読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

うら さら

今までにも何度かそのようなことがあったかと思うのですが
今朝資料などを返却しまして その後 ある確認もさせていただき 一応これまでということで
 
 
何かの戻りなどがあれば そのときに何かしたり しなかったりするのでは
 
 
また深まるようなことで・・  層の絶望(希望)が どのようにか変化したようにみえても
 
「ひとり」でいることが「希望」や「絶望」であるように感じられることも あったり なかったり 
 
 
  
それらのどちらでもない なりえない ひとり      個
 
 
 
個個での・・・・    さらち
 
 
などと あらためて書くまでもなく とうに そのようなあれで
ちょっと メモ  (裏にも収納)  
 
 
 

“余白” ‥ときおり傷もながめ
むりやり言葉に押しこめるなら そのようなことになるかもしれませんが

(additional timeとしますと付随するものがありますか‥?いつでしたか? 記入して)
(vacancy ?)

‥それから 感覚としては そのまま大差なく そこにいて‥

じっくりモードといいましょうか ある意味 ペースが感じられない ‥ような どん欲さ

余白 というよりも  “さら”? 
 
 
 
………………………………………………………………………………
 
個個の


   
 
………………………………………………………………………………
 
駅傍のスーパーに (21)移動されてきた店長は「新 」という地からだと 偶然 見
そこは 同日 別件で検索していた
そこには 霊岸島 という名称があるのをはじめて知った (霊厳寺)
 
 
 
「同一 同様」
………………………………………………………………………………
 
 
「非」何とか という あれ   依存 とか 再生 とか
 
 
21 図書館で「リボンの騎士」をパラパラ・・ 
これが見事に 筋を ほとんど といいますか まったく覚えていなかったというなか で 
 
・実は (事情があって 二役など)姿を変えて 何かを演じている
・実は (幼いころ などに)別離して 判らなくなっているけれども あれ 
 
そのような要素が盛り込まれているは その話だけでもないでしょう  ソコガタノシイノ?
実は 同一人物  同じ団体内などでの(知ってか 知らずか)の働き とか
 
そこは ひとりで ついきゅう かも という面    ですが    タノシクナイノ?
 
 
22夜 下の なんといえばいいのか ギターも鳴らしての 歌や笑いの絶叫系「声」が半端なく  うるせーよ
 
“のんでのんで・・のみつぶれてしまうまで のんで  やがて   は   しずかに・・・・”
 
 
タノシサなどにも「非」をつけると あれなのでしょうか
 
 
………………………………………………………………………………
 
 
ほんの わずか が すべて 
 
 
………………………………………………………………………………
 
 
人類の数%?は 「簡単にやっている」ようにみえ
理解されていないというその中身が どれほどのものか わかるはずもなく
 
「想定外」で理解できない(負わせるため)(あるいは羨望)ケースによっては とんでもないとらえ方
 
 
(持ちこたえて何かの維持 という 実虚 彼是のうち) 
 
モト 元 基 素 のような何かを決して忘れない 
数%の中の「 人」かがおられなければ 持続ができなかったであろう と 
 
個人的には思っている件 を   ほかの皆さまは どのようにみておられますかね?
 
 
 
9夜に気づいてしまう 「!」使いの文章   食べ過ぎに注意

創造した病気を押し付ける手法    話を進めたい?   そこもあれ
 
 
 
民族特有の感性 そこへのこだわり    その悦に入る という  
伝統?延々「混乱」をもたらし続ける モト という面
 
あらゆる 瀉血技術をひけらかす方々
 
人類内での ではなく 「民族内」「多面同要素内」での相殺 ということでしょう
そこに なんら「希望」は見ておりませんし かかわってもおりませんが
 
 
「夢」のあるお話で括ろうとする方々は「 世」という舞台を使っても 「遺伝子」などとは言わず 
ましてや 生き延びるために行ってきました などとは・・どうでしょう
 
 
骨折したときに連日ご一緒だった リハビリ師のおひとり・・(目の表情以外は)「褐色肌のサーファー」風
拳法系で  ボクシングジムジムで 汗を流される と話しておられ
(その方は「よくできました」の上手い芝居でなければ わりと深刻なトラウマをかかえていて・・) 
 
日々トレーニングを欠かさないのかもしれない 西口の(酷い骨折をご自身で治された)方
お悩み相談のような口調になることが何回かありまして  今日もまた寒い。。 と
 
(リハビリの手の動きは・・ 力の入らないクルクルとした動きで笑いを誘いましたが
 話題があれですし わりと真剣な表情はくずせませんでした)  ・・まきが入った
 
ただ うかがうだけで  相槌をうつ程度  何かをお答えした記憶もないのですが
深刻なようすは伝わってまいりました
 
何かのトラウマでしょうかね?  という言葉を仰ったか   そのような言い回しで
寒い日が 本当に怖い  耳が痛くてとても辛い と (「妻」とは時間帯が違う…朝一人で起きるとき)
そこだけトーンが変わり 焦点も違うような    しかも 1、2度ではなかったような
 
?道場はすごく寒いですよね?と聞いたりもしましたが  どうも 意味合いが まったく 違うようで
 
 
 
気候?  変動??   
 
その本をみておりますと オンパレードのにぎやかさ  イベント的発信なのでしょうか?
 
 
世界の海中 海洋生物がほとんど棲んでいない透明な青色の海があるかと思えば
海洋生物で満ちあふれている緑色の海があり…鉄が関係している
 
陸地から舞い上がった埃が飛ばされて海にたどり着き
鉄もいっしょに運ばれている
 
太平洋にはこの鉄分を含む風の通り道となっていない場所があり
そこでは植物プランクトンの集団が発生しない
 
北大西洋の海域は サハラ砂漠の鉄分に富んだ砂塵がまっすぐに飛んでくるため
緑色に濁った「水生動植物メトロポリス」になっている 25
    
 
水が凍ると鋭利な形をした結晶になる
 
人間が凍ると 血液の中の水分が氷の結晶になり
その破片が血液細胞を傷つけたり毛細血管を破裂させたりする
(寒い日に水道管が破裂して修理屋が来ない状態 のような) 58
 
 
体は寒さを感知するなり毛細血管を閉じにかかり 手足の指先からはじまり 腕や脚という順に
そうして 順次閉じられていき 血液は胴体に集まる
生命維持に不可欠な臓器を冷やさないように血液で温浴させる
 
体の熱を保つ方法は 身震いと血管収縮だけではなく
年齢に関係なく極寒地の人には褐色脂肪という特殊な発熱組織が存在し
寒さにさらされると褐色脂肪を使い熱を生み出す
(普通の脂肪細胞に届けられると備蓄されるが 褐色脂肪細胞ではその場で熱に変わる)
筋肉を動かすことなく熱を生み出すことができ「非身震い性熱産生」と呼ばれる
 
身震いは2時間くらいなら有効だろう
褐色脂肪は 血液に乗って糖が届けられるかぎりいつまでも熱を発生させることができる
 
褐色脂肪を体内にためるには 北極点くらいの極寒の地で数週間暮らす必要があり
しかもそこで暮らしていてこそ褐色脂肪は機能する 60
 
 
メラニンは髪の色や瞳の色も決める
 
雪のような白い肌
先天性性色素欠乏症の人はメラニン工場を稼働させる酵素がないため 作ることができない…その瞳の色がピンクや赤色に見えるのは 眼球の裏にある網膜の血管が透けているから 78
 
 
たとえそれが氷河期以外の通常時には不利となるものであっても
寒さに耐えられるというだけで死なずにすみ 子孫を残せるのなら大歓迎だ
 
1型糖尿病または2型糖尿病の発端が寒さにたいする人間の適応かどうかは、現時点ではまだはっきりとはわかっていない。しかし、現代では有害でしかない遺伝形質が、人類は生存と種の保存を助けていたという可能性は大いにある(ヘモクロマトーシスとペストの関係がいい例だ)。
70『迷惑な進化』病気の遺伝子はどこから来たのか/2007シャロン・モレアム/ジョナサン・プリンス/訳:矢野真千子
 
この書は 偶然・・ 13に ある用語を調べたいと・・それは見つからず  何かがつながっていたのか?
 
鳥取 氷温製法のどら焼き があるらしい  15?発信  梨とか蛙とか書いてあったような ・・「セイホウ」お詳しいのかな
 
 

 
腐敗しても朽ちず  発酵もあれ   投げ散らかすのは 無いはずの  負のエネルギー  遺産
底の抜け方  底なし   地球を突き抜けて どこに行かれるのか?

16


ある「同じところ」

「同じところにいようとするなら 全速力で走り続けなければ…」と
「赤の女王効果」というペース(この呼び名は どこにでも出てくるのでしょうか)

「捕食者と獲物が ほぼ同じ速さで進化」することで維持できる働き(マーシャ・ビョーネルード)


演出に浸ることができて 湯加減が馴染んだり


空間はどのようにシェア?
していないかも ‥違う場所を同じ場のように 延々と会話したことが

気づかずに 何かが進行してゆくことは不思議ではない   各各のあれで


ゆるしがたい‥  「要求」等は ずっと  その都度 追加見積もり 加算なども という  これもなぜか「さら地」でのこと
………………………………………………………………………………


「地質学者というのは いつもどこかの地質時代に行ってしまい」「特異性にどっぷり身を浸している」
生物学者も「あくまで現在という時代から横目で進化の様子を見ている」

さらに分子生物学の発達により、生物は一種の機械であり、規則に従って予測どおりの動きをするはずだという考え方が生まれた。生物が不変の環境の中で進化しているのなら、おそらく進化の速さもほぼ一定になるだろう。しかし変化の起きやすい惑星、しかもゆっくりとした周期的な変化ばかりでなく、突発的で二度と繰り返されない変化も起きる環境で、進化が一定のスピードで進行するとは考えにくい。もし進化がそのように起こっていたら、過去について語ってくれる生物は存在せず、私たちがその過去について議論をすることもなかっただろう。地質学的な見地からすると、困難な環境に見舞われたとき、すばやく変化できる能力を備えていることが、進化に対する最高の適応性ではないかと思う。 187


「底抜けに楽天的でうぬぼれの強い理論」

まるで世界の人口の半分は、箸を使って上手に食事をしているのに気づかず、フォークこそ食べるための最高の器具であると主張しているように思える。別の世界での進化と比べることができないのだから、現在が最高の形であると断言することもできないはずだ。 188

「それぞれの時期の特徴」は「軍拡競争をテーマにしたいくつかの変化」を語る
捕食者とその獲物はペアを組んで、しだいに振り付けが複雑になるダンスを踊り、どちらかが突出しないようにステップごとに相手に合わせている。

「ここでは、同じところにいようとするなら、全速力で走り続けなければならない」

捕食者も獲物も相手をしのぐことはできない
捕食者と獲物が ほぼ同じ速さで進化しないと どちらかが暴走 192


「農業や医学にも当てはまる教訓」
私たちは虫に打ち勝とうとした結果、逆にもっと強い虫を生み出してしまった(その上、自分たちが食べる食物、水、土壌まで汚染した)。

抗生物質についても同様…病気の原因となる微生物に自然よりもはるかに強い圧力がかけられ バクテリアの毒性がさらに強くなり

どちらの種類のウィルスも増殖し 人間の何倍ものスピードで進化

つまり 人間は“赤の女王効果”という回転車を速く回しすぎて 足下をすくわれそうになったあげく…

はるか遠くの土地から外来の植物や動物がやってきて、しかも共進化するライバルや天敵がいないとなると、その種は回転車ではなく動く歩道にのっているようなもので、土着の生物よりもはるかに速く前へ進むことができる。だからといってその種の捕食者を連れてくると、より大きな混乱を環境にもたらすことが多い。進化とはまったく別のところでつくられる、遺伝子操作された生物を持ち込むことは、さらに破壊的な結果につながる可能性がある。 193

地質学上の軍拡競争には、必ず終わりがあるが、勝者は存在しない。

突然 適応の基準が変わり

すると厳選して集め続けた装備や武器が、荒野のクレジットカードと同じように、まったくの役立たずになってしまう。 194
『地球の自叙伝』マーシャ・ビョーネルード/渡会圭子 訳
………………………………………………………………………………




「ケイ酸塩と金属鉄が分離するプロセス」を「溶ける」として(とらえるかたがいる)
「消滅核種」(アルミニウム-26) 「溶かした熱源」?


手書きのメモを ここに

 ●(「名古屋 栄 雀おどり」何を調べたかった?
   たぶん 紙袋か栞からのメモだと思われるも もう一行欲しかったところ。。)
 ●90年代初めか?時期の絞りが難しい‥ロシアバレエの講習会/小原流会館青山‥付き添い
 ●『江戸八百八町に骨が舞う』2006 谷畑美帆
  ・シオサイト 7       (クリブラ・オルビタリア P53)
  ・江戸煩い…骨に痕跡を残さない 脚気 58   大火後 1日三食になった 57   骨粗鬆症 60
  ・鳥取 青谷上寺地遺跡 骨病変 結核 3C頃

(メモが。。自己組織化したらいいのに)
リンパ節 間葉 mesenchyme    間葉細胞:骨 軟骨 リンパ系循環?系
 間葉  主に 中胚葉から発生した未分化の疎性結合性組織の一種
 固体発生のごく初期に生じる非上皮性組織で 突起によって連絡し合い 細網繊維細胞および
 未分化細胞の緩やかな集合体とその間を満たす  細胞間物質によって形態学的な特徴としている  
(。。メモが)

これは 「タンゴ」→ plata:銀 などを調べていたころ
女性から 待ち合いスペースで 7.11に(10の)コンサート-大枚2-の最中に
前歯被せ物が外れて 楽しめなかった 帰りにお茶もできず などの話  (9)

7.10 社脇(線路との間)に烏の死体があった 10に記入
 
 
 
 
………………………………………………………………………………


(前の頁下部) 動画(一度 思い出せることを控えめに記入して 消去)難しい‥そこには いない ということ

つながりとして書けることを ひとつ ‥食料 日用品といった 最低限のひと揃いが困難なとき

プロのダンサーが 生きるために必要な道具を手に入れることが難しくなった時期があったのかも
それは平和ボケしていたとしても気づいて当然の(ダンス誌に載っていました) 出来事で

そういった 何かを見せてもらえる機会というのはいつでもあり 自分の身に置くことや ながめることも可能




白鳥は (ヒト踊り方では上半身はあれで とか) 比喩的にも 水上は優雅‥水面下では慌ただしい動き

「水面」使いは 様々にとらえることもできるのでは
危険だから真似しない とか 邪道とか?  (靴がもったいないとか)
 
昔から  両輪のようでもある あれとそれとは あらゆる面で 大いに違うと思っています


どこかの湖で エネルギーを語り 使おうとするときも わかりやすい要素のみならず
(水中)湖底とのコミュニケーション 他対流 等 使い手により いかようにも あらわれが


どこの?  火山の麓?
みつかったときに瀕死だったとしても「灰にもぐりこむ」ことで どうこう

キワの話で (楽観)(悲観とも) 何ともあれ
 
 
 
舞踏  武闘     さまざまな拡がりがある  としても・・ 
 
 
Capoeiraという語は南米の言語であるグアラニー語のcaá puéraから来ているとされる。
caáは「森」を、puéraは「存在していたもの」を意味し、caá puéraで、「刈られた森」「消滅した森」となる。

 
………………………………………………………………………………
 
ギャップ系は 要らないものは 要らない  
まず なんとか効果の中にはいない ということでしょうか
 
ポイントのすり合わせ
 
病名がつかない けれど 傷が とか 傷がなくても とか 
その人の置かれている 場 空間などの認識
 
生活時間帯がずれている ということでの 「遠ざかる」ことによる効果は 変わらず
 
好みの あるいは 必要とするダンスは それぞれ異なり  近くの人間のそれはどうなのか・・ 
レベルの差も 相手には負担になることもあり 手伝いにも・・・ 逆効果
 
………………………………………………………………………………
 
 
(「使い手」などによる)「現代の流れ」というのも 今生きる上での「仕方」ということで  生存重視
(仕様がない が 迎合するものでもない むしろ あれかもという面も多々で)
そこが「土台」だとは 思っていない 思えない・・   というあたりのことも 会話では
 
川の対岸も あれ
 
 
「アフロレイキ」手入れに必要な クシ 毎日そうとうイタイらしい    *店の場所は 松岡正剛 1192 で
 
以前から ちらちら たまに目に入っていた『黒く踊れ!』2008 江守 藹 16〜 読みはじめ なにかと平行など しながら  
しばらく‥    17
 
17夜遅く会話はじまり 朝まで けっこうな繰り返しのくりかえし と 少々踏み込めた面も 18
(9.11 馬場2丁目‥裏ではなくノートに記入 さらに調べ追記など)
 
12
 
適度なラップ    (10は)こちらのほうを調べており
 
勝負事のひとつのかたち という意味で 詳しくもないのですが zeebra氏はラジオを聴いていた一時(黒夢とか 90年代後半?)
に 血の気の多さですとか 当時はシングル子育て ですとか 色色 音色を  (横井・・英樹氏の 知りませんでした)
彼もまた その競技をやっている(・・危ない喧嘩はやっていたのでは) かもしれません
 
相手のパンチライン  真正面で     鋭いアンサー…
 
「広場」系のときにも思ったのですが この「特集」は画像が大きく 「テレビ」的な要素もふんだん
 
 
 
今まで言及してまいりませんでしたので 説明を入れませんでしたが そのつながりに かなりの違和感
 
トップの「ある確認」というのは 報道メディア i の 競技おすすめのページをみて ということで
これまでにも そのエッセンスは流していたのでしょうけれど・・ 
ここで 一気に押し上げてきた と   (朝本を返却して その足で というタイミング)
  
また 一瞬で これまでの多くの(多すぎる)要素とつながるのを感じ
俗っぽく言えば ひどく傷ついた   あるいは 血の気が引いた とか 
 
 
原点 
 
 
 
新橋のコットンクラブ
 
ジャック・ジョンソン(ボクサー)  オウニー・マドゥン(1923入所中に経営権を手にする)
 
 
(2013?はじまり)2014 下赤の住まいは(別の)そちらからのあれでしたようですし
現在の下の方も そのような匂いがしましたので はじめに調べましたら やはり
いずれの方も 鋭いアンテナをお持ちかな? という纏い 醸し
 
支えるまかない食 を提供しているらしい 1号店
以前そちらを過ぎたあたりで 毛細(どちらか)が ざわっとして 痕を残してそのまま
 
(生保ビジネス?のひとつ 日の出ビルの1fにもジムはあり) 
墓場との間にお住まいがあるのかどうかは存じませんが 大通りで偶然というときもあった
階下の方は宗教名は「言いたくない」といいつつ わざわざ「モスク」とは発した
 
そこに出入りする(8.29もらしい) 店主に小学生のころ教育した 東大出 「異端」
閲覧注意 らしい エリート裁判官    高裁系
 
異端のエリート!!  の素顔 だそうですが  法曹界とのつながり 『    マニュアル』とか 
「無教会主義の方の名を掲げた教会」を選ぶ ということも 「利他」を掲げて「他人を犠牲にする」ことも あれ
川の対岸も あれ
 
 
 

 
雨景
 
 
tenki.jp 2016年9月8日 15時55分 (2016年9月9日 06時19分 更新)
 
 
8日 午後2時30分頃
 
 
 
9に 「風テラス」 「ホワイトハンズ」 という用語の入った記事が発信されたようですが
肝心な 「本」の部分に踏み込まない というのは関わる者(職業)が おそらくそこに・・
 
いや それだけでなく   起源 創始 的な 
 
むしろ 続けるための   とみられても 余儀なし と 個人的には
 
 
と記入後 線路上を 煙突麓経由で東口に‥降りると すぐ
胎盤医療」とある 病院の看板が 目に その漢字の組み合わせは街では ・・見かけない
 
 
「真我は傷つかない」などと 言いながら (自らの「健康」「若さ」などを)保ちつつ
どれほどの盛り込み を 自分(たち)以外に
 
すべて返却しても  そのように 傷つかない方々なのでしょう
 
 
 
虚で「早く片付けて」と発すると 何かを「呼ぶ」ことができるのかもしれない  らしいが  17
 
即 「真」に 片づけにとりかかることも 可能なのでは  18
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする