読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

やわらかな閃光‥まなざし

7に6のことを  フタのへんから少し「北」の 建物と平行の「水」管ラインに沿って

デンキ系統かも の 「道」の上・・ ミニスコップでガシガシ除けた 設定された線まで

 

建造物沿い 蓋の近く

(となりの)彼女のあたりで ものすごく むき出しになった 中ほどの もろみえの景

12.16頃には 表面のあたりだったのが・・ 注目をあびるような 凄みといえばいいのか

(すぐそこにいるのに姿が見えない とは思っていた)(ときおり声 黙黙で音無さめ)

 

そのとなりでは 彼女が いろいろと負って 追って   根性 懇情   

最近そこらで 出たらしく ジェニ情報も

 

帰りしな

その2箇所の霜・凍結予防のシートがけのときに みなが「ん?」(ちがうよねえ)と 小笑い 

(「勘違い」のないように?)朝の状況からの判断で 覆われていなかった場所にも きちんと

 

覆われていないポイントもあり それらが どうだ ということを   ・・なんとも

 

変なことを書いていますが 朝凍っていた場所はかけていなかった 凍っていなかったところはかけていた

ということで かけなくても凍らない場所だったわけではない・・  「覆われていない」 というのも

そこでの 諸「要点」「都合」などにより シート間にどれくらいかの隙間があっても問題ない という判断

そんなことで

 

.......................................................................................................................................

昨日 「水」糸を張る前 30分ほど離れている間に

そこ(ピンポール間)に 蜘蛛の糸が一本

お仕事が早く 確実な‥誰かは すでに去られていたか カゲに

.

はじめて対面の挨拶のときにも 肌の色合いに注目しておりました

?「東北」かもしれない と いつの頃からか    12に「東京」と聞きました

ほんとうに小柄な‥飾らない‥

朝夕の挨拶も するかしないか かすかに小さな声で とか

(うたげの時も ときには大きな笑い声 いつのまにか帰宅されているような)

ほかには いない ような 「豐かさ」をうける

会話はあまりしないのですが(昨日も 蓋あたり)のそばで

作業確認のとき

眼の 何か‥

ルーツ‥

昨夜 (久しぶりに垣間見た)映画の1シーンに映る 小柄なヒト その眼差しも

再確認

    *

あまりのことで 頭が働きにくくなってしまった 12.16

「極寒」「熱帯」などのポイントには対策を考えておかなければ と思いましたし

その後 普通の会話に根まわしにつながるようなことも 人(若い長)によっては押し気味で

想定 用意 持参 など   物質も ある程度の心を 入れて