ショカン的空間

含意  願意

 

ほんじつは

休憩 休息 といった カテで 不足していた睡眠もとれ

・・まあ とれたらとれたで 「睡眠」(中) ということで あれなのですが・・ 

 

音量の調節 ですとか いろいろと あれでしたかね

ほかにも もっと さまざまな あれが うかぶことでしょう

 

夜中に 誰かとの楽しくない会話が 2〜3 ございましたから

唾液が枯渇気味となってしまった というのは

話しの内容をみても 自然なことかと思われ

 

また それらの状態が(数日)続いたことにより

「免疫」とよばれる何かの あるいは 複合要素などにより

 

ほかにも‥痒みが戻り 表層への小さな顕現 など

流れとしては わかりやすくなっているのでは

 

「登場人物」が3、4人か もっと多い何人か で

役名 役割 ‥ 負う 負わせる 追う 追わせる(逃げ上手)

 

たとえば「店」「オーナー」「店長」「店員」「客」と「客」 (一見 「部外者」)

.

.

一人の中での「役割」割合

複数種の「  家」「俳優」ほか 知らないのですが

かつて 小さな島の何処で何々 という方

 

見た目 どちらかが「悪」役(に見えなかったとしても)

その島の 彼女たちのどれくらいかは 見せ方や獲得方法が独特 という面も

 

「沈黙」の 何か

「沈黙」の 理由

「沈黙」の ままでいいかどうか

.

.

『現代化学』2014.12/40-41/結晶美術館/田中陸二  

アルカロイド 画像はアコチニン

誌のほうでは 「緑茶茶葉の上に昇華したカフェイン結晶」の棘棘っぷりが見られ

 

「カフェインはプリン環に由来した分子間相互作用が大きく,昇華性が高い.緑茶茶葉を加熱すると,約200℃付近からカフェインが昇華して針状の結晶が茶葉上に成長するのが見られる.」田中

茶葉の加熱による熱変性の操作を「焙じ」という らしい

 

 

 

「原因か?結果か? がんのエピゲノム異常」(「エピゲノム→創薬へ」)

『実験医学』月刊誌 2014の スリコミ でしたようす

 

因果関係 など

大まかに 二つの要素で語ったあとは その後ろ 壁の向こうや 足元 天井裏などに

隠れている物事をみたいもので

 

「がん」という何かにまつわる要素

 

大きな島の‥『ヒーラ細胞』というタイトル(本)だったかどうかは

記憶が定かではありませんが

(「人体」「実験」としか思えない 描写も)

 

彼女? か誰かが タバコ葉農場で働いていて

別のどなたかは作業着に灰(石炭系?)が着くような仕事に従事されていたのでは

 

彼らは 各々どのような生活を送り どのような習慣があり

(何を身につけ 何を食べて 飲んでいたのか)

 

個人的には リゾバ検索した頃に 小さな島の ちいさな島で

タバコ葉が どのようにか 大規模に栽培されていることを認識しましたし

 

...................

内部辞書より

たばこ【煙草・莨】

 (1) ナス科の一年草。葉は大形で楕円形。夏、うす赤色の花を開く。葉はニコチンをふくむ。

 (2) (1)の葉をほしてつくったもの。火をつけてその煙をすう。

たばこせん【煙草銭】 たばこ代。わずかな金。

たばこぼん【煙草盆】 喫煙具をのせる盆。

....................

 

添加物の詳細 影響 とかも それなりに  それぞれに出ましょうし

 

「害」「犯人」といった認定したい 何かを どのように利用してきて

その効能 副作用 などは 具体的には?

 

それらを 含めての その折々の総合判断

なかなか 踏み込まれないなあ と 常々思っていましたけれども 未だ

 

個人個人  個個の それなりの  「行く末」などを 左右するのでは

.

.

.

夜ですね  なんでしょう

うちこみの途中から うつくしい 鳥のさえ(囀)ずり が

とても ゆったりしたテンポの‥

‥先日も感じたのですが 普段聴かない類いの

名前のわからない 優雅にうたう 存在たち

 

 

広告を非表示にする