(傷)は戻されます。

 

恨むべき中身、内容を発信される方々から、既に症状をいただけない、

悪用できない類いの奇跡ですが。

 

 

(再)離れたと言っているのですが。

 

わざわざ、因子を繋げている様子は伺えます。

 

(…湖水地方にも、わざわざ凄惨さをもちこまれたのかな)

 

騒動へ多大な影響を及ぼされた方々。

恥ずかしさも手放されて、あるいはそこから。

特異な部隊をつくられた方々。

 

まるで、そのひとりから生まれたかのような物言いをなさる方々。

残虐さの限りを尽くされても消えませんか。

 

違うんじゃないですか。違わないんですか。

多様性ってことなら。

 

過干渉は維持に関わりますので。

不可能方面から無理矢理繋がるのは止めてくださいね。

 

気づいています、4日のことも。それ以外の日も。

 

鎮痛薬が効かないというほどの。

世代に渡る問題。

子宮内膜(増殖)症の治療を必要とします。

 

当然、他のものも出てきますね。

「移植周期」(D7)の腹痛、

「激しい腹痛、呼吸が苦しい等の場合は夜間でも産婦人科のある救急へ。 胚移植(FET)周期中 受診日について 移植周期開始で生理5日目までに来るよう指示」…

「夜間や早朝に呼吸が苦しくなると言うのは、睡眠中の自律神経、ホルモンの変化、体位などが関与していると考えられます」

体外受精では着床率を高めるため、黄体補充をおこなうことがあります」

 

その(一人の)患者を作らないための。

 

糸口ともなる涙、痛みなど。

寄稿投稿は見られます。

 

記入すれば、その方々に圧がかかる発信がなされますね。

心苦しさの悪用。

 

気持ち云々以前の。

物事を事務的に行う部分や段階の取り込みを間違えてのこと。

 

 

muonには記入しなかった。

「いと になった くさ と き」

今でも、行っている個人の方々もおられます。

(絹や麻の)糸のつくり方をご存知ですか?

 

 

 

とられない

16日、編集。

奇麗な風景をみせる場は、そのままそこで佇んでいるような醸しを見せています。

 

住む方々には毎日見える景色。

 

日常から逃避するかのように、

あるいは、世界から離脱するかのように、

 

訪れる人間にとって別の世界であることは、大人も子どもも知っています。

 

自然なことです。

 

 

自然との関係、自然免疫の壊され方も。

 

 

個人に対して、そこまでの搾取をする必要はなかったので。

しつこい階下を置くことにより、

獲得分、取りこぼされないような方々は?

 

 

そちらの「外交は、通常外交官の1000人分ぐらいの効力があるといわれております」、この日本の機関を表す文章では検索できませんね。

効力って。

おもに日英米の、支配されたがる方々の協力により維持され、

経済も強奪にコーティング、他の足りなさに押し付けて見せてきたわね。

 

自然とは相容れないものでした。

自然とのお付き合いも、ふりみたいな。

 

虫を増やされる手の入れ方も、わざわざ。

飼いならす、とか、されたかったのか。

責任者。

 

 

ですが、管理問題など考えられ、

(仏像の道でもなさそう)

樹木とともにおねむりになる…(手はずを整えられ)

 

近い方やペットが亡くなられた様子(よく聞こえない)

 

増えそうね。

 

(もしや、例の遺体処理法って)

 

 

排水口の件だけではなく。

(殺虫剤や漂白剤)適量、気にせず使いますね。

 

 

掘削して楽しむ、

ひたすら前だけを見て運転に集中するようなシーンでは、

自然のせいにされるケースもあるのね。

擦られることはないでしょう。

 

ゲームをつくる側の散らし方かな。

 

 

会見を中断させた方々、による再。

20日午後2時ごろ、某“教会”による記者会見

様々なパフォーマンスを用意され。

 

・政府の質問権

・アポなし訪問

・会見中止要請

3点では足りない、足りること知らない様子。

 

90年代の対応から、積み重ねを増やされて。

 

 

私は語りたくはないわ。

 

 

付き合う気もないのに語りたがる方々も。

怒らせるばからり。

関わりたがり、失礼すぎて。

 

病院も刑務所も、わざわざ変質されたがり、

 

自然の中でも癒やされず、意味ない。

失礼であることを前面に出したがる、住まわれ方も。

 

自然、地球には居たくないことを示されて。

 

変えたと言いたい様子で。

(インターネットの)情報空間も。

 

狂犬を放ち続けることは迷惑なだけ。

害の少ない犬で覆うことも拒まれた。

 

自然から目を逸らし、画面を見させたいのよね。

他に行けば。

其処で、地球より凄いぞ、と自慢すれば。

 

このように、やりとりではない、機械的なだけ。

 

通り過ぎるようになった、ということで。

 

 

「自然」に同調しない、できないとか、様々な理由はあるとして。

 

お名刺代わりのようなもの。

 

 

(お名刺をいただいた方は、免許をとったのかな)

 

無視されないですね。

 

欲望の大きさ、中身、過剰さ。事後処理。

 

機械での処理となって。

精密であればあるほど、メンテナンスや調整や修理に技術を要します。

(何度か記入していますし)

記入しなくても、生きていて普通に体験すればわかること。

 

 

どうやって手に入れたのか、自覚されることはないですよね。

 

「文化を人間から切り離して考えることはできない」

「危機にひん」する前に、どのように(利用)して手に入れたのかを、

思い出せますか?

 

 

あなた方の欲望(の後始末も)、あなた方が処理すると、

免疫だけではない、人体、大地への影響があることを、

膨大な寄せ集めをされても、理解されることはないですね。

 

何処にゴミをまき散らし始めたときに、

成分の組み合わせも、見て聞いたから、程度。

他人の心身で実験して。

同意をとるとかとらないとかさえ、浮かばない。

気づくことさえない。

 

真?

だったら、何故犠牲が出続けるのか。

 

痛みから発生させたことを、こうなるからいいでしょ。

と、押し付けてきただけ。

 

(効果、副作用、後遺症って、何)

 

 

用語などだけを掬って、取り込まれている可能性をみています。

そちらの方々は、あまりにもイケイケで、コワイいくらい。

 

エピソードを書かずとも、思うか浮かぶか過るかで、

(変な)童話でこわがらせたり。

 

 

私と娘のホーム(防寒)グッズを、

あんなふうに(ありえない)変化をされ、

虚ではなさそうに見せてこられたのよね。

 

残虐の正当化をされたことによる現象の、

別名は「洪水」かしら。

 

どれほど抑制したか、わからないほど。

 

 

ひらがなの行に反応されたのは、

押し付けがましい(cnn)SNS、(証券)会社。

午前10時前のことよ。(2022年10月15日)

 

10時過ぎの(cnn)SNS(お爺ちゃん)発信は、

お辞めになられた方の型でお洋服を着せられた、

中身の異なる、似てもいない、

非なる、お人に見せる形。

 

学生にも「うっかり」巣食う、宣言をされながら。

操り方を見せられています。

 

Post real news I wanna know what’s going on in the world…

 

そんな要望を無視されて。

 

(お爺ちゃんの声が届きます)

リアルね。

 

(16日)「300,000 を超える」「手作業で目をくらませました」アピールがあります。

ご趣味でも、仕事でも、

タイミングを破滅に合わせてこられ。

 

多方面に背負わせたことを隠されない…

 

 

誤解に使いたい方々もみえて。

 

 

余剰とか余裕とか、

 

そこまでの押し付けや拘りは…無くなったら、

広く考えられるようになるのかな。

 

それらを早速お使いになる方々。

 

 

使い古された、

 

操作でもあり、操作という簡単さでもなく。

 

追い詰めて悪用された(写真も)。

私に、同意なく行ったことを忘れませんよ。

 

それらの物事や。

 

 

それでも。

 

同意をとるとらない自体についての劇、

業務時間内での(一人)「争い」だそうで。

お相手している方は、事情を知っているので。

 

(私の居ない時と場で行われているみたい)お知らせしていただいた、14日でした。

ご一緒のときも、(私は)争わず。

 

(量も要るし、速さも必要。何かを見て気に入らないと思われたとしても)

たたかう理由はなくて。

デリケートふう空調問題には、端から参加できない感じ。

 

 

そう思わせるに至らせた方々。

 

はずされましたが、そこにいます。

まきこまれないので。

 

 

それと、くだらなさから押し付けられない、

業務になりますので。

 

 

そこ以外からの攻撃はなんでしょう?

加算されますので。

 

ご自分たちの行いを寄せ集めての、

大きな存在ではない、巨大なハリボテづくり。

 

 

なにかの研究を続けたとしても、

 

仮に、元通りの記憶になったとしても、

娘に行われたこと、事実は変わりません。

 

発信のタイミングも中身の出し方も、

(いつも呟いていたのよねえ)似てる。

(鉱物や気も交えるようになりましたか)

起こされるテロは続いています。

 

偽善だけで殺そうとした方々から、

おしはらいをいただくだけになりましたね。

 

同意なく、命と(まるで)ひきかえであるかのように、

装われても(脅迫されても)。

事実ではないので。

 

精算分は精算されるということだけ。

 

 

目立つところに。

無から…取り出して駆動される…定性とかもあったな(それなりの顔)。

 

 

移動前後には、ちょっとした梱包開梱をします。

 

強引なやり方での、自分の思い通りしか受け入れて来なかった方々は、

手を止めてまで操作をしてこられます。言葉にコーティングを施して。

 

逃れたいのか。

 

でもね、洗脳されたまま、

(次に)何処で、出た途端に横を見て、よこどりとかではね。

 

画面を毎日欠かさず見て、あきらかな整形を見ない方々。否定され。

反対しないと駄目と悪魔にいわれたか、脳の操作か、効果、副作用、後遺症か。

 

別人が出てきてもわからないとか、気づかないとかで、

悪用されちゃう。

 

そういうの、支配者からかけられて、

幸せのほうか。妬まずにすむほうか。

幸せそうに見せているだけか。

 

 

私は、「合わせるから」とは言わずに。

こわいでしょ、口をはさまないよう、黙っていましょ。

(合わせているように見えるかな)

自分のペースをお任せすることはありません。

 

 

(このあたりを記入したあと)全く通じない方々が、

延々持っていかれて、

糸口を壊すのよね。

 

デリケートな問題、細かな記入をするなら、

臍の緒を通しての経過は、視られるようになりましたよね。

 

胎内やりとり…

そのとき一対一が多いわけですが。

 

経て。

そこから、というか。

 

自分のものごとを見て、見なかった、

自分のことがわからないまま、

はじめに他を見てしまった。

 

生まれて直ぐ、殻を破って直ぐ、他者から奪う、投げる、殴るような行動を誤魔化されてきた、と。

(ウィルス?細菌?)

(語り口は他人ごと)

 

ゲーム自体を奪ったとかかな。

 

他人に選ばせ(て責任を押し付け…)た、責任。

(法則というか、破滅させたい道)

 

技術のやりとりを語りたいなら、DNAや要素で分かっているのでは。

そこを否定されたいために捏造されたなら、

 

やはり「地球」の人とは言えない。

 

そこが最初の遮り、

その方々は地球人にはなりたくないのよ。

 

何度も言わせることもそうね。

 

 

体温、空調の調整は頻繁になったみたい。

 

他者の独り言の音量が気になるようで、

(夜中眠れない件に繋がるかな)貪欲な獲得ぶりでしたからね。

(先取り、集音後の擦りはできませんよ)

話しかけられているのか、独り言か、わからないから止めて、と、

独り言の多い方から言われましたので、

 

(17日、ダメオシきましたので)

引く額の数字が大きすぎる理由だわね。

 

(私の耳に残してきた分量だから)

精算になるの。

 

嫌がらせ、言いがかりは、既に地球離れ。

それと、同じことを行っても自分たちはゆるされるかのような、

地球外ルール。

 

強弱や抑揚に気をあたえました。

 

絵に描いた林檎が落ちそうとか、落ちたとか。

 

 

…共有できることは、はっきり話したり。

 

 

(話題づくりをした時期は、何時頃)

 

あなた方が、一人に押し付けたこと、とは言わなかったけど、

増えたから、ひとり言も増えたのよ、

とも言わなかった。

 

あなた自身の始終ひとり言に気づいていないでしょ、

当初からだったね。

というのは、気にしなくなります。

 

同意したのではありません。

 

腕がよかった…灯りの消えたかのような…方と、

 

気を異にしたという。

 

(誰かの声が)聞こえる、とかいう耳にも届かぬよう、 

 

届くよう、交代。

 

何より、医療(や、うちの娘の件)を、どうしてくれるのか。

お使いになられ、引っ張った方々。

 

半端ない押し付けがましさ。

わざわざ洗脳されての誇示。

つまり、ご自分は内容はみえず、勘のよさでぶつけるものを探してしまう。

 

応報。

 

特異な能力開発をされてきた方々、

 

(地域の)お仕事や教えのほうに進まれなかった、

故郷って聞こえて止めたのかな。

 

戦闘や搾取の引きによって、故郷を示すものが判り。

糸口を全部破壊されたというのも分かり。

 

物事の善し悪しの行き過ぎた解釈、

帰結主義の方々の帰結、帰趨。

 

地球の中の(故郷での)貢献を手放された方々は、

当事者、きゅうせいおじ(い)ちゃんの声を聞くことになりましたね。

(誰の声を聞こうとしても、という域)

修復作業を忘れた、おばちゃん達のバージョン、声は既に流されています。

 

言語はわかるだけに、別の世界(そう言える感覚になり)、

イライラされますが。

 

いつも、普通に過ごします。

 

 

「先にこっちをやって」「段取りが悪い」

 

 

生まれてから、自分の中で「先に」おこないたいことや、やるべきことを遮られて、

 

アートに昇華…“葉っぱ切り絵” 2ページ目 | ORICON NEWS

 

病気にされ、病名を拵えられ、

 

「あなたはどうしたら仕事がしやすくなるの? 合わせるから」

上から目線で語られ。

 

そんなことは、

 

きびしすぎ〜、の、

 

わざわざ異の方々に聞かないので。

 

 

備品。鉛筆。

昔のが出て来たりすると、買う機会は殆ど無くなって。

 

(楽譜やデッサンの事情は知らなくて)

(折らない)

 

(しるしをつけるために)

けずるのは(えんぴつだったり)。

 

 

工程…

材料、デザイン(改良)、制作、技術(差)、とか。

工房工場、倉庫、管理、広報宣伝(販促)、流通運搬、事務、(受注配送)(ネット(メンテ)や催事場(搬出入、展示、販売員))あとなんだろう…

https://mobile.twitter.com/9t89ygbtoiM4Emy/status/1579451417047494656

 

過剰搾取、(マフィア)他は…

 

 

運ぶ道づくり、維持、補強改良…

(超電導のほう)懸念

 

 

壁に描かれる絵は、

オークションにかけられたり、

葉っぱの物語も、作られたりしたんですね。

 

 

(14日)ショールをすぐに取りに戻った。

置いたものを忘れやすい。

 

記憶を操作されても、

私は、擦りを受け取ることはありません。

 

 

娘に過酷さを押し込んだのは、

無いはずの鬩ぎ合いでしたか。

 

 

(別室に専門小売企業名を出しました)

記憶が無い部分があるとか、

覚えている人間の脳の操作をして、とかで、

無かったことにはならない、ということ。

 

通りやすさとかの勘違いを、多々生んだことも問われ続けます。

 

歴史というだけでなく、

老舗とか、

潰す勢いだった。暴走だったことが分かりますか?

 

 

親が、子どもの極端な彼是の対処を優先せざるをえない状況をつくる類いの操作は、

揶揄を越え、嘲弄に至り、子どもも一緒に増長させて。

 

状況だけでも困難であるのに。

輪をかけ、層をなし…

記録されました。

 

 

…告白をよぶ。

お休みの日には何度か試した。

最近朝起きると、体中が。

パジャマ(今のところ下)に、おおきめ被りワンピとかで。

 

(パジャマで過ごすかとかの問題には繋がりません)

 

外出。

ついに職場へも、一度。

仕事は、そこそこまとめています。

 

朝、選ぶことも迷うこともない、体調。

 

ですから、

私は自分をかまうようになります。

 

 

ぶっちゃけ、(我儘爺だけではない)

かまってらんないのよ。

 

 (そしたら親がそれを悪用して)

 

 

エネルギーを強奪する方々に、

合わせることへの強要により、

 

風景は損なわれてきました。

 

ネオン込みでのその限界、線を超えてしまったのは、

言うまでもない、

言います。

(エネルギー)(電気)産業の溜め込んだツケによります。

 

 

18日編集。

21日追加。

みる苦 とかすイサン

私のまともな行い、まっとうな日常。

私が世帯主のときも、家庭内にいたときも、病めるときも、小康のときも、

家計のバランスをとったという事実は実在。

 

過剰な均衡のとらされ方を、押し付けられたのも事実。

 

 

繰り返しますね。

私は、娘の症状に不可解な点がいくつもあり、調べはじめました。

 

参考にされ、善処されたのなら、今の惨劇はありません。

 

攻撃を繰り返しながら、わざわざ「16㈰ 雑司ヶ谷鬼子母神 御会式大祭」ご紹介ですね。 

 

臍の緒っていうのと(それは一時期)、

私と娘の通路があって、特化しまた。

危ないときに知らせがきますように。

次元が同じでも、そうでなくても。

(御会式は、精算分もありますね。私と娘に支配されていますので、宜しく)

思い出を詰め込んだという程度のことで。

それと、親子だけでなく介入される巧妙な医療。仕掛けを見た者として。

 

その暖かさが虚でないなら、テロは要りません。

燥ぐことや騒ぐことで遮る必要はないです。

 

嘘だそうです。

メンタルを破壊する方々は、放っとかれ、溢れさせるお役目を全うされていますよ。

 

追い出すためのテロなら、この2年の度を越えた出られなさはなんだったのか。

留めるためのテロなら、何故そこまでのことをしなければならないのか。

なんでしょうね。

堂々とした、卑怯な嘘つき申告が許されてきた地域、国。

 

労働者に圧をかけ「労働市場を弱体化させる」計画だけでなく、

 

ここまでお酒も貶める、作用や風潮を放っとく。

それとも日本酒の始まりに、どうしようもないサイコ気質を入れたかった?

 

人員は記入が始まればお開きですか。寒いわ。

 

家族でなくても、暖かさを知っておけば。

暖かさを知っても、そうなってしまえば…

 

交番が入る機会も何度もあったというのに。

 

(いずれにしても嘘つきは迷惑。支払わない。私と娘をコピーされワープ(虚ですね)でもされるのでしょう)

(その前に、お墨付きの私と娘の真面目さを、ありったけ押戻すかのようにしますね)

位置に嘘を入れ込まれた、という情報に集る。戦いは別の方々とされることでしょう。

 

気象も定まらないわけか。

私が普通に寄れば寄るほど、娘との会話が参考になればなるほど、

症状の複雑化、増殖、悪用ですか?

 

他者への擦りは見られますが、

エネルギーを奪われたときの人間の苦痛についての解説は、いっこうになされませんね。

苦痛に思ってきたことが、わからないんですよ。

あるいは、わかっていて行える方々。

 

覚えていますよ。

ウィルス側の気持ちであるかのような、侵入時の描写。

個の苦痛は無視されるかなような記述。

紛れもない、テロについてのこと。

 

その個が無理になったときに溢れ出し、

それでも投げる方々のことも。

自分には症状が出ない環境作りや、誇示も。

 

ぶつかっていることを自覚されず、

自覚されても、うまくぶつかってこられ。

嫌いだと仰りながら、(へらへら)寄ってこられ、多数で奪う(ことの正当化)。

 

恐怖を薄められたことも。

それらは、そのようなことをされない方々との比較からも証明されました。

 

 

このあと、水や気温が撹乱されなくなり、

気質は濾過され、熱燗の美味しさが戻ります。

 

時間がかかりすぎて廃酒にならないことをいのります。

(私もたまにいただきます)まっとうな日本酒、居酒屋も残ることも。

 

 

作られる病気のほう。

実際、あの症状の出方だと無理ですね。

娘も困難な症状の中、実に細かなニュアンスまで、よく話してくれて。

それこそ、かゆいところに手が届くような要点でした。

 

変だということ。

操作を分かっていたので。

それを聴くことができたので。

 

それができなければ、命が失われることになったでしょう。

実際、あの症状の出方だと無理ですね。

 

介入している物事に気づくわけですが、

気づかせない働きも同時にわかって。

 

自分を犠牲にすることも拒否した。

 

この話は、更新を何度跨いでも、永遠に忘れることはない、

お墨付きの、エネルギーも、手間暇も戻りましたし、

機会はわかりませんが、その虚に対しても、語り継ぐ所存です。

 

あれほどの細かな会話は。

 

職場では、娘より若い方が打ち明けてきました。

萎縮することなく。とても詳しいことまで。

 

 

いずれも、悪用されたわけです。

虚が出現しようとすれば、溢れ出す、滲み出す仕組みとなりました(10日)。

 

 

予言や神示や宗教をベースにする方々は見えて。

そこを傍観して嘘をついて騙しながら(お酒を)売る方々も。

 

 

仏教伝来については空海を思い出したり。

 

日本書紀』という書名。

戊午年(538年)百済聖明王がはじめて仏像・経典と僧を送ってきた、と。

 

欽明天皇13年(552年)聖明王より献上された仏像を、蘇我稲目は小墾田の向原の家を浄めて祀った、と。

 

日本書紀の設定では向原の家が日本仏教伝来根元最初の寺だとか。

国内で疫病が流行したおりの擦り合いも。

原因を仏教を受け入れたせいだとされたり。

 

「仏教」変質狙いについての記述はされず。

 

(ここに、某ヒーラーによる、それほどまでに自我は自分を騙そうとするというフレーズを入れます)

(私は既に、騙す騙さない、というふうな容易な場にはいませんが、騙されては生きられない場なのも事実で)

 

第10代崇神天皇の時代に疫病が大流行。

多くの人が亡くなって社会が混乱したという記述はある、と。

天皇三輪山の神を祀らせ、八十万の神々も祀り、神社制度を整えると、

 

収束したとしても、しなくても、

 

現代の経緯は参考になります。

 

 

ぼったくりに利用してきた方々の様子は、明らか。

 

「一般」目的に利用するためにも、

精通している悪用しない最大値をみることになりました。

 

 

「一般」の目的にそぐわない使われ方。

カウンセリングもそうでした。

私がうけたのではなく、

ちょっと聞いただけで、

あらあら…と思いましたから。

 

そんなことされながら、娘の経過を見させられ、

彼女の何処かの小康を境に、

境界性の症状を持っていかれて、

そこを抉るような解決が模索されることになるわけですが、

 

緩みをゆるさないほどに侵食され。

 

(本来はそういう面もありましたよね)悪用され、拗らせられた。

「低姿勢で穏やかに伝える事が大事。重要なのは「正しさ」より「優しさ」。相手に寄り添う姿勢が大事」

今から、そちらに入っていかれる方々に気づかれないようにされた、

覆いをかけた方々が、相当「正し」くなかったことによる手遅れ状況。

 

難所の症状(作用機序撹乱、誤使用)や、逆に働くほどの通じなさ。

ここ数年で。

(私に行われた残酷な物事、10日の攻撃も乗せられて)

 

更新させるための方法は(諜報系から伝わったり)、

ネット上でも拡散され、階下でも(芝居は見られ)、

誰が始めたのか、競争してでも野蛮さの維持ですか?

 

境界性の症状をさらに酷くされて、

 

(医師から娘に告げられたものごとは手を離れて)

手を離れた。頑張って生活の質を改善したわけですが。

騒動を体験しながら、絶対的な道の作り方をしなさいね、と言われたも同然。

 

(手放されたと捉えたとして。物事をどう扱うかが、過剰に間違う方向が問題)

質量無視でハリボテを作ろうとされ、

法則にさえならないものを信仰できるわけはなく。

(問題を放っとくのは、行うことがましかどうかを考えることの拒否か?)

(でも、放置すれば厳しくなるのは分かっているわけだから)

 

厳しさが増され。

ハードルについて記すことになったわけです。

 

その類いのカウンセラーは対処可能な要素をご存知なくて。

マイナスであり害を配る、無理だそうで。

 

寄り添う「優しさ」(に介入されたもの)込みのバランスを思います。

 

そこまでの深堀でカウンセリングをしなければならないような、

押し付けをされたということで。

某逸脱カウンセラーが仰ったように、減らすこともできた筈。

 

精算、「地球」外、というのが頻出しているのも、

破壊や擦りのせいですので。

 

ですから、逆に間違った優しさで「正しさ」を破壊された、妄想。

その始まりの頃の様相の再現と捉えることも出来。

 

このような増やされ方。

「宇宙」外、外から目線の(攻撃を語る)方々ですね。

 

思いだけの顕現でも、破壊に繋がり、無くなります。

 

正確、基準の定まりと同時に物質化は無くなる筈。

ですが、

おかしいですね。(10日は)街中殆ど長袖着用でしたが。

(気温表示)数字が変。工作洗脳誘導チャンネル内での?

(既に別の世界か)

 

それとも、

出たいのに止められた、その地の、

寒い歴史の出来事による雰囲気ものとかかしら。

 

 

「当分」

(極度)

その度にものをおいた場所をわすれるからね。

ええ、もの自体から覚えられないという。

 

あと、簡単な字や用語も都度調べるほど。

わかりやすいです…(9日編集)

 

(10日記入分は、このあたり)

短期長期記憶とか繋がりどころとか、優先される物事。

 

忘れれば忘れるほど。

(彼女が子育てを重ねるほどに)

 

え?そうです。その質量のことについて、です。

 

そこまで違うのか。

その差が額になります。

 

(家族と一緒だったときも世帯主のときも)家計のバランスを見ること、

いつもそれが、私のまとも、まっとう。

 

そう、それです。お巫山戯そのままでもお支払いしてね。

攻撃あっての記入になりますので、後の嘘を聞きたくないわね。

 

 

わざわざ勘違いされてきた分、ご承知、ということだそうで。

「地球」に対しての残虐な行いが「事実として恐ろしい」だけです。

 

 

 

その時点(2003年前後)で報酬を取ると破綻する域は、

既に分かっていた。決定していた…

「ひとの心やいたみのほんとにわかるひとだったら、いたみをかかえるひとに多くを語らせはしないだろうに」

 

 

そういう土台での何かを推進され。

痛みはそこに置かれたまま。

 

 

どなたと居ても、シェルターとともに。

当分。

 

あれから3ヶ月経ちますか。

視る工。果てしない。

頑張らずに。

得る、毎回。

 

盗んで「わざわざ低下」した方々から能力だけでなく回収もしている、という意味もあります。

 

無礼、失礼な、

あらゆる現場に未処理分を、(私は100%置いたまま)

私にとって必要なものとともに(近々戻ることになります)。

ずらされたのだから戻るとはいわないか。

(都度都度入れ替え)

 

投げられても。

私のものではないので。

 

私の人生に起こされたことをご存知ですから、

残酷さは見え見えですが。

戻って似たようなことを起こされたとしても、

 

未処理分は強奪(備蓄)側のもとに入ります。

っていうか、その方々の所有物、当事者だもの。

 

 

ここ数日で、矛先(向き)が変化していることも確認。

 

 

痛みや傷みを知った。

わかったと思いたい方々。

 

(あなたが今痛いところは?傷んでいる部位は?) 

いたみが感じられない方々、

 

とり方がうまくて産業は。

 

降ってくる何かを見て、

(降らせもし)みられないふりの目。

 

破壊者、協力者。

 

零や一の位置がずれたまま、

「わざわざ”お祓い”」(する、しない)なんて、さきどりの時期尚早すぎ、遅すぎではないかしら。

表層上辺の改築(の速さ自慢)は、協会ならでは。

 

紹介されている…

 

物質の表面。

物質の吸着と脱離。

測定することが難しい「状態」だったのが、実際に表面の構造が確認できるようになった。

1950年代に、高真空状態にすることで表面に余計な原子・分子などが付着していない洗浄度を確保できるようになった。

理解されないことを悪用された複雑さからノーベル賞授賞者に「表面は悪魔がつくった」と言わせたのだそうで。

 

(そちらに流れたわけですね)

 

シェルターに入らなければならない環境。

 

争うようにみせて(平和に)同じように、ぼったくってた方々ですから。

「知識も経験も技術も」盗むことに慣れた方々、それによるお金面の振り幅誇示も、

「かつて」の参考資料は、参考というより同じものですからね。

 

いたみは止まらないわけです。

 

「地球」外での復興を目指される、というふうに、

断面、面、線、点といった要素が入力されますが。

 

 

看板になんて書いてあるかしら。

「at home」な家庭には。

「病棟」はなんでしょう。

 

規模は。

大風呂敷を広げたか。

大袈裟か。

 

こじんまりにも ふつうにも

 

子どもが困っていることに、母親が気づけない。

母親が困っているときに、子どもがつけこむ。

 

父親も。

 

 

思ったとおりの反応、

その幼さの誇示、発言連呼を支える土台を空にもとめたい、と。

「思ったとおり」に動かれますね。

 

(7日付)2017年には「大学の最もクールな8人の教授」のお一人、

有機化学の教科書執筆にも携わり、暗記ではなく問題解決に焦点を当てた指導法を開拓したと評されています」ね。

「学生たちは」「パンデミックにおいて」

「勉強を怠っており、学力が急速に低下していた」との主張に対し、

 

厳しすぎると言いたいようですが、

 

塞がれたり、

わざわざ低下させ、マウント取りですからね。

 

災害や騒動を起こされる度に、わざわざハードルを高くし、

振り幅を作られて。

 

「一般的な目的」

私が会話する方々殆どは、破壊的ではなくて。

撹乱したいのでしょうけれど、

 

 

わざわざ上げた。

 

1950年代から必然にむけての工作を積まれた、と。

 

生まれた方々。

 

 

BETA - 和音

 

かくれないですからねえ。

 

(お詳しいのは「族」内外についてだけではないので)

 

 

ミセル化ってだけで 酪 感

 

破綻理論でこねる理屈

開始前から存在する

患者の多さかねぇ

 

基礎疾患

10月6日 4:11

 

 

 

「虚空」「空間」「天空」を意味する、

阿迦奢の利がみえる方々による、利。

 

 

 

(90年代には決心がつかなかったとしても)

準備をしていたでしょう。

 

それほどまでのいたみを、まだ痛みに変えようとされる。

 

痛みを抱える人に多くを語らせる、

組めないと言わせた方々。

 

 

あれをどうするか。

自分はどうするか。

 

教えたい、知らせたいものとは。

 

 

掴むもの

つかまされてきたもの

 

探るなかで、コスパも見て、割合を変化させる。

(遮られてきて大変すぎた場合、数字が動かされたとか止められてきた、ことに目が向いたら動かせるケースも)

 

目を肥やし。筆に力をつけ。

そこに入り込もうとする(文化を投げ捨てた)方々を往なす。

散々圧をかけられてきた、その分量は膨大。 

 

(そのバランスの)変化は、金融商品を転がしてきた方々を引っ込めて。

 

その波及効果。

寒いときに、毛布を奪ったり押し込みすぎたり、コートを(他者に)着させなかったりする勢力を弱め。

(道も色々)

 

私も道筋を付ける過程。

行い。

ごくまともなものだと裏付けをいただいた感じね。

00年あたりには、ここまで遮られることもなかった、

 

通じなくなりましたね。

 

(想念、物品)処理処分にあたり、自ずから通じる方に入ります。

いよいよ梃子ですね。

 

 

(6日には)以前から最近までぶつかってきたりした(逆方向からすれ違うこともあった)方が、

止まっている私の前を挨拶しながら通り過ぎた。

 

 

「数々のテロ行為や破壊行為によってサプライチェーンが破壊され、モノの供給が追い付いていない」

破壊されたあとに、変化があっても、

変化の分や打たれた影響だけとも思えない。

 

供給のゆっくりになる面を見ていますが、

 

密度や質や量の変化、心変わり、

「反転」「崩壊」「破綻」の側面に欠如の孔や溝、凸凹といった変化済みの要素がありますので、

そこから引きます。

 

塞がれたり、密閉であっても、そうであればあるほど管状という確実な線が可視化されます。

柔らかくみせてきたつもりの強固な意思も、

辟易側の力になるよう注がれていることにお気づきでしょう。

(動かないなら原因対処でしょう)

 

 

(先月からの加速)

何処に何をはらうのか。

 

おどるなら踊るで、心身の、何々、躍るとか。

 

(足も手も、会話でも、機器でも)

調べることでも。

 

 

撹乱に対応される(無邪気さ、呑気さ)。

あらゆる痛み傷みの対応対処は急がれます。

 

 

(上の加筆の前、この記入のすぐあとに着席された…6日)

 

此処の更新の操作を思えば。。

 

「日数」「増え」とか、気の長さ等などで。

(現場で)細かくみながら、

(撹乱、しかも)「せっかち」をお相手されているみたい(な大変さ)。

 

「腕のある」人員で「計算することになる」と、

(既に諸々計算され、明確な数字をご存知)

現状はなかなか、それでも「やらせる」。

それが「妥当」だと。

 

(フザケの合図があると)

辟易も限度超えだった。即、発。

要素をよく知っていらっしゃる。

具体的な、それなりの、名称を出されていました。

(まとも設定のまわりの方々の中のお二人の会話より)

 

 

お巫山戯を出されすぎた方々は、お聞きになっていたようです。

 

役者であっても、道をつけられたことに変わりはなく。

 

まともな人間のまともな会話の意味を知っていての行い(犯罪)だと、

知らせたいのでしょう。

 

深刻さの申告は、擦りのゆずりあいに他ならない。

 

先に取るということは、

この上なく感覚を薄めたことでしょう。

 

 

例。

(「鉄道狂時代」より)

拡張費用はかなり過大なものとなった。

光ファイバーを敷設する経路を提供することにもなった。

 

幼さの押し付け、嫌いなら出なさい。どうぞ。

そのしつこさにより、犠牲(者)を見ることのできる成熟を求めることになりました。

 

生態や景観。

多基準の最適化。

(加速を必要とする)

 

 

因縁によって生じたもの、

我体・本体・実体と称すべきものがない、空しいほうの、空は。

 

みえない、みえなくなる機能を進んで獲得された方々。

 

膨大ないたみを齎すものでは、あってはならなかった。

 

「救助」他、捉え方。

https://www.tvkanazawa.co.jp/program/moment/article_005.html

 

その量を先に送るという、人間では考えられないような差、

 

人間ばなれした方々の手が賄いを投げます。

 

 

虚と組み合わせるものは、無。

 

 

何度となく宣伝されている方がいますね。

シンガーソングライター、音楽プロデューサー。

「作曲家として楽曲提供、アーティスト・プロデュース、ミュージカル音楽制作、俳優など」

 

臨時ニュース、どんな剣。

 

次元。

習っていたことと、我流のもの。

休み時間に奏でながら、歌声披露。

 

「だから」「かくれられない」

目立ちすぎのことかしら。

 

「俺を使うってことは」「覚悟」「(笑)優しく見てね」(エガフェス)

 

 

文化の扱い方、使い方。

 

人間性、社会性の欠如。

 

過激派組織、

(未処理分の入り方)

かつてコラで何々の際に(心と愛の欠如、枯渇)合体され、

燥ぎすぎ、巫山戯すぎ、騒音を出される酔人の油のさし方は、

 

リアルな描写で書かれはじめ。

宗教介入にもなって、

取り返しのつかない犠牲を出した、その仲間である騒ぎ方。

糸口の音も居場所の表明。

 

損害ははじき出される数値だけでなく、

身を持って知っています。

記録や記憶だけで済むような生易しい物事ではありません。

 

 

「呪術の一種であれば」

「どこに仕掛けを施したかは秘密にすべき」だとか、

 

「秘匿され」

「遺詔が書き換えられるとは知る由もなく」されることをよしとされた方々、

 

それ自体をみる。

 

(道にある物を拾うときにも)

 

位置情報は精密。

 

反応が無い、薄すぎる、逆行(締め付けのほう)は、「地球」外の方々ですから。

カルトになった経過も知っている司法も政府も皇族も(民間も)。

 

その方々が放っとかれた国であり、

さばかれかたは問われます。

 

手をまわされての「二世信者」の涙を視させられている、今。

救うための解散は困難ですか?

 

 

 

(「族」に詳しくなくて)

 

どうやら本筋。

 

土台や舞台が残虐に覆い、でしかない「欧米」ということで、

(増長サイドは略奪前(まあ残酷)、「かつて」以前の能力に向かわれます)

適当な距離を探ってみてください。

 

 

「独自の視座を持った」未来「透視図」による運用しかない、と。

 

「悪化する事態を受け止める覚悟と準備」を100%されて。

追随をゆるさない「絶対的」な方の発言の効果に導かれる覚悟をもって。

 

大混乱を齎す擦り過剰や、

(急)ブレーキとアクセル、くねくね曲げる方々の作られる現象、

層の目的。

 

「最終的にはこれを全滅させ」

入れ替え。

 

「先に引き延ばしたいだろう」物事をどうするか。

「殺されることも」相手を「殺すことも拒否」したいなら、どうするのか。

「持続可能な道筋を模索する」「一人ひとりが世界市民である自覚」「展望」をどう使うのか。

 

(私は、何処に居ても距離をとることに、された場)

国と名乗るのが困難になり、放り丸投げされた、

継ぐ団体や議員を含めた個人。

 

其処に入れる方々は、どれ位。

増殖ネットワークの働きの強化は。

 

どう乗り切るか。

 

 

「それがいつになるか」

 

 

「ターム」

色即是空・空即是色によせて : 歴史知の百学連環

 

 

 

他者を害した質や量が酷すぎて、

意識下にもない酷さを、これはベストであるとされ、

止めようともせずに、増長されて。

 

 

 

その辺りの幼稚部で茶道に触れました。

そこは1931(昭和6)年からとのこと。

 

2020年12月30日付

小学校が移設され。

 残された“門”が現代に問いかけるもの | 首都圏ネットワーク | ちかさとナビ

 

 

「日本の建築史上高い価値を持つ建物」も解体され。

(走馬灯)

中野区 なかの写真資料館 旧中野刑務所

 

 

 

機器の機能や編集機能はだいぶ前から変でした。

 

 

リンク插入がつながらない理由は、それらか。

他か。

 

「人が入れない世界遺産の島」

https://munakata.keizai.biz/headline/186/

 

 

見る、区。

 

 

一般的な目的、そこからみる(境界)線、要素、(条)例、法や案、

 

最大値も浮き彫られ、可視化され、

(比較あってこその快適さでないと維持できないことを、明白にされましたから)

 

 

ごく最近の「かつて」を持ち出され、

早速「財政赤字はかつてない水準まで増加した」とされ、

「支援の必要性を強調」この重すぎた遺産の、連発という重量。

根本的な視方を失い、失わせた、

 

破壊された方々も、はっきり。

これからも偏る宣言がなされ。

「戦争」を積極的に起こしてきた方々であることもわかりますが、

 

極で「なかよく」「競争」なら貿易ですが、

その極に向かわれてしまう方々ですから。

 

(シェルターという記入は以前にも)

 

様々な「地球」居住、持続の条件も出ております。

 

希望対象者に「重みを与え」ての探りを経て、

(情の悪用、重みをすり替える試みも目立ち)

 

 

9日記入のタイミングを根気よく待つことにした、そのあとのこと。

気を引かれ、他者の行った精算を横取りする方々も見てきました。

その個人に対しての並々ならぬ感謝の気持ちを、あだに変えられて。

シンプルに表現された温もりの数々に、コーティングされた強張りを乗せられ、

付いた物質化への道を遮られた形。

繊細な修復技術、具現化、効果への道があってこそ可能。

(記入を先送りしなければならなかった、ということも)

ぶつかり方、期限をまたいで更新、という無理強いは辛苦を複雑化させました。

 

テロサイドは速攻真似をしていますよ。

攻撃をしてきます。

因果と応報を作られた方々は、それを見ないためにテロをはじめたということですね。

挙句の果てに恐喝の擦りを…困難というか、それも無理。

 

「全ての記憶は消し去られる」という捉え方は、因果を無視された方々特有のものですが、

記憶を誇示されていますから。

他者に擦ることもその現れでしたし、テロ行為は卑劣としか言い表せず、

世界の停滞や破壊についても、押し付けがましい、ご自身達が責任を取らないことや、巻き添えを求めることでした。

 

神道仏教の作用機序に擦りを付けた、変質させたかのように見せたと。

お気づきの方々にはおわかりでしょう。

国内に入ってからの流れの上に、スピリチュアルやカルトが置かれました。

 

さらに輪廻転生を希望するとしても、省み、修整のための要素の組み合わせ変化無くしては時間の浪費となります。

 

ご自分を傷つけないような塞がれ方は沢山拵えられました。

その分他者に押し付けることになっても、空想の世界の方々は知らんふりでした。

それほどまでに、綺麗事の覆いは薄く気づかせないものなのかも。

「地球」プリントみたいな。

 

説明しても、理解されることはない、といっても、

そのまま、上機嫌のまま、所有物の中に積みを入れ込まれたまま、

記憶が鮮明な故郷に向かわれることを選ばれたのですから。

 

そういった方向、具体的な道が付けられました。

みくだされながら出ていただけるとのこと。

 

物事が進み、

 

この節にも、このような、油を注がれたテロサイドが悪用しますので、

そこですね。

 

そもそも、発生させた国が処理しなければなりません。

放っといて増やしたり、残滅で散らして、要素をばら撒いてきてのこと。

 

そこですから。

 

見下し、誇示、パフォーマンス、あることでしょう。

素敵なドラマと共に、仰る次元へ…

 

 

膨大な「プリント」の覆いは、

既に物質化が行われていて、

 

テロ当事国が処理をしかとされても、建材など…様々な方向に。

戻り分からも賠償金を取ろうとなさろうとする、

機器で処理をされることでしょう。

 

テロ当事国の感覚は、

世界のバランスを壊してゆく。

 

そこを見越しての無視増長、攻撃なら、遠くに旅立たれる決意のもとのことでしょう。

 

どうされましたか。

賞運営、運用のバランス、責任者がおられますでしょう。

質量の彼是を知らなかったことには到底できませんし。

 

物質化のとりあげかたは、バランスを欠いて、

物質化されなかったほうは、理解されていない想像「状態」。

 

存在は一般的に確認されていない。

その性質は完全に、別の「物理学」の領域の中にある。

暗黒物質のように。

理解が進んでいない。

 

美しいストーリーに沿われながら、噴出する物事。

 

 

それから。

(あるいは同時進行で)

最適化についての機能を見る段階がみられるようです。

(資料に偏りのないように)

(偏ることでの均衡もあるでしょう) 

 

増やす、薄める「リスクだけが際立つ」操作についても、

まっとうな数字。データ比較があってこそ。

 

増やされる協力がうまくいった。

まっとうな数字が宿らなかった。

 

本来は効く筈だよね。

 

何故か。

 

(何かは中断され)

 

「絶対」という言葉を出すまでになった、ぼったくり彼是でしたね。

(「感染」を止めなかった方々が語る有効性って、何の?)

 

 

復興関連の記入ができないわけですね。

 

 

(他には見られない「図鑑」の一文)

未記入だとこうして、

記入ならどうするとかあるのかな。

あなた方で扱ってね。

 

 

記入は部分であるという、要素を添えて。

 

引っ込ませたい、旗をふらせたい、企みをみていますよ。

(シェルターも)維持しますから。お支払いまだかしら。

 

そこへの撹乱は、ひどくなりました。

 

当然ですが、

 

「領土」の利用活用は地球を破壊しないプラン提出や(そこから無理なら、何を推しても)、

実現化についての議論が先行されて然るべき。

 

そこへの破壊的な協力や、

破壊しながらの破壊地の算段は、「地球」外でどうぞ。

(事件事故、火付けも覆われる、擦りつけも同様)病気。

 

破壊しておいてコピーもしたという、其処に刷り込みもなさろうとする撹乱。

「一般」目的や最大値からの逸脱も顕著。

「それから」を待たずに出られたことをアピールされます。

 

 

「機能を改善」

狂いのない正確さ。

方便としても困難だった、輪、廻、道は塞がれてゆきます。

 

ええ?具体的な行動が、攻撃しかないからといって、

気づかなかったふりはやめてね。

体調や症状を記入してきましたよ。

 

 

何かの年だとすれば、何年にかけて何かもあるのかもしれません、

というくだりは、

占いの類いを利用されての、選択させる、元祖系に見させたいような、

積極、能動からも(ご自身は)逸脱させての操作呼び込まれに見えます。

 

それで具体案なしで、中断映像を流すに至った、と。

「女の子」「女性」の姿は語りますね。

 

(「アイドル」の異常な表情での会見の頃より)

さらに捉え難くされましたか。

 

泣かしながら、誰が泣かしたんだ?なんて…あの悲劇に。

 

何投げて誤魔化せもしない不信で、寒さを押しつけようと。

 

私、騒動を始められたとき、ネタとして使われた中身に驚かされ、

そこに疑問は挟まれずに、転がされた方々を覚えていますよ。

 

その「感染」を止めずに、職も奪い、産業化のふりをされた方々は、騒がしいです。

 

少なくとも、誰に泣かされているのかを理解される…

かどうか。

どうして中断された件を救えないのか、案が無いのは、

不可解な更新のされ方、協力されているから。

 

 

味としたなら料理が不味くなりますよ。

 

音楽でいう「フラット」を放置するのは尋常ではなくて。

分析できるマニアックな方々やファンの責任でもあり。

先送りに乗せたり、気づかせないようにさせた方々。

(亡くなられた方の)精算分支払い権利は、席を奪った「丸投げの」方々が得た。

(文章を)消したら、その手間暇分が加算されます。

 

 

涙涙の理由を掘らされた私は、救いのない面を見させられ(すぎました)。

騒音の有る無しにも関わらない姿勢、心身でなければ過ごせませんでしたが、

 

これで、わざわざ普通だとか言わずに過ごせますね。

押し付けられた「不便」の返還、お手元をご確認されましたか(10日)。

 

 

私の言うシェルターの意味をご存知かしら。

利用された機能を改善しました。

 

居住地は日本で、

 

特に(ぶつかってこなければよかったのに)好きになれない、けれども就寝中も日中も干渉してくる方々は、

居抜かれた外に、既に居ると知らせてきます。

 

高額無料の発生、その理由は。原因は。

払うお得感繋いで、自分は傍観、幸せだからと、

何を期待されているのかしら?

続きは別世界でどうぞ。

 

「サーカス」要不要。限度も。程度も。

 

 

そうですか。今日8日は。

 

頼ることができればできたで、殺された。

そうでなくても同様。

 

あなた方は外側にいて。

そこまでの厳しい環境を作られた。

 

厳しさを擦られることはないので。

厳しさを求めたのは因果応報を作られ、責任をとることを無視されている方々ですので。

攻撃が呼ぶものも、実在するテロを起こした方々が処理することになります。

加害者は「大人」。何の場かを覆えずに。

被害者は「実存的」に助けをもとめています。

 

「虚」をネタに傷つけることを止めませんね。

「朝鮮」戦争の描写、残酷な事実もリアルすぎました。

 

ミサイルがやりとりされるようになり、

あの残虐さを思い出したり、

 

人は色々記憶しますが。

 

その「地獄」が隠せなくなっても、擦るだけ。

止めないのね。

 

SNSによる扇動もあらわ。

 

欧米だけではなく散らされた成分。

侵略していない、あれは併合だ…

などと言い切ることは、できません。

 

(うまく)ふれあうようにぶつかることでもね。

 

 

資源もエネルギーも略奪するような野蛮さでは。

次元も同じもの。

 

 

このような手間暇。

隣人に長々説明してきて、騒動や振動がわかりやすくなり、ご理解いただいたあとのこと。

 

「噓」の内容。

捏造したのはどなたたちか、解説して通じたのは13日。

 

 

10日編集。14日加筆。

 

 

 

「土耳古」「濠太剌利」「伯剌西爾」は、なぜそう書くようになったのか? : 日本語、どうでしょう?

 

放られた子どもを託される、という場合、

並大抵の感覚、努力では。

 

では、育てたあとに、行われたことはどうか。

 

ある地で起きたこと、起きなかったこととは。

(東西の要素は)

 

適者による働きとは。

 

 

相当な騒音、騒動を数年放っとかれた意味は。

 

仕事に支障をきたされたこととは。

 

体調を押し込められた期間については。

17日。

 

 

 

15日。

燥ぐ輩は、真面目さや真艫さの要素が足りないらしく、

催促されます。

 

送って差し上げます、と記入したいところですが、

送り人たちに託され、適所へ。

 

 

私と娘のこと。

それはそれとして、

 

他の絡み。

今日、対岸を歩きながら見つめ直して。

 

その日やその頃のことが思い出されます。

(忘れるとか忘れないとかいうレベルではないという確認)

衝撃。

 

普通にお散歩しましたが。

 

関わりがよくみえる、今にして思えば…ということも加わり。

 

(傷を)消さないようにされた方々、

増やされた、という面。

 

人間ばなれされた方々の行いですね。

 

最近になって、ニュアンスを共有しやすくなったことを喜べませんが、

話ができなかった頃より…マシかどうかも。

 

 

(家族を失ってまでのことに)見い出せるものがあるとしたら。

 

システムの移行ですか。

 

 

 

静かな工程をふむことになります。

 

あつすぎる、さむすぎると盛んに発する方々の間で、

空調のもとへ、盛んに行ったり来たりする方を見て。

 

おそくされたり、はやめられたり。

変質をされようと、強引な強奪。

そのコワい岩盤。

 

 

故郷(要素)というものは、一致しますね。

 

 

みる苦 とかすイサン

もしや、毛穴からも入り込まれたのですか?

では、それなりのものは戻りますね。

 

検索できないふりの、胡散臭さ、でしたね。

「99%隠さ」なくてはならなかった、

“この世の正体”

『これだけは知っておきたい』

 

虚構は放っとかれて。

壮大なやらせ。

 

山際経済再生相「職責を果たしたい」 旧統一教会問題による辞任否定 [岸田政権]:朝日新聞デジタル

「職責」

お支払いをどうぞ。

 

真っ暗、ベタベタ。

【開示請求】防衛省のインフルエンサー接触計画の開示請求結果が来ました - 電脳塵芥

こういうのを見ている時刻に、わざわざ出された記事はこちら。

露米、核兵器運搬兵器の配備データ交換 露540、米659 - 2022年10月15日, Sputnik 日本

はぐらかしの記事の中身も変わりましたね。

 

仕事中にも攻撃をしてくる方々は、何に守られているのかがわかります。

 

「御会式」についての記入をして。

まっとうなお祈りを、呪いに変えるかどうかは、私と関係ないですから。

そのような思いが浮かんだときには、まっとうな、はぐらかしもありましたが。

 

もつことで、もたないみたい。

 

電磁波被害についてのおまとめ記事。

14夜に、過去に削除されてきたことを仄めかせながら、

消した(か、消されたか)わからないようにされたのは、

 

mani fest

脅かし、繋ぎ、寄せ集めサイト。

 

あらゆる攻撃をしかけられても、

普通の日常。

 

犯人探しに飽きたからかしら。

 

それで、そもそも何に対しての攻撃ですか?

 

子どもが安全なためのものなら、支配(者)への邪魔にはならないでしょ。

面倒な大人ね。

 

子どもとのまともなことを悪用されながら。

使い続けながら、攻撃を入れてくるのは、

そちらの土台を使い続けたい意思は、破壊的。

 

平和をよそおってきた戦争は、

続いたり、続かなかったり。

 

(かつては似ていると思われた…)

 

サイクルはじまらない、機転。

 

自分でも通路を有効にして。

 

「市民によって直接支えられる筈のインターネット報道メディア」の、

「活動費は、市民の定額会費と寄付・カンパによってまかなわれており、新しい時代の「公共性のある情報インフラ」を目指して」

協会に詳しい方を取材されているあたりは、昨夜貼りませんでしたし。

 

「歴史」の中で、

「概念の拡大を伴いながら定義が考え直されてきたこと」にされた、

「何種類かの」何々の「定義が存在する」ようにされてきて。

 

争いごとによる延命を、絶望にぶつける…

つきあってらんないので。

 

よく似ている、と思ってきたこと。

数年で開きが見られ。

(15日)

 

 

 

本日(13日)から現場に。

(おおかた記入後に)

 

流れの良いシステムを構築して、ゆとりを持ちつつ無駄を排する方向に、

さらなるゆとりが見えます。

 

 

わざわざひきとめて、奇妙でしたね。

放っとかれて。

 

擦られぬ。

 

ここまでの絡みは。

 

 

こういうのでやんわり入る形でした。

勿論現場は、お仕事をする場ですから。

 

こういうのは迷惑ですが、

これ程なんですね。

 

数年前、そのようにして壊された、ということでしょう。

 

 

やりとりではないわねえ、と思えば、ネタ替え。

やりとりをしないためのはずしかた。

 

差別をしすぎた方々は、とっくに処理できなくなっていましたので、

一般人にそれを表現させたいみたいで。

 

こんなふうにうちこみをしていると、

 

彼らが私に撃ち込んできて、隙間を埋めて(怒らせて)擦り付けたのよ、と、

記入をさせる操作が入ります。

 

ええ、一部は知っていましたよ。

怪我をした人間を動かすための操作を。

自発的に見せていた。

表層の動きをみてきて。

 

破壊者たちは、

精算をせまる目を逃れようと、

散々破壊したのちに、精算分のわずかでしかない物事でさえ遮ろうと、

擦りのほうに目を向けさせようと叫びはじめます。

 

 

これが、私たちに破壊を持ち込む方々の手法。

その惨状の中からも略奪を繰り返されました。

 

それらを、土台に投薬による破壊を、

 

決議に繋がれたということも確認しました。

 

 

提案ではないわ。監視しているよね、と言ったら、

監視社会を目指され、見られたくない方々は地球外に出られたのね。

 

破壊無しの速さの進化で、満足できる人間もいることを知った上のこと。

 

涙腺が操作されましたが、このような他者への投げもやめていただければ。

 

Drama.

And a whole lot of money. 

それらは大地を破壊してきました。

エネルギー効果も。

 

大金も力も、提案はどうなりましたか。

 

テロ気質を持ったまま、ハードやソフトを語られてもね。

 

気質を剥がそうとすると、テロがきますしね。

 

やわらげるための仏像でもありますが、

修復すら断念され破壊に向かわれました。

 

それを癒やすのも(また仏像であるなら)、

気質が向かわなければならなかった方向はあきらかでした。

 

そちらに向うこと。

向かうのは、そちら。

 

テロの(見え)ないほう、を否定される方々。

 

そのギャップについては。

 

13日付(12日のですね)、ずれさせて、

わざわざ、どこへ行くか分からない状態にさせ、

指令破壊」させるテロ。

 

うちあげ前に呑んじゃったか、

「演奏を終える時に太鼓を打ち終える」感じの宴だったのか。

 

 

向かわせずに、攻撃システムの構築をされて。

お味方でもない、という滅び方に向う輩の行いは一目瞭然。

お身内同士での削ぎになられたということで。

 

反応が無いとか、

つぶされ、ころされてきたなら、

やってらんない連発になりますわ。

 

押し付けてくる方に、やめてと言ったら辞めた方も、

押し付けられて、唾液が出なくなり、辞めることも考えた人間も、

(戻ったり、辞めなかったり)

 

それを、何処でご覧になるのか、

利用されての、なすりときたら、

 

おしごとをうばうねらいでしたので。

 

ご自分がされると嫌なことを、他者に行った。

「反」でもなかった、苛めだったと。

「反」でも問題です。

それを長年お続けになられた、ということで。

やらせを判断できる大地を壊されてまで。

古すぎ。

 

同意なく削がれた私の質量も戻されます。

 

「そちらに向かう」

 

 

それでも未だ、ハードをソフトにコーティングをされ続けて。

引き摺り込む算段だそうですので、善処に向かいます。

 

狼少年という有名な物語を皆知っていますが。

巻き込まれに注意、と警鐘も鳴らす記述も入り込んだのが、

今風とのこと。

 

引き返せないところからの、ですよね。

 

追い詰めて、無料で記入させることは、真空からとは言えません。

 

何しろ、自分の持ち分を管理せずに貶める(放棄の)実況や、

ご自分たちの盾にされたり潰されたり、

撹乱、拡散の様子だけではない、

ありとあらゆる非人道に繋がる物事を、合わされてきますから。

 

 

汚染物質として投げ込む姿を隠されない。

 

新たな芽吹きをみる時期にも、そうでなかったときも、

このように、土俵に巻き込んだ、とのこと。

あらゆる見通しにとっての遮断を齎した、と。

逸脱行為であったことを自白されながらだった、と。

 

貶めたり、持ちあげたり(老いた)(女性に)行わせること自体がどうかと思い。

 

ご存知なんですよ。

 

投げ込んで、体調や痛みを操作されている。

 

わざと、完全に間違ってきたのがわかります。

 

そのことが、ね。

 

ぶら下がるとか。

 

ご自分たちで生み出した、産みの苦しみ。

 

たまに下を向いて呟いていたのは、

取ってしか獲得できない、というのは。

横の方々も、ということですね。

(調整中)

 

 

(投薬のせいか、洗脳のせいか)

意義があるなら、ご自分たちで対案出されるとか、

ここでその記入をさせるのは、破壊的。

破滅待ち引き伸ばし(テロ)。

 

だからかな。

同年代や目上の方々のアピールがありますね。

熱心な。

 

記入を知らない筈の、

記入後の、現実的ほどほどのやりとり、ありがとうございました。

 

冷静さや厳しさをふまえた、優しさ発露、

暖かさでした。

記入で、その場で、やりとりしているようです。

 

隙間を埋めている。

(13日)

 

 

 

攻撃が強まりだした。

(15日夜中に起こされて)

 

 

 

以前何処かで、洋服の直しは、解きに時間がかかるということを記入しましたが、

複雑なものなら、メモをとったり、今どきは画像に保存しておいたり。 

それは元の形を目指す場合のこと。

リフォームでもパーツを丁寧に扱わないと、限られた中でのさらなる狭めを生みますので、慎重になるわけです。

 

 

(そこには、優しいかどうかの感情は入りません)

冷静さや厳しい目線や視線は必要でしょう。

 

 

捨てるときは、処分あとの活用を思います。

活用できないものは何かも。

何らかの処理をするときも。

 

 

日常の好みは違っても、

洋服直しの工法工程は共通だったり、オリジナルだったり。

 

バイアスカットの女王と呼ばれる20世紀初頭を代表するデザイナーへの興味の、かさなりも。

 

名称は白金店。旧三光町。

広尾店にいた頃。

 

たまにお見えの方からサインを貰うことを伝えて、

品を棚に入れる許可をとりました。店長に。

 

そして、両隣の飲食店との繋がりもあって、

生前の弟さん(ドラマー)のライブに道を付けていただいた。

某グループに入らなかったドラマーを誘い、出向きました。

 

 

応用色々。

 

 

(思い出される「あの残虐」さ)監視。

 

バレても他者に擦る誇示をされるようになったから。

 

一気にとか、一夜にして、そういった前置きが付くときにも、

中身を丹念に見ることになります。

 

人任せにはできません。

 

凄惨な物事のあと、土台の破壊的な要素が置かれたまま、

急速な何かがあるなら。

 

その視点は外しません。

 

侵入者をどうするかも。

(11日加筆)

 

 

支配されたくないでしょう。

 

支配することも無理強いされたくない。

(記入の手間暇も)

 

 

(2013年の彼是を)みていると、

 

(1999年の殺人事件を吹き出させたことだけではない)損害。

その後に噴出した(薬)害。

 

家計の(黒字ではある)赤字分、

そうさせられた具体的な計算が可能であることをみる段階に、

既に入っていたことに気づかされます。

 

当時の住まいを紹介されたときに、どちらを選んでも…という物件が用意され、

其処が競売物件となり、用意されたときにも、どちらかを選ばせて、

選んだように見せたかった方々。

 

「無から」生じさせない操作がある、ということについて記入してきました。

 

留めたい、退室させたい、色々させた後で過剰に間違った方法で要素を使いたいという方々により。

どんな「色々」か、成分は日々上がってきています。

 

見せかけ(虚)の消失から、

 

(逆に)いなかったことに見せたい方々の行いは、

それができないような証拠を顕現させたり、現象を起こされたり。

 

半端ない方向に進まれ、(産業を)押し留めたことに対して、

責任をとらない更新をされているので、

ご自分たちが支配しているように見せる舞台を手放さないことにより、

民間にストレス与え続けながら、

 

私たちに、支配することを押し付ける、迷惑な強要を起こさせる形をとられます。

 

ドラマー夫人のライブハウスに行ったのは、(1999年5月に亡くなられる直前なら)

同年であったかもしれず。

 

道を付けられた、(某俳優も出入りしていた)店舗からも理不尽な擦りがあり、

(某歌唱団の絡みに乗せられた物事も)

そこでも膨大な利益の回収を押し付けられることに、既になっていたわけです。

 

循環という形を望む者に対して。

 

 

遮りだったなら(そうでしかないのですが)、

「それから」(最適化)、という意味を補強されることになります。

 

異性というものにみる本質、

捉え方の違いは、絶望を増大させました。

 

無から生じる何々は、「必ず」何々…

その境をご存知の方々へ。

では、無から生じてはいない何々、現れは、なんでしょう?

 

おもむくままに情熱とともに発生させた(無視できない)因果の未処理で、この世は殆ど埋まる、

ほどのもの、ということになりませんか。

 

其処から因果に塗れた物事を増殖させる方々がいて。

 

私の絶望はそういったものでした。

誰が続けるでしょう?

 

そのようなエネルギー発生(どうでしょう)が土台にくるのは、

「パラレル」(虚)

別の世界に生きていて、因果で埋めたいのかな。

 

話をして頷いたり、相槌をうったりしていても、

通じていなかったことが分かります。

そういったことを記入したことがありました。

 

良いこと、悪いこと、高低、

無数に交錯しているのだそうです。

(何度かお伝えしていますが、その境地を持って、是非、そちらで理不尽を処理してね)

狡いね。他人の何が見えて、の、

 

カオス。

 

今ですね。

 

だから、

 

ストレス多すぎたから、あれよね、という局面。

 

怒らせてやめさせる、

根本を見ないで支払わないことを繰り返されてきた、

古代の手法。

それをまた行った、

 

民間を攻撃して。

 

それがまかりとおるのは、異次元とか、宇宙外。

その利用でした。

 

無、真空、アカシャ、

概念を語りたいのではなく、

収拾を見られないほうに持っていかれる様子は視えて、

このように記入させることで収拾の雰囲気を醸成させたいのでしょう。

 

ゼロの近くに極の脅迫を置かれたわけですね。

それを転じさせれば希望コーティングになりますから。

 

物質もガン見。

 

(対面する他人の表情が柔らかくなりました)

私の住む世界では。顕著。

怒らされても辞めなかったこともありまして。

 

お辞めになる方々の次、ということや、

辞めさせた方々の今は。

暴言をはかせる(テロ)に至ったレベルの測定が可能なら、

暴言をはかせるに至らせた(テロ)犯人を見ることもできますが、

無理なら、コーティングされたテロ行為や破壊を受け入れるほうかしらね。

 

 

システムは変わり続けますので、

型にはめたかった、怒らせた方々の表情を曇らせ、

笑顔が減ってゆくことになりましたので。

 

操作を続ける方々により、(あの残虐な)行為を手伝わされる宣言は出され続け。

 

それは(あの残虐な)行為を手助けした方々が、

精算することに至らなかった、後に、

操作された後にテロ行為を行う元気を失くされることも表し、

それでも使い続けたい、使われ続けたい、という意思表示があっての物事。

 

テロ気質を剥がされて、

そのまま現場で組み込まれることを意味します。

破壊者の扱いとして、当然のことです。

 

「向かうのは、そちら」になりますね。

 

 

(テロ行為が日常ではない方々は除外して語ります)

 

四六時中、頭の中や行動を探る方々が、テロ行為を始めたのだから止められるわけよね。

残酷で不誠実な世界をご自分たちが作っていることを、(SNS)(即時)発信されることも。

この文章を他国に擦るかどうかを検証されたいのか、と思うような発信も。

(既に検証済)

 

シリアスを扱う域にはいないことがわかりますが、ご自身のそれを乗せていて、携えていますね。

見ずにどんどん壊された、ということをお知らせくださって。

 

 

(真意は、投薬で壊した方々が戻してね)

娘と離れてからも。

擦るために、でしょう、とりわけ日英米の特殊な方々から、この上ない苦痛を受けました。

他にはわからないように、巧妙な絶望づくりをされました。

 

国や団体は、それらをベースにされたわけで。

 

テロとかいうわかりやすさではない、テロ行為。

犯人に縋り付く方々も視えて。

 

ですから「支配」という言葉を使うことになったわけです。

支配者たちの意をくまずに。テロ行事に参加したくないので。

 

対処を困難にさせるための、テロ行為の発生、エスカレートだったと告白されていますね。

 

その行き着く先は視えて久しい。

分かっているので。

 

もう、脅かされることもない。

 

侵略者たちの「古代の墓場」無しで、あるいは、それとともに、だそうです。

離れ方は、あの隠れない残酷さで悪態をつきながら、とのこと。

 

ジョークのような、やさしさ紛いを纏いながら、失うことを選んだ人間は。

自然の景観を損なうほどの、家畜を増やされて。

擦りにより、人間の淘汰を目指されたようで。

食料のバランスを欠いただけでなく、

投薬での処理、残酷な肥料への道、

税金の負担を増やされたそうです。

 

ロボット、AIなら。調整できるなら、されたらよいのかと。

勿論「意味する由来がまったく異なるため解釈に重大な影響を与えないよう慎重な注意が必要である」ことをふまえるのが現代であり、

ご存知で踏み倒すわざとのミスを繰り返すなら、現代の機器として使いものにならない。

 

他者の時間を奪うことも、同様。

 

 

愛や救いのある悪態については否定しませんが、

人間同士とは思えない、やりとりにならないような(狂人の振る舞いで)、あしらいたかったのかな。

 

私は、それを、探していないので。

 

破壊だけでは満足なさらない方々。

お付き合いは、不可能になります。

それを望まれての離別ということ。

 

犯人たちは、刑務所の機能を変えたいようです。

ご自分たちが入らないために、擦り始めた。

投げているのだと申告しています。

 

 

(異性も同性も商品化しない世界では)最適化しますね。

だから覆いをかけて最適化に入り込むために、最適化を阻んでいるのだそうです。

 

 

積極的な意思、意識を持って、善し悪しをみています。

 

その眼を持たないと持続は無理だと思いますので。

自分のことを人任せにはできない。

(12日、13日)

 

 

カウンセリングもそうでした。

私がうけたのではなく、

ちょっと聞いただけで、

あらあら…と思いましたから。

 

そんなことされながら、娘の経過を見させられ、

彼女の何処かの小康を境に、

境界性の症状を持っていかれて、

そこを抉るような解決が模索されることになるわけですね。

 

カウンセラーは対処可能な要素をご存知なくて。

マイナスであり害を配る、無理だそうで。

 

そこまでの深堀でカウンセリングをしなければならないような、

押し付けをされたということで。

某カウンセラーが仰ったように、減らすこともできたので。

 

精算、「地球」外、というのが頻出しているのも、

破壊や擦りのせいですので。

 

 

その時点(2003年前後)で報酬を取ると破綻する域は、

既に分かっていた。決定していた…

「ひとの心やいたみのほんとにわかるひとだったら、いたみをかかえるひとに多くを語らせはしないだろうに」

 

 

そういう土台での何かを推進され。

痛みはそこに置かれたまま。

 

 

どなたと居ても、シェルターとともに。

 

あれから3ヶ月経ちますか。

視る工。果てしない。

頑張らずに。

得る、毎回。

 

盗んで「わざわざ低下」した方々から能力だけでなく回収もしている、という意味もあります。

 

無礼、失礼な、

あらゆる現場に未処理分を、私はそのまま置いたまま(コミュニケーションはある程度)、

私にとって必要なものとともに(近々戻ることになります)。

ずらされたのだから戻るとはいわないか。

(都度都度入れ替え)

 

投げられても。

私のものではないので。

 

私の人生に起こされたことをご存知ですから、

残酷さは見え見えですが。

戻って似たようなことを起こされたとしても、

 

未処理分は強奪(備蓄)側のもとに入ります。

っていうか、その方々の所有物、当事者だもの。

 

 

ここ数日で、矛先(向き)が変化していることも確認。

 

 

痛みや傷みを知った。

わかったと思いたい方々。

 

(あなたが今痛いところは?傷んでいる部位は?) 

いたみが感じられない方々、

 

とり方がうまくて産業は。

 

降ってくる何かを見て、

(降らせもし)みられないふりの目。

 

破壊者、協力者。

 

零や一の位置がずれたまま、

「わざわざ”お祓い”」(する、しない)なんて、さきどりの時期尚早すぎ、遅すぎではないかしら。

表層上辺の改築(の速さ自慢)は、協会ならでは。

 

(皆でそちらに流れたわけですね)

シェルターに入らなければならない環境。

(あなたが其処で住んでね)

 

争うようにみせて(平和に)同じように、ぼったくっていますから。

やはり、ご自覚されていない。

「知識も経験も技術も」盗むことに慣れた方々、それによるお金面の振り幅誇示も、

「かつて」の参考資料は、参考というより同じものですからね。

 

いたみは止まらないわけです。

 

「地球」外での復興を目指される、というふうに、

断面、面、線、点といった要素が入力されますが。

 

 

看板になんて書いてあるかしら。

「at home」な家庭には。

「病棟」はなんでしょう。

 

規模は。

大風呂敷を広げたか。

大袈裟か。

 

こじんまりにも ふつうにも

 

子どもが困っていることに、母親が気づけない。

母親が困っているときに、子どもがつけこむ。

 

父親も。

 

 

思ったとおりの反応、

その幼さの誇示、発言連呼を支える土台をカラにもとめたい、と。

「思ったとおり」に動かれますね。

 

(7日付)2017年には「大学の最もクールな8人の教授」のお一人、

有機化学の教科書執筆にも携わり、暗記ではなく問題解決に焦点を当てた指導法を開拓したと評されています」ね。

「学生たちは」「パンデミックにおいて」

「勉強を怠っており、学力が急速に低下していた」との主張に対し、

 

厳しすぎると言いたいようですが、

 

塞がれたり、

わざわざ低下させ、マウント取りですからね。

 

災害や騒動を起こされる度に、わざわざハードルを高くし、

振り幅を作られて。

 

「一般的な目的」

私が会話する方々殆どは、破壊的ではなくて。

撹乱したいのでしょうけれど、

 

 

わざわざ上げた。

 

かくれないですからねえ。

 

 

(お詳しいのは「族」内外についてだけではないので)

 

 

ミセル化ってだけで 酪 感

 

破綻理論でこねる理屈

開始前から存在する

患者の多さかねぇ

 

基礎疾患

10月6日 4:11

 

 

 

「虚空」「空間」「天空」を意味する、

阿迦奢の利がみえる方々による、利。

 

 

 

(90年代には決心がつかなかったとしても)

準備をしていたでしょう。

 

それほどまでのいたみを、まだ痛みに変えようとされる。

 

痛みを抱える人に多くを語らせる、

組めないと言わせたい方々。

 

 

あれをどうするか。

自分はどうするか。

 

教えたい、知らせたいものとは。

 

 

掴むもの

つかまされてきたもの

 

探るなかで、コスパも見て、割合を変化させる。

(遮られてきて大変すぎた場合、数字が動かされたとか止められてきた、ことに目が向いたら動かせるケースも)

 

目を肥やし。筆に力をつけ。

そこに入り込もうとする(文化を投げ捨てた)方々を往なす。

散々圧をかけられてきた、その分量は膨大。 

 

(そのバランスの)変化は、金融商品を転がしてきた方々を引っ込めて。

 

その波及効果。

寒いときに、毛布を奪ったり押し込みすぎたり、コートを(他者に)着させなかったりする勢力を弱め。

(道も色々)

 

私も道筋を付ける過程。

行い。

ごくまともなものだと裏付けをいただいた感じね。

00年あたりには、ここまで遮られることもなかった、

 

通じなくなりましたね。

 

 

(6日には)以前から最近までぶつかってきたりした(逆方向からすれ違うこともあった)方が、

止まっている私の前を挨拶しながら通り過ぎた。

 

 

「数々のテロ行為や破壊行為によってサプライチェーンが破壊され、モノの供給が追い付いていない」

破壊されたあとに、変化があっても、

変化の分や打たれた影響だけとも思えない。

 

供給のゆっくりになる面を見ていますが、

 

密度や質や量の変化、心変わり、

「反転」「崩壊」「破綻」の側面に欠如の孔や溝、凸凹といった変化済みの要素がありますので、

そこから引きます。

 

塞がれたり、密閉であっても、そうであればあるほど管状という確実な線が可視化されます。

柔らかくみせてきたつもりの強固な意思も、

辟易側の力になるよう注がれていることにお気づきでしょう。

 

(先月からの加速)

何処に何をはらうのか。

 

おどるなら踊るで、心身の、何々、躍るとか。

 

(足も手も、会話でも、機器でも)

調べることでも。

 

 

撹乱に対応される(無邪気さ、呑気さ)。

あらゆる痛み傷みの対応対処は急がれます。

 

 

(上の加筆の前、この記入のすぐあとに着席された…6日)

 

此処の更新の操作を思えば。。

 

「日数」「増え」とか、気の長さ等などで。

(現場で)細かくみながら、

(撹乱、しかも)「せっかち」をお相手されているみたい(な大変さ)。

 

「腕のある」人員で「計算することになる」と、

(既に諸々計算され、明確な数字をご存知)

現状はなかなか、それでも「やらせる」。

それが「妥当」だと。

 

(フザケの合図があると)

辟易も限度超えだった。即、発。

要素をよく知っていらっしゃる。

具体的な、それなりの、名称を出されていました。

(まとも設定のまわりの方々の中のお二人の会話より)

 

 

お巫山戯を出されすぎた方々は、お聞きになっていたようです。

 

役者であっても、道をつけられたことに変わりはなく。

 

まともな人間のまともな会話の意味を知っていての行い(犯罪)だと、

知らせたいのでしょう。

 

深刻さの申告は、擦りのゆずりあいに他ならない。

 

先に取るということは、

この上なく感覚を薄めたことでしょう。

 

 

例。

(「鉄道狂時代」より)

拡張費用はかなり過大なものとなった。

光ファイバーを敷設する経路を提供することにもなった。

 

幼さの押し付け、しつこさにより、

犠牲(者)を見ることのできる成熟を求めることになりました。

 

生態や景観。

多基準の最適化。

(加速を必要とする)

 

 

因縁によって生じたもの、

我体・本体・実体と称すべきものがない、空しいほうの、空は。

 

みえない、みえなくなる機能を進んで獲得された方々。

 

膨大ないたみを齎すものでは、あってはならなかった。

 

「救助」他、捉え方。

https://www.tvkanazawa.co.jp/program/moment/article_005.html

 

その量を先に送るという、人間では考えられないような差、

 

人間ばなれした方々の手が賄いを投げます。

 

 

虚と組み合わせるものは、無。

 

 

何度となく宣伝されている方がいますね。

シンガーソングライター、音楽プロデューサー。

「作曲家として楽曲提供、アーティスト・プロデュース、ミュージカル音楽制作、俳優など」

 

臨時ニュース、どんな剣。

 

次元。

習っていたことと、我流のもの。

休み時間に奏でながら、歌声披露。

 

「だから」「かくれられない」

目立ちすぎのことかしら。

 

「俺を使うってことは」「覚悟」「(笑)優しく見てね」(エガフェス)

 

 

文化の扱い方、使い方。

 

人間性、社会性の欠如。

 

過激派組織、

(未処理分の入り方)

かつてコラで何々の際に(心と愛の欠如、枯渇)合体され、

燥ぎすぎ、巫山戯すぎ、騒音を出される酔人の油のさし方は、

 

リアルな描写で書かれはじめ。

宗教介入にもなって、

取り返しのつかない犠牲を出した、その仲間である騒ぎ方。

糸口の音も居場所の表明。

 

損害ははじき出される数値だけでなく、

身を持って知っています。

記録や記憶だけで済むような生易しい物事ではありません。

 

 

「呪術の一種であれば」

「どこに仕掛けを施したかは秘密にすべき」だとか、

 

「秘匿され」

「遺詔が書き換えられるとは知る由もなく」されることをよしとされた方々、

 

それ自体をみる。

 

(道にある物を拾うときにも)

 

位置情報は精密。

 

反応が無い、薄すぎる、逆行(締め付けのほう)は、「地球」外の方々ですから。

カルトになった経過も知っている司法も政府も皇族も(民間も)。

 

その方々が放っとかれた国であり、

さばかれかたは問われます。

 

手をまわされての「二世信者」の涙を視させられている、今。

救うための解散は困難ですか?

 

 

 

(「族」に詳しくなくて)

 

どうやら本筋。

 

土台や舞台が残虐に覆い、でしかない「欧米」ということで、

(増長サイドは略奪前(まあ残酷)、「かつて」以前の能力に向かわれます)

適当な距離を探ってみてください。

 

 

「独自の視座を持った」未来「透視図」による運用しかない、と。

 

「悪化する事態を受け止める覚悟と準備」を100%されて。

追随をゆるさない「絶対的」な方の発言の効果に導かれる覚悟をもって。

 

大混乱を齎す擦り過剰や、

(急)ブレーキとアクセル、くねくね曲げる方々の作られる現象、

層の目的。

 

「最終的にはこれを全滅させ」

入れ替え。

 

「先に引き延ばしたいだろう」物事をどうするか。

「殺されることも」相手を「殺すことも拒否」したいなら、どうするのか。

「持続可能な道筋を模索する」「一人ひとりが世界市民である自覚」「展望」をどう使うのか。

 

どう乗り切るか。

「それがいつになるか」

 

 

「ターム」

色即是空・空即是色によせて : 歴史知の百学連環

 

 

 

他者を害した質や量が酷すぎて、

意識下にもない酷さを、これはベストであるとされ、

止めようともせずに、増長されて。

 

 

2020年12月30日付

小学校が移設され。

 残された“門”が現代に問いかけるもの | 首都圏ネットワーク | ちかさとナビ

 

 

「日本の建築史上高い価値を持つ建物」も解体され。

(走馬灯)

中野区 なかの写真資料館 旧中野刑務所

 

 

 

機器の機能や編集機能はだいぶ前から変でした。

 

 

リンク插入がつながらない理由は、それらか。

他か。

 

「人が入れない世界遺産の島」

https://munakata.keizai.biz/headline/186/

 

 

見る、区。

 

 

一般的な目的、そこからみる(境界)線、要素、(条)例、法や案、

 

最大値も浮き彫られ、可視化され、

(比較あってこその快適さでないと維持できないことを、明白にされましたから)

 

 

ごく最近の「かつて」を持ち出され、

早速「財政赤字はかつてない水準まで増加した」とされ、

「支援の必要性を強調」この重すぎた遺産の、連発という重量。

根本的な視方を失い、失わせた、

 

破壊された方々も、はっきり。

これからも偏る宣言がなされ。

「戦争」を積極的に起こしてきた方々であることもわかりますが、

 

極で「なかよく」「競争」なら貿易ですが、

その極に向かわれてしまう方々ですから。

 

(シェルターという記入は以前にも)

 

様々な「地球」居住、持続の条件も出ております。

 

希望対象者に「重みを与え」ての探りを経て、

(情の悪用、重みをすり替える試みも目立ち)

 

 

それから。

最適化についての機能を見る段階がみられるようです。

(資料に偏りのないように)

(偏ることでの均衡もあるでしょう) 

 

増やす、薄める「リスクだけが際立つ」操作についても、

まっとうな数字。データ比較があってこそ。

 

増やされる協力がうまくいった。

まっとうな数字が宿らなかった。

 

本来は効く筈だよね。

 

何故か。

 

(何かは中断され)

 

「絶対」という言葉を出すまでになった、ぼったくり彼是でしたね。

(「感染」を止めなかった方々が語る有効性って、何の?)

 

 

復興関連の記入ができないわけですね。

 

 

(他には見られない「図鑑」の一文)

未記入だとこうして、

記入ならどうするとかあるのかな。

あなた方で扱ってね。

 

 

記入は部分であるという、要素を添えて。

 

引っ込ませたい、旗をふらせたい、企みをみていますよ。

(シェルターも)維持しますから。お支払いまだかしら。

 

そこへの撹乱は、ひどくなりました。

 

当然ですが、

 

「領土」の利用活用は地球を破壊しないプラン提出や(そこから無理なら、何を推しても)、

実現化についての議論が先行されて然るべき。

 

そこへの破壊的な協力や、

破壊しながらの破壊地の算段は、「地球」外でどうぞ。

(事件事故、火付けも覆われる、擦りつけも同様)病気。

 

破壊しておいてコピーもしたという、其処に刷り込みもなさろうとする撹乱。

「一般」目的や最大値からの逸脱も顕著。

「それから」を待たずに出られたことをアピールされます。

 

 

何かの年だとすれば、何年にかけて何かもあるのかもしれません、

というくだりは、

占いの類いを利用されての、選択させる、元祖系に見させたいような、

積極、能動からも(ご自身は)逸脱させての操作呼び込まれに見えます。

 

それで具体案なしで、中断映像を流すに至った、と。

「女の子」「女性」の姿は語りますね。

 

(「アイドル」の異常な表情での会見の頃より)

さらに捉え難くされましたか。

 

泣かしながら、誰が泣かしたんだ?なんて…あの悲劇に。

 

何投げて誤魔化せもしない不信で、寒さを押しつけようと。

 

私、騒動を始められたとき、ネタとして使われた中身に驚かされ、

そこに疑問は挟まれずに、転がされた方々を覚えていますよ。

 

その「感染」を止めずに、職も奪い、産業化のふりをされた方々は、騒がしいです。

 

 

少なくとも、誰に泣かされているのかを理解される…

かどうか。

どうして中断された件を救えないのか、案は出ましたか?

不思議というより、協力でしょう。

 

 

涙涙の理由を掘らされた私は、救いのない面を見させられ(すぎました)。

騒音の有る無しにも関わらない姿勢、心身でなければ過ごせません。

はっきり言ってできませんよ。

其処での普通だと言わなければならない。

 

シェルターの意味をご存知かしら。

居住地は日本で、

特に地球が嫌いで就寝中も日中も干渉してくる方々は、

居抜かれた外に、既に居ると知らせてきます。

 

高額無料の発生、その理由は。原因は。

払うお得感繋いで、自分は傍観、幸せだからと、

何を期待されているのかしら?

時間を超越とか、また誰かが嗅ぎつけますから、やめてくださいね。

その幸せ維持は小さな別世界でお願いいたします。

 

「サーカス」要不要。限度も。程度も。

 

 

そうですか。今日8日は。

 

頼ることができればできたで、殺された。

そうでなくても同様。

外側だと。

 

そこまでの厳しい環境を作られ、

厳しさを擦られることはないので。

 

欧米だけではなく、散らされた成分。

侵略していない、あれは併合だ…

などと言い切ることは、できません。

 

(うまく)ぶつかることでもね。

 

 

電磁波と記入してもしなくても、攻撃を強めなければならなかったり。

 

資源もエネルギーも奪い合う野蛮さでは。

 

 

9日更新。

 

風街ろまん、よく知らなかった、とかを観る。

https://youtu.be/LSa3p4W0ZnA

 

 

14日追記しました。

https://blog.kuruten.jp/ka-on/478082

 

 

15日編集。

表示

法律も守らず、病気や病人を作る方々は、

狂いを生じた方々は入院させずに。

 

めちゃくちゃな操作もされ、

放っとかれる方々の責任。

 

 

税についての意思も。

 

 

私は薬からも遠ざけられて。

閉鎖病棟のことも知っています。

 

現場の方々と通じる会話も覚えています。

 

 

自然、人工、免疫システムからも離れさせられ、

 

 

「平和」や「戦争」からも離れて、

 

 

 

意思。

 

自分のためにも使うようになり、

 

そのように勧められてもいます。

実生活だもの

どのようなものなら維持できるのかな。

当然、財源の記録も示されますよね。

 

「献花」以外のものも。

 

「権力浸食問題」

統一協会は政治に対する信頼を大きく欠損させる」

「ただひたすら権力をコントロールして、商売をする」

「『自虐史観』の日本がまず資金源であり、無尽蔵に献金させるのは日本人から」(小林さん)

 

 

先細り。

「挑戦しない国」から。

 

「量産をめざす」点でもあるのかしら?

 

「気付かないうちに使用されているものまで」

「データの活用が求められている」

「人口減少の進む」

「生産性の向上が急務」

「生産を維持することも難しくなってしまう可能性」

 

「データに」…

 

(個人は別としても)データとるの得意な「国」でしたか?

 

 

私、睡眠や体調やお仕事に介入されるため、

無理にさせられるから。

先送りの果てをみても、先の見通しをたてられない…

 

…研究や観察では出ていますか。

(先日も今も、私は調べていませんが、加筆)

すい星 - 和音

 

 

私の場合、自分のことだけを見るように仕向けられますので。

そうします。

 

無理矢理。同意も無く。

深夜におこされます。 

 

会話、対話のある方々から繋がることも、勿論自分のため。

 

別世界では同意なく閉じられた命、そう思っていますので。

 

本物偽物、綺麗事、そういう話でもなくて。 

 

(心の薄すぎるキャンペーンから始まるというだけではなかった)

その土台で、個人の人生への介入をするような、

(絵に描かれた)別の「宇宙」みたいな何かとの別離について置かれました。

 

(あれから20年経つわね)

 

 

記入したものの操作の使われ方を見せられて、

過去の、他者に捨てるように仕向けたもの(更新前のもの)を拾う方々も見させられ、

サーバーによって段階をつけられたのは、

現場での対策も無くなったことを意味しますね。

 

 

私にとっては、個人の日常となったことの現れ。

 

 

眠剤とはご縁のない、

眠剤を中止することともしないこととも、離脱症状とも無縁、

 

酷すぎる環境とも、

 

もともと無縁だったということで、

 

調べた物事は、娘のことを思ってのことでしたが、

全否定もうけました。

 

記入する傍から持っていかれます。

 

 

別離ですね。

 

個人として、普通に暮らしています。

 

 

30日。

いろいろとねむい…