読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

Ease

夕方まで 水まわりが カタマリ トマリ  トイレに向かう道がズレて

(イチョウの傍まで 何度か往復)園内の 沿う道で

.

区域から泥が持ち込まれるため 動機 というようなものがあり 何かを行う

思いうかべたのは園内の清掃の方 だったのですが 

.

でも「共通」の何か があり 誰かたちが誰かの行いに気づく

(区域の係の方々もそこを使うため 少々業務が重なる・・どうであれ 「気づく」)

使うだけの人々は気づかないため 「行為」だけでなく わかりやすく置かれた「道具」も見えないようで 

行った誰かの負担は増え それはもう とうぜん疲れますし 翌日に加筆するという流れもうみだされました

 

・・知っていただく わかっていただく さりげなく それなりに・・ 自慢も反発も あれこれが あれ

でも 限度は とうに・・   とっくに 長 超 兆  超えていますから  あれ

.

思いの繋がりは僅かでも 行為自体が伝えることも あるのかどうか

 

室内で 誰かたちと誰かの間を 若者が グレーのサンダル知らない? 誰か見なかった? と発しながら通り抜け

また 外でも シャッフル的 多め な 光景もみられた 日

.

「係」など の 誰か(たち)の気持に僅かなズレが生じたか どうか

....................

「長い」のは 添う「布」 「短い」のは「カップ」の口のあたり

縫い合わせは ない

.

つくったものの「渦」は ところどころ繋がっておらず

糸3本 玉止め6個

.

すっかり縫製の用語を忘れてしまって。。 苦検索 でした

.

「小学校」「裁縫道具箱」を入れる「袋」作りで 「きせ」習得

「全員」が通った道 (今はどうか)

.

縫い目より少しずれたところで折る

(縫い代は片倒し/「線」を折り目と見ると中心線などがずれることに)

布が被さっているため 縫い目がどうであれ‥(雑でも 多少曲がっていても) 隠れてしまったりする

「昔」は ほどいて洗って 仕立て直す ということがあった

.

「いずれほどく」ということで縫い目が粗い

そして 縫い目の見えない「美しい仕上がり」

というようなことだそうで

.

「きせ」というのは和裁用語

.

きせ には「毛抜き合わせ」というのもあり

やはり縫い目が見えない きれいな仕上げで 袖の下などはそのようなプレスの仕方

..

(浴衣を裏表反対に着て 縫い代にお住まいの微小生物などの対策でしたか?

表側の きせ については どうだったのでしょう)

..

「毛抜き合わせ」(「見当合わせ」とも)という「印刷用語」もありますか

.

「毛1本分くらいの逃げを作る必要がある」

「抜けることを防いでいる 製版にとって不可欠の逃げ」

など 出てきました

.

(データ作成時の対処法)

・(境目)「下におく色と上にのせる色で共通の色を使う」

その方法は「デザインが限られる」が

・「毛抜き合わせ」の場合 色と色との境目を重ね少し食い込ませる(その部分は濃くなる)

通常 淡い色を濃い色に重ねる‥逆のときよりもなじんで境目が目立ちにくくなる らしい

..

 

点 線 面 層     重なり 繫がり

分量などの多少 ほとんどない場合・・つきあわせ

それぞれのケースで 「経過」「結果」など いろいろなものごとが さまざまなことでしょう

 

..

いせ る

衣服の ゆとり ゆるみに関する 語源のいまいちわからない言葉

Ease

.

Edging Contracting

Easy-in

Fullness Shirr Taking in

.

広告を非表示にする