何度か材木の町に。

稲、木、観、專、本願。
こども花まつり花まつり講演会。

甘露の雨、甘茶。

潅仏。
様々な望みの現れるとき。


(何度か材木の町に)
(2020年)節目の法事には出席しておりません。
…が、そのときの連絡からの繋がりとなりました。

「普(通)」



(あの店舗の方の名称では、使われていないですね)
(「三日間」のあらわれは)



f:id:kaon-yokegawa:20220326090655j:plain
(和光市、26日)


(数年前に)動きがあった際、
それから数年、様々なやりとりを経て、

感慨深いものがあります。

(お怒りの内容は、尋ねる機会も無く、わかりませんが)
背中の表情だけは。
(漂っているのかしら?)

「光」

勿論、それらだけではない、(お手入れ、技術などの)影響。

(怒りも、その内容も)わからずに追い出されたということでしたので。
そこに、そのまま(増える)、許されない不躾さ。

(概念の有無に関わらず)
(数に表せるかどうか、という)局面に入られ、
あら?と、横の繋がり(の無さ)に気づいたのは先月でした。


(店員さんには、そういうつもりはなかったと仰った様子)
これ、細かく書けば書くほど通じなさを増すので…
(客観視とか、産業云々とかいう以前の…「衝撃的」なんといえば)
(タイプの現れ、5日だけではないようです)


一方、
(通じなかったにせよ、色々お話しされたのでは)
精算を意識されての物事だったのかと。
会話のはじめから、端々に感じられましたし。
(ご自身の分)
(ぎりぎりまで頑張られ)
そうですね。別の表情も見せてくださった方は、怒りから離れて、好きなことを楽しまれているのかしら。


(自国…割合どれくらいかに排除された私も)
普通のやりとりが可能なところで。
ちょっとずつ…
(6日も更新)


膿の出ていた頃、薬の種類にとても詳しくなって(診断しちゃう、みたいな自信というか…)、聞かされて。
様々な面を見せてもらって。

(見守る人間の少なさの問題を、見守った私に向けられても)

見守ること自体を閉じ込められようとも、見えないようにもされて。
(あれから何年…)



(数十年前からのこと)
わからないように、著しい心理的外傷をと、
言動、行為、脅迫を押し付けようとされる方々。
(その中で見守らねばならなかったこと)


(浴衣をミシンで縫ってあげたこともありました)
(彼女自身で生地を選んだのですが)


(気にとらわれて森をみない)
何かに囚われて何かを見ようとされなかった、(職場でもそうでした)

過剰な思いをつのらせる方がいるのだとしたら、

(思い出してしまったことに、しんどさはあります)
祖母や母親、他の方々の制作したものを、
割合フラットに扱ってほしいという想いを、
曲解されたとか、悪用というか、何かはご自覚され…不自然な表れが早速。

ちょっとお買い物をしただけですよ。

f:id:kaon-yokegawa:20220409125844j:plain
(繊維街、9日)


救いは、
(1983年からの調査内容の検証だったり)

https://chuokoron.jp/series/116985_3.html

http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/10/blog-post_02.html?m=1

重心、重点、
分遣、派遣、
拍子が抜けないように、ということで。


多様性を失わず、
(それらをずらされないようにも)


8日15時前のやりとりで、新たなカードを使用。

f:id:kaon-yokegawa:20220408132009j:plain


(模様替えとともに)
私自身(70年代60年代における)心身の状態にも思いを馳せるような段階に入り、
調べものの観点も変化して。

私の、おだやかさは増えます。


11日編集。