ショカン的空間

きじゅん さだめ

 

 

先の月の・・ 

24 時間をとっていただいての レクチャー   などなど など

 

25 基準に合わせる(外さない)ための道具類が すぐに置かれる

 

  (一例) (「首長」タイプもあるようす)

  感覚としては くるくるするのが以前のそれらより少なめで 上下にあれなのかな

 

  基準となる点 線 面などの 固定のための「パワー    」は

  「すぐにはずせ」るものではあるが

  「    エンド」に「突起をもうけて」いて ツール「等で強力な増し締めが可能」

  「  部分が可傾式(約20度)」のため「勾配があっても締付け・押さえが楽に出来」

  「長さが調整できるので  む幅の自由度が高く」

  「  むまでの時間も短縮でき」 「非常に便利」

  「強いてあげる欠点」は「  むときに少しこつがいる」のだとか

 

28 (示し合わせていた)機会も 早早に

  さらに 雑談時に いかに自覚していないかの(日常の)それらも 誰かが指摘

 

29 伝えていない部分についての説明のできなさを 一人に(点と点などつながって納得され)

 

30 疑問点 体験 チェック(するべき物事) 置き場所 流し方 処理の仕方・・・・

  様様な点 線 面などが うごきだし

 

31 工程 順番   見直し など 進み

 

(わたしは30に終え)31に目途がついて 1に移行

 

 (納入までの 2週間)→ 8あたりでは? ということだったものが

 1 に到着

 

そんなとっかかりからはじまって 全員の観点などにより

すこしずつ くみあげていくのでは    (都度)

 

みえるかたちでの わかりやすくスムーズな

 

発言しやすく 不満などもおりあえ 条件の差異にかかわらず分け合えるような

なにかはとりやめたり   修正 調整なども とまることのない ような・・

 

循環 とか を

 

 

其其  粛粛  淡淡

 

 

 

 

・・・・・・・・・・

 3 なにしろ かぎられたスペースですので

  さらに道具類も増えて なかなかあれです

 ・・・・・・・・・・

 

 

めいあん ふせき - amorphous/2018年5月25日 22時55分 より 一部 など

 

昨年 終盤 「網戸の歪み」がおさまったと

“しかるべき清算” - 水に記入

 

24 どこかで「降雹」があった

 

10に何かに移行したのでは?という何かもあったようだ

 

「 」擬きが行なわれていた 21  (夜は 何かの更新も)

 

22から 何かを

23  諸々つめはじめ  「  (要素)(材料)」の残り発見

 

 新「 」を 「 」をとめて いま しばらく‥   

 

(納入までの 2週間)(そこは動かなそうではあったが)(あれで)

→ 8あたりでは? というものが  1に到着

 

うごき  ながれ

 

24 精度をあげる方向づけ

 

マニュアル 精密ガイドラインなど

仕上がり レベル‥ ハードルをあげ

 

修正なども  自分で

 

おしつけて(おしつけられて)きた物事や

行わせてきたやりなおしも

見合わない(報酬を受け取ってきたこと)

 

勘違い  なども  色色 諸諸

 

「どれくらいか開いた」 (すきま)