ガラスの意匠

今、新たな要素としても繋がることができる。

 

様々な要素に見いだせる。

 

 

測位の精度。

(2017年に出なかった会の)包み方、包まれ方。

 

 

ダイヤモンド母岩の噴出頻度に新解釈を提唱〜現在型のプレートテクトニクス開始を示唆する新しい証拠〜

 

 

ガラス。

(血が通っているような息づく感じ)

2005.01/22(土)〜04/03(日)

フランスの至宝 エミール・ガレ

edo-tokyo-museum



(北澤美術館)

フランスの薔薇も観に行きました。

https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/3463


 

(2018年のものも発注済)

(18日着)

(29日追記、同封されていたチラシ(期間))

(https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2022_3/index.html)

 

 

没頭する感覚は、いつ以来か、

嬉しく思っています。

 

 

 

 

 

14日に画像を追加。

この空間でも長居するような雰囲気になりまして(この追記は15日)。

 

 18日も(14日撮影の1枚を)插入。

(narumi)

 

(張りあいの大きさを感じていて)

嫌な体験から離れられた実感とともに。

 

離れた、ということは、

虐待やテロを許さない、ということですが、

その気持ちも、

虐待やテロを起こす当事者や団体により、ばら撒かれたみたい。

 

治癒に向かい、

どこかに負担がいくのなら、分散できるよう、趣味を増やしたいと思います。

また、それらの悪用についてもみます。

 

(過去に狭められた道があるとしても)

私が、いつ気づいたとしても、どこにいても、要素は見ますので。

 

(1970年代 これまでの展覧会 展覧会 サントリー美術館)

 

(当時は課題…描くことも多かった…それらに向き合う他、陸トレ、お遊び)

(その後、触れ合うようになった分野)

 

1980年代 これまでの展覧会 展覧会 サントリー美術館

乾隆ガラスとアール・ヌーヴォー

1983年7月12日(火)〜8月21日(日)

(月曜日休館)

 

歴史 美術館について サントリー美術館より

2004年移転のため一時休館。

2007年東京ミッドタウンに移転開館。

 

 

2022年5月5日に2018年の展覧会をチェック、視聴は6日。

ガレも愛した-清朝皇帝のガラス |レポート | アイエム[インターネットミュージアム]

掲載日、2017年4月25日。

展示期間、2018年4月25日(水)~7月1日(日)。

 

 

図録を注文しました。

 

(10日編集。15日お手入れ。18日加筆)ふ

(25日、26日編集)

29日加筆。30日編集。


6月15日加筆。