ショカン的空間

コウドウ

「遺跡に残された自然遺物はあくまでも廃棄物であることを考慮せねばならない」

佐藤宏之/科学 Vol.87 P182

.

「自然遺物」

動物骨 貝類 植物遺体 花粉

ほか なんでしょう

.

..

拾いあげる物 の 形 大きさ 量などを 思い出しながら‥

そして (「現代」の)ヒトのシコウや ありがちな暮らしぶり ですとかも

想像できるだけに あれで

(どんなときに 埋めるのか?)

(何が出てくると 嬉しいのか)

..

.

所作 作法 (和服)

そして 生活のリズム サイクルの中に浸り(儀式的な何かが)馴染んでしまっているようなケース

(月末)その方の それが そこだけ 聞こえ

.

罪悪感などの芽生え

スピードをあげても 追いつかないような

さらに ずらしても ずらしても 脆くなっている部分

.

中には 思いきった判断が 必要なケースもあるかもしれません

休む 離れる 手離す など など

.

ただ 自分を支える柱 骨 と化しているような 何か には 打つ手は

かえって‥‥

.

広告を非表示にする