読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

応答 の 秩序

 

 炎症

 

…内因性 外因性の刺激物に反応して 抹消血管の拡張 透過性の亢進 白血球の浸潤がおこるため

さらに その後におこる白血球による感染微生物などの異物や死細胞の除去 損傷組織の修復なども炎症の過程のなかに含まれ…

 

炎症という病態生理学的な過程には

1.局部反応とその結果起こる形態学的変化 2.原因物質の破壊又は除去 3.修復と治癒の過程が含まれる

 

「一般に、アポトーシスは炎症を誘導しない細胞死と言われていますが、我々の研究から、Fasリガンドは肝炎などの炎症性疾患の発症機序に深く関わっていることも示唆されています」

我々の体を構成する個々の細胞の死は、その多くが個体全体の利益のための計画的な細胞死=プログラム細胞死(programmed cell death)

 

プログラム細胞死を起こした細胞は 多くの場合アポトーシス(枯死)と呼ばれる死に方

アポトーシスとは異なる様々なプログラム細胞死の存在

 

炎症とは、病原体に感染したり火傷した時に患部が「熱っぽく赤く腫れ上がってズキズキする」やつ… 

 dimb.w3.kanazawa-u.ac.jp/ResThemef/apoptosis.html

dimb.w3.kanazawa-u.ac.jp/ResThemef/apoptosis.html#_炎症って何?

 

 

こういうのもですか? と 聞いてみたり       だれに?

 

 

Nicotinamide phosphoribosyltransferase (NAmPRTase or Nampt) also known as pre-B-cell colony-enhancing factor 1 (PBEF1) or visfatin is an enzyme that in humans is encoded by the PBEF1 gene. This protein has also been reported to be a cytokine (PBEF) that promotes B cell maturation and inhibits neutrophil apoptosis.…

wikipedia

 

 

seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2015.870239/data/

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(nicotinamide adenine dinucleotide: NAD+)は,すべての生物種に存在する古典的な補酵素であり,酸化還元反応で中心的役割を果たす.近年,哺乳類NAD+合成系の鍵酵素であるニコチンアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(nicotinamide phosphoribosyltransferase: NAMPT)が環境・栄養状態に応答することでNAD+量を調節し,サーチュインに代表されるNAD+消費酵素を介して代謝,炎症,分化,老化などの生物学的な多彩な局面において重要な役割を果たすことが明らかにされてきた.さらに…

山口 慎太郎,吉野 純

 

 

広告を非表示にする