ショカン的空間

む   ち

 

 

夢  …  地

 

 

近いところの 以前 よく画面で おみかけしてた 方方

  ツル 実際に折りました?  そして 幼いころに他国の誌上で 何かの役?を

 

おふたりの とっくに獲得済みの その面 は  いつ表現 顕現?   

 

持ち腐れ ネライ?

 

 

     横線の場合    L に「打消し」線を入れてみた

 

 

(見た目  Lのようにはあれな) 「才」については すごすぎて語れないのですが

 

キワで(あろうが なかろうが)  アツクも オモクも というあたりや

ウスイ カルイ 部分の 妙   

 

ほどほどについては いうまでもない   (・・ほどに なじんでいる)

 

(彼らの顕現するところの)

「知」などのほうを おいもとめて それなりに というのは 当然のこととしても

「柔」などをどのようにみせてくれるのかを みない というのは

 

もったいないにも ほどがあるのでは

 

(職業上)僅かしかみられない方は みる側の姿勢によっては アレで

別の観点の割合などが多すぎると 不可能(→破壊 狙い)ということに

  (ほどほど)ぜんぶみたいという もう自分のことは殆ど忘れないと くらいのあれで わずかに

 

キギョウ ヒミツ というものも    ・・あー キョクカイされてしまう?

 

 

 

昨年 10.22 夕 交差点付近「楽園」向かいで 

おそらく中国の方に 小画面地図を見せられて 「ミナミのムチを 知らないか?」と聞かれ 

南池の店舗のようで (店の分布にも詳しくなく その店もあれで) そういう店は知らない と

    ・・・・・・・・・・MUJI?     今かい(21)

 

 

さて・・・・  さまざまある らしい  無チの ち 

 

 

「二つの意味で『ムチ』だ」と評する。「無知」と「無恥」。

文春オンライン

 

 

news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20170320-00068863/      3.20 より 

「約30%を含む混合液」  それでも「あれだけの被害が出た」

 

「生きる意味」の問いは棚上げ

 

「絶対自由」「絶対幸福」という概念

「これが本当なら」 「そういう境地を求める」

 

「普遍的」

 

…手記を書いた段階では、自分がした「体験」は、「人が葛藤状態にある時に、脳内神経伝達物質が活性過剰な状態で起こる幻覚的現象」と理解するようになり、「幻覚を真実と認識してしまった」ことが誤りの原因と考えるようになった…

当時は「自分の体で経験したこと」であり「正当化する最大の根拠になった」

 

「違法行為という認識はありましたが、悪いことをするという感覚はありませんでした。むしろ、そういうことにこだわることは、人類救済の気持ちが足りないのだと、そちらの方に罪悪感を感じていました」

 

 

「虫も殺さない生活をしてきた」彼の中で「人を殺すことになる行為」に対して

「本能的な驚きと恐怖」が生じ 「人選ミスではないか」という

 

「疑問も湧いた」

 

 

…日本の拘置所は、死刑囚の外部との接触を厳しく制限するため、今では彼が考えていることを、尋ねることはできない…

 

「死刑が確定した今、何か伝えたいこと、私たちが聞きたいことが裁判とは別にあるんじゃないかと思っています」

 

…さらに言えば、被害者遺族の心情には反するかもしれないが、刑を執行することより、そうした活動を生涯続けさせることの方が、社会にとっては有益かもしれない…

 

「真実」や「正義」  「リアリティ」

 

もっと教訓を学ぶ機会が欲しい

 

 

 

 

 

There Will Never Be Another You
 

 

 

広告を非表示にする