読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

(花の)「青」の 意

 

 

30、31記入分は 下に移動しました

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

f:id:kaon-yokegawa:20170329071344j:plain

27にもとめた こちら 

 

…大多数の学生の興味・関心に応えることが難しくなり…  

「学生のニーズ」

 

「研究してきた領域」は「昆虫分類学と発生学に始まり」

「…昆虫を研究材料とした行動学、行動生理学を経て紆余曲折の末神経生理学に至っている」

「筆者との専門領域とは大きく隔たった領域」とのこと

「学生が興味関心を持ち得て、筆者にも講義可能なテーマを探り、たどり着いたテーマ」

が 「花」

 

「植物学は高等学校時代にクラブ活動で」…

「野山に花を求めて歩き回る花好きの一人」…

 

東洋大学に就職して以来30年、担当した講義科目の生物学には行動学や神経生理学をサブテーマとしてきたが、時に愛らしく、時に不思議な動物たちの行動そのものはともかく、行動のメカニズムとなると近頃の文系の学生さんには違和感が強いようであった。生物学実験講義はこの間、白山から朝霞、逆に朝霞から白山へと移転する度に、立地条件に応じて野外調査なども含めた様々な試みを行ってきた。 

P100(あとがき 2008年3月 於、千葉県柏市

『教養の生物学・生物学実験 青い花と緑のノリ』2008(2010第2刷) 山岡景行

 

2005年 予想を越えて受講者多数  個人的な印刷が著しく困難に

 …2006年度には大学生協に印刷製本並びに販売を委ねたが、注文部数の決定は殆どギャンブルであった。受講者数は履修届完了後でないと400名になるのか800名を超えるのか分からず、特に秋学期にどれほどの新規受講者が増えるのかは全く見当が付かなかった。注文部数により納入価格は大きく変わるが、発注の度に販売価格を変える訳にはゆかない。販売実数が注文部数を下回ると数十万の赤字も覚悟しなければならず、逆だと学生に余分な負担をかける。教科書会社に出版を委ねれば解決できるが、販売額が問題になる。幸いにも開成出版から大学生協販売額に若干の上積みをした見積額が提示され、本書が生まれることになった。ギャンブルに煩わされることなく授業内容の改善に専念できることを期待する次第である。 (あとがき 2008年3月 於、千葉県柏市同100ページ

・・・・・・・・・・下部 30に少々追加・・・・・・・・・・

 

「手芸」「園芸」のまとまりの間に ぽつんと挟まっていました

どなたかによる 下線や書き込みが また何かを知らせてくれることでしょう

 

 

夜には リズムに関することや このような書などを開いてすごしておりますが

 

 

ナンシュウか? シュウ回おくれの方 気合を入れての対処 対応が

(どこかに在る だれか(たち))を ひきずりもどすような ・・キズをどうこうとか

 

たえがたいような ケンゲンになってしまう場合も なにかをたもちつつ まいりたい・・

 

また 「そのまま」高揚の度合いを高めつつ お過ごしになられる方方は ソノママ

 

昨夜 現行の場に向けてシカルベキ機関を呼び出していたかも     

それは また 何度目かの   なにかのはじまり か   イナか

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 30

その 28夜 また皮膚科に行くように すすめられ   病院に行く ということ や

病名をつける ということは どういうことなのか  また 少し 再議論的 何かを

 

わたくしといたしましては あれで   塗り薬もまだまだ ございまして ・・在庫

フェイドアウト方向 とは いったいどれくらい。 とか(行かないと決めているわけでもなく)

 

だれかを病気あつかいしたことも ございませんで  

でも行くとしたら   だれが ?  ということですか

 

『時計遺伝子の生物学』の178、9 あたりにあるのですが そのページでは 

治療には 

  • 早期の高照度光照射
  • メラトニン投与
  • ベンゾジアゼピン系薬物剤投与などにより睡眠相を前進させる方法
  • 入眠時刻を望ましい時刻に一致するまで毎日2~3時間遅らせる方法(時間療法 両方? リョウホウ
  • ビタミンB12を投与する方法が用いられている

病態生理は不明だが 体内時計周期の延長 光照射に対する感受性の低下 体内時計の位相と睡眠覚醒周期の位相との相互関係の異常があり位相が生じる時間帯に眠っているため光を浴びることができない などの機序が想定されていて

家族性に発症する家系が報告されており 少なくとも一部の睡眠相後退症候群では遺伝子多型が関与していると考えられ…

というふうなことで 

 

睡眠相後退症候群 Delayed sleep-phase syndrome; DSPS    Wikipedia

または睡眠相後退障害  delayed sleep-phase disorder)

…慢性的な睡眠のタイミングに関する障害(概日リズム睡眠障害)のひとつ…

 DSPSはもともと Jet Lagと同じ範疇の疾患として研究されていた…

など など    トラゾドン(trazodone) 抗うつ薬 という名称も出ておりますが

 

うまく 使えれば 悪夢などみないで軽快するのかもしれませんが

 

かつて 服用せずとも 悪夢のような日日を送った あれ ですとか  まあ あれで  

  うまくかみあえば とどこおりなどもナサメでまわれば なんでもいいのでしょうけれども

  アレですと あれですので アレでは というようなことを 手短に  

  調べ物などにも ご理解があれですので 「たまたま」その薬も調べたけれども という感じで

 

「薬」以外のものごとも 本人次第で どうこう

 

 

「    症」 本人が病気とは 認めない  でも おこる ものは オコル ときも 

あったり なかったり

 

 

領邦   りょうほう   りようほう

 

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 31 

ふしめの お声がかかったのは ・・・・27でしたか ?

  ああ もしかしたら その日 あれだったのかもしれないので  ようすをみてみないと

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4/2

毛氈(緋毛氈)

 現存する日本最古のフェルトは、正倉院所蔵の毛氈(もうせん)である。

奈良時代新羅を通じてもたらされたとされる。

近世以後は羅紗・羅背板なども含めて「毛氈」と呼ばれるようになるが、中国や朝鮮半島のみならず、ヨーロッパからも大量の毛氈が輸入され、江戸時代後期には富裕層を中心とした庶民生活にも用いられるようになった。

現在でも、畳大の大きさに揃えられた赤い毛氈は緋毛氈と呼ばれ茶道の茶席や寺院の廊下などに、和風カーペットとして用いられている。    wikipedia/フェルト

 

 

underhell.blog62.fc2.com/ (そちらさまの 何処か より)

 「夜中測量の図」

f:id:kaon-yokegawa:20160130134432j:plain

 

伊能忠敬の歩いた日本』

図:「夜中測量の図」(宮尾幾夫氏蔵・呉市入船山記念館保管)

藩の幔幕を張りめぐらした中央に中型象限儀を据えつけ、恒星の高度を測定中である。一人は行灯を片手に立ち一人は座っている。座っている者が測手で、目盛りを見やすいように照らしてもらっている。多いときは一晩に20個も測った。

右手には赤い毛氈を敷き、片手に手明かりを持って子午線儀で観測している老人がいる。頭巾を被り、前には火鉢が置かれている。忠敬が描かれているとすれば、この老人が忠敬である。 115

 

 伊能忠敬の歩いた日本』

海中までも縄を張る  

  さて、第二次測量では歩測をやめて、間縄 けんなわ を張って距離を測ることにした。歩測も馴れると誤差を1パーセント以下にすることはそう困難ではないが、0.1パーセントを期待するのはむずかしい。とくに長い距離においては疲労がかさなり、また、その日の体調にも影響をうける。   縄を張ると決めたあとは、徹底しておこなわれた。はじめはふつうの一〇間の間縄が使われた。街道・海岸に梵天 ぼんてん (いまのポールに相当し、三間くらいの竹の先に、「はたき」のように紙切れをつけたもの)を立て、その間を間縄で測った。半端な部分とか縄では測りづらい場所は間棹で測る。

  間棹は二本つないで二間、目盛りも付けられた。縄は伸び縮みするので、毎日棹で長さを調べたという。いよいよ全国の距離を実測する伊能測量の本格化である。場所によっては海中までも縄が張られた。

  五月九日、伊豆半島熱川温泉近くの熱川温泉近くの大川という村を出発して掘川 ほっかわ 村に着く。いまの北川 ほっかわ温泉の位置である。となりの熱川は奈良本という村で、堀川は奈良本村の別村だった。案内に出た奈良本村と堀川村の役人のなかに、堀川津右衛門という70歳の大元気者がいた。海辺の山道は通りづらいから船で縄を引こうと船を出し、みずから釣縄を持ち出して波が高い海岸の縄引きを手伝った。たしかに北川と熱川間の海岸線は断崖が迫っていて、船でなければ海岸線の測量はむずかしい。

  伊能図の松島付近をよく見ると、たくさんの朱の測線が海中を走っている。松島から三陸沿岸では大々的に海中の引き縄測量がおこなわれた。   8月21日(9月28日)は塩釜泊である。「(忠敬は)乗船して七つ(4時)ころ着いたが、平山郡蔵たち測量作業班は、海を縄、舟にて測るゆえ、夜に入りて着」と記している。22日は「朝六つ半(7時)。塩釜出立。乗船し長縄を用う。海上至って静かなれどもはかどらず」松島との村境の海域に松島の役人が船で出迎え松島分を測る。23日「昨日残した松島分の海中を測る」というぐあいである。伊能図で海中を測線が走っている部分はかなり長い距離であるが、船で縄を引いたことがわかる。始点と終点に梵天を立てた船を固定し、その間を二隻の測量船が尺取り虫のように縄を張っていったのであろうか。 56〜58

 

  伊能忠敬の歩いた日本』

 「旧い若松市史」に出てくる「伊能隊の隊列序列」

先頭は先払いの組頭(村役人)

あとに庄屋につれられた梵天持ち15、6人 間縄引き5、6人が従う

指図役(上才判)は忠敬の家来と書いてあるが たぶん棹取り

うしろにいる組頭が杭持ちと掛矢持ちをつれており 指示がありしだい杭を打つ

梵天を立てる位置を決めるのは棹取りではなく 忠敬 下役 または内弟子だろう

測るときは、梵天を立て、傍らに杭を打ち、間縄で測りながら進行する。距離を読みとるのは棹取りの仕事で、記録するのは間棹数取り庄屋の役だった。立っている梵天持ちの持つ手札に書きこむ。

そのあとに 案内の組頭が続く

箒持ち二人に道が汚れている場合は掃除をさせる(牛の糞の除去など)

つぎが 勘解由殿御一同

全体の流れから推測すると、供侍、従者、槍持ちに、身辺の世話役、つまり煙草盆持ち、床机持ち、傘持ちなど、忠敬付きの人数と、実際に作業指揮をする下役、内弟子の一群であろう。下役たちにも身辺の世話をする要因がついたからかなりの人数となる。

そして 傍らに付き添い庄屋が一人つく(通行中の村々の庄屋が案内のため村内だけ供をするもの)

つぎは 測量方 道中記方 絵図面方 数取り庄屋一人(測量結果の記録かかりで庄屋に役を振ったもの)の一群

測量方は方位を測る羅針係で 下役または内弟子の仕事

沿道風景を描く絵図面方は下役の仕事であるが 地元の絵師が手伝ったこともあった

下役なら道具を持ち運ぶ従者がつくし、地元絵師の場合も助手がついたろう。道中記方という役割があったことは他の史料に出てこないからよくわからないが、たぶん、測量作業の経過、見聞を記録する下役または内弟子をおいたことがあったのであろう。測量日記は忠敬一人のメモだけでは書けなかった。要するに、この一群は距離以外の計測グループであった。

つぎが磁石持ち 磁石台持ち 御絵図持ちと宰領する組頭

磁石は杖先方位盤、半円方位盤などで、据え付けて使うための台もあった。御絵図持ちは参考のため用意した村の概略図とか国絵図などであったろう。現場で見たくなったとき、広げて見られるよう、図面台なども持ち込んだ。この一群は測量道具持ちである。

道具持ちのうしろに 杭木 掛矢持ちが続く

(杭は人足に背負わせた)(掛矢は杭を打つ大型の木製金つち)

杭木 掛矢の予備品を運ぶこのグループは材料運搬係

つぎは サービスグループ

まず 忠敬の乗用 御駕籠(測量せずに移動するとき利用…即慮y中は「空き」)

つぎは 両掛(江戸期の旅行用行李の一種) 

竹馬(竹籠に品物を入れて天秤で担いだという…簡単な物運びか)

お道具(休憩するとき すぐお茶を出した)

野風呂「風呂と同じ構造の小さな湯沸かし、野外で簡単にお湯を沸かせた。野風呂の茶は忠敬は好まなかったともいう」

茶釜 やかん 湯沸かし道具などを運んだ

もうせん。これは敷物である。休憩のとき、縁台の上に敷く。このグループは設営班で、測量に直接は関係ないがたいへんだったろう。

つぎ、はんこ、あゆみ。意味はわからない。あゆみは歩行板か。

つぎの昇は御用旗である。草履、草鞋、これはたくさん必要だったろう。まとめて運んでいた。

最後は 御馳走案駄「よくわからないが、頻度が高くないその他のサービス用品を馬に付けて従ったのではないか」大庄屋 世話役の庄屋がついてまわる ただ一枚の行列図があったのでそれをもとに隊列を推測してみた。この資料はだいたいの進行順序を示したもののようである。作業しながら進むのであるから、指図とか、磁石で方位を測るなど、下役・内弟子は列外でおこなう作業がたくさんある。動きまわって指揮統制にあたったはずである。183  

欄外に、海岸には船も寄りにくい場所などがあるので、作業は繁雑で、出役した者は格別に働かなくては不都合である、と書かれている。応援に出た人材も精一杯働かないと作業にならないというのである。九州の海岸の崖、岩場の測量を考えるとそのとおりだったと思う。幕命ではあったが、沿海の人たちの渾身の協力がなければ、あれだけの測量はできなかったろう。184

 

中・小図では経緯線の有無がある。緯線だけで経線がないとか、全然ないものもある。また、書いてあっても、狭い部分には書込まないようにした図もある。 216  伊能忠敬の歩いた日本』

 

伊能図は明治から昭和に役立つ  

  明治期に忠敬は偉人とされたが、彼が残した日本全図の評価についてはあまりいわれてこなかった。じつは忠敬の地図が本当に幕府の秘庫から開放されて、庶民のものとなるのは提出50年後の明治になってからであった。

  日本全図として幕府開成所から伊能小図をもとにした「官板実測日本図」が刊行されたのが慶応三年(1867)で、これは伊能図が公刊されたはじめであるが、なお木板の高価なものであった。1871年(明治四)以降になってようやく、一般市民を対象とした伊能図を源流とする日本図が続々と刊行されることになる。

  なかでも、明治一七年にはじまった陸軍参謀局製の市販用の基本図の輯製20万分の1図という地図は、現在の20万分の1図とブロック割りがほぼ同じものであるが、沿岸と街道は伊能図を使い、内陸部を至急調査して埋めた暫定図である。本州・四国・九州部分は87枚から成っていた。

  発行と併行して三角測量が進められ、1ブロックごとに新しい三角測量による帝国図に置き換えられたが、最後まで残ったのは伊能測量でも難航した屋久島・種子島である。同ブロックの旧版が姿を消したのは昭和四年(1929)であった。

  伊能図は幕府提出(1821)の50年後から大々的に使いはじめられ、部分的ではあるが、108年後まで生きていたことになる。戦前の偉人伝では、明治陸軍の測量部門が全面的に伊能図に依存していた、といってはぐあいが悪かったのか、ほとんどふれていない。

「伊能図は、まさに明治のために作られ用意されていたような感もある」 218

伊能忠敬の歩いた日本』1999 渡辺一郎

 

4/2 

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

杭のような(柱といえばハシラ) そういう なんといいますか

(半分)の中で すこし浮いている  のですが「下地に接しているものとし」たいのか

  (私が行うかどうかも未定なのですが)そのような場合のマニュアルにそって 複雑化してとらえたい方もいて

 

  (彼女(と彼 ふたり)は わたしにむけて)「ギセイ」というコトバを たのしそうに つかっていました

  ・・ので その方(彼女)には(どのように伝わっているかは存じませんが)(一行)返却は いたしました

 

  「無邪気」のつもりなのか たのしんでいるだけなのか   

  そのときにうかんだのは どこかの「学校」などでも こんな感じなのかな というような「邪気」

 

その方のもつスケールだけが視えない・・ それは ミジュクであるがゆえ らしいですが

以前 線が視えなかったときに 同調の方が やはり 同じようなことを 

  その(同調の)方は 23? 日暈が出ているのを教えてくれたりも

  

。。蒼い 吐息

 

 

そして その日 これまでに ・・だったような(製図における)基準が うかびあがり

  31に数字の訂正も  ほかにもなにか あるのか ないのか

 

 ・・・・

 

それを カッサイ ・・できるかどうか といったあたりは どうなのでしょう?

 

青いバラ    Wikipedia

日本のサントリーフラワーズとオーストラリアの植物工学企業であるCalgene Pacific(現 フロリジーン)との共同研究開発により、世界で初めて完成した青色の色素を持ったバラである。

遺伝子組換え技術により誕生、2004年6月30日に発表され、2008年1月31日にカルタヘナ法に基づく一種使用規定承認(流通など「環境中の飛散を防止しないで行う使用」の承認)を得た。2009年11月3日、「アプローズ」のブランド(正式名称:SUNTORY blue rose APPLAUSE)を設け

その名の意味を「喝采」とし、新たに「夢 かなう」という花言葉を与えた …Suntoryflowers co.lmd.

 

 

むかし メモした覚えがあり   どこかにお邪魔したことも   news.livedoor.com/article/detail/11574196/

 

・・・・

 

遺伝子支配

青いバラと青いカーネーション

…かつて、“blue rose”は「有り得ないもの」、「不可能」を意味する言葉であった。2004年4月から10月に掛けて開催された浜名湖花博で展示され、広く知られるようになった。…

花の色を巡る科学者の手は、色素の追及に始まり、ついに色素合成のプロセスを制御している遺伝子の特定、さらには遺伝子操作にまで行き着いた。だが、例えば「青いバラ」の青は、デルフィニジンを合成する遺伝子を組み込んだにもかかわらず、デルフィニームツユクサの透き通るような鮮やかな青とは明らかに異なる。むしろ、深紅のバラを追及してきた育種家達に忌み嫌われていた「ブルーイング」という青みがかかる現象、したがって赤と青が混じって紫がかった色に似ている、とさえ言えるかもしれない。

 P27『教養の生物学・生物学実験 青い花と緑のノリ』

 

・・・・

 

 「胸腺」「再教育」「追試」 そういうあたりも思い出され

「教官」(役)による教えなら ということですか  

 

マニュアルが無いと 枠が無いと 動けない とか 不安  らしい

・・ということは あれば 可能? ということなのか

30